Truth
真理

1 October, 2017

I was recently invited to speak to a bunch of fourth grade kids at school. They were studying beliefs and cultures and I was asked to speak, as a Christian pastor, on Christianity and on my own Christian faith. At the end, the kids were invited to ask questions, and I have to say, I really love the questions that kids ask. Things like, “If Ms. Miller likes to sing, then why can’t we sing in her art class?” and “If Ms. Miller likes to sing, then why didn’t she become a music teacher instead of an art teacher?”
最近、小学4年生の子たちに話す機会がありました。信仰と文化を勉強している子たちで、クリスチャンの牧師として、キリスト教と私自身のクリスチャン信仰について話してくれとたのまれました。話の終わりに質問の時間があり、子どもたちの質問はおもしろいものでした。
“奥さんのミラー先生は歌うのが好きなんだから、なぜ私たちは先生の美術の時間に歌っちゃだめなの?”“ミラー先生は歌うのが好きなんだったら、なぜ音楽の先生にならずに美術の先生になったの?”

But some of the questions were actually on topic, and one of them was this: “If you go to church, does that make you a Christian?” I answered with another question. I said, “If you sit in a garage does that make you a car?” The kids enjoyed that and seemed to get the point. Being a Christian isn’t a matter of going to church, or performing certain rites, or even being born into a Christian family. Being a Christian – becoming a Christian – is something that each person must decide for themselves.
話題からそれていない質問もありました。その一つに、“教会に行けば、クリスチャンになれるの?”私はその質問に質問で答えました。“ガレージに座っていれば、車になれますか?”それがうけて、子どもたちは分かったようでした。クリスチャンであるということは、教会に行くことや儀式を行うこと、クリスチャン家庭に生まれるといったようなこととは関係ありません。クリスチャンである、クリスチャンになるということは、各個人が自分で決めることです。

So why would a person – especially someone from a non-Christian culture – decide to become a Christian? This evening, I’d like to look at three reasons why and they all start with the letter ‘T’.
ではなぜ人は、特にノンクリスチャン文化で育った人が、クリスチャンになろうと決心するのでしょうか?今晩はこの3つの理由を見ていきたいと思います。この3つの理由はどれもTから始まります。

  1. Trauma
    トラウマ

The first is trauma. Some people go through a terrible trauma – the loss of a job, the loss of a child, divorce, injury, sickness, abuse, infertility, ostracism – there are many kinds of trauma, and these often lead people to think very deeply about their lives, about the meaning or purpose of their lives, about the direction of their lives, about God and about eternal life. And many people turn to God at this time and they find Him. They find comfort, healing, strength and purpose in the words and in the presence of God Himself in their lives. They embrace and live the promises of God, like these:
一つ目の理由はトラウマです。ひどいトラウマを経験する人がいます。失業、子どもを失う、離婚、怪我、病気、虐待、不妊、追放。いろいろなトラウマがありますが、トラウマを経験することで人は人生について、生きている意味や目的について、人生の進路、神について、永遠の命について深く考えるようになります。そしてそんな時、多くの人は神に立ち返り、神を見つけます。御言葉と神ご自身がともにいてくださることに慰め、癒し、力、目的を見つけます。次のような神の約束を心に留め、その約束に生きようとします。 

The Lord is close to the brokenhearted and saves those who are crushed in spirit.

Psalm 34:18

主は心の砕けた者に近く、たましいの悔いくずおれた者を救われる。

詩篇34:18

And

Come to me, all you who are weary and burdened, and I will give you rest. Take my yoke upon you and learn from me, for I am gentle and humble in heart, and you will find rest for your souls. For my yoke is easy and my burden is light.

Matthew 11:28-30

すべて重荷を負うて苦労している者は、わたしのもとにきなさい。あなたがたを休ませてあげよう。 わたしは柔和で心のへりくだった者であるから、わたしのくびきを負うて、わたしに学びなさい。そうすれば、あなたがたの魂に休みが与えられるであろう。 わたしのくびきは負いやすく、わたしの荷は軽いからである。

マタイによる福音書11:28-30

I know there are some in this room who have come to Christ through trauma.
トラウマを通してクリスチャンになった方がここに何人かいると思います。

  1. Transition
    移行期

The second is transition. We all go through periods of transition. The transition from school to university and from university to the working world. Marriage, child birth, moving house, (for many here) moving countries, changing vocations, empty nesting and so on. These periods in our lives also call for soul-searching. We want our decisions to be good ones. We want to know that our lives are going in the right direction. To speak in spiritual terms, we want our lives to be blessed. And so we turn to God. We seek guidance, assurance and blessing. Transition periods are humbling because in them we come to understand that, however much we try, there is a lot in our lives that we cannot control. It’s in times of transition that we realise that we need God.
2つ目の理由は移行期です。高校から大学へ、大学から実社会へ。結婚、出産、引越し、国外への引越し、転職、子供の巣立ちなど。このような時期には自己分析が’必要となるときでもあります。良い決断をしたいものです。正しい方向に向かっていると思いたいものです。霊的に言うならば、人生が祝福されたいものです。だから私たちは神に立ち返るのです。導き、確信、祝福を求めるのです。移行期は私たちを謙虚にします。なぜならどんなにがんばっても自分ではコントロールできないことがたくさんあることが分かってくるからです。神が必要だと気がつくのはこの移行期なのです。

We hold precious promises in the Bible like these:
次のような聖書の尊い約束に私たちは期待します。

Trust in the Lord with all your heart and lean not on your own understanding; in all your ways submit to him, and he will make your paths straight.

Proverbs 3:5,6

心をつくして主に信頼せよ、自分の知識にたよってはならない。 すべての道で主を認めよ、そうすれば、主はあなたの道をまっすぐにされる。

箴言3:5,6

And

God has said, “Never will I leave you; never will I forsake you.” So we say with confidence, “The Lord is my helper; I will not be afraid. What can mere mortals do to me?”

Hebrews 13:5,6

主は、「わたしは、決してあなたを離れず、あなたを捨てない」と言われた。 だから、わたしたちは、はばからずに言おう、/「主はわたしの助け主である。わたしには恐れはない。人は、わたしに何ができようか」。

ヘブライ人への手紙13:5,6

I know there are some in this room who have come to Christ through transition.
移行期を通してクリスチャンになった方がここに何人かいると思います。

  1. Truth
    真理

The third reason that some people come to Christ is somewhat different and it’s what I’d like to focus on this evening. Some people – maybe many people – are not experiencing any particular trauma, and they are handling life transitions with relative ease, if not with a sense of excitement. They are already content with their life, if not really happy with it, so why would they want to change things and become a Christian?
人がクリスチャンになる3つ目の理由は、最初の2つとは違い、今晩、私が焦点を当てたい理由です。特にトラウマなど経験したことがない人がいます。たくさんの方がそうかもしれません。興奮感がないとしても、人生の移行期も比較的容易に乗り越えています。幸せいっぱいでないとしても、人生に満足しています。それならなぜ生き方を変えて、クリスチャンになりたいのでしょうか?

Truth.
それは真理があるからです。

The truth is inescapable. Matters of death and life, sin and salvation, guilt and innocence, punishment and forgiveness, heaven and hell – these are all matters of truth, not opinion. It doesn’t matter how deeply you believe that you will never die, the truth is that one day, you will die. It doesn’t matter how much you believe that you are a good person, the truth is, because of sin, you stand condemned before God. It doesn’t matter how much you believe that God is kind and will forgive you if you sincerely apologise, the truth is that getting right with God requires more than simply saying sorry to Him.
真理を避けることはできません。死と命、罪と救い、有罪と無罪、罰と赦し、天国と地獄
これらはすべて真実なことであって、意見ではありません。自分は決して死なないとどんなに深く信じていても、いつか死ぬという真実があります。自分がどんなにいい人だと信じていても、罪がゆえに神の前にさばかれているという真実があります。心から謝れば、神は親切で赦してくださるとどんなに信じていても、神と正しい関係にあるということはただ単に神に謝るだけではないという真実があります。

C.S. Lewis was a happy man. He was a professor at Oxford University. He was highly regarded, well paid and extremely intelligent. The last thing he wanted, was to admit that there was a God and that he was accountable to that God. He didn’t want to know about his own sin and the cost of removing that sin. He didn’t want to change his life. But the more he was confronted with God, and the more he considered the truth of the great Christian claim that Jesus Christ is the only way to God, he gave up. He said it was like a sorry checkmate in a game of chess.
C.S.ルイスは幸せに暮らしていました。彼はオックスフォード大学の教授でした。高い評価を受けて、高給職に就いており、とても賢い人でした。神がいて、その神に対して説明責任があるということを認めることだけはしたくありませんでした。自分の罪とその罪を取り除く犠牲について知りたくありませんでした。人生を変えたくありませんでした。しかし神と向かい合えば合うほど、イエス・キリストが神への唯一の道であるというクリスチャンの宣言の真実性を考えるようになりました。そしてあきらめました。チェスをしていてチェックメイトに追い込まれたようだったと彼は言っています。

“You must picture me alone in that room in Magdalen, night after night, feeling, whenever my mind lifted even for a second from my work, the steady, unrelenting approach of Him whom I so earnestly desired not to meet. That which I greatly feared had at last come upon me. In the Trinity Term of 1929 I gave in, and admitted that God was God, and knelt and prayed: perhaps, that night, the most dejected and reluctant convert in all England.” C.S.Lewis Surprised by Joy
マグダレンのあの部屋に一人でいる私を想像してみてください。毎晩、仕事から少しでも思いが離れると、なんとかして避けようとしている神の揺るぎなくしつこいアプローチを感じるのです。ひどく恐れていたことがとうとう私のうちに起こりました。1929年の第3学期、私は降参しました。神は神であると認め、跪き、祈りました。その夜、イギリス中で最も落胆して気が進まない改宗者だったことでしょう。

C.S.Lewis went on from there to find the true joy of knowing Christ, as well as to write such wonderful classics as The Lion, The Witch and the Wardrobe and Mere Christianity.
その後、C.S.ルイスは、キリストを知った本当の喜びを見つけ、ライオンと魔女やキリスト教の精髄のようなすばらしい名著を書きました。

More recently, Rosaria Champagne Butterfield was a happy woman. She loved her life. She was a tenured professor at Syracuse University in the States. She was a proud atheist and lesbian. She was a leader in the LGBT movement and was widely admired for this. She was a very content woman. And then she met God. As much as she didn’t want to, she had to confront the truth: that God was God, and no matter how much she kicked and screamed in rebellion, she was always going to be subject to the truth that the only way for a person to be right with God is by faith in Jesus Christ. She describes her conversion as “a trainwreck”. She left her position at the university, she became a traitor to those in the movement that she had once led, and she let go of everything that she once held dear. It took time and came at a great cost, but eventually she found new work, she married a man of faith and is a mother to several kids. Most of all, she found the true joy of knowing and living in God’s truth.
もっと最近の話では、ロザリア・シャンペーン・バターフィールドの例があります。彼女は幸せな生活を送っており、人生を楽しんでいました。アメリカのシラキュース大学の終身教授でした。無神論者であり、レズビアンであることを誇りに思っていました。性的少数者活動のリーダーであり、幅広く称賛されていました。とても満足した人でした。そんな時、彼女は神に出会いました。真実に直面せざるをえませんでした。神は神であり、どんなに反抗して蹴っ飛ばしたり、叫んだりしても、人が神と正しい関係をもつには、イエス・キリストに信仰をもつことだけだという真理にいつもさらされるのでした。彼女は自分の回心を“列車事故”だと言っています。大学での地位を去り、自分が導いてきた活動の人たちにとっては裏切り者となり、今まで大切にしてきたものをすべて手放しました。そうするには時間がかかり、大きな犠牲を伴いました。しかし最終的には、新しい仕事を見つけ、信仰のある男性と結婚し、母親となりました。何よりも、神の真理を知り、神の真理に生きる本当の喜びを見つけました。

Let me finish on this key point: the truth is not a fact or an understanding or a belief. The truth is a person. Jesus said, “I am the way, the truth and the life; no one comes to the Father except by me”.
この要点を説明して終わりにしたいと思います。真理は事実ではないし、理解や信念でもありません。真理は人です。 イエスは言われた、「わたしは道であり、真理であり、命である。だれでもわたしによらないでは、父のみもとに行くことはできない。 ヨハネによる福音書14:6

Jesus is the only way to get right with God, and what a wonderful way He is!
イエスが神と正しい関係をもつ唯一の道なのです。それはなんとすばらしい道でしょう。

Not everyone’s conversion is as dramatic as those I’ve talked about tonight. But every life surrendered to Jesus is changed, every life surrendered to Jesus requires sacrifice, and every life surrendered to Jesus experiences true joy.

I want to urge you this evening, to open yourself to the truth. The truth that:
今晩、どうか真理に心を開いてください。真理とは、

  • God loves you and has a plan for your life
    神はあなたを愛していて、あなたの人生に計画をもっておられます
  • You are not right before God because of your sin
    罪のせいであなたは神の御前に正しくありません
  • God has atoned for your sins through the death of Jesus Christ, the Son of God
    神は神の子であるイエス・キリストの死を通してあなたの罪を贖われました
  • You need to repent of your sins, turn to Christ in faith and receive Him in your heart to affect this atonement in your life
    この神の贖いを受けるには、罪を悔い改め、信仰をもってキリストに立ち返り、心にキリストを受け入れる必要があります
  • God gives all who turn to Christ pardon from their sins and the gift of His Holy Spirit
    神はキリストに立ち返る者すべてに罪の赦しを与え、聖霊の賜物を与えてくださいます
  • You can receive the full and eternal life that Jesus came to bring to all who call on His name
    イエスの御名を呼び求める者すべてに与えてくださる満たされた永遠の命を受けることができます
  • God has revealed His truth in His Word (the Bible), and in His Son, Jesus
    神は御言葉(聖書)と御子イエスのうちに真理を啓示されました

I want to urge you this evening, to open your heart to the truth of God’s Word. Open your heart to God and to Jesus Christ, His Son. You can get right with God tonight; you can receive eternal life tonight if you are willing. Come and talk with me.
今晩、神の御言葉の真理にぜひ心を開いてください。神と神の御子イエス・キリストに心を開いてください。今晩、神と正しい関係をもつことができます。今晩、心を開く準備のできている方は永遠の命を受けることができます。そうしたい方は私のところに来てください。

Pray.