The Story of Melvyn

3 March 2019


Bradley Mawer

This is the story of Melvyn. Melvyn had the most adventurous life you could imagine.
これはメルヴィンという人の話です。彼はみなさんの想像を超える、冒険にあふれた人生を送りました。

As a teen, Melvyn was into Boxing and he was really good at it. In fact, he was so good that he even quit school to pursue his Boxing in the hopes of making it a career. But, as it turned out, because he wasn’t a local in the true sense, his opportunities soon vanished and he was left with no choice but to quit.
10代の頃、メルヴィンはボクシングに夢中になり、そしてとても上達した。実際のところ、ボクシングがうますぎて、学校を中退してまで、自分の道としてボクシングを選んだ。しかし彼は、他の選手と違ったルーツを持っているという理由で差別を受け、試合に出る機会もだんだんなくなってしまった。その絶望的な環境に置かれたメルヴィンは、ボクシングをやめるしかなかった。

Bitterly disappointed and angry at the world around him, Melvyn decided to join the Ships. He found work on Cargo ships that would then take him around the world.
自分の置かれた環境や自分をとりまく世界に失望し、怒りを持っていたメルヴィンは、できるだけ遠くに行きたいと思って船の仕事を選んだ。貨物船の仕事を見つけた彼は、世界中を回ることができた。

As a shipee, Melvyn enjoyed his daily tasks as much as he did his evening routines, that is smoking, drinking and gambling with the other shipees at the end of the day. With high wages for that time, every port call was a chance to go out and enjoy life. With no family to think about and no dreams for the future, Melvyn would enjoy the pleasures of life.
船乗りとして、メルヴィンは日常の仕事を休みの娯楽と同じくらい楽しんでやった。仕事が終わってからは同僚と、タバコ、お酒、ギャンブルなどを楽しんだ。当時は給料が高かったので、船が港に入るとメルヴィンは遊びまくった。独身だったメルヴィンは未来のことなど全く考えずに、今この時を思う存分楽しんだのだ。

He was always surrounded by friends, who enjoyed his company and his enthusiasm for life. God, was someone he thought about at Easter and Christmas only. He was living life as a worldly Christian.
彼の周りにはいつも多くの友達がいて、彼の人生観や生き方に魅力を感じた人はかなり多かった。彼にとって神様は、イースターとクリスマスの時だけに存在するものだった。要するに彼は、俗世に人生を捧げたクリスチャンだったのだ。

You who are young, be happy while you are young,
and let your heart give you joy in the days of your youth.
Follow the ways of your heart
and whatever your eyes see,
but know that for all these things
God will bring you into judgment.

Ecclesiastes 11:9

若い人よ。若いことは実にすばらしいことです。若い日を存分に楽しみなさい。したいことは何でもしなさい。欲しいものは何でも手に入れなさい。しかし、自分のしたことはみな、神の前で申し開きをしなければならないことを覚えておきなさい。

伝道者の書 11:9

Melvyn didn’t care about God’s judgment. he was too busy enjoying life. As time went by, Melvyn was soon married and had children. However, with his job requiring him to be away most of the year, his wife and children hardly ever got to see him.
メルヴィンは神様による裁きのことなど全く気にしていなかった。彼は人生を楽しむことに夢中だった。時が経って彼は結婚し、子供にも恵まれた。しかし、船乗りという仕事のせいで、彼は一年中ほとんど家にいなかった。奥さんと子供にもあまり会えなかった。

You would think that Melvyn would now change his habits but No, for Melvyn, the life of a shipee meant smoking, drinking, partying and friends. Even when he would return home for his one month holiday, Melvyn would spend more time with his friends than his family. Mind you, these were all friends attracted to the money that Melvyn had.
みなさんは、もう結婚したのだからメルヴィンの生活スタイルは変わっただろう、と思うかもしれないが、答えは「ノー」だ。彼にとって船乗りの生活といえば「仕事、タバコ、お酒、ギャンブル」の連続だった。そして、休みで一ヶ月家に帰ってきても、彼は家族より友達と時間を過ごすことを好んだ。「タバコ、お酒、ギャンブル」の毎日だ。いま「友達」と言ったけれど、彼らは本当の友達とは言えない。なぜならみんな、メルヴィンのお金目当てでついてきた人々だったからだ。

His wife and children began to see only the negative aspects of his character. There were times when Melvyn would be loving and caring but more often than not, he prefered a life of enjoyment. The Bible has a stern warning for people who choose to live this way.
奥さんと子供にはだんだん、メルヴィンの悪いところしか見えなくなった。時には優しい面を見せることもあったが、ほとんどの場合、彼は家族よりも娯楽を優先していた。
聖書には、こんな生き方をする人に対しての神様からの警告が書かれています。

Anyone who does not provide for their relatives, and especially for their own household, has denied the faith and is worse than an unbeliever.

1 Timothy 5:8

自分の親族、ことに家族を顧みないような人は、クリスチャンと呼ぶわけにはいきません。神を知らない人よりも悪いのです。

テモテへの手紙Ⅰ 5:8

Melvyn was not grateful for all the God had blessed him with – a good job, a good salary, a wife, children and a passion for life. Instead, he took it all and used it to satisfy his own selfish desires. He was acting worse than an unbeliever. However, God was watching and the situation soon changed.
メルヴィンは神様がくれたもの、つまりいい仕事、高い給料、奥さん、子供、そして人生に対する情熱に感謝していませんでした。もはや、すべての祝福を自分の欲望を満たすために使っていました。彼の態度は信じるものから遥か遠い、神を信じないものに値します。しかし、神様はすべてを見ていたのです。

God decided that it was time to act.
そして、神様が裁きに出た。

Melvyn lost his job and was forced to return home. With no education to fall back on and with no money saved, Melvyn had to find a way to survive. He couldn’t. Smoking, Drinking, Gambling would soon consume him. The friends that were ever present during the good times were no longer to be found. His world had turned upside down.
メルヴィンは仕事を無くし、家へ戻ることになった。教育を受けていなかったし、貯金もなかったので、メルヴィンは初めて生きることの困難に直面した。彼はその新しい現実に向き合うことができなかった。再び、タバコ、お酒とギャンブルの悪い癖が出てしまった。昔彼の周りにいた友達は、今は一人もいなかった。彼の人生は180度変わってしまったのだ。

He was now dependent on his wife. That didn’t sit well with him and soon his family fell apart. His kids were grown up now and they didn’t connect with him.
彼は当時奥さんに頼るしかなかった。しかし、彼はそれが我慢できなかったので、家庭はたやすく崩れてしまった。大きくなっていた子供も彼とうまく接することができなかった。

Soon, the problems with his family reached boiling point and he separated from his wife and children. Melyvn was now by himself and he had to find a place to live. He had reached the lowest point in his life. He was alone- no family, no friends, no job, no money, no hope, no dreams. It was all gone. Very much like the Prodigal Son in the Bible. Only in this case, the Son was also a Husband and a Father.
家庭内の問題が大きくなってしまい、ついに、奥さんと子供から別れることになった。メルヴィンは一人になってしまった。家族も友達も、お金も、夢も、住む場所も、すべてなくしてしまった。聖書の「放蕩息子のたとえ話」に似たような状況だった。しかもこの場合、その「放蕩息子」は父親でもあり夫でもあったのだ。

It was at this lowest point in his life that Melvyn decided to go to church again. He slowly but surely found his way back to God. Years would go by before he was able to reconcile with his family. In finding God, Melvyn found himself.
人生の最悪な状況に置かれたメルヴィンはやっと、教会へ再び通うことにした。だんだんと彼は神様を求め始めた。家族と仲直りすることには何年もかかったけれど、神様を見つけたことによって、メルヴィンは本当の自分に出会うことができた。

He was now able to see the person he truly was- a kind-hearted, helpful man, ever ready to help people in need. He would now spend his time helping people with whatever help they needed. He was the go-to guy when anyone needed help. His children started seeing the good side of their Dad and their respect and love for him slowly began to grow.
神様に向き合ってから、彼は自分の本当の性格に気づいた。それは、優しくて、いつでも人を助ける性格だった。メルヴィンは人を助けるために生き始めた。どんな時も、どんな小さなことでも、メルヴィンは人を助けた。父親のこの姿を見た子供達も彼を尊敬し始め、愛するようになった。

Trust in the Lord with all your heart
and lean not on your own understanding;
in all your ways submit to him,
and he will make your paths straight.

Proverbs 3:5-6

神にも人にも喜ばれ、正しい判断力と英知を得たいなら、
とことん主に信頼しなさい。決して自分に頼ってはいけません。
何をするにも、主を第一にしなさい。主がどうすればよいか教えてくださり、
それを成功させてくださいます。

箴言 知恵の泉 3:5-6

God had been waiting for Melvyn to return to him. And now that he had, God was forgiving and ready to use him.
神様はずっとメルヴィンの帰りを待っていました。そして、神様のところに戻ったメルヴィンを、神様が許したのです。そして、神様はメルヴィンを他の人のために使い始めました。

If you needed to find Melvyn, the Church would be the place to go. If he wasn’t there, all you had to do was call him and he would be there to help you. He was now grateful for all the small blessings in his life and he was teaching others to do the same. Melvyn was God’s man now.
メルヴィンに会いたいと思ったときは、教会へ行けば彼に会えた。もしそこにいなければ、電話一本で彼はすぐにやってきた。メルヴィンは神からの祝福を大事にし、他の人にもそのことを教え始めた。今や、メルヴィンは神様の使いになっていた。

Melvyn passed away suddenly while on Pilgrimage. He went to seek God and God decided it was time to call him home.
その後,メルヴィンは巡礼の途中で突然なくなった。彼は神様を求めるために巡礼に出かけたのだが、神様はそこでメルヴィンを天国へ導いたのだ。

At his funeral, the church was full of people who had been blessed by him. His wife and his two younger sons cried and so did every person in the church. Only his eldest son didn’t. His eldest son was able to see the example that their Dad had set. How through his life, Dad had taught him a valuable lesson. The lesson to walk with God.
彼のお葬式のとき、教会は人でいっぱいだった。そこにいた人は全員メルヴィンに助けを求めた人々だった。彼の奥さんと次男、三男は泣いていた。しかし、長男だけは泣かなかった。なぜなら、父親が自分の人生をかけて大事な教えを残してくれたことがわかっていたからだ。それは、神と歩む人生の教えだった。

His Dad wasn’t the best Dad he could have hoped for in life, but in death, He was the best man he had ever known. Dad was now home with God and his eldest son was happy at knowing that.
長男にとって、メルヴィンは理想的な父親ではなかった。しかし、この数年の間に父親は変わった。長男は、父親が間違いなく神様と天国にいると確信し、そのことを喜んだのだ。

Melvyn’s story teaches us that it is never too late to come to God and to walk with him. When we chase money and pleasure and the things of this world, we will lose the things that are truly important.
メルヴィンの人生からわかるものは、「神様の元へ戻ることがいつでも可能だ」ということです。わたしたちにとって、神様とともに歩むことが最善なことです。お金やこの世の娯楽を追いかけてしまうと、本当に大事なものをなくしてしまいます。

So, let me encourage you to walk with God, let God shed his light on your path. Don’t be fooled by the pleasures of this world. Seek God first in all you do and he will bless you abundantly.
だから、皆さんにも是非神様と歩む人生を選択して欲しいです。そうすれば、神様の光があなたの道を照らしてくれるでしょう。この世のものに騙されないでください。どんなことにもまず神様を求めてください。そうすれば、あふれるほどの祝福があなたにもたらされるでしょう。

Let Melvyn’s life serve as a reminder of what not to do and what to do. Melvyn’s journey started as a worldly Christian and ended as a World Class Christian.
メルヴィンの人生から私たちは、何をすべきか、何をすべきでないかを学びましょう。メルヴィンはクリスチャンではあったけれど、この世を楽しむことを最優先し、結果として多くのものを失いました。しかし、自分の過ちに気づいて神様の元に戻り、最後にはもっとも素晴らしいクリスチャンとして人生を終えたのです。