You Will Receive Power!

“You Will Receive Power!”

(speak in different languages to renact Pentecost: “You will receive power!”)

This was similar to the scene at the first Pentecost Sunday, and I wanted to give you an idea of what it was like, especially as today is Pentecost Sunday and we celebrate the pouring out of God’s gift to the Church—the Holy Spirit and the power with which it comes. More on this example later.
これは最初のペンテコステの聖日のシーンと似ていることでしょう。今日はペンテコステの聖日で、神の霊が教会に注がれ、聖霊とその力がやってきたことを祝う日なので、その日がどんな感じであったか知ってもらいたいと思いました。この例については後ほどまた出てきます。

When the day of Pentecost came, they were all together in one place. Suddenly a sound like the blowing of a violent wind came from heaven and filled the whole house where they were sitting. They saw what seemed to be tongues of fire that separated and came to rest on each of them. All of them were filled with the Holy Spirit and began to speak in other tongues as the Spirit enabled them. –Acts 2:1-4

1 五旬節の日がきて、みんなの者が一緒に集まっていると、 2 突然、激しい風が吹いてきたような音が天から起ってきて、一同がすわっていた家いっぱいに響きわたった。 3 また、舌のようなものが、炎のように分れて現れ、ひとりびとりの上にとどまった。 4 すると、一同は聖霊に満たされ、御霊が語らせるままに、いろいろの他国の言葉で語り出した。(使徒の働き2:1−4)

I’m going to speak today to dispel some myths about the power of the Holy Spirit, but, more importantly, for all of us to gain a better understanding of it. It’s such a beautiful and powerful gift of God, and we should rely on it and use it to its full potential. We can do that more effectively if we gain a better understanding of it.
今日は聖霊の力における誤った説をなくす話をしますが、もっと大切なことは、私たちみんなが聖霊の力をより良く理解することです。それはとても素晴らしく、力ある神からの賜物ですから、私たちはそれにより頼み、フルに活用するべきです。より良く理解すれば、もっと有効的にできるでしょう。

It’s like my Apple Watch. Apparently, this thing can do a lot of things…amazing things, even. But I use it for only 3 things: 1) to tell time, 2) to check my messages, and 3) to check my e-mail. I don’t use this Apple Watch to its full potential, and, according to other people, I’m really missing out. The reason? I don’t know how.
私のアップルの時計のようなものです。この時計はいろんなこと、驚くべきこともできるようです。でも私は3つのことだけにしか使いません。1)時間を見る、2)メッセージをチェックする、3)Eメールをチェックする。私はこのアップルの時計をフルに活用していません。他の人から見れば、もったいないことをしていることでしょう。なぜそんなことをするか?私には使い方が分からないからです。

I don’t want us, as Christians, to be the same way with the power of the Holy Spirit. Please use it to its proper and full potential. It is a word that originally means “having ability”, and more specifically “power to do, perform, achieve”. For the believer, it is “the power to achieve by applying God’s inherent abilities.”
クリスチャンである私たちが聖霊の力に関してこれと同じようであってほしくないと思います。正しく、フル活用してください。本来の意味は“実力がある”という意味で、もっと具体的に言えば、“行う力、成し遂げる力”という意味の言葉です。神を信じる者にとっては、“神の先天的な能力を用いて成し遂げる力”です。

Imagine that! You have been given “God’s inherent abilities!” When you hear the words, “becoming more like Jesus,” have you ever thought about it in those terms? God’s inherent abilities—what make God who he is—are available to us through the Holy Spirit! For example:
想像してみてください。あなたには“神の先天的な能力”が与えられているのです。“もっとイエスのようになる”という言葉を聞くときに、そんなふうに考えたことがありますか?神の先天的な能力-神が神であること-が聖霊を通して私たちに与えられているのです。例えば、

Athletes, you’re playing soccer, and all of a sudden, you’ve been given the left foot of Lionel Messi! Students, you’re taking a physics test, and all of the sudden, you’ve been given the mind of Albert Einstein! Wives, you’re making a steak dinner for your family, and all of a sudden, you’ve been given the cooking abilities of Salt Bae! Husbands, you’re helping to clean the house one day, and all of a sudden, you’ve been given the cleaning inspiration of Mr. Clean! You get the picture.
スポーツ選手のみなさん、サッカーをしていて、突然、リオネル・メッシの左足が与えられます!学生のみなさん、物理のテストを受けていたら、突然、アルバート・アインシュタインの知性が与えられます!主婦のみなさん、ステーキディナーを作っているときに、突然、ソルト・ベイの料理の腕前が与えられます!だんなさんたち、ある日、家の掃除を手伝っていたら、突然、ミスター・クリーンの掃除の素晴らしいアイデアが与えられます!もう分かりますよね?

God’s inherent abilities are available to us through the Holy Spirit! When you’re struggling for the right words in talking about Jesus to your non-Christian friend; when you’re feeling ashamed or depressed; when you have a big decision to make and you don’t know what to do; the power of the Holy Spirit will inspire you, comfort you, guide and lead you, far beyond anything you can do by your own will and power.
神の先天的な能力は聖霊を通して得られるのです。クリスチャンでない友人にイエス様のことを話そうとして言葉につまっている時、恥ずかしいと思ったり、憂鬱になっている時、重大な決断を迫られていて、どうしていいか分からない時、聖霊の力は、あなた自身の意志や力によってできることをはるかに超えて、あなたに霊感を与え、あなたを慰め、あなたを導いてくれます。

And not only in such situations, but in all situations of life, big and small. Power through God’s ability is needed in every scene of life if we are to truly grow and mature as Christians. The more we can do this, meaning the more we choose to rely on the power of the Holy Spirit in every detail of life, the more we experience his reality and, at the same time, realize and embrace the fact that we can do nothing by our own strength. That is the key to spiritual maturity. Spiritual maturity is NOT realizing that you have matured. Spiritual maturity is realizing that you will never be mature enough.
そのような状況の時だけでなく、大きなこと、小さなこと、人生のすべての状況においてもそうです。神の能力からくる力は、クリスチャンとして真に成長するには、人生のすべての場面に必要となってきます。このことができればできるほど、つまり、人生のどんなことにでも聖霊の力にゆだねる選択をすればするほど、聖霊の現実を経験し、それと同時に、自分たちの力では何もできないことが分かってきます。それが霊的な成長の鍵です。霊的な成長は自分が成長したことに気づくことではありません。霊的な成長は成長しきれないことに気づくことです。

Most of you know that my wife Mayu is pretty strong. She’s not the undisputed MIC Planking Champion for nothing! But sometime, she has a difficult time opening a jar of yuzu jam or a bottle of nail polish. So, rather than pull and strain with all of her planking-champion might, do you know what she does? She calls on a higher power. Me. “Here, here. Give it to me.” And I open that thing like it’s nothing.
家内のまゆがかなりの力持ちであることをほとんどの人が知っていることでしょう。誰もが認めるMICプランキング・チャンピオンだけのことはあるのです。でもたまに、ゆずジャムのビンやマニキュアのボトルを開けることができないときもあるんです。そんなときは、プランキング・チャンピオンの力を使い切ってしまうよりも、何をすると思いますか?もっと大いなる力を呼ぶのです。それは私です。“ほら、かしてごらん”私には簡単に開けられます。

Don’t get me wrong. We have to do our part. We have to be responsible and diligent in everything we do. Students, you have to study and give your best effort in school. Singles, you have to be diligent in working on your character if you want to get married. Husbands and wives, all the more, we have to diligently keep working on our character if we want a happy marriage.
誤解しないでくださいよ。私たちにはすべき役割があります。すべてのことを責任をもって、熱心にしなければなりません。学生のみなさんは学校で勉強にベストを尽くさなければなりません。独身の方々は、結婚したいのなら、人格の向上に励まなければなりません。夫婦の方々は幸せな結婚生活を望むならなおさら人格の向上に励まなければいけません。

But there are moments and situations when we realize that we can only do so much, that our human effort alone is simply not enough. In those times, we don’t keep pulling and straining. We don’t try to lift more than we can physically carry. If we do, all that happens is that we end up getting hurt. We pop a blood vessel, we pull a muscle, we get a hernia.
しかし、私たちができることには限界があることに気づくときがあります。人間の努力だけでは十分ではありません。そんなときにがんばり続けようとしません。体力的に運べないものを持ち上げようとしません。しようとすれば、怪我をしてしまうだけです。血管が破れて、筋肉を痛め、ヘルニアになってしまいます。

In spiritual terms, when we rely too much on our own strength, the injury may not look so obvious, but nonetheless, it is very injurious to your faith. They are things like pride, self-reliance, self-sufficiency, and ultimately unbelief and apathy. Be careful. Be very careful.
霊的に言えば、自分たち自身の力に頼りすぎると、傷はそれほど明らかには見えないかもしれませんが、信仰にはとても傷をつけることになります。それらはプライドや自立、自律、最終的には不信仰、無関心となることです。気をつけてください。本当に気をつけてください。

Are you confident in your ability in school or work? Be careful for pride. Is your instinct to act first and then pray later? Be careful for self-reliance. Are you satisfied with the current state of your marriage? Be careful for self-sufficiency. Do you think that God can’t or won’t do certain things for you? Be careful for unbelief and apathy. Be very careful.
学校や仕事での能力に自信がありますか?プライドに気をつけてください。まず行動を起こし、あとで祈るという傾向がありますか?自分にたよりすぎないよう気をつけてください。今の結婚の状態に満足していますか?自分でできると思い込まないように気をつけてください。神はあなたのためにあることができない、しようとなさらないと思いますか?不信仰と無関心に気をつけてください。十分に気をつけてください。

You may not see it, but you may have popped a spiritual blood vessel, you may have pulled a spiritual muscle, you may have a spiritual hernia. What have you grown comfortable in or accustomed to while pulling and straining by your own human effort? Be careful. Don’t hurt yourself. We may lift, but we have to learn to allow God to do the heavy lifting.
見えないかもしれませんが、霊的な血管を破裂させたかもしれません。霊的な筋肉を痛めたかもしれません。霊的なヘルニアかもしれません。自分の人間の努力であれこれやっている間に、どんなことに慣れてきてしまったでしょうか?気をつけてください。怪我をしないようにしてください。持ち上げても、重いものは神に持ち上げてもらうようにしなければなりません。

And when we allow God to open the jar of yuzu jam, when we apply the power of the Holy Spirit to our situations, get ready to see God do some amazing things in your midst. I recently heard a powerful testimony of a woman who was having some problems with both her husband and her son. They weren’t horrible problems like divorce or bullying, just problems that, if you allow the Holy Spirit to honestly reveal them, all marriages and families deal with.
神にゆずジャムのビンを開けてもらう時、聖霊の力を私たちの状況に用いる時、神がその真っ只中で素晴らしいことをなさるのを見るでしょう。夫と息子に問題をかかえているある女性の力強い証を私は最近、聞きました。離婚とかいじめとかいうひどい問題ではありませんでした。夫婦や家族の問題は実に誰にでもあるもので、聖霊にそれらの問題を正直に示してもらいましょう。

As she allowed the power of the Holy Spirit to reveal and convict, she was led to pray, because she realized that all she could do was pray. She could pull and strain and lift on her own strength and thinking, but if things were to truly change in her marriage and in her family, that God was going to have to intervene. So, she prayed, and things started getting better. God began to move.
聖霊の力に問題を示してもらい、彼女は祈るように導かれました。なぜなら、祈るしかないと気づかされたからです。自分の力や考えでなんとかしようとすることもできますが、彼女の結婚生活や家族を心から変えたいのなら、神に介入してもらうしかなかったのです。ですから、彼女は祈りました。すると事は良いほうに向かっていきました。神が動き始めたのです。

The moral of this testimony? There are two. One, this woman allowed the Holy Spirit to reveal truth in her life. It may not be pleasant to admit that we have faults, that our marriage has faults, but the truth was simply that her marriage and family relationships could improve. They weren’t horrible, but they could improve. So, realizing that with the help and power of the Holy Spirit, she began to seek improvement through praying for her husband and son.
この証から学ぶべきことは何でしょう?2つあります。一つは、この女性は聖霊に真理を明らかにしてもらったことです。自分や結婚生活に欠点があることを認めることはいい気分がしませんが、現実はただ彼女の結婚と家族関係は改善できるということでした。ひどいものではありませんでしたが、改善できるということでした。それで、聖霊の助けと力をかりて、夫と息子のために祈ることによって改善を求め始めました。

Two, the problem isn’t fully resolved yet. But it’s improving. And she keeps praying. There was a big breakthrough that God orchestrated, and things are certainly better than they were before, but she continues to keep relying on the Holy Spirit through prayer for more improvement.
2つ目は、問題は完全に解決したわけではないということです。しかし、改善しているのです。そして彼女は祈り続けています。神が取り計らった大きな進歩がありました。そして事は前よりたしかに良くなってきています。しかし彼女は改善のために祈って聖霊によりたのみ続けています。

A lot of times, it’s just like this with most situations in our life. Instead of being in denial of problems and cracks, instead of blindly seeking and expecting complete resolution on every matter, be willing to embrace the fact that life is a journey and a process. Things can always get better, so we should always seek improvement.
多くの場合、ほとんどの状況がこれと同じようなことです。問題や亀裂を否定する代わりに、すべての問題が完全に解決するようやみくもに求め期待する代わりに、人生は旅であり、一連の過程だという事実を受け入れてみてください。事は必ず良くなっていきます。だから私たちはいつも改善を求めるべきです。

Your faith can always grow deeper. Your marriage can always get better. Your family can always become closer. Your goals for your schoolwork, your job and career, and your life can always be more clear. Your character can always be more like Jesus. There are always more people who need salvation. Things around us can always improve.
あなたの信仰はより深く成長できます。あなたの結婚生活はより良くなることができます。あなたの家族はより親密になることができます。学業、仕事、人生のゴールはより明確になっていくことができます。あなたの人格はもっとイエスのようになることができます。救いが必要な人はもっといます。私たちの周りのことは改善することができます。

This may not be an earth-shattering testimony, but this is how the power of the Holy Spirit also, and I would even say “more often”, works. Yes, the Holy Spirit can move in absolutely amazing and awesome and dramatic ways! Of course! But that’s not the only way the Holy Spirit moves. Just like the story of Pentecost, the Holy Spirit moves steadily and toward a long-term goal and vision.
これはあっと驚くような証ではないかもしれませんが、このようにして聖霊の力が、‘よりしばしば’はたらくのです。聖霊は全く驚くほどにすばらしく劇的に動くことができます。言うまでもありません!しかし聖霊が動くのはそれだけではありません。ペンテコステの話のように、聖霊は着実に、長期の目標とビジョンに向かって進みます。

If we read the account of Pentecost more carefully, we can see that the emphasis is not about the giving of the gift of tongues (the spiritual language version) or other charismatic spiritual gifts. Unfortunately, Pentecost has been overly associated with only the charismatic spiritual gifts, and the power of the Holy Spirit has been hijacked along with it.
ペンテコステの記録をもっと注意深く読むと、異言の賜物(霊的な言語版)や他のカリスマ的な霊的賜物が与えられたことを強調しているのではないことが分かります。残念ながら、ペンテコステはカリスマ的な霊的賜物だけに過度に関連されてきて、聖霊の力はそれとともに乗っ取られてきています。

Now there were staying in Jerusalem God-fearing Jews from every nation under heaven. When they heard this sound, a crowd came together in bewilderment, because each one heard their own language being spoken. Utterly amazed, they asked: “Aren’t all these who are speaking Galileans? Then how is it that each of us hears them in our native language? Parthians, Medes and Elamites; residents of Mesopotamia, Judea and Cappadocia, Pontus and Asia, Phrygia and Pamphylia, Egypt and the parts of Libya near Cyrene; visitors from Rome (both Jews and converts to Judaism); Cretans and Arabs—we hear them declaring the wonders of God in our own tongues!” Amazed and perplexed, they asked one another, “What does this mean?” –Acts 2:5-12

5 さて、エルサレムには、天下のあらゆる国々から、信仰深いユダヤ人たちがきて住んでいたが、 6 この物音に大ぜいの人が集まってきて、彼らの生れ故郷の国語で、使徒たちが話しているのを、だれもかれも聞いてあっけに取られた。 7 そして驚き怪しんで言った、「見よ、いま話しているこの人たちは、皆ガリラヤ人ではないか。 8 それだのに、わたしたちがそれぞれ、生れ故郷の国語を彼らから聞かされるとは、いったい、どうしたことか。 9 わたしたちの中には、パルテヤ人、メジヤ人、エラム人もおれば、メソポタミヤ、ユダヤ、カパドキヤ、ポントとアジヤ、 10 フルギヤとパンフリヤ、エジプトとクレネに近いリビヤ地方などに住む者もいるし、またローマ人で旅にきている者、 11 ユダヤ人と改宗者、クレテ人とアラビヤ人もいるのだが、あの人々がわたしたちの国語で、神の大きな働きを述べるのを聞くとは、どうしたことか」。 12 みんなの者は驚き惑って、互に言い合った、「これは、いったい、どういうわけなのだろう」。(使徒の働き2:5−12)

As you can clearly see here, it’s talking about the disciples’ temporary supernatural ability to speak other nations’ languages (NOT what we would call the spiritual gift of tongues). This was truly a spectacular and undeniable sign of the power of the Holy Spirit! Can you see the clear connection that God is trying to make and show here? “I want you to go into all the nations to share the Gospel. In order to do so, you’ll need to speak the different languages of the different nations. Here, I’ll show you what I’m thinking. Look at this! This is a sign of things to come!” Remember how we opened the message today?
ここではっきりと分かるように、弟子たちが一時的に他の国の言葉(私たちが言う異言の賜物ではなく)を話す超自然の能力について書かれています。これは本当に驚異的で否定のできない聖霊の力のしるしです。ここで神が見せようとなさっている明らかなつながりが分かりますか?“福音を伝えにあらゆる国々へ行きなさい。そうするには、いろいろな国々のいろいろな言語を話す必要があります。私の考えはこうです。これを見なさい!これが後にやってくることのしるしです!”今日のメッセージがどのように始まったか覚えてますか?

So, what was God’s purpose of Pentecost? To give the power of the Holy Spirit, to prepare and empower the believers for action! God was preparing his people, his church, for the Great Commission, to go into the world and to make disciples of all nations. But before they were to go, Jesus told the disciples to wait! Wait until the gift of the Holy Spirit!
では、神のペンテコステの目的は何だったのでしょうか?聖霊の力を与えること、神を信じる者を行動するために準備し力づけることです。神は、大宣教命令のために、世界に行ってあらゆる国々の弟子を作るために、ご自分の民、教会を準備していました。しかし行く前に、イエスは弟子たちに待つように言いました。聖霊が与えられるまで待つようにと!

On one occasion, while (Jesus) was eating with them, he gave them this command: “Do not leave Jerusalem, but wait for the gift my Father promised, which you have heard me speak about. For John baptized with water, but in a few days you will be baptized with the Holy Spirit…But you will receive power when the Holy Spirit comes on you; and you will be my witnesses in Jerusalem, and in all Judea and Samaria, and to the ends of the earth.” –Acts 1:4-5,8

4 そして食事を共にしているとき、彼らにお命じになった、「エルサレムから離れないで、かねてわたしから聞いていた父の約束を待っているがよい。 5 すなわち、ヨハネは水でバプテスマを授けたが、あなたがたは間もなく聖霊によって、バプテスマを授けられるであろう」。。。8 ただ、聖霊があなたがたにくだる時、あなたがたは力を受けて、エルサレム、ユダヤとサマリヤの全土、さらに地のはてまで、わたしの証人となるであろう」。(使徒の働き1:4−5、8)

God knew that the disciples couldn’t do the work of the Great Commission on their own human strength and power. That’s why he told them to wait until Pentecost, and the power was finally given. And to this day, God knows that we can’t do anything of spiritual significance by our own human strength and power. That’s why he gives us the power of the Holy Spirit.
弟子たちが自分たちの力だけで大宣教命令のはたらきができないことを神は知っていました。だからペンテコステまで待つように言われたのです。そしてその力がついに与えられました。そして今日まで、神は私たちが自分たちの人間の力で霊的に重大なことは何もできないことを知っています。だから私たちに聖霊の力を与えてくださるのです。

And unfortunately today, people often mistake the power of the Holy Spirit to be JUST charismatic and demonstrative, that is to say, people mistakenly think that the power of the Holy Spirit is ONLY characterized by what we would define as supernatural manifestations that are observable in dramatic and over-the-top fashion, like tongues and healing and prophecy.
そして残念なことに今の人たちは、聖霊の力をただカリスマ的で実証的なものだとよく誤解をしています。すなわち、聖霊の力は異言や癒し、預言のように劇的で並外れた形で見える超自然的な現れだと考えられることだけだと人々は誤って思い込んでいます。

Again, I’m not against such movement of the power of the Holy Spirit. Not at all! Because God is able to do anything and everything! What I am cautioning against is that if we mistakenly focus ONLY on such things, we’re going to miss out on all the miraculous things that God is doing in the everyday and long-term, because we have mistakenly termed them as mundane and ordinary.
もう一度言いますが、私は聖霊の力の動きに反対しているのではありません。全くその反対です。なぜなら神はなんでもできるからです。私が警告しているのは、そのようなことだけに間違って焦点を当てるなら、神が毎日、そして長期的になさっている奇跡的なことすべてを見失ってしまうということです。なぜなら、それらを日常のありふれたことだと間違って決めつけてしまっているからです。

When Michelle’s parents came forward for communion last month and received Jesus as their Lord and Savior, that was the greatest, most awesome display of the power of the Holy Spirit! Salvation! The turning of the wicked human heart back to God! The sting of sin and death utterly and absolutely nullified by the work of Jesus Christ on the cross! There were no visual or observable sparks or fireworks, but that was undeniably the beautiful and powerful work of the Holy Spirit!
ミシェルの両親が先月、聖餐式にあずかり、イエスを主であり救い主であると受け入れましたが、それは聖霊の力の最もすばらしい現れでした。救いです!邪悪な人間の心が神にたちかえるのです。罪と死のとげは、イエス・キリストの十字架でのわざによって完全に無になったのです。目に見える火花や花火はありませんでしたが、間違いなくすばらしく力強い聖霊のはたらきでした。

When our church came together for VBS last month, that was an awesome display of the power of the Holy Spirit! Unity! Individuals, you and I, putting aside our own personal objectives and needs to come together as one unit for a common church goal. And the joy and the blessing that you felt, and may still be feeling, as a result of such selfless sacrifice and work you put into the VBS is the testimony of the power of Holy Spirit! There were no visual or observable charismata like there were at the first Pentecost, but the VBS, too, was undeniably the beautiful and powerful work of the Holy Spirit!
先月、VBSのために教会が集まったとき、それは聖霊の力のすばらしい現れでした。みんなが団結しました!各個人がそれぞれの個人的目標や必要を捨てて、ある共通の教会の目標のために一つとなって集まりました。そのとき感じた喜びと祝福は、今で感じている人がいるかもしれませんが、VBSに注いだ私心のない犠牲とはたらきが聖霊の力の証だという結果でした。最初のペンテコステのように目に見えるカリスマはありませんでしたが、VBSも間違いなくすばらしい力強い聖霊のはたらきでした。

My point is, let’s not miss out on celebrating and being encouraged and blessed by such things, just because there was no thunder or lightning. God is at work all around us every day, marvelously, powerfully, absolutely! The power of the Holy Spirit is at work all around us every day. He wants us to utilize and experience his power!
私が言いたいことは、雷や稲光がなかったからといって、そのようなことに励まされ、祝福され、それらのことを祝うチャンスを見逃さないようにしましょうということです。神は毎日、私たちのまわりで見事に、力強く、間違いなくはたらいておられます。聖霊の力は毎日、私たちのまわりではたらいておられます。私たちがその力を用い、経験することを神は願っておられるのです。

This same power, the power of the Holy Spirit, has been made available to us as believers, so let’s use it! In what we might call the mundane and everyday things, let’s rely on it! And watch God turn those seemingly mundane and everyday things into spectacular and glorious testimonies of the Holy Spirit’s power at work in your life!
この同じ力、聖霊の力が私たち信じる者に与えられているのですから、用いようではありませんか!そして神が日常のありふれたことのように思えることを聖霊の力があなたの人生にはたらくすばらしい栄光ある証に変えてくださるのを見ましょう。