Truth 真理

Before Jesus was crucified He had an interesting exchange with Pontius Pilate which climaxed with Pilate asking a superb question: “What is truth?” 「真理とは何か」 It’s a great question. Unfortunately Jesus didn’t answer the question. Or did he? We’ll come back to that later.
イエスが十字架に貼り付けられる前に彼はピラトと興味深い会話をしましたそれは素晴らしい質問です。“真理とは何ですか”と尋ねました。それはとても素晴らし質問です。
残念ながらイエスはその質問に答えませんでした。答えましたか?
ではそれはまた後ほどにしましょう。

Our theme for this year is ‘In Christ’ キリストにあって and we are looking at what that means in many different areas of our lives – intellectually, spiritually and in practical terms. Today we’re going to look at Truth. We’re going to look at how being in the truth (in Christ) affects our lives in two ways.
今年のテーマはキリストにあってというものでそれに伴って私達の人生に色々な領域-
知的に、霊的に、そして実践的に見ていきます。
今日は真理を見ていきます。私達はキリストにあって真理にあることが私達の生活の中に
どのように影響するか2つの方法を見ていきます。

1. Truth and obedience 真理と従順

Jesus said “If you love Me, you will keep My commands.” John 14:15
イエスはこう言われました”もしあなたがたがわたしを愛するならば、わたしのいましめを守るべきである。ヨハネによる福音書14:15

He also said, “Whoever lives by the truth comes into the light, so that it may be seen plainly that what they have done has been done in the sight of God. John 3:21
彼は又こうも言われました、しかし、真理を行っている者は光に来る。その人のおこないの、神にあってなされたということが、明らかにされるためである。ヨハネによる福音書3:21

Obedience to the truth is not optional for the Christian. It is an essential part of loving Jesus and being in Christ.
真理に従うことはクリスチャンにとって選択ではありません。イエスを愛し、キリストにあり続けるのは本質的な部分です。

When we seek to obey, we must obey in the truth. The question is, how do we know for sure what’s truth? How do we know what’s okay and what’s not okay?
私達が従うことを求める時、真理に従わなければなりません。
問題は、私達は確かな真理は何であるのかをどのようにして知るのでしょうか?
どのようにすれば私達は正しい真理とそうでない真理が分かるのでしょうか?
There are three ways that we can check whether our obedience to Jesus is in the truth:
私たちのイエスへの従順が真理のうちにあるかどうか確認する3つの方法があります:

1. By our hearts. It says that when we are in Christ God’s laws are written in our hearts. Our conscience is clean to follow. The Spirit testifies in our hearts as to what is holy and what is not. Paul said, “I speak the truth in Christ—I am not lying, my conscience confirms it through the Holy Spirit.” Romans 9:1
私たちの心によって。私達がキリストにある時、神の律法は私達の心に刻まれている と言います。
私達の良心は清く従います。聖霊は私達の心に教えてくれます。汚れていないもの、 汚れているものを。
パウロは言いました、わたしはキリストにあって真実を語る。偽りは言わない。わたしの良心も聖霊によって、わたしにこうあかしをしている。ローマの信徒への手紙9:1

This is a valid approach to obeying the truth in Jesus.
これはイエスの真理を従うのに正当な根拠のあるアプローチです。

1. Through other believers. When in doubt or for confirmation, it’s good to seek guidance through other believers whom we trust and uphold as mature in the faith. When Paul struggled with the circumcision issue, he took it to the elders in Jerusalem for a decision. Seeking the counsel of mature believers is a valid and healthy approach to obeying the truth in Jesus.
他のクリスチャン達を通して。疑問に思ったり確認したりする時、信仰に成熟してい る信頼のおけるそして支えてくれるクリスチャン達に導きを求めるのは良いことです
パウロが割礼の問題で悩んでいる時エルサレムの長老のところへその解決を求めた。
成熟したクリスチャン達の助言を求めるのは良いことであり、キリストにある真理に 従う健全なアプローチです。
The problem is, our hearts can be deceived.
しかし問題があります。私たちの心はだまされやすいのです。
The heart is deceitful above all things and beyond cure. Who can understand it? Jeremiah 17:9
心はよろずの物よりも偽るもので、はなはだしく悪に染まっている。だれがこれを、よく知ることができようか。エレミヤ書17:9
And even Christian elders can be in error.
年配のクリスチャンでさえ間違うことがあります。
When I saw that they were not acting in line with the truth of the gospel, I said to Cephas [Peter] in front of them all, “You are a Jew, yet you live like a Gentile and not like a Jew. How is it, then, that you force Gentiles to follow Jewish customs? Galatians 2:14
彼らが福音の真理に従ってまっすぐに歩いていないのを見て、わたしは衆人の面前でケパ[ペトロ」に言った、「あなたは、ユダヤ人であるのに、自分自身はユダヤ人のように生活しないで、異邦人のように生活していながら、どうして異邦人にユダヤ人のようになることをしいるのか」。 ガラテヤの信徒への手紙2:14
Good news: there is a third way. The third way to obey the truth in Jesus is by following the Bible. Our hearts and the advice of elders is good but it can also fallible. The instruction in the Word is infallible. Where scripture is clear, we don’t need to rely on our hearts or the guidance of others when it comes to obedience.
良い知らせ:3つ目の方法があります。イエスの真理のうちに従う3つ目の方法は聖書に沿うことです。
私達の心や年配のクリスチャン達のアドバイスは良いのですが、それはまた失敗することもあるのです。
御言葉の教えに間違いはありません。
聖句が明白であるところでは、私達は心に頼ったり他のクリスチャン達のアドバイスに頼る必要はなく、素直に聞き入れるのです。

This might sound obvious but the heart is deceitful.
これは明らかに当然のことのように思えるかもしれませんが、その心は欺いています。
I was speaking to a Christian woman (not in this church) a while ago. She was commenting on a book that she had read. In the book was the testimony of a Christian woman who went right off the rails before coming back again to Christ. My friend said that that would never happen to her because the red flags (warning signs) were so obvious. When I gently pointed out a couple of very obvious red flags in her own life, she was completely unaware of them despite them being clearly written about in the Bible. The heart is deceitful.

私はずっと前に、あるクリスチャン女性(この教会の方ではありません)と話をしていました。彼女は自分が読んだ本のコメントをしていました。
キリストに戻って来る前の、道から離れた一人のクリスチャン女性の証の本でした。
私の友達は自分には決して有りえないなぜなら警告の赤旗はとてもはっきりと出ていたからと言いました。
私が彼女の生活のとてもはっきりと分かる赤旗がいくつか見え、優しく指摘した時、彼女は聖書の中に書かれているにも関わらず、それらには全く気づいていませんでした。
その心は欺いているのです。
Some time ago I was speaking to a man who professed to be a Christian and his Bible knowledge was extraordinary. He said to me, “I’m leaving my wife for my girlfriend. What do you think?” What do I think? It doesn’t matter what I think! It only matters what God thinks. God has already made it very, very clear on the matter in His Word. But the heart is easily deceived.
少し前、私はクリスチャンになると公言した男の人と話していました。彼は「私は彼女のために妻と別れる。どう思いますか?」と私に言いました。私がどう思う?
私がどう思うかなんて関係ありません!ただ神様がどう思われるかが問題なのです。
神はすでに非常に明白にそのことを聖書に示されています。でもその心は簡単に欺くのです。
The apostle Peter wrote about these people:
使徒ペテロはこれらの人々について書きました。
Many will follow their depraved conduct and will bring the way of truth into disrepute. 2 Peter 2:2
また、大ぜいの人が彼らの放縦を見習い、そのために、真理の道がそしりを受けるに至るのである。ペトロの手紙二2:2

There’s value in following our conscience and there’s even greater value in seeking the counsel of elders in uncertain matters.
私達の良心に従うことに価値がありそして自信のない事柄を成熟したクリスチャン達にアドバイスを求めることはもっとさらに価値あることです。

But if we want to live in the Truth, there is no greater foundation than the Word of God. Know it well. Delight in it. Obey it. Because by obeying the Word, you show your love for Jesus.
でも真理のうちに生きることを願うなら、神の御言葉よりすばらしい土台はありません。
御言葉をよく知るのです。キリストにあることを楽しむのです。キリストに従うのです。
なぜなら御言葉に従うことによってあなたの愛をイエスキリストに現すからです。
So one way that our lives are affected by living in the truth is that we live lives of obedience.
私達の人生が真理の中で生きることによって影響を受ける一つの方法は、私達が従順な生活を送ることです。
The second way that our lives are affected by living in the truth is by relationship.
私達の人生が真理の中で生きることによって影響を受ける第2の方法は対人関係によります。

2.Truth and Relationship 真理と関係

As we study the Bible, we accumulate knowledge because we want to know the truth. We want to live upright, obedient lives. But however much we learn about God’s truth it doesn’t quite satisfy. It still leaves us looking for answers and with a deeper longing for more. Why is this?
私達は真理を知りたくて聖書を学び知識を積み重ねます。私達は真っ直ぐに生き素直な生活を送りたいです。私達は神の真理についてたくさん学びますがそれはまだ十分に満足していません。私達は答えを探していますそしてもっと深く憧れています。どうしてでしょう?
Because the truth is not merely a set of instructions to obey or principles to follow.
The truth is a person.
真理は単なる一連の従うべき原則の教えではないからです。
真理は人です。

Jesus said “I am the way the truth and the life” (John 14:6). イエスは彼に言われた、「わたしは道であり、真理であり、命である。ヨハネによる福音書 (This, by the way, is the answer to Pilate’s question. What is truth? You’re looking at it.)
(これは、ところで、ピラトの質問の答えです。真理とは何でしょう?あなたの目の前にあります。)
The truth is a person. We can know all about that person but until we know that person for ourselves then we’re always going to be looking for answers, we’re always going to be longing for more.
真理とは人です。私達はその人について知ることが出来ますが、私達が自分自身のためにその人を知るまでには私達はいつも答えを探し求め、深く憧れを持ち続けるのです。

Look at Job. He knew all about God. He could speak about God so eloquently. He was well-versed, he was clever, he was experienced and he was wise. But even so he couldn’t make sense of his life. He had so many questions. Chapters of questions. And then he encountered God. In the light of that encounter, some of his questions were answered but most just became irrelevant.
ヨブを見てみましょう。彼は神についてよく知っていました。とても雄弁に神について語ることが出来ました。彼は神に精通していましたし、巧で経験豊富で賢明でした。それでも彼は彼の人生を理に叶えることが出来なかった。彼はたくさん疑問を持っていました。
一連の疑問。そしてその後神に遭遇しました。その遭遇に照らされて彼の疑問のいくかは答えられましが、ほとんどが無意味なものでした。

Jesus said much the same:イエスは同じことを言われました:
You study the Scriptures diligently because you think that in them you have eternal life. These are the very Scriptures that testify about me, yet you refuse to come to me to have life. John 5:39,40
あなたがたは、聖書の中に永遠の命があると思って調べているが、この聖書は、わたしについてあかしをするものである。 しかも、あなたがたは、命を得るためにわたしのもとにこようともしない。ヨハネによる福音書5:39,40

The truth of the scriptures point us to the living Truth who is Jesus. This means our Christians lives must transcend an academic head knowledge of the truth – which is important – and must become an experiential knowledge of the heart. Head and heart. Knowledge and a relational experience. Just like faith and deeds, you can’t have one without the other if you want to live a life in Christ.
聖書の真理は生きた真理であるイエスを指しています。
この意味はクリスチャンとしての人生は真理の学問的な知識を超越しなければなりません、これは重要なことで、私達のクリスチャンとしての生活は心の経験を積んだ知識を持たなければなりません。
頭と心。知識と相関的な経験。信仰と行いのように、キリストにある人生を生きたいなら、この両方がないといけません。

Those who live a Christian life that is all knowledge and no experience end up with no relationship and are in danger of knowing all about God but never knowing Him.
全ての知識があってそして何の経験も無く人との関わりも無くクリスチャン生活を送る人々は、神のことを知りますが決して神を知ることは出来ません。
Those who live a Christian life that is all experience and no knowledge are in danger and vulnerable to all sorts of weird teachings that are outside of the Bible.
経験があっても知識のないクリスチャン生活を送っている人々は、聖書以外のあらゆる種類の奇妙な教えに傷つけられやすく危ないです。

The early church knew and experienced God. It was evident that they were experiencing God.
Their Christian experience went beyond a head knowledge. Once you experience God, the unanswered questions you may have about Him and about your own life are sometimes answered but more often than not, like Job, those questions simply don’t matter any more.

初期の教会は神を知っていました。昔の人々は神の経験があったのは明らかでした。
彼らのクリスチャン経験は知識を超えていたのです。一度あなたが神を経験すると、
あなたが抱えているその疑問やあなたの日々の生活の中で時には答えが与えられても、答えが出ない方が多いでしょう、ヨブの様に、神を経験するとそれらの疑問はそんなに大した事柄ではないのです。

It’s important that we experience God for ourselves. Seeking to experience God is different from seeking spiritual experiences even if they’re Biblical experiences. In seeking spiritual experiences we prioritise the experience and that is wrong and can be harmful. In seeking to experience God, we prioritise God and a having a relationship with Him.
私たち自身が神を経験することが大切です。神を経験しようと求めるのは例え聖書を熟知していても霊的経験(奇跡的なことや不思議な現象)を求めることとは違うのです。
霊的経験(奇跡や現象)を求めることは、私達はその現れに優先順位を置いてしまったりするのでそれは間違いでありまた害になります。
神の経験を求めて私達は神を優先順位に置き彼と関係を持つのです。

I want to qualify this again. The righteous live by faith, not by experience. And the heart of the Christian faith is the death and resurrection of Jesus, not the works that followed. But as we seek God in Christ He promises to meet with us, He promises to fill us with His Holy Spirit. We’re told to seek first the Kingdom of God and to see it manifest here on earth (“Your Kingdom come”).
今一度はっきりさせたいです。義人は信仰によって生きます、経験によってではありません
そしてキリスト教の信仰の中心はイエスの死と復活です行いによるものではありません。
しかしキリストにあって神を求めるなら、神は私たちに会ってくださると約束し、聖霊で満たしてくださることを約束してくれています。
私達は先ず神の御国を求めそしてそれが地上で現れるのを見るよに言われています。

If you’re hungry for more of God – you want more than the head knowledge, you want to experience the presence and workings of the Holy Spirit in your life, pray with me.
もしあなたがもっと神を求めー知識よりももっと更に求めるなら、自分の人生に聖霊のご臨在とはたらきを経験したいなら、私といっしょに祈ってください。

Jesus taught us: “How much more will your Father in heaven give the Holy Spirit to those who ask him!” Luke 11:13b
イエスは私達にこう教えました:天の父はなおさら、求めて来る者に聖霊を下さらないことがあろうか」。ルカによる福音書11:13b
Pray with me at the end of the service for the Holy Spirit to impact your life.
あなたの人生に影響を与えてくださる聖霊のために礼拝の後私と一緒に祈りましょう。

Jesus said the truth will set you free. He wasn’t talking about a set of principles. He was talking about Himself.
イエスは真理はあなたを自由にしますと言いました。原則について話されたのではありません。彼は彼自身についてお話になられたのでした。
Pray.