Who is this God?
神様は誰ですか

May 19th, 2019

Minoh International Church
Pastor Andrew Miller

One of my students recently said to me,
ある生徒さんが最近私にこう言いました

“I don’t like the Christian God because your God is a killer.”
私はクリスチャンの神様が好きではありません。なぜなら、クリスチャンの神様は人を殺すからです。

My first reaction was to say,
私は最初この様に反応するところでした。

“No! My God is not a killer. My God is love personified! He is gracious and kind and compassionate and caring. You don’t know my God at all!”
違いますよ!私の神様は人殺しなんかではありません!私の神様は愛の象徴です。優しく、親切で、哀れみ深く、思いやりのあり神様です。あなたは神様のことを全く理解していないのです!

But if I were to say that, perhaps it would be me who doesn’t know my God very well.
しかし、もし私がそのように答えていたなら、恐らく私自身が、神様のことをよく理解していない人になっていたと思います。

In Deuteronomy 32:39 God says,
申命記32:39で神様は次の様に言っておられます。

“See now that I, even I, am he; there is no god besides me. I kill and I make alive; I wound and I heal; and no one can deliver from my hand.”
Deuteronomy 32:39

どうだ、よくわかったか。ほんとうの神はわたしだけなのだ。殺すも生かすも、傷つけるのも癒やすのも、思いのまま。わたしの手から救い出せる者はいない。
申命記 32:39

Does this surprise you about God? Does it disappoint you? What are we to make of a God who claims to love but who also claims to kill? How can we possibly reconcile these two character traits of God?
神様についてこのように聞くと、あなたは驚きますか?がっかりしますか?愛を語る一方で殺しも語っている神様の事をどう理解したら良いのでしょうか。この正反対の側面をもつ神様を私たちはどのように調和させたら良いのでしょうか。

Reconciling these two character traits (and other diverse traits as well) is very important for the Christian because
神様のこれらの側面とその他の多様な側面を調和させることは、クリスチャンにとって非常に大切なことです。なぜなら

if we ignore certain aspects of God’s character because we don’t understand them or because we don’t like them or because we feel they don’t fit with our idea of who God is or should be, then we are committing…idolatry.
もし私たちが、神様の性格のある側面を、それが理解できないから、好きではないから、もしくは神様がどのような性格であるべきか、という自分の考えに一致しないからと言って無視した場合、それは私たちが偶像崇拝を犯していることになるからです。

We are merely creating our own God in our own minds based on who we think God should be or who we would like God to be. And that’s not God!
私たちは単に自分の考えや理想によって、自分自身の神様を創り出していることになります。しかしそれは本当の神様ではありません。

Now, clearly, as the Bible says, God kills. He is, in that sense, a killer. But one of the problems with putting such a label on God is that it leads us to consider God as we would consider a man. ‘It’s wrong for a person to kill so it must be wrong for God to kill, too. So if God kills, which He does, then He’s bad.’
聖書に書かれている通り、神様は人を殺します。ある意味では、神様は殺人者かもしれません。しかし、このように考えてしまう事の問題点は、神様を人間として捉えていることです。人間が人を殺してはいけないのと同じ様に、神様も人を殺してはいけないに違いない、だからもし神様が人を殺したとするなら、神様は悪者だ、という考えになるのです。

But, God is not a man that He should be judged as a man.
しかし、神様は人間ではありません。人間として判断されてはいけません。

Indeed, as God says in Scripture,
まさに聖書に書かれている通り、

As the heavens are higher than the earth, so are my ways higher than your ways and my thoughts than your thoughts.
Isaiah 55:9

天が地より高いように、わたしの道はあなたがたの道より高く、わたしの思いはあなたがたの思いより高い。
イザヤ書 55:9

God is the Creator and the taker of life.
神様は命を与え、そして奪います。

The giving and taking of life is uniquely God’s domain. That’s what He does. All of life belongs to Him “to kill and to make alive, to wound and to heal”. He is the author of life, Almighty God, Sovereign Lord. As such, He should be worshipped with a holy fear.
命を与えることと奪うことは神様の領域です。それは神様がなさることです。全ての命は神様に委ねられています。『殺すのも、生かすのも、傷つけるのも、癒すのも』神様次第です。神様は命の父であり、全能の神であり、私たちの君主なのです。ですから、神聖な畏敬の念をもって祝福しなければなりません。

Now, the problem with calling God is killer is two-fold. Firstly, (as we just saw) it assumes that God is like a man and so it strips Him of deity. Secondly, it sees God in a one-dimensional light: ‘God is a taker of life and that’s all He is’.
神様を殺人者と呼ぶことには二つの問題点があります。まず、それは神様を人間とみなしているので、神様の神性を無視しています。次に、それは神様を一つの限られた側面から見てしまい、神様は命を奪うもので、それが神様の全てだとみなしていることです。

But of course, there are many revelations of God throughout the Bible and each of them tells us more of the character of the Almighty Creator God. To really know God, we need to hear and understand all the ways that God reveals Himself in the Bible, and then worship and serve that God as best we can.
しかし勿論、聖書にはたくさんの神様の啓示があり、それらの一つ一つが、私たちに全能な創造主である神様の性格を教えています。本当に神様を知りたいなら、私たちは聖書に明かされた神様の様々な側面を理解し、そしてその様な神様を最大限祝福し、仕える必要があります。

The question my student asked me is similar to another question that is often asked:
生徒さんに尋ねられた質問は、よく尋ねられる他の質問に似ています。それは

‘How can a loving God send people to hell for eternity?’
愛に溢れた神様はどうして人を永遠に地獄へ送るのですか? という質問です。

This is a very good question and it’s important that we know the answer for the sake of our own faith, and so that we can explain it to those who ask.
これは素晴らしい質問で、自分自身の信仰のためにも答えを知っている必要があります。ですから、質問をした人に対して説明する事ができるのです。

Firstly. God is love. He would rather die – literally – than have anyone end up in hell. He died a horrible death so that we wouldn’t have to. That’s love.
まず第一に、神様は愛です。神様は誰かを地獄へ送るよりむしろ自らの死を選ばれます。
神様は残酷な死をとげられました。それゆえ私たちは死ぬ必要がなくなりました。それはまさに神様の愛です。

But there’s more.
しかし、それだけではありません。

We can’t answer this question without also asking another:
この質問に答えるためには、また別の質問をしなければなりません。

‘How can a holy God allow sinful people into heaven even for a minute?’
聖なる神様はどうして罪人をほんの少しの間でも天国へ入れることをお許しになるのですか?

(Because the Kingdom of God can contain no sin.)
(神の国には罪が存在しないからです。)

Asking this second question helps us and those who ask the first question, to more fully understand God in the light of His revelation of Himself.
この二番目の質問をすることによって、自分自身も、一つ目の質問をした人も、神様をさらに深く理解することができる様になるのです。

Again, He is not a one-dimensional God.
もう一度言いますが、神様は1次元の神様ではありません。

God is love
神は愛です

but that is not all He is.
しかし、しかしそれだけではありません。

He is also holy and righteous and just and kind and patient and merciful and gracious and so on.
神は、神聖で、正義で、公平で、優しく、忍耐強く、慈悲深く、そして恵み深い神なのです。

If we worship God as a God of love and a God of love only, then we risk two great errors. The first is that we ignore the other character traits of God as He has revealed them to us.
もし私たちが神様の事を、愛に溢れる神様、とだけ捉え賛美したなら、二つの大きな過ちを犯す可能性があります。まず、神様が明かして下さった、その他の様々な側面を無視することになります。

Secondly, we tend to understand the love of God in a human capacity, and assume that God has the same sort of love that we have. So we understand God to be little more than ‘a really nice guy’, and that is a very poor understanding of who God is.
次に、神の愛を人間の愛と同じようなものだと理解してしまい、私たちが持っている愛と同じ愛を持っておられると考えてしまいます。神様を単なる「ナイスガイ」と捉えてしまうのです。それでは神様を全く理解できていません。

God’s love is much bigger, stronger, grittier, more protective, more generous, more powerful, more beautiful, more sacred, more sacrificial and more wonderful than we could ever know or imagine.
神様の愛は、私たちが想像するより遥かに大きく、強く、勇敢で、保護的で、寛容で、力強く、美しく、神聖で、犠牲的で、素晴らしいものなのです。

So again,
ですから、繰り返しますが、

if we consider God as a God of love only (and human-type love at that), then we are committing…idolatry.
もし私たちが神様を「愛の神様」とだけ考えたならば、それは偶像崇拝を犯していることになるのです。

We are merely creating our own God in our own minds based on who we think God should be or who we would like God to be.
私たちは、単に自分の考えや理想によって、自分自身の神様を創り出していることになるのです。

God desires that we know the real Him.
神様は、私たちに「真の神様」を知ってほしいと願っておられます。

He desires that we know the truth about Him, and not some made up version that might sit more easily with us for a time.
神様は、私たちに単なる分かりやすい神様のイメージではなく、真実の姿を知って欲しいと願っておられます。

Job had to wrestle with this until he understood it. So did Jacob, David, Peter, Paul and the other fathers of the faith. In knowing the full revelation of God, we can know who this God that we worship really is, and what He really desires for us. That’s why He has given us the Bible. That’s why He sent us His Son.
ヨブはそれを理解するまでずっと苦闘しました。ヤコブ、ダビデ、ペトロ、パウロ、その他信仰の第一人者たちも同じような経験をしました。神様の全ての啓示を知ることにより、神様の真の姿を知り、そして神様が本当に私たちに願っておられる事も分かります。ですから、神様は私たちに聖書を与えてくださったのです。そして神子を授けて下さったのです。

It’s interesting how social media influences our understanding of God and His desire for us. Until recently, and for a long time, the verse which characterised God, the gospel message, and God’s desire for mankind was John 3:16. If you asked any believer what the central message of the gospel was, they would tell you that God loved the world so much that He gave His only Son Jesus to die for us so that whoever believes in Him would not die but have everlasting life. This is our God, and the great desire that He has for us: salvation through His Son Jesus.
SNSが、神様に対する私たちの理解と、私たちに対する神様の願望に影響を与えている事は、興味深い事です。最近までの長い間、神様を特徴づける聖句や福音のメッセージ、そして神様から人間への願望はヨハネの福音書3:16で表されていました。信者に福音の主なポイントを尋ねたら、彼らは「神は、ひとり子をさえ惜しまず与えるほどに、この世界を愛してくださいました。それは、神の御子を信じる者が、だれ一人滅びず、永遠のいのちを得るのです」と答えたでしょう。これが私たちの神です。そして神の最大の願望は、私たちが神子であるイエス様を通して救われる事です。

Nowadays, on social media, it’s changed. Can anyone tell me what the most shared verse from the Bible is on social media? The most shared Bible verse is not John 3:16.
しかし今日では、SNS上でそれが変化しています。誰か、SNS上でもっとも引用されている聖句をご存知ですか?それはヨハネの福音書3:16ではありません。

It’s Jeremiah 29:11, which says
それは、エレミヤ書 29:11です。

“For I know the plans I have for you,” declares the Lord, “plans to prosper you and not to harm you, plans to give you hope and a future.”
Jeremiah 29:11

「わたしは、おまえたちのために立てた計画をよく知っている。それは災いではなく祝福を与える計画で、将来と希望を約束する。」
エレミヤ書 29:11

I don’t want to read too much into this but it would seem that the focus of the gospel has shifted from God’s plan of salvation through Jesus, to the blessings of peace and prosperity that I can get from God. The focus has shifted from Jesus work on the cross for eternity to my personal benefit for this life now.
この変化についてあまり詳しく触れたくないのですが、福音の焦点が、イエス様を通じた救いのご計画から、私たちが神様から得られる平和と繁栄への祝福へと変化しているように思えます。つまり、焦点が、永遠のためにイエス様が十字架で成し遂げられたことから、自分自身の個人的な利益へと変化しているのです。

This promise in Jeremiah is wonderful but I don’t believe it is the great desire that God has for mankind, and I worry that we are sliding toward a distorted (if not idolatrous) understanding of who God is; we are reshaping God to better fit our world and our lives.
エレミヤ書で書かれた約束は素晴らしいものですが、それは神様の人間に対する最大の願望ではないと思います。何より、私たちが、だんだんと神様に対して歪んだ理解(偶像崇拝でないとしたら)をしている事を懸念しています。自分たちの世界や暮らしに都合の良いように神様を作り変えていると思います。

So, again, we must ask, who is this God we worship and what does He really desire for and from us? Three things:
ですから、繰り返しますが、私たちが賛美する神様がどんな神様で、そして神様は私たちに何を求めているのかを問わなければなりません。それは次の三つのことです。

  1. God desires our salvation.
    神様は私たちが救われる事を望んでおられます。

John 3:16 makes this very clear. Let’s reclaim John 3:16 as the banner verse for our faith.
これはヨハネの福音書3:16にはっきりと書かれています。この節を自分たちの信仰の旗印にしましょう。

Listen to the words of Ezekiel 33:11 and know how passionately God desires our salvation:
エゼキエル書33:11の言葉を聞きましょう。そして神がいかに私たちの救済を熱望されているかを知りましょう。

“As surely as I live, declares the Sovereign Lord, I take no pleasure in the death of the wicked, but rather that they turn from their ways and live. Turn! Turn from your evil ways! Why will you die, people of Israel?”
Ezekiel 33:11

「 彼らに告げなさい。神である主がこう語る、と。わたしは生きている。わたしは悪者どもの死を喜ばない。それどころか、悪者が悪の道から悔い改めて生きるようになることを願っている。さあ帰って来なさい。悪の道から離れ、立ち返るのだ。ああ、イスラエルよ。なぜ、そんなにも死にたがるのか。」
エゼキエル書 33:11

God desires that all people be saved.
神様は全ての人が救われることを望んでおられます。

In Acts 2:38 he urges all people:
使徒の働き2:38で神は全ての人に力説しています。

“Repent and be baptized, every one of you, in the name of Jesus Christ for the forgiveness of your sins. And you will receive the gift of the Holy Spirit.”
Acts 2:38

「一人一人、罪の生活から悔い改めて神に立ち返りなさい。そして、罪を赦していただくために、イエス・キリストの名によってバプテスマ(洗礼)を受けなさい。そうすれば、聖霊という賜物をいただけます。」
使徒の働き 2:38

This is the desire of God – that all people receive and live out salvation.

これが神様の願望なのですー全ての人が救いを受け、生きることです。

  1. God desires that we be holy.
    神様は、私たちが信仰に身を捧げることを望んでおられます。

He desires that we not only receive salvation but that we become just like Him who is holy.
神様は私たちが救いを受けるだけでなく、神様の様に「聖なるもの」になることを望んでおられます。

In 1 Peter 1:15 it says
ペテロの手紙11:15にはこの様に書かれています。

“just as he who called you is holy, so be holy in all you do.”

1 Peter 1:15

「かえって、あなたがたを招いてくださったきよい神にならい、あらゆる点できよい者とされなさい。」

ペテロの手紙Ⅰ 1:15

This begins with repentance and baptism, as we just read in Acts. And it continues as we live under the guidance and power of the Holy Spirit
これは先ほど使徒の働きで読んだ様に、悔い改めと洗礼で始まります。そして、精霊の導きや力を受けながら生きることへと続きます。

Acts 1:8 says,
使徒の働き 1:8 はこの様に言っています。

“you will receive power when the Holy Spirit comes on you; and you will be my witnesses in Jerusalem, and in all Judea and Samaria, and to the ends of the earth.”
Acts 1:8

「 しかし、聖霊があなたがたに下る時、あなたがたは大きな力を受け、エルサレムからユダヤ全土、そしてサマリヤから地の果てまで、わたしの死と復活を伝える証人となります。」
使徒の働き 1:8

We don’t receive power to merely witness with our words but primarily through the example of changed lives. God desires that we be holy.
その力は、単に言葉ではなく、影響を受けて変えられた人生を通して知る事ができるのです。神様は私たちが「聖なるもの」になることを望んでおられるのです。

  1. God desires that we love Him with all our hearts and love each other as we love ourselves.
    神様は、私たちが全身全霊で神様を愛し、そして自分を愛する様に他人も愛することを望んでおられます。

We see His love demonstrated sacrificially on the cross. We celebrate the power of His love at Easter. But there is an even greater love demonstrated by Him right after the resurrection miracle and many people miss it! Look at the following three verses – all after the resurrection – and tell me what you see!
十字架での犠牲的な出来事から私たちは神様の愛を知る事ができます。イースターでその愛を祝福します。しかし、それより更に偉大な愛が、復活直後に起こっているのですが、多くの人はその愛を見逃しています!次の三つの聖句をみてください。全て復活後のことですが、ここからあなたが分かった事を教えてください!

“Then go quickly and tell his disciples: ‘He has risen from the dead and is going ahead of you into Galilee. There you will see him.’ Now I have told you.”
Matthew 28:7

「 さあ早く行って、弟子たちに、イエスが死人の中から復活されたこと、ガリラヤへ行けば、そこでお会いできることを知らせてあげなさい。」
マタイの福音書 28:7

Then Jesus said to them, “Do not be afraid. Go and tell my brothers to go to Galilee; there they will see me.”
Matthew 28:10

「イエスは言われました。「こわがらなくてもいいのです。行って、わたしの兄弟たちに、すぐガリラヤへ行くように言いなさい。そこでわたしに会えるのです。」
マタイの福音書 28:10

Then the eleven disciples went to Galilee, to the mountain where Jesus had told them to go. When they saw him, they worshiped him.
Matthew 28:16,17a

「一方、十一人の弟子はガリラヤに出かけ、イエスから指示された山に登りました。 17 そこでイエスにお会いして礼拝しました。」
マタイの福音書 28:16,17a

Jesus told His disciples to go ahead of Him and to wait for Him in Galilee. This is after the resurrection; after the great miracle. Why? Why was it so important that they go to Galilee?
イエス様は弟子たちに「先にガレリアに行って、私を待ちなさい」と言いました。これは復活の後のことです。その素晴らしい奇跡の後です。それはなぜでしょうか?なぜ彼らがガレリアへ行くことはそれほど大切だったのでしょうか。

Because Jesus wanted to see them! He loved them so much He wanted to fellowship with them and spend time with them and bless them. Jesus wanted to hang out with His friends!
なぜなら、イエス様は彼らに会いたかったのです!イエス様は彼らをとても愛していたので、彼らと交流し、共に時間を過ごし、彼らに祝福を与えたかったのです。イエス様は友達と遊びに出かけたかったのです!

Love is so much more than one great deed or miracle, no matter how great that deed or miracle might be. Seeing His disciples in Galilee completed the love that Jesus had for them. And Jesus wanted them to spend time with Him.
愛は良い行いや奇跡よりもずっと大切なものです。その行いや奇跡がどれほど大きいものであってもです。 ガレリアで弟子たちに会うことで、イエス様の彼らへの愛は完成したのです。そして、イエス様は弟子たちが共に時間を過ごしてくれることを望んでおられたのです。

It’s the same today.
今日においても同じです。

Jesus wants to see you!
イエス様はあなた達に会いたいのです!

He wants to spend time with you and He wants you to spend time with Him. Jesus doesn’t just love you, He likes you. He wants to spend time with you and bless you and hang out with you. And He wants us to spend good time with Him, befriending Him and worshipping Him. We are to love God because He first loved us. And we are to love others as we love ourselves, as Jesus loves us. This is the desire of God.
イエス様はあなた達と共に時間を過ごしたいのです。イエス様はただあなた達を愛しているだけではありません。あなたのことが好きなのです。あなたと共に時間を過ごし、祝福し、そして遊びに出かけたいのです。そして私たちに、共に素敵な時間を過ごし、友達になり、祝福してもらいたいと思っておられるのです。私たちは神様を愛します、なぜなら神様が先に私たちを愛してくださったからです。そして、イエス様が私たちを愛してくださる様に、私たちも自分を愛する様に他人を愛するべきです。これは神様が望んでおられることです。

The Almighty Creator God, the giver and taker of life, the Holy One, the gracious and compassionate Redeemer, the righteous Judge, the One who is Love, desires that we be saved, that we be holy and that we love Him with all our hearts, and love others as we love ourselves. This is our God. Worship Him.
全能な創造的である神様、命を与え、命を奪う神様、神聖で、優しく、哀れみ深い救い主、公正な審判であり、愛である神様は、私たちが救われることを望んでおられます。そして、私たちが「聖なるもの」になり、全身全霊で神様を愛し、自分を愛する様に他人を愛することを望んでおられます。それが私たちの神様です。その様な神様を賛美しましょう。

Pray.