Three Revelations 3つの啓示

The Advent/Christmas season is so much more than remembering the birth of Christ 2000 years ago. It’s about celebrating and participating in the coming of God’s Kingdom to the earth.
待降節/クリスマスシーズンは神の御国が地上に来たことを祝い、神の御国が地上に来たことに私たちが加わることについてです。

Today we’re going to look at three periods of this revelation of God – in which the Kingdom of God is revealed – in three short mini-sermons.
今日は神の三つの啓示について話をします。神の御国がこの地に来たことについての三つの短い話をします。
We find the first revelation in Isaiah 52:7-10

How beautiful on the mountains are the feet of those who bring good news,
who proclaim peace, who bring good tidings, who proclaim salvation,
who say to Zion, “Your God reigns!”
8 Listen! Your watchmen lift up their voices; together they shout for joy.
When the Lord returns to Zion, they will see it with their own eyes.
9 Burst into songs of joy together, you ruins of Jerusalem,
for the Lord has comforted his people, he has redeemed Jerusalem.
10 The Lord will lay bare his holy arm in the sight of all the nations,
and all the ends of the earth will see the salvation of our God.
Isaiah 52:7-10/イザヤ書52:7-10
7 よきおとずれを伝え、平和を告げ、よきおとずれを伝え、救を告げ、シオンにむかって「あなたの神は王となられた」と/言う者の足は山の上にあって、なんと麗しいことだろう。
8 聞けよ、あなたの見張びとは声をあげて、共に喜び歌っている。彼らは目と目と相合わせて、主がシオンに帰られるのを見るからだ。
9 エルサレムの荒れすたれた所よ、声を放って共に歌え。主はその民を慰め、エルサレムをあがなわれたからだ。
10 主はその聖なるかいなを、もろもろの国びとの前にあらわされた。地のすべての果は、われわれの神の救を見る。

This image of the beautiful feet running with good news refers back to the time of the exile when the messengers returned with the good news of God’s deliverance from captivity. “Hey guys! We’ve been set free! We’re finally free from captivity!” God’s people had been released from their bondage.
このように神の良き伝えを一刻も早く足早で届けたいというようなイメージは、追放され迫害されていた時代に、とらわれの身から解き放された喜びを表しています。「みんな、私たちは自由の身になったのだ!ついにとらわれの身から解放されたのだ!」と神の人々はその縛りから解放されたのでした。
But this reading is much more than that. It is prophetic in that this deliverance from captivity prefigures Jesus delivering us from sin.
この朗読箇所は預言的であり、捕らわれの身から解放されるということはイエスが私たちを罪から解放するということを予見しているのです。

And so this passage is essentially all about the beauty and the joy and the comfort and the power of God’s salvation. This prophecy looks forward 600 years to what is 2000 years in our past[image], when Jesus was born and brought salvation to all people through his death and resurrection. It’s in Jesus that we truly see the salvation of our God throughout the earth. It’s in Jesus that we “burst into songs of joy” and “lift up our voices and shout for joy”. It’s in Jesus that we have this climax of the good news.
これらの節では神の救いの力による美しさ、喜び、安らぎのことが全て表されています。この予言はその当時イエスが生まれる600年前にされたもので、イエスが誕生し、人々の救いはイエスの死と復活によってもたらされたのです。私たちは、実に、イエスによってこの世に救いがあるということを見ることができます。私たちが喜びの歌を高らかに歌い、声をあげ、その喜びを叫ぶというのは、まさにイエスのためです。福音の喜びはイエスにあるのです。

So the Advent/Christmas season is a celebration and participation in the coming of God’s Kingdom in the past, when Jesus was born in Bethlehem and “the light shined in the darkness”.
待降節/クリスマスシーズンは過去にイエスがベツレヘムで生まれ、“光がやみの中で輝いた”とき、神の御国がやって来たことを祝い、加わることです。

Let’s sing about this with the song: Servant King
歌を歌いましょう。王は僕(しもべ)と言う歌です。

2. We find the second revelation of God – in which the Kingdom of God is revealed – in Joel 2:28-32 (and this is repeated in Acts 2:17-21 when it is fulfilled).
二つめの神の啓示は、旧約聖書ヨエル2章28節から32節の神の御国は来りというという箇所にあります。

“And afterward,
I will pour out my Spirit on all people. Your sons and daughters will prophesy, your old men will dream dreams, your young men will see visions.
29 Even on my servants, both men and women, I will pour out my Spirit in those days.
30 I will show wonders in the heavens and on the earth, blood and fire and billows of smoke.
31 The sun will be turned to darkness and the moon to blood
before the coming of the great and dreadful day of the Lord.
32 And everyone who calls on the name of the Lord will be saved;
for on Mount Zion and in Jerusalem there will be deliverance, as the Lord has said,
even among the survivors whom the Lord calls.
Joel 2:28-32/ヨエル書2:28-32
その後わたしはわが霊を/すべての肉なる者に注ぐ。あなたがたのむすこ、娘は預言をし、あなたがたの老人たちは夢を見、あなたがたの若者たちは幻を見る。
29 その日わたしはまた/わが霊をしもべ、はしために注ぐ。
30 わたしはまた、天と地とにしるしを示す。すなわち血と、火と、煙の柱とがあるであろう。
31 主の大いなる恐るべき日が来る前に、日は暗く、月は血に変る。
32 すべて主の名を呼ぶ者は救われる。それは主が言われたように、シオンの山とエルサレムとに、のがれる者があるからである。その残った者のうちに、主のお召しになる者がある。

In the first reading:, we saw God’s Kingdom revealed for a short time when Jesus came to the earth emptied of His glory. It was a time of salvation. That time has passed.
The fulfilment of this prophecy in Joel: marked the beginning of a new era in which God’s Kingdom would be revealed through the outpouring and workings of the Holy Spirit of Jesus. This would be a time of salvation and sanctification. A time of redemption and power.
最初の朗読箇所:イエスがご自分の栄光を捨て、地に来られた短期間に現された神の御国。それは救いの時でした。
ヨエル書にあるこの預言:神の御国がイエスの聖霊の注ぎとはたらきによって現される新しい時代の始まり。これは救いの時でもあり、聖別の時でもありました。

No longer would God limit the work of His Spirit to a few select prophets, but rather He would pour His Spirit on “all those who call on the name of the Lord”. This ushered in an era when even the person of lowliest position could prophesy and see visions.
I want to encourage those of you who feel that the releasing of the supernatural – the workings of the Holy Spirit – are for a select few who have been specially chosen or learned or gifted – that you are wrong! You’re living in the past! That was the way of the Old Testament. That time has finished.
もはや神は少数の予言者達に精霊を制限することはせず、むしろ神は、自身の精霊を、神の名を叫び呼び求める者達の上に注ぐでしょう。このことは位が最も低い人でさえ予言し幻を見ることができるという時代へと導いたのです。
私は、超神秘的なものを感じている人々を奨励したいと思います。精霊がはたらくのは一握りの人々だけに限られたり、特に選ばれたり、賜物に恵まれた人々だけに精霊がはたらくというのは間違いで、それは昔のことです。そんな時代は終わりました。
For those of you who are young, unlearned, lacking in confidence, quiet, old, feeling irrelevant or of little use to God or His church, I want you to understand that God wants you to dream dreams and to see visions and to prophesy. He has prepared the way for you to do this. God wants the common person – the humble and lowly – who call on the name of Jesus, to experience the revelation of God – the coming of the Kingdom of God – in the fullness of the Holy Spirit.
神の前や、神の教会の中では、自分の存在が、若すぎるとか、知識がないとか、自信がないとか、静かで目立たないとか、あまり自分には関係がないように思えるとか、自分の存在がちっぽけに思えたりする人たちに言います。私がそんな人たちにわかってもらいたいのは、神はあなた達に、夢をみて、幻を信じ、そして予言をしてもらいたいということです。神はあなた達にそのようにできる道を用意されました。神は、謙虚で、へりくだり、イエスの名を叫ぶというような一般の人々に、御国の精霊に満たされた、神の啓示を経験し、予言が出来るようにしてくださったのです。
This takes us beyond salvation. Remember what I was saying last week?
このことは私たちを救いを超えたものに導いてくれます。先週私がなにを話したか覚えていますでしょうか?
Salvation was not the ultimate goal of Christ’s coming. The redemption won on the cross made possible the higher goal of Christ – that is, the filling of every believer with the Holy Spirit, and the shaping of every believer into His likeness.
救いはキリストが来られた究極の目的ではありませんでした。十字架で勝利した贖いは、キリストのより高い目的を可能にしたのです。つまり、信じる者すべてを聖霊で満たし、神と同じかたちに変えられることです。

So the Advent/Christmas season is not only a celebration and participation in the coming of God’s Kingdom – in the past – when Jesus was born in Bethlehem and “the light shined in the darkness”;
待降節/クリスマスシーズンは、過去にイエスがベツレヘムで生まれ、“光がやみの中で輝いた”とき、神の御国がやって来たことを祝い、加わることだけではありません。
it’s also a celebration and participation in the coming of God’s Kingdom now – in the present – when the Holy Spirit is given to all who repent and are baptised into the name of Jesus.
今現在、悔い改めて、イエスの御名のうちに洗礼を受けた者すべてに聖霊が与えられている とき、神の御国がやって来たことを祝い、加わることでもあります。

Let’s sing for joy about this wonderful news, the song: I Believe in Jesus
この素晴らしい福音に喜びの賛美をし、歌いましょう。

3. There is a final revelation of God yet to come. We find it in Matthew 24:23-27:
次は最後の『神の再来』という啓示です。マタイの24章23−27節にこのことが書かれています。

23 At that time if anyone says to you, ‘Look, here is the Messiah!’ or, ‘There he is!’ do not believe it. 24 For false messiahs and false prophets will appear and perform great signs and wonders to deceive, if possible, even the elect. 25 See, I have told you ahead of time.
26 “So if anyone tells you, ‘There he is, out in the wilderness,’ do not go out; or, ‘Here he is, in the inner rooms,’ do not believe it. 27 For as lightning that comes from the east is visible even in the west, so will be the coming of the Son of Man.
Matthew 24:23-27/マタイによる福音書24:23-27
そのとき、だれかがあなたがたに『見よ、ここにキリストがいる』、また、『あそこにいる』と言っても、それを信じるな。
24 にせキリストたちや、にせ預言者たちが起って、大いなるしるしと奇跡とを行い、できれば、選民をも惑わそうとするであろう。
25 見よ、あなたがたに前もって言っておく。
26 だから、人々が『見よ、彼は荒野にいる』と言っても、出て行くな。また『見よ、へやの中にいる』と言っても、信じるな。
27 ちょうど、いなずまが東から西にひらめき渡るように、人の子も現れるであろう。
In the first reading:, we saw God’s Kingdom revealed for a short time when Jesus came to the earth emptied of His glory. It was a time of salvation.
最初の朗読箇所:イエスがご自分の栄光を捨て地に来られた短期間に現された神の御国。それは救いの時でした。
In the second reading: we saw a new era in which God’s Kingdom is revealed through the outpouring and workings of the Holy Spirit. That’s now. This is a time of salvation and sanctification. A time of redemption and power.
2番目の朗読箇所:神の御国が聖霊の注ぎとはたらきを通して現された新しい時代。それは今であり、救いの時、聖別の時です。

In this third reading:, we see God’s Kingdom revealed at the end of days when Jesus returns in His full glory. Unlike the first two revelations, this will be a time of judgement, justice, full restoration, and eternal glory.
3番目の朗読箇所:イエスが栄光に満ちて再臨される終わりの日々に現される神の御国。
これは裁きの時、正義、完全な回復、永遠の栄光の時となるでしょう。

This is the essence and the fulfilment of what we believe. Paul says it very clearly in 1 Thessalonians 4:14-18:
これは、私たちが信じているものの本質と実現、ということを表しています。ポールは、はっきりとテサロニケの信徒への手紙4章の14−18節で言っています。

For we believe that Jesus died and rose again, and so we believe that God will bring with Jesus those who have fallen asleep in him. 15 According to the Lord’s word, we tell you that we who are still alive, who are left until the coming of the Lord, will certainly not precede those who have fallen asleep. 16 For the Lord himself will come down from heaven, with a loud command, with the voice of the archangel and with the trumpet call of God, and the dead in Christ will rise first. 17 After that, we who are still alive and are left will be caught up together with them in the clouds to meet the Lord in the air. And so we will be with the Lord forever. 18 Therefore encourage one another with these words.
1 Thessalonians 4:14-18/テサロニケの信徒への手紙一4:14-18
わたしたちが信じているように、イエスが死んで復活されたからには、同様に神はイエスにあって眠っている人々をも、イエスと一緒に導き出して下さるであろう。
15 わたしたちは主の言葉によって言うが、生きながらえて主の来臨の時まで残るわたしたちが、眠った人々より先になることは、決してないであろう。
16 すなわち、主ご自身が天使のかしらの声と神のラッパの鳴り響くうちに、合図の声で、天から下ってこられる。その時、キリストにあって死んだ人々が、まず最初によみがえり、
17 それから生き残っているわたしたちが、彼らと共に雲に包まれて引き上げられ、空中で主に会い、こうして、いつも主と共にいるであろう。
18 だから、あなたがたは、これらの言葉をもって互に慰め合いなさい。

So the Advent/Christmas season is a celebration of three primary revelations of God:
降臨節またはクリスマスと呼ばれるこの時期には、神の主な三つの啓示を祝う時期です。
It’s a celebration and participation in the coming of God’s Kingdom – in the past – when Jesus was born in Bethlehem and “the light shined in the darkness”;
過去にイエスがベツレヘムで生まれ、“光がやみの中で輝いた”とき、神の御国がやって来たことを祝い、加わること。
it’s a celebration and participation in the coming of God’s Kingdom now – in the present – when the Holy Spirit is given to all who repent and are baptised into the name of Jesus;
今現在、悔い改め、イエスの御名のうちに洗礼を受けた者すべてに聖霊が与えられているとき、神の御国がやって来たことを祝い、加わること。
and it’s also a celebration and participation in the Kingdom which is yet to come – in the future – when Jesus returns to take all those who remained faithful to Him home to be with Him forever.
これから先の将来に、イエスに忠実であった者すべてが永遠にイエスと共にすごすところへ連れて行くためにイエスが戻って来られるとき、神の御国がやって来たことを祝い、加わること。

There is a lot for us to celebrate and participate in at Christmas time. Let’s make the most of it and really enjoy this time.
Song: Joy to the World
クリスマスの時期は私たちにとって、たくさんの祝福をお祝いする時です。十分に楽しみ、お祝いをしましょう。