Want to be Happy? – Repent 幸せになりたいですか?—悔い改めなさい

Which face is the repentant face?
悔いている顔はどれでしょうか?
(Gloomy, stressed/frustrated/deliriously happy?)
(暗い憂鬱、ストレス/ 欲求不満/ 凄く幸せ?)
Last week as we looked at the book of Hosea, we focussed on God’s
judgement, repentance and abundance. 先週私達が見たホセア書で、私達は神の裁き, 悔い改め, 豊かさに焦点を置きました。

Today I would like to focus more on repentance because I want us to be happy.
今日はもっと悔い改めに焦点を当てたいと思いますと言うのも私達はもっと幸せになりたいからです。
I want us to be a happy people, a happy church.
I don’t believe we can be truly happy until we know how to truly repent and have done so.
私達が幸せな人々になりたいですし、幸せな教会にしたいです。
私達が心からの悔い改めの方法を分かるまでは、そしてそのようにするまでは本当の幸せであるとは言えないと信じています。
Why do I say this?
なぜ私はこんなことを言うのでしょう?
Because repentance is key to receiving the Kingdom of heaven and without the kingdom of heaven we will never know true joy.
と言うのも、悔い改めは天国の御国を受ける鍵であり天国の御国なしでは私達は決して本当の喜びを知り得ないからです。
Bill Johnson said: “Most Christians repent enough to get forgiven but not enough to see the Kingdom.” (Chapter 3 – top)
ビルジョンソンはこう言いました:殆どのクリスチャンは赦されるよう悔い改めます。しかしそれだけでは神の国を見るには不十分です。
Remember, the kingdom of this world and the Kingdom of God are completely different and at odds with each other (actually, at war), despite often looking similar on the surface. And one of the first places we see a difference is in repentance from sin.
この世の王国と神の御国は完全に違います、そして互いに優劣の差(実際には、戦争)を見た目にはしばしば同じ様な者どうしにもかかわらずその差をつけたがります。そして違いを見る最初の1つは、罪からの悔い改めです。
The Bible teaches us that sin is rebellion against God and requires repentance.
聖書は私達にこう教えています罪は神への謀反(反抗)ですそして悔い改めが必要である。
The world does not recognise sin, and certainly not as rebellion against God.
世は罪というものを認識していませんだから神への謀反(反抗)もないのです。
More so, here’s how the kingdom of the world views Christian repentance:
更にもっと言うなら、世間の王国はどのようにキリスト教の悔い改めを見るのでしょう?
My sacrifice, O God, is a broken spirit; a broken and contrite heart you, God, will not despise.
Psalm 51:17/詩篇51:17
神へのいけにえは、砕かれた霊。砕かれた、悔いた心。神よ、あなたはそれをさげすまれません。
This is from scripture, so we can’t argue against this. They have a good point. But the worldly conclusion is often that this is harmful, negative and depressing.
これは聖書からです、だから私達はこれに対して口論できません。それらは良い教えです。しかし世間的には、しばしばこれは害である、マイナスである、気落ちさせると判断します。
And sometimes we Christians, in our manner of going about repentance, have given the world good reason to think so.
そして時々私達クリスチャンは、悔い改めの行い方に世間にそう思わせるような考えを与えています。
The problem isn’t the brokenness. Don’t misunderstand me. Hidden sin is the Achilles’ heel of the church today (3rd section “An About Face”, second paragraph) and we must root it out. Repentance means we come to God broken and contrite. But the problem is that sometimes we tend to stay that way, and that is not what repentance is all about.
問題は壊れていることではありません。誤解しないでください。隠れた罪は、現在の教会のアキレス腱に例えることができます。そして私達はそれを根絶しなければなりません。
悔い改めというのは、私達が砕かれそして深く悔いて神に告白することです。
しかしその問題は、時々私達は赦されるように悔い改めるに留まる傾向があります、そしてそれは悔い改める事の全てではありません。
Bill Johnson said: “Most Christians repent enough to get forgiven but not enough to see the Kingdom.”
ビルジョンソンは言いました:殆どのクリスチャンは赦されるよう悔い改めます。しかしそれだけでは神の国を見るには不十分です。
How do we take our repentance to the next level so that we then see the Kingdom of God?
悔い改めをどのように次の段階に持って行けば、神の御国を見る事ができるのでしょう?
That’s what we’re going to look at today.それを今日は見て行きましょう。
We know that repentance means more than just being sorry for sin. We know that it means doing an about face. Turning radically from sin to God. I believe already we know this.
私達は悔い改めるという意味は罪に対してただ謝るよりももっと深いことだと知っています。
それは立ち向かって行くという意味だと知っています。根本的に罪から神へと向きを変えることです。私達はすでにこれを知っていると信じています。
What I want to emphasise this morning – and this is key – is that
repentance also involves changing your way of thinking.
今朝は、この鍵である悔い改めは考え方を変えることでもあるのです。
というところに強調したいのです。
It means having a transformed mind (Romans 12:2).
悔い改めとは心の一新によって変えるという意味です(ローマ12:2)
It means taking on the mind of Christ わたしたちはキリストの思いを得るという意味です。.
This is what takes us beyond forgiveness and brings us the healing from the brokenness.
これは赦しを遥かに超えて傷ついた私達に癒しをもたらします。

This is where we leave behind impurity and take on purity. We leave behind doubt and we take on faith. We leave behind one kingdom (of the world), and we move in another Kingdom (of God).
これは心の汚れた不純物を置き去りそして清らかなものを得るのです
私達は疑いを捨てさり、そして信仰を得るのです。
私達はこの世の王国を捨て去り、そして神の御国へと移って行くのです。

What happens at this point is amazing and it is where we must live.
この視点で起ることはすばらしくそしてそこが私達が生きるべきところなのです。
From repentance, we have purity, faith and Kingdom vision.
悔い改めから私達は純潔、信仰、御国のビジョンを得ます。
That is, the presence of God’s Kingdom fills our consciousness.
つまり神の御国の悔い改めは、私達の意識を満たします。

This means that the enemy’s attempts to lure us away with the visible treasures of the world are easily resisted because our hearts are aware of the presence of His Kingdom in our lives. (4th section “Co-laborers with Christ”, 1st paragraph)
これは私達の心が神の御国の臨在を意識してるので、私達の関心を目に見えるものに固執させようとする敵の企てに対し容易に抵抗することができるのです。
As such, we partake in the Kingdom and become co-labourers of Christ in the Kingdom of God.
そのように、私達は神の御国に加わり、神の御国においてキリストの同労者となるのです。
So the prayer “Your Kingdom come, Your will be done” becomes a reality to us and influences the words we speak and the words that we no longer speak, and the actions that we do and no longer desire to do.
だから“御国が来ます様に、御心が行われますように”の祈りは私達に現実のものとなり
そして私達が話す言葉に影響し、話す言葉や私達が行う行動はもはや願望だけではなく現実のものとなります。
This is all the fruit of true repentance.
これが真の悔い改めの全ての果実です。

The greatest sermon ever given…was not mine. I know that will be a shock to many of you but it’s true, it wasn’t. The greatest sermon ever given was by Jesus and it is known as the sermon on the mount. (Matthew 5) And it was basically about repentance. But at the same time it was about so much more than repentance.

今までで最も偉大な説教は…. 私の説教ではありません。多くのみなさんがショックを受けている思いますがそれが真実です、私の説教ではありません。その偉大な説教はイエスによって与えられ、それはご存知の通りあの山で説教されたものです。
(マタイの福音書5章)それが悔い改めについての基本的なものです。しかし同じ頃、
悔い改めよりももっとたくさんのことについて解かれています。

Although this sermon might be familiar to you, I’m not just going to give it to you. Because there’s no fun in that. I’m only going to give you half of it. (Matthew 5: 3-10) And we’re going to play Mix n’ Match. Match the correct blessing to the beatitude (on the screen – take volunteers)
この説教は見覚えがあるかもしれませんが、ただ単に与えるつもりはありません。そこには何も面白いものはありませんから。半分だけじゃ無くもっと与えます。(マタイの福音書5:3-10)
では、ミックスインマッチをします。山上の垂訓でされた正しい恵みと合わせます。
3 “Blessed are the poor in spirit – for theirs is the kingdom of heaven.
「こころの貧しい人たちは、さいわいである、- 天国は彼らのものである。
4 Blessed are those who mourn – for they will be comforted.
4 悲しんでいる人たちは、さいわいである、- 彼らは慰められるであろう。
5 Blessed are the meek – for they will inherit the earth.
5 柔和な人たちは、さいわいである、- 彼らは地を受けつぐであろう。
6 Blessed are those who hunger and thirst for righteousness – for they will be filled.
6 義に飢えかわいている人たちは、さいわいである、- 彼らは飽き足りるようになるであろう。
7 Blessed are the merciful – for they will be shown mercy.
7 あわれみ深い人たちは、さいわいである、- 彼らはあわれみを受けるであろう。
8 Blessed are the pure in heart – for they will see God.
8 心の清い人たちは、さいわいである、- 彼らは神を見るであろう。
9 Blessed are the peacemakers – for they will be called children of God.
9 平和をつくり出す人たちは、さいわいである、- 彼らは神の子と呼ばれるであろう。
10 Blessed are those who are persecuted because of righteousness – for theirs is the kingdom of heaven.
10 義のために迫害されてきた人たちは、さいわいである、- 天国は彼らのものである。

The sermon on the mount is actually not so much about repentance as it is about receiving the Kingdom of heaven.
山上の垂訓は実際、天の御国を受けとることほど、あまり悔い改めについてはふれていません。
In it Jesus reveals the attitudes that help his followers to access His unseen world. As citizens of heaven, these attitudes are formed in us so that we might fully grasp all that His Kingdom has available.
The Beatitudes are actually the lenses that the Kingdom is seen through. Repentance involves taking on the mind of Christ revealed in these verses. (7th section “The Greatest Sermon”, 5th paragraph)
その中でイエスは、ご自分に従う者達が目に見えない神の国に触れるために必要な態度に付いて明らかにしておられます。天国の市民として、神の国にあるものが全て私達のものであると理解するために、私達の内に形成されていくものなのです。
山上の説教は神の御国を見通せるレンズなのです。
悔い改めは、これらの山の説教に現されているキリストの思いを身につけることに関係します。
And these lead to happiness.
そしてこれらは幸せへと導くのです。

I know a lot of boring old Bible enthusiasts like myself will say, “Hang on a moment. These beatitudes are talking about blessings, not mere happiness. And blessings involve a lot more than just happiness. So we don’t really like the translation of the Living Bible and others which use the word happiness here”.
私の様な退屈な古い聖書の愛好家の多くが、“ちょっと待って”と言うと思います。
これらの山上の説教は祝福について話されているのであって単なる幸せの説教ではありません。そして祝福は単なる幸せよりももっと大きく関係するのです。
だから私達はリビングバイブルの通訳は実に好ましくありませんので他の言葉で恵みと通訳したいのです。

This is a good point and I think that essentially the boring old Bible enthusiasts are right. Except that blessings do actually bring true happiness, and sometimes we forget that!
これは良い点ですし本質的に退屈な古い聖書の愛好家達は正しいと思います。
祝福は実際に真の幸福を運んで来ますが私達は時々それを忘れてしまうのです!
And as this is a family service, I’d like to make a special application of the beatitudes for families.
So allow me to paraphrase the beatitudes. Here is Andrew’s version of the beatitudes for families:
だからこれはファミリー礼拝として、家族の為の山上の説教の特別応用編をしたいと思います。
それで私に山の垂訓を言い換えさせてください。ここにアンドリュー編、家族のための山の説教です。
• You’re going to be really happy if you know you really need God in your home because then you get the Kingdom of heaven right there in your living room.
あなたの家庭に神が本当に必要だと分かっているなら本当に幸せになります。なぜなら天の御国をあなたの居間に得るからです。
• You’re going to be really happy if you are truly sorry to God and your family members for the bad things you’ve said and done because that’s when you find peace and rest in your home.
神とあなたの家族に悪いことを言ったりしたりしたことを心からもう申し訳ないと思うなら本当に幸せになります。なぜなら平安と安らぎを家庭に見つけるからです。
• You’re going to be really happy if you have a gentle spirit before God and others in your family because then people will be happy to share things with you.
神と家族の前に穏やかな心を持った人は本当に幸せになります。なぜなら人が喜んで分け与えてくれるからです。
• You’re going to be really happy if you have a passion in your heart to treat your family members well because then you’ll be really satisfied in your own heart.
あなたの家族を大切にする思いが心にあるなら本当に幸せになります。なぜならあなたの心が本当に満たされるからです。
• You’re going to be really happy if you don’t get angry with other family members even if they do something bad to you, that way, people won’t get angry with you when you do something bad to them.
家族があなたに何か悪い事をしても腹を立てないなら本当に幸せになります。すうすれば、あなたが人に何か悪い事をしてもその人は
あなたに腹を立てないでしょう。
• You’re going to be really happy if you only look at good books and good movies and good things on the internet and only think about good things because that will help you to see God in your home.
良い本、良い映画、ネットで良い事だけを見て良い事だけを考えるなら本当に幸せになります。なぜならそうする事で家庭に神を見ることになります。
• You’re going to be really happy if you’re kind and peaceful with other family members because that’s how God’s children should be in the home.
家族に親切で穏やかであるなら本当に幸せになります。なぜなら神の子たちは家庭でそのようにあるべきだからです。
• You’re going to be really happy even if you get a hard time for doing the right thing because God sees and He will reward you with things from His Kingdom.
正しいことをして苦労するなら本当に幸せになります。なぜなら神が
見ており、御国のもので報いてくださるからです。

Let me finish with a word to the adults.
では大人達に対して言葉を添えて終わります。

Repentance, like the beatitudes, is not about law and it’s not even about reward for obedience.
悔い改めは、山の垂訓は律法についてではなく、従順への報いについてでもありません。
It’s all about grace. We need to understand this. It gets deep and heavy here so listen carefully.
全て恵みについてなのです。私達はこれを理解することが必要です。
深くて重いので注意深く聞いてください。

At the heart of our repentance is God’s unwarranted favour that is poured upon a humble heart before any acts of obedience are done.
悔い改めの中心は、従順な行為がなされる前にへりくだった心に注がれる神の恩恵です。
(The acts of obedience will later confirm the integrity of the repentance.)
(従順な行為は最後にその悔い改めの成し遂げを確認するでしょう)
Under grace, the commandments of the Lord come fully equipped with the ability to perform them. Grace enables what it commands. And so Kingdom power is released in us upon repentance. (Section 7, last paragraph)
恵みの下では、主の戒めを完全にそれらを実行する機能が備わっています。
恵みは命じられたことを出来るようにします。
そしてだから御国の力は、私達の悔い改めの上に解放されるのです。
Finally, something I touched on earlier: Hidden sin is the Achilles’ heel of the church today and we must root it out.
最後に、私は最初の方で:隠れた罪は、現在の教会のアキレス腱に例えることができます。と触れましたそして私達はそれを根絶しなければなりません。
Time of silent prayer.
黙祷の祈り
Ask the Holy Spirit to show you the sin in your life, and then
– turn from the sin,
聖霊にあなたの内にある罪を示して下さるようお願いしましょう、
そして罪から離れる、
– submit your whole life to God and
人生全てを神に委ねる

pray that God would truly change your whole way of thinking so that you can move from repentance, to have purity, faith and Kingdom vision.
悔い改めから純潔、信仰、御国のビジョンを持つことが出来るように考え方すべてを変えてくださるように祈る

(If God is leading you to confess sin with me or one of the other leaders as a part of that process, then be faithful to that in the prayer time at the end of the service.)
(もし神があなたに罪の告白を導かれるなら私や他のリーダー達と共に手順の一部として、礼拝の後祈ります。)
Which face is the repentant face? (Gloomy, stressed/frustrated/deliriously happy?)
悔いている顔はどれでしょうか?(暗い憂鬱、ストレス/ 欲求不満/ 凄く幸せ?)