The Love of God the Father
父なる神の愛

Spetember 29th, 2019

Minoh International Church
Pastor Joseph Ricohermoso
Luke 15:11-32
ルカによる福音書 15:11-32

Introduction

Let’s start by asking you a question, a rhetorical question, but something I want you to think about in this message. My question is this: “What does God think of you? What is God’s opinion of you?”
まず、皆さんに質問したいと思います。この質問を通してあることを皆さんに考えてもらいたいと思います。それは、これからお話しする私のメッセージを通して考えてほしいことです。私の質問は次のような質問です。「神様はあなたをどう思っているでしょうか?神様はあなたに対してどのような意見を持っておられると思いますか?」

How you answer these questions will absolutely impact how you see God. And, how you see God will profoundly impact how you face God. If you see God as a harsh, disinterested judge, then you’ll face Him with hopelessness. If you see Him as a demanding boss, then you’ll face Him with fear or resentment, but if you see God as a loving Father, then you have a choice to make. How will you face Him? How will you respond to Him?
これらの質問にどのように答えるかによって、あなたが、神様のことをどう思っているかがわかるのです。そして、あなたがどのように神を見ているのかということは、あなたが神と向き合う姿勢に深く関係してきます。神を、厳しい、無関心な裁判官として見ているのなら、あなたは絶望的な気持ちで神と向き合うことになるでしょう。そして、神を要求の厳しい上司とみなすと、恐怖や怒りの気持ちを持って、神と向き合うことになります。しかし、あなたは、愛する父として神を見るという選択をすることもできます。どのように神と向き合いますか?どのように神に接していますか?

Let’s look at a very familiar passage of Scripture. Let’s see what we can discover about the heart of God for us.
とてもよく読まれる聖書の箇所を見てみましょう。神の、私たちへの思いについて、どんな思いを見つけることができるか見てみましょう。

11 Jesus continued: “There was a man who had two sons. 12 The younger one said to his father, ‘Father, give me my share of the estate.’ So he divided his property between them.
13 “Not long after that, the younger son got together all he had, set off for a distant country and there squandered his wealth in wild living. 14 After he had spent everything, there was a severe famine in that whole country, and he began to be in need. 15 So he went and hired himself out to a citizen of that country, who sent him to his fields to feed pigs. 16 He longed to fill his stomach with the pods that the pigs were eating, but no one gave him anything.
17 “When he came to his senses, he said, ‘How many of my father’s hired servants have food to spare, and here I am starving to death! 18 I will set out and go back to my father and say to him: Father, I have sinned against heaven and against you. 19 I am no longer worthy to be called your son; make me like one of your hired servants.’ 20 So he got up and went to his father.
“But while he was still a long way off, his father saw him and was filled with compassion for him; he ran to his son, threw his arms around him and kissed him.
21 “The son said to him, ‘Father, I have sinned against heaven and against you. I am no longer worthy to be called your son.’
22 “But the father said to his servants, ‘Quick! Bring the best robe and put it on him. Put a ring on his finger and sandals on his feet. 23 Bring the fattened calf and kill it. Let’s have a feast and celebrate. 24 For this son of mine was dead and is alive again; he was lost and is found.’ So they began to celebrate.

Luke 15:11-24

11また言われた、「ある人に、ふたりのむすこがあった。12ところが、弟が父親に言った、『父よ、あなたの財産のうちでわたしがいただく分をください』。そこで、父はその身代をふたりに分けてやった。13それから幾日もたたないうちに、弟は自分のものを全部とりまとめて遠い所へ行き、そこで放蕩に身を持ちくずして財産を使い果した。14何もかも浪費してしまったのち、その地方にひどいききんがあったので、彼は食べることにも窮しはじめた。15そこで、その地方のある住民のところに行って身を寄せたところが、その人は彼を畑にやって豚を飼わせた。16彼は、豚の食べるいなご豆で腹を満たしたいと思うほどであったが、何もくれる人はなかった。17そこで彼は本心に立ちかえって言った、『父のところには食物のあり余っている雇人が大ぜいいるのに、わたしはここで飢えて死のうとしている。18立って、父のところへ帰って、こう言おう、父よ、わたしは天に対しても、あなたにむかっても、罪を犯しました。19もう、あなたのむすこと呼ばれる資格はありません。どうぞ、雇人のひとり同様にしてください』。20そこで立って、父のところへ出かけた。まだ遠く離れていたのに、父は彼をみとめ、哀れに思って走り寄り、その首をだいて接吻した。21むすこは父に言った、『父よ、わたしは天に対しても、あなたにむかっても、罪を犯しました。もうあなたのむすこと呼ばれる資格はありません』。22しかし父は僕たちに言いつけた、『さあ、早く、最上の着物を出してきてこの子に着せ、指輪を手にはめ、はきものを足にはかせなさい。23また、肥えた子牛を引いてきてほふりなさい。食べて楽しもうではないか。24このむすこが死んでいたのに生き返り、いなくなっていたのに見つかったのだから』。それから祝宴がはじまった。

ルカによる福音書 15:11-24

  1. Who’s the prodigal?
    放蕩者とは誰のことでしょう?

Most of us have probably heard this story before. We have a name for it. What do we call it? We call it, “The Parable of the Prodigal Son.” However, I realized that nowhere in that story, nowhere does Jesus call this boy a prodigal. It’s not there. We just read it.
私たちのほとんどは、おそらくこの話を以前に聞いたことがあるでしょう。あまりに有名なのでこの話には呼び名がついています。皆さん、この例え話がなんと呼ばれているか知っていますか? 私たちはそれを「放蕩息子のたとえ」と呼んでいます。しかし、私はこの話のどこにも、イエスがこの青年を放蕩者や道楽者と呼んでいないことに気付きました。この話のどこにもこの息子のことを放蕩者とは書かれていないのです。

Why do we call this kid the Prodigal Son, and what does prodigal mean anyway? There’s a common misunderstanding. We tend to think that prodigal means lost or rebellious or wayward. You’ll sometimes hear people say, “Would you please pray for my son, pray for my daughter, they’re a prodigal.” But, that actually is not what prodigal means.
この子どもを放蕩息子と呼ぶのはなぜでしょうか?それにしても放蕩とはどういう意味でしょうか?よくある誤解があります。私たちは、放蕩というと、失われたとか、反抗的なとか、または邪魔なものを意味すると考えがちです。「息子のために祈ってください、娘のために祈ってください、彼らは放蕩者、道楽者です」と人々が言うのを時々聞くでしょう。しかし、それは実際には放蕩ということを意味していません。

The dictionary defines prodigal as “exceedingly generous and lavishly wasteful.” With this in mind, and if we have to find a prodigal in the story somewhere, who do you think is the prodigal in the story? It’s not the boy. He made bad choices. Yes, he’s wasteful because he loved to party!
辞書は放蕩を「非常に寛大で、無駄に贅沢な、惜しみなく与える」と定義しています。これを念頭に置いて、もし私たちが物語のどこかに放蕩を見つけなければならないなら、誰が物語の放蕩者だと思いますか?それはこの少年ではありません。もちろん、少年は悪い選択をしました。彼はパーティーが大好きだったので無駄使いが激しかったと思います。

The father is the real prodigal in the story because the father was recklessly generous with his riches. He divided up the estate prematurely, and he lavished his love on this undeserving boy when he came home. He said to the servants, “Bring him the best robe, put sandals on his feet, put a ring on his finger.” What that means is he’s restoring his son’s identity, his dignity, and his authority.
父親は自分の富を無謀に無駄使いしたので、実は父親がこの物語の本当の放蕩者なのです。父親は自分の土地を早々と分割して分け与えてしまい、彼が家に帰ったとき、このふさわしくない少年に愛を惜しみませんでした。父親は使用人にこう言いました、「彼に最高のローブを持って来て、足にサンダルを履かせて、指に指輪をつけてあげなさい。」つまり、そうすることによって、この父親は自分の息子のアイデンティティ、尊厳、権威を回復しようとしているのです。

The robe represents his identity. The sandals, his dignity. That’s what the sandals represent because slaves went barefoot. Then, he gives him authority. That’s what the ring was. The ring was like a signet that you would put into wax to seal a contract. He’s giving this boy the authority to conduct the family business in the father’s name.
ローブとは長くてゆるやかなガウンのような上着です。そのローブは息子のアイデンティティを表しています。サンダルは息子の尊厳を表します。その当時、奴隷は靴を履かず、裸足だったので、サンダルを履くことは尊厳を意味します。次に、この父親は息子に権限を与えます。当時、リングは契約書を封印するためにワックスを用いて、印として使いました。彼はこの少年に、父親の名において家族経営を行う権限を与えています。その権限を表すのがリングでした。

  1. The prodigal love of God
    神の放蕩的な(惜しみない)愛

The father is the prodigal in the story, and so is our heavenly Father because He gives to us identity, dignity, and authority. It is our heavenly Father who lavishes His love on us, even though we don’t deserve it.
この父は、物語の中で放蕩者でありますが、天の父も私たちにアイデンティティ、尊厳、権威を与えてくれているのです。たとえ私たちがそれに値しないとしても、愛を惜しみなく与えてくれるのが、私たちの天の父です。

1 John 3:1 says, “How great is the love the Father has lavished on us, that we should be called children of God,” and that is what we are. He calls us His children.
ヨハネにの第一の手紙3章1節に、こう書かれています。「わたしたちが神の子と呼ばれるためには、どんなに大きな愛を父から賜わったことか、よく考えてみなさい。わたしたちは、すでに神の子なのである。世がわたしたちを知らないのは、父を知らなかったからである。」

We can think of many reasons why we should not be able to come home. We can think of reasons why God should be ashamed of us. We all know our stories, we all know our weaknesses, our sins.
私たちが、この息子のように家に帰れない理由はたくさんあります。そして、神が私たちを恥じてもおかしくない理由もたくさん思いつくことができます。私たちは皆、自分たちそれぞれの人生、物語を持っています。私たちは、自分の弱さ、自分の罪、そのすべてを知っています。

We all know that distant country that we have wandered off to. The distant country is represented in this story as any place you go in your heart or your mind where you don’t want God to know you’re there. You don’t want the Father to see you.
私たちは皆、迷い込んでしまった遠い国を知っています。この物語では、「遠く離れた国」と書かれていますが、これは、神に知られたくない、あなたの心の中を表現しています。あなたは父に心の中を見られたくないのです。

God hates sin because that’s what separates us from Him. But through Jesus Christ, God has made a way where there was no way. He has made a way for us to be forgiven and to be restored to Himself.
神は罪を嫌います。罪は私たちを神から隔てるものだからです。しかし、イエス・キリストを通して、神は何もないところに道を作ってくれました。神は、私たちが許され、自分自身を取り戻せるように、道を開いてくれました。

We devise a plan to clean up our act and start acting holy in order to come home, but that is not how it works. Only God can make us holy, and He does it through the gift of His grace provided through Jesus Christ, His shed blood, His death and resurrection. That’s His way for us to become holy.
私たちは家に帰るために、良い行いをし、聖(きよ)くなるべく、いろんな計画を立てますが、しかし実は、私たちがそのために何をするかということは関係ないのです。神のみが、私たちを聖(きよ)くすることができ、イエス・キリストの流された血、死と復活を通して与えられた、恵みの賜物によって私たちを聖くしてくださいます。それが私たちの聖なる道です。

He just says, “Come. Just come home, and then we’ll work on all of that other stuff later. Just come home.”

神は次のように言っています。「帰って来なさい。とにかく家に帰って、それから後のことは考えましょう。とにかく家に帰って来なさい。」

Then with the help of the Holy Spirit, the power of God’s word and in the fellowship with the people of God, we begin that process of cooperating with God. He changes our character and our way of living, of becoming the people He’s always wanted us to be.
そして、聖霊の助け、神の言葉の力、そして神の人々との交わりで、私たちは神との協力体制に入ることができます。神は、私たちを、求めていたような私たちの性質と生き方に変えてくださいます。

Now, let us see how this plays itself out in the rest of the story. Picking up in verse 25 of this passage. The son now is on his way home. The father has embraced him.
次に、このストーリーの残りの部分で、話がどのように展開していくかを見てみましょう。25節以降に書かれていることを読みましょう。息子は今、家に帰りました。父親は彼を受け入れました。

“25 Meanwhile, the older son was in the field. When he came near the house, he heard music and dancing. 26 So he called one of the servants and asked him what was going on. 27 ‘Your brother has come,’ he replied, ‘and your father has killed the fattened calf because he has him back safe and sound.’
28 “The older brother became angry and refused to go in. So his father went out and pleaded with him.”

Luke 15:25-28

「25ところが、兄は畑にいたが、帰ってきて家に近づくと、音楽や踊りの音が聞えたので、26ひとりの僕を呼んで、『いったい、これは何事なのか』と尋ねた。27僕は答えた、『あなたのご兄弟がお帰りになりました。無事に迎えたというので、父上が肥えた子牛をほふらせなさったのです』。28兄はおこって家にはいろうとしなかったので、父が出てきてなだめると」

ルカによる福音書 15:25-28

By the way, here’s another observation. There are actually two characters in this story who are unhappy when the 2nd son comes home: the older brother and the fattened calf.
ところで、一方で別の見方があります。実際、この物語には、息子が帰宅したときに不幸な2人の登場人物、キャラクターがいます。兄と太った子牛です。

29 But he answered his father, ‘Look! All these years I’ve been slaving for you and never disobeyed your orders. Yet you never gave me even a young goat so I could celebrate with my friends. 30 But when this son of yours who has squandered your property with prostitutes comes home, you kill the fattened calf for him!’
31 “‘My son,’ the father said, ‘you are always with me, and everything I have is yours. 32 But we had to celebrate and be glad, because this brother of yours was dead and is alive again; he was lost and is found.'”

Luke 15:29-32

「29兄は父にむかって言った、『わたしは何か年もあなたに仕えて、一度でもあなたの言いつけにそむいたことはなかったのに、友だちと楽しむために子やぎ一匹も下さったことはありません。30それだのに、遊女どもと一緒になって、あなたの身代を食いつぶしたこのあなたの子が帰ってくると、そのために肥えた子牛をほふりなさいました』。
31すると父は言った、『子よ、あなたはいつもわたしと一緒にいるし、またわたしのものは全部あなたのものだ。32しかし、このあなたの弟は、死んでいたのに生き返り、いなくなっていたのに見つかったのだから、喜び祝うのはあたりまえである』」

ルカによる福音書 15:29-32

  1. Both sons were lost
    両方の息子を失ってしまっている

One of the things I want us to see in this story is that both sons were lost. They both saw themselves as slaves. The younger son, the rebel, he’s the one who said, “Look, I’m not worthy to be called your son. Just let me be one of your servants.” The older son said, “All these years I’ve been slaving for you,” he’s the self-righteous one. The younger one is the rebel. The older one is self-righteous. Neither one of them understood who they were. The younger son left home, but the older son had never really been home to begin with, and yet, the father went out looking for both of them.
この物語の中で、見てもらいたいことの1つは、両方の息子を失ってしまっているということです。彼らは両者とも、自分自身を奴隷として見ていました。不良だった年下の息子が次のように言いました。「もう息子と呼ばれる資格はありません。雇い人の一人にしてください」長男は、「わたしは何か年もあなたに仕えて、一度でもあなたの言いつけにそむいたことはなかった」と言っています。長男は善人ぶっていますし、年下の息子は反抗的です。長男は善人を気取っています。どちらも自分がどんな人間であるかを理解していませんでした。年下の息子は家を出ました。年上の息子は実際には家にはいましたが、自分を押し殺していたので、存在しないのと同じでした。結局、父親は両方の息子をなくし、探しに出かけることになったのです。

  1. How did it turn out in the end?
    最終的にどうなったのですか?

Here’s another thing I want us to consider, and it is actually something that we don’t see. What we don’t see is what happens next in the story. We don’t know if this younger son stuck around, if he changed his life, and if he stepped into the role as the son of this father.
もう1つ考えてほしいことがあります。実は、そこには書かれていない事です。この物語で、この出来事の後に起こることは私たちにわかりません。この帰って来た若い息子がその後、家にとどまったのか、彼が心を入れ替えて自分の人生を変えたのか、そしてこの父親の息子としての役割を果たそうと決断したのかは、わかりません。

APPLICATION:

Maybe that is the point. Because we never know what’s going to happen next, we shouldn’t wait or hold back. Don’t withhold love and forgiveness from so-called “sinners” until we see how they’re going to behave themselves.
おそらく、それが私の伝えたいことに繋がると思います。私たちの人生は、次に何が起こるかわからないので、待ったり、躊躇したりしないでくださいと言いたいのです。いわゆる「罪人」から求められている愛と許しを躊躇しないでください。戸惑ったりしないでください。

The father did not say, “Oh, sure. You can come back and be a servant. If you change your life, if you prove yourself and if you can do it long enough and work hard enough at it, well, then maybe I’ll let you back into the family.” That’s not how he responded. Rather, it was an immediate acceptance.
帰って来た息子が、「雇い人の一人にしてください」と言った時に、この父親は次のようには言いませんでした。「ああ、いいですよ。あなたは戻ってしもべになれますよ。生き方を変えて、自分の力を証明し、長い間努力し、それで十分に働くことができたら、多分私はあなたを家族に迎え入れてあげるでしょう。」父親はそんな風には返事をしませんでした。それどころか、即座に息子を受け入れました。

I want us to see something back in verses 20 and 21, something that’s absolutely critical to understanding the father’s heart in the story. It says this, “While he was still a long way off…. ”
ここで、20節と21節に戻って、この物語の中の父の心を理解するために絶対に不可欠な箇所を読んでみましょう。そこでは、「まだ遠く離れていたのに」と言っています。

APPLICATION:

Let me ask you: Who do you know that’s a long way off and is coming to his senses? It says, “While he was still a long way off, his father saw him and was filled with compassion for him.” How do you feel when you think of that person who is a long way off? Are you filled with doubt? Are you filled with hope? Does it fill you with anger, with love, with compassion like this father had?
皆さんにお聞きします。遠く離れているのに、自分に近づいて来たのが息子だと誰がわかるでしょうか? 「まだ遠く離れていたのに、父は彼をみとめ、哀れに思って走り寄り」と言っています。誰かを遠く遠く離れた距離から見た時、あなたはどう感じますか?誰だろうと不振に思いますか?それとも、誰だろうと期待に満ちてワクワクしますか? あなたは、この父のように、怒りや、愛、思いやりを感じるでしょうか?

Verse 20 says, “While he was still a long way off, the father saw him and was filled with compassion for him. He ran to his son, threw his arms around him, and kissed him, and then the son said, ‘Father, I have sinned against Heaven and against you, and I’m no longer worthy to be called your son.'” The father saw him, ran to him, kissed him, and then the son said, “I’ve sinned.”
Did you hear that? Don’t miss this. The kiss came before the confession. The father received this boy before he ever said a word. He embraced the boy while he was still dressed in his filthy rags. He didn’t say, “Go clean up, and then we’ll talk.” He embraced him. He kissed him. The kiss came before the confession.
20節では、「そこで立って、父のところへ出かけた。まだ遠く離れていたのに、父は彼をみとめ、哀れに思って走り寄り、その首をだいて接吻した。」と書かれています。
父は息子を見て、彼の元に走って、彼に接吻しました、そして、息子は「私は罪を犯しました」と言いました。
皆さん、今、聞きましたか?ここを聞き逃さないでくださいね。父親の接吻は息子の告白の前にされました。父親は言葉を発する前に、この息子を受け入れたのでした。父親はまだ息子が不潔なぼろぼろの服を着ていたのにもかかわらず、彼を抱き寄せ、受け入れました。父は「綺麗になってから、話をしましょう」とは言いませんでした。彼は息子を受け入れ、息子に接吻をしました。接吻は息子の告白の前にされました。

The Bible says this about that principle. In Romans 5:8, it says, “God demonstrates His own love for us in this, that while we were still sinners, Christ died for us.” He didn’t die for us after we confessed. “While we were still sinners, Christ died for us.”
聖書はある原則について述べています。ローマ人への手紙第5章8節では、「しかし、まだ罪人であった時、わたしたちのためにキリストが死んで下さったことによって、神はわたしたちに対する愛を示されたのである。」キリストは、私たち罪人が、告白した後に、私たちのために死んでくださったのではありません。「まだ罪人であった時、わたしたちのためにキリストが死んで下さった」と聖書には書かれているのです。

We do not change our lives in order to earn God’s grace and forgiveness. We change our lives because we have been forgiven, and out of a sense of gratitude, not fear. We have already been received by Him.
私たちは、神の恵みと赦しを獲得するために人生を変える必要はありません。恐れからではなく、赦されたという感謝の気持ちから人生を変えるべきなのです。私たちはすでに神に受け入れられているのです。

When you think of the lost sons and daughters that you know, people you work with, neighbors, old friends, do you think of them as in “a distant country”? They’ve run from home, run from God, and maybe they’re just now coming to their senses, and deep in their hearts, they would love to come home, but maybe they’re afraid to. Maybe they’re ashamed to try to come home.
あなたの知っている職場の同僚や、隣人、古い友人、その人たちの失われた息子と娘のことを考えたとき、あなたはその息子、娘たちが「遠い国」にいると思いますか?彼らは家から逃げ出し、神から逃げ出しました。でも、今、彼らは気づいて、心の奥深くで、家に帰りたいと思っていることでしょう。しかし、恐れや怖さも感じているかもしれません。彼らは家に帰ろうとするのを恥じているかもしれません。

What would a lost son or daughter do if we respond like the older brother, because you can just imagine what the older brother would’ve said if he had been the first one to see this kid coming. “Who do you think you are? What makes you think you can come back here? You don’t belong here anymore after all you’ve done and the way you hurt our father. You have squandered everything and ruined our family.” You can just imagine what he would’ve said.
私たちが、この物語の長男のように反応すると、失われた息子や娘はどう感じると思いますか?この若い息子を最初に見た場合、兄がなんと言ったか想像することができますか? きっと兄は次のように言ったでしょう。「あなたは、自分を一体誰だと思っているのか?なぜここに帰って来たのか?あなたがしたことや、父親を傷つけたことを考えなさい。あなたはもうこの家の一員ではない。あなたはすべてを浪費し、私たちの家族を台無しにした。」

On the other hand, what would a lost son or daughter do if we respond with the prodigal love of the Father? I believe that one of the reasons that people do not come home, that they don’t come to God, is because they’re afraid of His judgment. They haven’t heard about His prodigal love. It’s because of a fear of His judgment. But, I also believe that even more people do not come home because they are afraid of our judgment; that they’re just not going to fit in around here.
一方、失われた息子や娘は、父の放蕩的な、惜しみない愛で応えるとどう感じると思いますか?人々が家に帰らない、神に帰らない理由の一つは、神の裁きを恐れているからだと思います。彼らは父の惜しみない愛のことを知らないのです。それは、神の裁きを恐れているからです。しかし、実は彼らは、私たち人間の判断も恐れているのです。人々に、もうこの場所にはふさわしくないと思われる恐れを感じて、さらに多くの人が家に帰らないのだと思います。

ILLUSTRATION:

There’s a woman who, for years, prayed for her husband to come to Christ. He was a lost man. She prayed for him to come to Christ, and when he finally came to his senses and began to turn his heart toward the Lord, she became impossible to live with. She made so many demands on his life. “Stop doing that. You have to stop doing this, and you have to stay away from those people,” and just went after him.
何年もの間、夫がキリストを信じるようにと祈った女性がいます。その夫は、失われた夫でした。彼女は彼がキリストを信じるように祈りました。そして、彼が、ついに気づき、やっと彼の心を主に向け始めた頃、その妻は、一緒に暮らすことがとても難しい人になってきたのです。妻は夫に多くのことを要求するようになりました。 「あなた、それをやめなさい。これをやめなさい。あなた、そんな人々と付き合うのはやめなさい。」などと、彼につきまといました。

He could not change fast enough. He’s just trying to figure out which way home is, and she’s expecting him to behave himself like some great wise saint. The guy doesn’t even know Jesus yet. He’s just coming to his senses and wanting to find where home was. She was actually more unhappy as he was coming to Christ than she was before.
夫は、そんなに速く自分を変えることはできませんでした。彼はやっと家に帰る道を見つけようとしていただけなのに、妻は彼が偉大な賢者のように振る舞うことを期待していました。その夫はまだイエスを知りません。彼はちょうど気づき始めたところで、家がどこにあったかを見つけたいと思っているところでした。夫は以前よりもキリストに近づいたにも関わらず、妻は実際、もっと不幸になっていったのでした。

Finally, when he was on a work trip, she cleaned out the house and left him. She said it was irreconcilable differences. Well, of course, they were different. She was behaving like the older brother. She was picking on him for every weakness, every mistake until she finally not only left him, but she chased him away from the church. She chased him away from the Father. He didn’t come home. One of her kids said, “I guess we’re just not good enough for her.”
ついに、夫が仕事で出張旅行していたとき、彼女は家を綺麗に掃除し、夫の元から去ってしまいました。彼女は、去った理由は、どうしても妥協できない相違だと言いました。もちろん、二人は違う人格です。妻は夫に、まるで兄のように振る舞っていました。彼女は夫のすべての弱さ、あらゆる間違いを指摘し、攻め立てていました。妻は、最終的に彼の元から去っただけでなく、夫を教会から追い出しました。彼女は彼を父から追い払ったのです。彼はもう、家に帰ることはありませんでした。彼女の子供の一人が次のように言いました。「私たちも、母にとっては十分な人間ではないのだと思う。​​」

You see, we attract people to Jesus by attracting them to ourselves. Jesus doesn’t call us to a code of behavior. He calls us to a friendship. He calls us to a relationship. He calls us to Himself. If we are mean-spirited and judgmental and harsh and demanding, we’re not going to attract anybody to Jesus. Otherwise, if our lives are filled with the prodigal love of God, a love that is patient, kind, humble, gentle, generous, as the Bible says, a love that keeps no record of wrongs, a love that perseveres. If we’re filled with that kind of love, if they can see that kind of response from us, then just maybe they can taste and see that the Lord is good.
ご存知のとおり、私たちは人々を自分自身に引き付けることで、人々をイエスに引き付けることができます。イエスは私たちを規範行動へと導いているわけではありません。神は私たちを友情へと導いてくれているのです。神は私たちを関係性へと導いてくれているのです。神は私たちを神自身に導いてくれています。もし、私たちが、意地悪で批判的で、厳しくて、多くを要求しているなら、人々をイエスに引き付けることはできません。でも、私たちの人生が、神の惜しみない愛、我慢強く、親切で、謙虚で、穏やかで、寛大な、聖書が言うように、過ちを根に持たない愛、忍耐する愛で満たされているなら、私たちがそのような愛で満たされていて、人々が私たちからのそのような態度を見ることができるなら、「主は自分にとって良い。」ということを、人々は、まさに味わうことができるでしょう。

Let’s go back to the question I asked at the beginning of the message: What does God think of you? What’s His opinion of you? How do you see Him? If you see Him as a loving heavenly Father, what do you do with a love like that? How do you respond to the prodigal love of God, the lavished, undeserved forgiveness, the kiss that comes before the confession? How do you respond to a love like that?
メッセージの冒頭で尋ねた質問に戻りましょう。「神様はあなたをどう思っているでしょうか?神様はあなたに対してどのような意見を持っておられると思いますか?」あなたが神を、愛する天の父として見ているなら、あなたはそのような愛を持って何ができますか?神の惜しみない愛、豊かな、自分には値しない許し、罪の告白の前にしてくれる接吻にどのように応えますか?そのような愛にどのように応えることができるでしょうか?

All of us have a decision to make. You can either choose to walk away from it and say, “Ugh, that’s too good to be true,” “That’s for other people. It’s not for me” or, you can accept it. You can allow yourself to be loved by your heavenly Father. It’s your choice. The Father loves you, and He’s waiting for you to come back.
私たち全員が決断をしなければいけません。あなたは「うーん、それはあまりにも良い話で、すぐには信じがたい。」と離れていってしまうか、または、「そのような愛は他の人のためです。私のためではありません。」と言うのでしょうか。それとも、受け入れますか?受け入れて、天のお父様に愛されるようにすることもできるのですよ。それはあなた次第、あなたの選択です。父はあなたを愛しており、神はあなたが戻ってくるのを待っています。

Conclusion/Application

Would you bow your heads with me?
最後にここで、お祈りをしましょう。

In this moment of prayer, first, I want to address those in the room who may be as you’ve heard this message, you actually relate more to the older son in the story. Now, perhaps you’ve been too harsh, too demanding. Maybe God is speaking to you. He might be bringing some conviction into your heart. Let me ask you a question. Are you standing between a lost son and the prodigal father? Are you blocking the way, or are you showing the way? Are you pointing a finger of judgment, or are you extending a hand of compassion? If God is speaking to you about how you see the lost ones in your life, then take a minute and deal with that. Confess it to God and apologize to Him. Talk to God about that and then ask Him to give you the Father’s heart for the lost.
この祈りの時間を持って、まず、今この部屋にいる、このメッセージを聞いたことがある人々に話をしたいと思います。あなたたちは、実は、この物語の中の長男である息子に、もっと共感しているのではないでしょうか。おそらくあなた達は、あまりにも厳しく、あまりにも要求が強いのでしょう。今、神があなたに語っています。神が、あなたの心になんらかの確信をもたらしているのではないでしょうか。質問させて下さい。あなたは、いなくなってしまった息子と放蕩的な愛を持つ父の間に立ちはだかっているのではないですか?道を塞いでいますか、それとも道を示していますか?あなたは裁きの指で人を指差しているのではないですか?それとも慈悲の手を差し伸べていますか?もし、神が、今までの人生で出会った、失われた人たちのことを、あなたがどう見ているのか聞いているのなら、少し時間をとって考えてください。それを神に告白し、神に謝ってください。それについて神に尋ね、それから神に、あなたが失われた人たちのために、父の心を与えることができるように頼んでください。

But if you are seeing yourself more like the lost son, today’s the day for you to come home, to come to your senses, to turn from the distant country, and to allow yourself to be embraced by the love of God and to experience the joy that He has for you. If that’s you, then I want to invite you to pray with me.
しかし、もし、あなたが失われた息子のようにあなた自身を見ているのなら、今日はあなたが気づき、家に帰り、遠い国から戻り、神の愛に抱かれて喜びを体験できる日です。それは、神があなたにくれる喜びです。それが今のあなたであるなら、私と一緒に祈ってください。

Just say, “Heavenly Father, I want to come home. I’ve been in a distant country. I’ve run. I’ve been doing things on my own. I don’t want to do it that way anymore. I want to be a part of your family. I want to experience your love for me. I want my dignity back, my identity, my authority. I just want to tell you, even though I’m not worthy to be called your son or your daughter, I’m receiving your gift of salvation right now, of forgiveness through Jesus Christ. Lord, even though I don’t understand all of it, I just know how desperately I need you. I pray this in Jesus’ name, Amen.”
「天のお父様、私は家に帰りたいです。私は遠い国にいました。逃げていました。自分で物事をやってきました。もうそんなことはしたくないのです。私はあなたの家族の一員になりたい。私への、あなたの愛を体験したい。自分の尊厳、アイデンティティ、権威を取り戻したい。あなたの息子と呼ばれるに値しないとしても、ただあなたに伝えたい。私は今、あなたの娘、または息子です。あなたの救いという贈り物、イエス・キリストを通して許しの贈り物を受け取っています。主よ、私はそのすべてを理解してはいませんが、あなたを私が、どれほど必要とし、切望しているのかを知っています。アーメン。」