The Spiritual Discipline of Fasting
断食という精神的訓練

July 7th, 2019

Minoh International Church
Pastor Joseph Ricohermoso

Introduction

Who among us here have experienced fasting? Do you do it regularly? What’s the longest time you’ve gone without food or drink for the purpose of fasting? Do you even remember the reasons why you fasted?
この中で、断食を経験したことがある人はいますか。断食は定期的にしますか。断食という目的で、食事や飲み物を自制した最も長い時間はどれくらいですか。断食をした理由を覚えていますか。

It’s possible to think of fasting in negative terms. It’s understandable.
断食をネガティヴに考えることは可能です。理解できないことではないです。

Fasting is abstaining. It’s going without food and drink, or some other otherwise good gift from God.
断食は自制することです。つまり、食事か飲み物を自制する、または、神様が与えてくれた恵を自制することです。

If we love music and decide to miss a concert in order to spend time with God, that is fasting.
例えば、音楽が好きで、コンサートに行かずに神様とその時間を過ごすことを選択したら、それも断食です。

It is helpful to think of the similarity with human friendship. When friends need to be together, they will cancel all other activities in order to make that possible. There’s nothing esoteric about fasting. It’s just one way of telling God that your priority at that moment is to be alone with Him, sorting out whatever is necessary, and you have cancelled the meal, party, movie, or whatever else you had planned to do in order to fulfill that priority.
人間関係に似ているということから考えるとわかりやすいです。友達同士で会いたい時は、その他のすることをキャンセルして、会うことを優先しますね。だから、断食にも特別な奥義ようなものはないと思います。つまり、断食することは、神様を優先することを示しています。つまり、他のことをキャンセルして、神様と時間を過ごすことを選択したという意志を伝えています。例えば、食事、パーティー、映画など自分が計画したことをキャンセルして、神様と過ごす時間を優先するということです。

It could be that so many of us avoid fasting because we think of it mainly as what we’re skipping rather than what we’re achieving.
もしかしたら私たちの中で、断食は主に何かを達成するよりというよりむしろ、何かを自制すると考えている人はいると思います。

But Christian fasting is not only going without. It is not simply refraining.
しかしクリスチャンの断食は、ただ「物事抜き」ということではありません。ただ単に自制することではありません。

The goal of Christian fasting, in fact, is not going without but gaining.
クリスチャンの断食の目標は、何かを自制することではなく何かを得ることです。

Our abstaining always serves some greater end and purpose — some eventual gain, not loss. Christian fasting is abstaining for the sake of some specific Christian purpose, or it is not truly Christian.
自制することというのはいつもある大事な目的や目標を果たすためです。つまり、損より得が最終目標です。同じく、クリスチャンとしての断食はある特定のクリスチャン目標を達成するためでないと、本当のクリスチャンの断食になりません。

One thing is clear: Jesus declared that His disciples would fast. “When you fast,” He said in Matthew 6:16~17— not “if.” He also prophesied concerning them in Matthew 9:15, “They will fast.” Consequently, the early church fasted (Acts 13:2; 14:23).
これだけは明らかです。イエス様は弟子たちが断食すると断言しました。マタイの福音書6:17-18には、「断食したとき。。。」と書かれてあります。これは「もし断食したら。。。」とは書いていません。そして、マタイの福音書9:15ではイエス様は弟子たちについてこの予言をしました。「彼らは断食します」。結果として、初代の教会のクリスチャンたちは断食をしました。

As they ministered to the Lord and fasted, the Holy Spirit said, “Now separate to Me Barnabas and Saul for the work to which I have called them.”

Acts 13:2 NKJV

ある日、彼らが礼拝をささげ、断食していると、聖霊が、「バルナバとパウロに、わたしの特別な仕事をさせなさい」と言われました.

使徒の働き 13:2 JLB

So when they had appointed elders in every church, and prayed with fasting, they commended them to the Lord in whom they had believed.

Acts 14:23 NKJV

二人は、どこの教会でも長老を任命し、彼らのために断食して祈り、だれよりも信頼する主にゆだねました。

使徒の働き 14:23 JLB

… And from then on Christians have fasted. And when we have done so in truly a Christian way, the end result has not been loss but gain. But in order for Christian fasting to become a spiritual discipline, we have to review its purpose and benefits. Fasting is becoming common practice in many places nowadays — which means Christians need to be all the more careful to take our pattern on this subject from Jesus, and not popular culture.
そして、その時から今日に至るまで、クリスチャンは断食をし続いてきました。そして、その断食は真のクリスチャンの断食であればその結果は損より得であることに間違いないです。でも、クリスチャンの断食は精神的な訓練になるためその目標と利益をもう一度考えないといけません。最近、断食は一般的にも様々なところで行なわれていることです。だからこそ、クリスチャンとして、自分の断食のやり方はポップカルチャーからではなくイエス様から見本を得ないといけません。

Just a generation ago, a growing number of voices were claiming that fasting is bad for your health. Now it’s the opposite. Today, more and more scientifically-orientated people are promoting, “When done correctly, fasting can have beneficial physical effects” (Celebration of Discipline, 48).
一つ前の世代の考えでは、断食は健康に良くないという声や意見が多かったです。けれども、今はその正反対です。今日、科学の視点からも様々な人が断食は正しい方法ですれば、肉体的に利益があると提唱しています。

But what’s the difference between fashionable fasting and Christian fasting?
一般に流行している断食とクリスチャンがする断食の違いは何でしょうか。

The key difference is Christian purpose or spiritual purpose. In Scripture we see several purposes for fasting:

最も大事な違いは、クリスチャン的な目標または精神的な目標にあります。聖書では、断食の様々な目標に触れる箇所がいくつかあります。

  • It’s part of the discipline of self-control;
    自制の訓練の一部です
  • It’s a way of sharing that we depend on God alone and draw all our strength and resources from Him;
    私たちは神様だけに頼っている、そして神様から全ての力と資源を得ているということを示すことです
  • It’s a way of focusing totally on Him when seeking His guidance and help, and of showing that you really are in earnest in your quest; and,
    神様だけに集中して、神様の導きと助けを求め、その依頼の真剣さを示す方法です
  • It’s also, at times, an expression of sorrow and deep repentance, something that a person or community will do in order to acknowledge failure before God and seek his mercy.
    時には、悲しみと深い反省を表す表現にもなります。それは人やコミュニティーが神様の前でその失敗を認めて、神様の赦しを得るための行動です。

Whether it’s strengthening earnest prayer (Ezra 8:23; Joel 2:12; Acts 13:3).
真剣な祈りを強めるため(エズラ記8:23, ヨエル書 2:12, 使徒の働き 13:3)

Or seeking God’s guidance (Judges 20:26; Acts 14:23)
または神様の導きを求める時(士師記 20:26, 使徒の働き 14:23)

Or His deliverance or protection (2 Chronicles 20:3–4; Ezra 8:21–23).
または神様の助けや保護を求める時 (歴代誌2 20:3-4, エズラ記 8: 21-23)

Or humbling ourselves before Him (1 Kings 21:27–29; Psalm 35:13).
または神様の前に頭を下げる時 (列王記121:27-29, 詩篇 35:13)

Or expressing repentance (1 Samuel 7:6; Jonah 3:5–8)
または後悔を表す時(サムエル記1 7:6, ヨナ書3 :5-8)

Or grief (1 Samuel 31:13; 2 Samuel 1:11–12)
または深い悲しみを表す時 (サムエル記1 31:13; サムエル記II 1:11-12)

Or concern for His work (Nehemiah 1:3–4; Daniel 9:3).
または神様の働きに心配を表す時 (ネヘミヤ記1 3-4, ダニエル書 9:3)

Or overcoming temptation and dedicating ourselves to Him (Matthew 4:1–11).
または誘惑を乗り越えて神様に自分自身を捧げる時 (マタイの福音書 4: 1-11)

Or best of all, expressing love and devotion to Him (Luke 2:37),
そして何より神様に対する愛と信仰心を表す時 (ルカの福音書2:37)

and saying with our fast,
そして、断食とともに

“This much, O God, I want more of you.”
「神様、私はこれくらいあなたのことをもっと欲しいです」と伝える時

Without a spiritual purpose, it’s not Christian fasting. It’s just going hungry.
精神的な目標なしでは、断食はクリスチャン的な断食ではなく、ただ単に空腹を我慢することになります。

  1. The blessings of fasting
    断食の祝福

Some Christians might fast for dietary reasons and for the various physical benefits nutritionists now highlight. But dietary goals aren’t what make fasting Christian. Rather, there’s spiritual fruit we can receive from God in response to our purposeful Christian fasting. How does God reward faith-filled fasting?
あるクリスチャンはダイエットの理由またはその他の今日の栄養士が勧める肉体的利益のために断食するかもしれません。でも、ダイエットの理由での断食はクリスチャン的なものになりません。その一方、クリスチャン的目標がある断食をすれば神様から精神的な成果を得ることができます。神様はどうやって信仰に基づいた断食に見返りを与えるのでしょうか。

Christ Himself proclaimed the blessing of fasting in a very prominent place. In the Sermon on the Mount, Jesus exhorts us to fast in secret, not for show, with the promise that “your Father who sees in secret will reward you” (Matthew 6:18). God rewards fasting. But how?
イエス様自身がとても有名な場所で断食の祝福について語りました。「山上の垂訓」ではイエス様は私たちに人前で見せるよりは人目を忍んで断食するように教えました。そして、マタイ福音書6:18では「そうすれば、だれもあなたが断食をしているとは気づかないでしょう。しかし、あなたの父は、どんなことでもご存じです。そして、報いてくださるのです。とあります。神様は断食を報いてくださりますが、いかにしてでしょうか。

A clarification is in order here.
ここで説明すべきことがあります。

The fasting God rewards is not a demonstration of our strength of will, but an expression of our emptiness, longing to be filled by Him.
神様が祝福してくれる断食は、私たちの意志の強さを示した断食ではなく、私たちが抱く虚無感から神様を熱望する断食です。

Christian fasting doesn’t come from our own power, but from a heart that God Himself works in us (Philippians 2:12–13) and strength that God Himself supplies (1 Peter4:11).
クリスチャン的な断食は自分の力からくるものではありません。それより神様が自分の心に働いていることからくるものです。(ピリピ人への手紙2 12-13)そして、神様が提供してくれる力からきます。(ペトロの手紙14:11)

Realizing this is not about our strength or willpower, what are the rewards He gives, through His free and unconstrained grace? What blessings does He give when we fast for His delight, and not as a show for others?
自分の力と意志からくるものでは無いことに気づいて、神様はその自由で自発的な愛から何を与えてくれるのでしょうか。他人に見せかけるためではなく、神様に喜んでもらえるために断食をすれば、神様はどんな祝福を与えてくれるのでしょうか。

  1. Answers to earnest prayer
    熱心な祈りに対する答え

The first and most immediate answer is the reward of what our fast is for. Fasting functions as a kind of support to prayer. It goes alongside some specific request we’re making of God, through the access we have in Christ (Romans 5:2; Ephesians 2:18; 3:12).
最初で最も早い答えは祈りのお願いに対する報いです。断食は祈りのサポートになり、イエス様を通して、神様にその特別なお願いを直接することが可能になったからです。

Through whom also we have access by faith into this grace in which we stand, and rejoice in hope of the glory of God.

Romans 5:2

信仰のゆえに、キリストは私たちを、いま立っている、この最高の特権ある立場に導いてくださいました。そして私たちは、私たちに対する神様の計画がすべて実現するのを、喜びをもって待ち望んでいるのです。

ローマ人への手紙 5:2 JLB

For through Him we both have access by one Spirit to the Father.

Ephesians 2:18

このキリストによって、ユダヤ人も外国人も、一つの御霊に助けられつつ父である神のもとに行くことができるのです。

エペソ人への手紙 2:18 JLB

In whom we have boldness and access with confidence through faith in Him.

Ephesians 3:12

私たちはこのキリストと共にあり、キリストを信じる信仰によって、確信をもって大胆に神の前に出ることができます。

エペソ人への手紙 3:12 JLB

Through prayer and fasting we express an unusual earnestness. Fasting that accompanies prayer, makes some special plea to God, with an added intensity from normal, everyday prayer.
祈りと断食を通して、私たちはいつもと違う真面目さを表します。祈りを伴う断食は神様に特別な依頼があるときにすることで、日常の祈りにさらなる真剣な気持ちを表します。

Fasting is a kind of special privilege in the life of faith. Normal life is not fasting. Normal life is stable prayer and enjoying the Giver through His gifts of daily provisions. Fasting is a special mode, for unusual prayer and for showing the Giver we enjoy Him more than His gifts.
信仰に満ちた生活において断食は特別な特権です。日常の生活は断食ではありません。日常生活は定期的に祈り、神様が毎日くれる祝福に対する感謝を持って、神様を楽しむことです。断食は特別なことを示し、いつもと違う祈りを伴って、神様に対して、その祝福よりは神様自身を楽しんでいることを示します。

Seasick fast
船酔い断食

While crossing the Atlantic Ocean onboard a big ship, F.B. Meyer was asked to address the first-class passengers. At the captain’s request he spoke on “Answered Prayer.”
大きな船で大西洋を渡っていたF.B.マイヤー氏は、ファーストクラスの乗客に説教することを頼まれました。船長の依頼で、彼は「答えられた祈り」について語りました。

An agnostic who was present at the service was asked by his friends, “What did you think of Dr. Meyer’s sermon?” He answered, “I didn’t believe a word of it.”
その説教聞いていた不可知論者が友人に「マイヤーの説教をどう思ったか」と聞かれました。すると、彼は「一言も信じることができませんでした」と即答しました。

That afternoon Meyer went to speak to the steerage passengers. Many of the listeners at his morning address went along, including the agnostic, who claimed he just wanted to hear “what the babbler had to say.”
その日の昼にマイヤーは三等舟室の乗客にも説教しに行きました。朝の説教を聞いていた人の何人かもまた聴きに行きました。その不可知論者もついて行きました。彼にその理由を聞尋ねると、「あのおしゃべりは今度は何をいうのか」を聴きたかったからです。

Before starting for the service, the agnostic put two oranges in his pocket. On his way he passed an elderly woman sitting in her deck chair fast asleep. Her hands were open. In the spirit of fun, the agnostic put the two oranges in her outstretched palms.
礼拝を始める前に、不可知論者は二つのみかんを自分のポケットに入れました。礼拝所へ向かう途中船のデッキでぐっすり寝ているおばあちゃんを見ました。彼女の両手が開いていたので、いたずら気分で彼はその両手に持っていたみかんを置いてそのまま礼拝所へ進んだ。

After the meeting, he saw the old lady happily eating one of the pieces of fruit. “You seem to be enjoying that orange,” he remarked with a smile. “Yes, sir,” she replied, “My Father is very good to me.” “Your father? Surely your father can’t be still alive!” “Praise God,” she replied, “He is very much alive.” “What do you mean?” pressed the agnostic.
礼拝が終わると、その不可知論者がみかんを嬉しく食べているおばあちゃんを見ました。「みかんを十分楽しく食べていますね」と微笑みながら彼が言いました。「はい、そうですね」彼女が答えた。「私の父親は私に本当に優しいです」「あなたの父親?まさかあなたの父親はまだ行きているの」「神様に賛美を!、私の父親は生きていますよ」びっくりした不可知論者は「どういうことですか」とさらに尋ねました。

She explained, “I’ll tell you, sir. I have been seasick for days. I couldn’t eat and was fasting. I was asking God somehow to send me an orange. I suppose I fell asleep while I was praying. When I awoke, I found He had not only sent me one orange but two!”
彼女が説明しました。「私は何日も船酔いで何も食べずに断食をしていました。神様になんとかしてみかんを送るように祈りをしたのです。祈っている最中に寝てしまい、起きた時に一つのみかんでなく二つまで送ってくれたのよ!」

The agnostic was speechless. Later he was converted to Christ. Yes, praying (and fasting!) in God’s will brings an answer.
彼は言葉を失いました。後に彼は、イエス様に自分を人生を捧げたのです。祈りと断食は神様の意志に沿って、答えをもたらすのです。

  1. More of God Himself
    神様自身をもっと欲しがること

This leads then, to the ultimate reward of Christian fasting, and the “best of all” purposes already mentioned: God Himself.
神様自身
これらのことは最終的に、クリスチャン断食の最も大事で最善の目標につながります。それは神様自身です。

More important than God’s earthly guidance and protection and deliverance and provision, is our eternal reception of and rejoicing in Him.
私たちにとって、地球上での神様の導きや保護、救出と食料より、永遠に神様を祝うことのほうが大事です。

God made us consumers of food and drink to teach us about Himself.
神様は私たちに自分自身のことを知ってもらうために、食べ物とと飲み物を消費させたのです。

He made our world edible and drinkable so that we might better taste His goodness when our mouths are full, and realize that He is better than food and drink when our stomachs are empty.
この世を食べることができるもの、飲むことができるものにした理由は、私たちが神様の恵を口いっぱい味わえるためです。そして、お腹が空いた時に、神様の恵が食事と飲み物よりもその空腹を満たすことができるようにさせるためです。

Fasting serves as a reminder that our God is Himself the Great Feast:
断食は神様自身が素晴らしいご馳走になることを思い出させてくれるのです。

Come, everyone who thirsts, come to the waters; and he who has no money, come, buy and eat! Come, buy wine and milk without money and without price.

Isaiah 55:1

渇いている者への招き「渇いている人がいるなら、金を持っていなくても、自由に飲みに来なさい。最上のぶどう酒とミルクと穀物を無料で持って行きなさい。

イザヤ書 55:1 JLB

Our God the Father, in Christ, is the One who fills us more than the best of foods, and quenches our thirst more than the purest of water, the richest of milk, and the best of wine. He satisfies us.
父なる神様は、イエス様を通して、どんな美味しい食事よりも私たちの空腹を満たします。そして、どんなきれいな水よりも、どんな濃厚な牛乳よりも、どんな贅沢なワインよりも私たちの渇きを満たしてくれるのです。

In Him, our souls “eat what is good” and we “delight [our]selves in rich food”

Isaiah 55:2 ESV

わたしの言うことを聞きなさい。そうすれば、たましいを元気にする 栄養価の高い食べ物をどこで手に入れるか、教えよう。

イザヤ書 55:2 JLB

He is the one who says, “To the thirsty I will give from the spring of the water of life without payment”

Revelation 21:6

いっさいのわざが成し遂げられました。わたしは初めであり、終わりです。のどの渇いている者には、いのちの水の泉をあげましょう。

ヨハネの黙示録 21:6 JLB

We who have tasted and seen His goodness

Psalm 34:8

さあ、主に信頼しましょう。そうすれば、どんなに神が恵み深いお方か 知ることができます。神に信頼する人には恵みが雨のように降り注ぐことを、自分で確かめてごらんなさい。

詩篇 34:8 JLB

Now join His Spirit in saying, “Let the one who is thirsty come; let the one who desires take the water of life without price”

Revelation 22:17

天使は、私にこう告げました。「『わたしはすぐに来る』という約束は真実で、信じるべきことばです。預言者に将来の出来事を予告なさった神は、それがいよいよ実現するのを知らせようと、天使をあなたに遣わしたのです。このことを信じ、この書物に記されているすべてを信じる人は幸いです。」

ヨハネの黙示録 22:7 JLB

Conclusion

When we fast, the aches in our stomachs are reminders that Jesus is the true food, not our daily rice, and that Jesus is the true drink, not our typical beverages.
断食するときのお腹の痛みは、日常のご飯や飲み物ではなく、イエス様が真の食事であり、真の飲み物であること思い出させる痛みです。

Christians will fast, as Jesus promised, because as people of faith, we know that believing in Him means coming to Him to satisfy our soul’s hunger and quench our soul’s thirst (John 6:35) — and one of the best regular reminders of it can be abstaining temporarily from other food and drink.
イエス様が約束した通り、クリスチャンは断食をします。そして、信仰のある人として、私たちは、イエス様を信じることというのは、イエス様を求めて、自分の魂の空腹と魂の渇きを満たすために一時的に日常の飲食を自制して、神様を求めることが必要です。

The great (and often hidden) reward of fasting is God Himself. God Himself is our Reward.
断食の報酬は神様自身です。これはいつも簡単に見れるものではありませんが、確かなことです。

God says:

“Open your mouth wide and I will fill it.”

Psalm 81:10

エジプトから連れ出したのは、おまえの神である、このわたしではないか。疑うのなら、口を大きく開けてみるがよい。そして、わたしがその口いっぱいに恵みを満たすかどうか試しなさい。ありとあらゆる祝福はおまえのものになるだろう。

詩篇 81:10 JLB

God blesses fasting because it attunes us to the very purpose of God in the universe: to magnify Himself in our desiring, enjoying, and being contented in Him.
神様は断食する人を祝福します。なぜなら、それは世界において神様の目標を満たしている行為だからです。それは、私たちの欲望、楽しみ、喜びが神様にあって、神様を崇めることを意味します。

And, He blesses fasting not just with WHAT we’re asking for, but ultimately with WHO He is as our desire, enjoyment, and satisfaction.
そして、求めたことでその祝福を与えてくれるけでなく、私たちの欲望、楽しみと満足を神様自身で満たしてくれるのです。

Christian fasting is not mainly about WHAT we go without, but WHO we want more of.
クリスチャンの断食は主に何を自制するということでなく、誰を求めることを示しています。