What God Requires
神が必要とするもの

January 5th, 2020

Minoh International Church
Pastor Joseph Ricohermoso
Text: Micah 6:8
ミカ書 6:8

Introduction

Someone has calculated how a typical lifespan of about 80 years is spent. Actually, Abed helped me in computing the figures and he came up with a more comprehensive data. Here is the estimate in a simplified format:
人間の平均寿命は約80年ですが、寿命である80年を私たちのがどのように何に時間を費しているのかを調べたデータがあります。この教会のメンバーであるアベットが数字の計算を手伝ってくれて、より正確なデータを作ることができました。簡単な計算ですが、私たちが人生のうちに費やす時間配分は次のようになります。

Activity
活動
Time spent (in years)
一年間に費やす時間
Percentage of life
平均寿命80年に対して占める率
Remarks
特記事項
Sleeping
睡眠
26.0032.50%33 years in bed
33年間ベッドにいることを示す
Trying to sleep
睡眠に入るまでの時間
7.008.75%
Work
仕事
13.1616.45%
Screen time
スクリーンをみている時間
11.3014.13%TV, social media, etc.
テレビやソーシャルメディア等
Eating
食事
4.505.63%
Holiday
休暇
3.143.93%
Exercise
運動
1.301.63%
Romance
恋愛
1.101.38%
Socializing
社交
1.011.26%
School
学校
1.001.25%
Religion
宗教
2.002.50%~ 4.2 hrs. per week
週に4.2時間以内
Others
その他
8.4910.61%Dressing, travelling, etc.
着替え、旅行などに費やす時間
Total
合計
80100%

How about you? How did you spend the year 2019? Better yet, how do you intend to spend your added lease on life, this year 2020?
この表を見て、あなたの場合はどうでしょうか? あなたは2019年をどのように過ごしましたか?新しい年、2020年の時間を、どのように過ごすつもりでしょうか?

We believe that God is rich in mercy and full of grace, yet He requires certain things of us.
神は慈悲に富み、恵みに満ちていると私たちは信じていますが、実は、神は私たちにある事を要求しています。

The prophet Micah is best remembered as the one who prophesied that the coming Messiah would be born in the tiny, seemingly insignificant village of Bethlehem:
預言者ミカは、来るべきメシアである救世主が、何の変哲も無い「ベツレヘムという小さな村で生まれる」と預言した者として最もよく知られています。

But you, Bethlehem Ephrathah, though you are small among the clans of Judah, out of you will come for me One who will be ruler over Israel, whose origins are from of old, from ancient times.

Micah 5:2

しかしベツレヘム・エフラタよ、あなたはユダの氏族のうちで小さい者だが、イスラエルを治める者があなたのうちからわたしのために出る。その出るのは昔から、いにしえの日からである。

ミカ書 5:2

Micah is also known for his very practical instruction in chapter 6. The message comes in a combination of question/answer verse: the answer is rooted in the very question it asks! “And what does the Lord require of you?”
ミカは、第6章に書かれているように、非常に実践的な指導としても知られています。ミカのメッセージは、質問とその答えの組み合わせで構成されています。 そしてその質問とは常に、「主はあなたに何を求めていると思いますか?」という質問でした。

His three-part answer immediately follows:
そして彼の答えは次のように三つの部分に別れています。

He has shown you, O mortal, what is good. And what does the Lord require of you?
To act justly and to love mercy and to walk humbly with your God.

Micah 6:8

人よ、彼はさきによい事のなんであるかをあなたに告げられた。主のあなたに求められることは、ただ➀公義をおこない、➁いつくしみを愛し、➂へりくだってあなたの神と共に歩むことではないか。

ミカ書 6:8

The expectations listed here, in a general sense, summarize what the law called the nation of Israel to do. The prophet was challenging them to a minimal standard of behavior that is recognized as what sensible people should do.
ミカ書のこの箇所で書かれている事については、「イスラエル人が従うべき法が要約されている」と一般的に言われています。預言者達は「賢い人々が取るべき善い行いの基準」をイスラエル人に示していたのでした。

This is the starting point for changing their direction. This is not a comprehensive statement of all expectations. If you want a more challenging list, please take a look at Deuteronomy 10:12~22.
このミカ書6章8節に書かれている善い行いの基準とは、単なるとっかかりにすぎません。すべての基準を満たすというわけではありません。より詳しい善い行いの基準を知りたい人は、申命記10章12〜22節を読んでください。

The three (3) points mentioned earlier are not ideas. Nor are they mere preferences. These manners are related to our actions, our affections, and our attitudes. And, they are “required” of each of us.
ミカ書6章に書かれている、「公義をおこない、いつくしみ愛し、へりくだってあなたの神と共に歩む」という3つのポイントは単なる良い考えではありません。また、そうすることが好ましいからではありません。これらの行いは私たちの行動、愛情、態度に深く関係しているのです。そして、「公義をおこなう」「いつくしみ愛す」「へりくだってあなたの神と共に歩む」というこの三つのポイントは私たち一人一人に「必要」とされているのです。

  1. Concerning our ACTIONS: Act Justly 
    私たちの態度について:公正な行いをする(公義をおこなう)

1つ目のポイントは私たちの行動に関してです。公正に行動することが必要とされています。

The context of the prophet Micah’s ministry is a culture known for its rampant idolatry, immorality, and outright rebellion against the true worship of God. In fact, it was a culture much like the one we are experiencing or seeing today in many places in the world.
預言者ミカが布教活動をしていた時代は、偶像崇拝が蔓延し、人々は不道徳で、​​神への崇拝を全く認めないという文化背景を持っていました。実際、それは私たちがこんにち、世界中の多くの場所で経験し、目の当たりにしているような文化と同じです。

Micah fearlessly preached that certain things are essential of those who follow the path of the Lord.
ミカは、主の道に従う人にとってある事柄が必要不可欠であると、当時大いに説いていました。

First, we are required to “act justly.” It would have been understood by Micah’s audience as living with a sense of right and wrong. In particular, the judicial courts had a responsibility to provide equity and protect the innocent. Injustice was a problem in Israel at that time (Micah 2:1~2; 3:1~3; 6:11).
まず、私たちは「公正な行い」をする必要があります。当時のミカの聴衆は、「公正な行いをする」ということは善いこと悪いことを見分けると理解していたでしょう。特に、司法裁判所は公平性を人々に提供し、無実の人々を保護するという責任がありました。不正や不当な行為はその当時のイスラエルでは問題になっていました。

Moreover, he was referring to much more than following a ruling in a court of law. God requires that we live as a shining example to those around us.
さらにミカは、法廷での判決に従うこと以上に多くの事について言及していました。神は、「私たちクリスチャンが周囲の人々の輝かしい模範として生きること」を求めているのです。

We should be both moral and ethical in our dealings with others. We should always honor what is right and speak up for those who have no voice. 
私たちは他者と道徳的かつ倫理的に接しなければなりません。私たちクリスチャンは常に正しいことを尊重し、主張できない人々のために声を上げなければなりません。

Justice has become a popular slogan among many advocates, but Micah was emphasizing action over mere talk. It is not enough for God’s people to love justice and to be cheering from the sidelines for those people working for justice.
この「公正である」という事は多くの支持者の間で人気のスローガンになりましたが、ミカは話をするよりも実際に人々がとる「行動」を強調していました。神の民が、正義を愛し、正義のために働く人々を応援するだけでは不十分なのです。

Please don’t get me wrong. I am not advocating to take it upon ourselves to enforce laws or to provide justice in situations where no justice seems possible, just like the flamboyant vigilantes, Spider-man, Batman or the Punisher.
しかしみなさん、誤解しないでください。私は、悪者を退治する派手な自警団や、スパイダーマン、バットマン、罰を与える人のようになれと言っているわけではありません。法を定めたり、正義が行われることが不可能などんな悪い状況でも正義を行えと言っているわけでもありません。

The irony is that, as a vigilante seeks to bring lawbreakers to justice, he becomes a lawbreaker himself. We don’t do that. We believe in due process and ultimately, in the justice of God.
皮肉なことに、自警団が法律に違反した者を裁判にかけようとすると、その人は法律違反者になってしまいます。私たちはどのように公正になれるかを考えます。最終的には神の正義を信じるしかないのです。

Each of us is required to “act justly.” That is, to put justice into practice. What a difference it would make in our society today if more of us began to “act justly” and go to the defense of those who are suffering in unjust circumstances and situations.
私たちはそれぞれ、「公正な行い」をする必要があります。つまり、正義を実践するということです。私たちの多くが「正義を実践し」、不当な状況に苦しんでいる人々を助けると、こんにちの社会にどのような違いをもたらすと思いますか?

  1. Concerning our AFFECTIONS: Love Mercy 
    私たちの愛情表現について:いつくしみ愛する

次は、私たちの愛情表現となる、「いつくしみ愛する」という事についてお話しします。

God also requires us as imitators of Christ to “love mercy,” and the emphasis continues to be on action, not emotion or thought. We are not simply to show mercy to others but to passionately “love mercy.”
神はまた、キリストの似姿となる私たちに「いつくしみ愛する」ことを求めており、感情や考えだけではなく、「いつくしみ愛する」という私たちの行動に注目されています。私たちは単に他人にいつくしみと愛を示すのではなく、情熱的を持って「いつくしみ愛する」ことを行いを通して示すべきだと言っています。

“Love mercy” contains the Hebrew word hesed, which means “loyal love” or “loving-kindness.”
「いつくしみ愛する」という文章には、ヘブライ語のhesed(へセド)という言葉が含まれています。これは、「忠実な愛」または「愛情」を意味します。

Both justice and mercy are foundational to God’s character.
正義と慈悲の両方が神の性格の基盤となります。

Righteousness and justice are the foundation of your [God’s] throne; love and faithfulness go before you [God].

Psalm 89:14

義と公平はあなたのみくらの基、いつくしみと、まことはあなたの前に行きます。

詩編 89:14

God expected His people to show love to others and to be loyal in their love toward Him, just as He had been loyal to them (Micah 2:8~9; 3:10~11; 6:12).
神は、神の民が他の人々に愛を示し、神に対する愛に忠実であることを望みました。(ミカ書2章8〜9節、3章10〜11節、6章12節を参照。)

Mercy is best defined as “not getting what we deserve.” Just like how God treated us in mercy. We deserve His punishment, yet we didn’t get it. Thanks to our Lord Jesus who took the penalty on our behalf.
いつくしみは、「私たちが受けても当然なのに報いを受けないこと」と定義されています。私たちは罰せられても当然なのに、神は私たちを罰しませんでした。それどころか、神は私たちにいつくしみを下さいました。私たちに代わって罰を受けた主イエスに心から感謝します。

If we direct the focus on others, to “love mercy” means, “to spare cruelty toward others who we think deserve it.”
私たちが他の人のことを考えた時、「いつくしみ愛する」とは、「罰を受けるべきだと思っても、その人を思いやる」ことを意味します。

Another biblical word related to it is grace. Grace is “getting what we don’t deserve.” Micah’s instruction means that we are required to give people what they don’t always deserve; we are to be more understanding and show them some mercy.
この「いつくしみ愛する」に関係するもう一つの聖書の言葉は「恵み」です。「恵み」とは「値しないものを手に入れる」という意味です。ミカはここで、私たちが「たとえふさわしくないと思っても人々に与える」ことを求めているのです。私たちはこのことをもっと理解し、他の人にいつくしみと愛を示すべきなのです。

When we see someone in a difficult situation, some of us tend to immediately think: “God must be disciplining or even punishing him!” We take the seat of the judge when our “love” for mercy should be guiding us to be Christ’s hand extended to someone in need, whether or not that person deserves it.
困っている人たちを見ると、「あの人はきっと、神に懲らしめられているんだ。」とか、「神に罰されているのだろう」と私たちは考えがちです。しかし、神のいつくしみと愛はその人が値するかどうかに関係なく、困っている人全てに与えられるべきなのです。

John 9:1~7 illustrates this situation. Verses 1~2 state:
ヨハネ書の9章1−7節では、わかりやすく次のような話が書かれています。1節と2節を抜粋して読みます。

As he [Jesus] went along, he saw a man blind from birth. 2 His disciples asked him, “Rabbi, who sinned, this man or his parents, that he was born blind?”

John 9:1-2

1 イエスが道をとおっておられるとき、生れつきの盲人を見られた。2 弟子たちはイエスに尋ねて言った、「先生、この人が生れつき盲人なのは、だれが罪を犯したためですか。本人ですか、それともその両親ですか」

ヨハネ書 9:1-2

Take note of how the disciples interpreted this man’s disability. They immediately concluded that it must be because of some sin! However, Jesus takes exception by explaining to them in verse 3:
イエスの弟子たちが、この男の盲目という障害をどのように解釈したかに注目してください。弟子達はすぐに、何らかの罪のせいでその男は盲目になったのだと結論付けました。しかし、イエスは3節で弟子達に次のように説明しています。

“Neither this man nor his parents sinned,” said Jesus, “but this happened so that the works of God might be displayed in him.”

John 9:3

イエスは答えられた、「本人が罪を犯したのでもなく、また、その両親が犯したのでもない。ただ神のみわざが、彼の上に現れるためである。

ヨハネ書 9:3

Jesus didn’t stop there. He went on performing a miracle by healing the blind man.
イエスはただそのように弟子達に話をしただけではありませんでした。イエスは盲人をいやして奇跡を起こしたのでした。

The apostle John wrote about the said event also said this:
使徒ヨハネは、この出来事について次のようにも書いています。

7 Dear friends, let us love one another, for love comes from God. Everyone who loves has been born of God and knows God. 8 Whoever does not love does not know God, because God is love.

1 John 4:7-8

7 愛する人たち。互いに愛し合いましょう。愛は神から出ています。ですから、愛のある人は、その行いによって、自分が神の子どもであることを明らかにし、ますます神を知るようになるのです。 8 反対に、愛のない人に神はわかりません。なぜなら神は愛だからです。

ヨハネ書I 4:7-8

For the one who truly loves God, acting justly and loving mercy are as natural as snow in winter and showers in spring.
神を本当に愛する人にとって、公正な行いをし、慈悲やいつくしみの気持ちを持って人を愛することは、まるで冬に雪が降ったり春に命が芽生えたりするように当然で自然なことなのです。

  1. Concerning our ATTITUDES: Walk Humbly 
    私たちの態度について:謙虚に生きる(へりくだって生きる)

最後に、私たちが「謙虚に生きる」という態度についてお話しします。

We are told to “walk humbly with your God,” a requirement that puts spotlight on our attitude.
私たちは「へりくだって神と共に歩む」ように言われています。これは私たちの態度がいつも謙虚かどうか、よく注意しなさいということです。

“Walk humbly” is a description of the heart’s attitude toward God. As God’s people, we are to depend on Him rather than our own abilities (Micah 2:3). Instead of taking pride in what we bring to God, we humbly recognize that no amount of personal sacrifice can replace a heart committed to justice and love.
「へりくだって歩む」とは、私たちの神に対する心や態度が謙虚であれということです。神の民として、私たちは自分の力に頼るよりも神の力に頼るべきでなのです(ミカ2:3)。私たちが神のために何ができるのかということではありません。たとえ私たちが、神のためにどのような犠牲を払ったとしても、「正義と愛の心」には取って代わることができないのです。そのことを認め、謙虚に受け止めましょう。

I appreciate the testimony that Pastor Rick Warren shared concerning his preaching ministry. He said, “I often pray a particular prayer on my way to church. I offer my resignation to God: ‘God, you have used me in the past, but I never presume upon your graciousness. Whatever will bring you the most glory is exactly what I want.’ Then I recommit my life to the Lord and ask him to empower me. I have a memorized list of affirmations and confessions that I pray, but the bottom line is that I humble myself before the Lord in solitude.”
リック・ウォーレン牧師が彼の宣教について語った話をしましょう。彼は次のように言い​​ました。「私は、毎週教会へ行く途中にいつも決まったお祈りをします。私は神にいつも祈りの中で辞表を申し上げるのです。『神よ、あなたは今まで私をお使いになられました。でも、私はあなたのそのような優しさを決して当然だとは思っていません。この世に最も栄光をもたらすものがたとえ何であれ、それが私が望むものです。』というお祈りをします。それから、主に私の人生を再び捧げ、神が私に力を与えてくださるように頼みます。私は、常に祈る項目を記憶しているので、そのことを祈りますが、大切なのは一人になり、主の前に謙虚になることです。」

We are not to allow the dominant pronoun to assert itself. Do you know the center of both pride and sin? Yes, the letter “I.” It is one of the greatest hindrances to receiving God’s blessing.
「私が」「私が」という自分中心的な考え方をするのはやめましょう。プライドと罪の中には何があるか知っていますか?そうです、「私」という文字がプライドと罪の中には隠れているのです。あなたが「プライドと罪」を持つことは、神の祝福を受けるための最大の障害となります。

Do nothing out of selfish ambition or vain conceit. Rather, in humility value others above yourselves.

Philippians 2:3

何事も党派心や虚栄からするのでなく、へりくだった心をもって互に人を自分よりすぐれた者としなさい。

ピリピ人への手紙 2:3

We are to walk humbly before God and others. This is how we must live our life. Enoch “walked faithfully with God” (Genesis 5:22), Noah “walked faithfully with God” (Genesis 6:9), and so has every man and woman who have known God’s favor.
私たちは神や他の人の前では謙虚になるべきです。私たちは謙虚に生きるべきです。エノクは「神とともに歩み」(創世記5:22)、ノアも「神とともに歩み」ました。(創世記6:9)そして神の恵みを知っているすべての男性と女性も神とともに歩みました。

Conclusion

The response of a godly heart is outward (act justly), inward (love mercy), and upward (walk humbly).
神を敬(うやま)う敬虔(けいけん)な心は、外の人に対しては「公正な行い」をし、自分の心の中では「いつくしみの愛」を持ち、神に向けては「謙虚にへりくだって生きる」のです。それが敬虔な心です。

And Jesus is our ultimate example. Knowing that divine justice demanded payment for the penalty of mankind’s sin, and even though He Himself never sinned, Jesus went to the Cross to “act justly.” And from the Cross we see how He loved mercy, saying to those who had driven the spikes into His hands,
そして、イエスは私たちの究極のお手本となります。神の正義が下され、人類が罪の報いを求めた時、イエスはご自身が罪を犯したことはありませんでしたが、釘で打ち付けられ十字架にかかり、私たちのために「公正な行い」をされました。

“Father, forgive them, for they do not know what they are doing.”

Luke 23:34

そのとき、イエスは言われた、「父よ、彼らをおゆるしください。彼らは何をしているのか、わからずにいるのです」。人々はイエスの着物をくじ引きで分け合った。

ルカによる福音書 23:34

Did He walk humbly? Yes, of course! Even on the evening of His betrayal and arrest — the evening of His greatest need — Jesus was on His knees, washing His disciples’ feet (John 13:1~17).
イエスはへりくだって謙虚に生きたでしょうか?もちろんです。裏切りと逮捕の夜、つまり彼自身が最も助けが必要だった夜でさえ、イエスはひざまずいて弟子たちの足を洗いました。イエスは謙虚に生きました。

So let’s keep your hands busy: act justly. Keep your heart broken: love mercy. And keep your head bowed: walk humbly with your God this year 2020 and beyond ’til our Lord Jesus comes again. Maranatha!
だから皆さん、「公義をおこなう」「いつくしみ愛す」「へりくだってあなたの神と共に歩む」ことに積極的に取り組みましょう。「公正な行い」をしましょう。謙虚な心で、「慈しみをもって愛して」ください。そして、頭を下げ謙虚になりましょう。2020年、そして主イエスが再び来る日まで、あなたの神と共に謙虚に生きてください。御国が来ますように!