Wisdom – how to make Godly decisions 知恵-どのように神の御心にそった決断をするか

I expect most people here will have some big decisions to make this year. Study decisions, vocational decisions, financial decisions, relationship decisions, lifestyle decisions, moral decisions, ethical decisions and so on.
ここにいる多くの人達は今年いくつかの大きな決定、決断をすると思います。勉強の決断、
休暇、金銭面、対人関係、生活様式、道徳的な決断、倫理的な決断、など。
Understanding that many have big decisions to make, it might seem odd to ask the following question:
たくさんの大きな決断をするのに次の質問は奇妙に思えるかもしれません。
Why do we need wisdom? なぜ知恵が必要なのでしょうか?
Because at the end of the day we are all a bunch of idiots
結局のところ私たちは皆、ばかだから。
Because there are so many laws in the Bible it can be hard for us to know which ones to follow
聖書にはたくさんの律法があってどれを守ればいいのか分からないから。
Because we can’t trust other people to make our decisions for us
人に決めてもらうわけにはいかないから。
Because we have been given a lot of freedom
たくさんの自由が与えられているから。

We need wisdom because we have been given a lot of freedom.
私たちにはたくさんの自由が与えられているから知恵が必要なのです。

God has given us tremendous freedom to make decisions about how we live our lives.
神は私たちにどのように自分達の人生を生きるのかについて私たちに
決めさせてくださる絶大な素晴らしい自由を与えて下さっています。

If we had no freedom and everything was decided for us, then we wouldn’t need wisdom. Many people characterise the Christian faith as a set of rules or specific regulations that determine most of our lives. I think that is a huge misnomer. God gives us tremendous freedom. Sometimes he gives very specific directions but a lot of the time, he lets us make the choices.
もし私たちに自由がないなら、そして全てが決められている人生なら、私たちには知恵は必要ありません。
多くの人々はキリスト教の信仰は特定の規則で私たちの人生の大部分を締めると特徴つけています。
私はそれは大きな誤解だと思います。神は私たちに大いなる自由を与えて下さっています。
時には非常に具体的な方向を与えて下さり、大抵私たちにその選択をさせてくださいます。

Look at what Paul teaches in 1 Corinthians 10:23
パウロの教えを見ていきましょう
The Believer’s Freedom
“I have the right to do anything,” you say—but not everything is beneficial. “I have the right to do anything”—but not everything is constructive.
すべてのことは許されている。しかし、すべてのことが益になるわけではない。すべてのことは許されている。しかし、すべてのことが人の徳を高めるのではない。
コリントの信徒への手紙一10:23
So, we’re free to eat and drink and work and live in any number of ways but not all those ways are beneficial or constructive, so that’s why we need godly wisdom. We need wisdom to make decisions that are beneficial to us, as well as edifying to others and pleasing to God.
ですので、私たちは食べたり、飲んだり、働いたりといく通りにも生活をする仕方はありますが、これら全てが益になったり、徳を高めるのではありません、だから私たちには神の知恵が必要なのです。
私たちは自分達にとって益になる、または、他の人々への模範として神に喜ばれるように人生を進んで行く知恵が必要なのです。

My Freedom 私の自由
Let me share with you my own experience of this. I remember praying as a young married man with a baby son and asking God whether we should live in Japan or Australia. And I laboured over this in prayer. Japan or Australia? I got a real shock when God spoke into my heart and said, “You decide.” I said “Surely not, Lord! I’m a sinful man! You tell me where to live and I’ll obey.” God said to me again, “No, you can decide. However, whichever of the two countries you choose, you must serve me with all your heart”.
私自身の体験を分かち合わせえてください。私は息子が生まれて私達家族は日本で住むべきかそれともオーストラリアで暮らすべきか、神に尋ねたのを覚えています。
そして私はこれを祈りの中で苦しみました。日本かオーストラリアか?
神が私の心の中で “あなたが決めなさい”と話しかけて下さった時、本当にショックを受けました。私は“主よ、無理です!私は罪深い人間です!あなたが私に住む所を言ってくださいそして私は従いますから。”と言いました。
神は再び私にこう言いました。“いいえ、あなたは決めることが出来ます。ただ2つの国の
うちどちらを選んでもあなたはあたなの心を尽くし私に仕えなさい。

And this takes us to the heart of the matter of seeking God’s guidance when making decisions.
そしてこれは決断を下す際、私たちに神の導きを求める心へと向かわせます。
God is much more interested in our character than our career.
神は私たちの職業より私たちの人格にもっと関心があります。
He is much more interested in our relationships than our roles.
神は私たちの役割より私たちの関係にもっと関心があります。
He is much more interested in our souls than our suburbs.
神は私たちの周辺よりも私たちの精神にもっと関心があります。

That’s not to say the latter are unimportant. It just means that God is much more concerned with the things that have eternal consequences than he is with the temporal.
後に述べられたものが重要ではないと言っているのではありません。神は世間的なものよりももっと永遠に重要なものの方に関心を持っておられるという意味です。

So when it comes to issues of character and relationships (including marriage, friendship and business) and spiritual health, God has a lot to say. He has given some very clear guidelines which we would be very foolish to disregard.
ですので人格や対人関係や精神的な問題が来ると、神はたくさん話しかけてくれます。
彼はいくつかのとてもはっきりとしたガイドラインを与えてくださいますそれを軽視するのはとても愚かなことです。
Remember, “Don’t be deceived. God cannot be mocked. A man reaps what he sows.” Galatians 6:7  
覚えていて下さい、間違ってはいけない、神は侮られるようなかたではない。人は自分の
まいたものを、刈り取ることになる。ガラテヤの信徒への手紙6:7
Our decisions have consequences! 
私達の決断には結果があります。

And a really important thing about freedom relating to character and relationships and our souls is this (and I want you to remember it as you live out your life in the world):
そして人格や対人関係、私達の精神に関連する自由についてこれはとても大事なことなのです。(だから人生を生きて行く上でそのことを覚えておいて欲しいのです)
What appears to be freedom to the world is actually the ultimate bondage and what appears to be bondage to the world is actually the ultimate freedom.
この世における自由というのは実は束縛であって、神による束縛が本当の自由なのです。

When it comes to more temporal matters, however, we have been given a lot of freedom. The temporal matters are still important – Jesus spoke a lot about money and work and food and places – so how do we make godly, beneficial, Spirit-led decisions in these matters?
しかももっと世俗的な問題になると、私たちはたくさんの自由が与えられています。
世俗的な問題もまた大切ですーイエスはお金や仕事や食糧や居場所についてたくさん述べられました。ー 私達はどのようにこれらの問題を神の御心に沿えるようにまた益になるように、精神が導かれる決断をするのでしょうか。

Fear God 神を畏れる
You might be thinking, this is a rather spiritual but otherwise useless piece of advice when it comes to decision making in practical matters. But you would be wrong! It’s a common mistake for people to start building the house before they’ve set the foundation when it comes to making wise decisions. Unconfessed sin, including pride, unforgiveness, and anger can blind us from making wise decisions even if we try to ‘tick the boxes’ and follow the right steps.
これは問題を決断する際に関して精神的なことなのでそんなに役に立たないアドバイスだと思うかもしれません。でもそれは違います!それは賢明な決断を下す時に、基礎を設定する前に家造りを始めるというような、人々にとってよくある間違いです。
罪を懺悔しない、プライドがある、容赦しない、私たちが正しい順序に従おうとしても怒りは賢明な決断を立てれません。

Many times the Bible teaches us that
何度も聖書は私たちに教えています。
The fear of the Lord is the beginning of all wisdom. (Proverbs 9:10)
主を恐れることは知恵のもとである 箴言9:10
The fear of man is not the beginning of all wisdom. 人を恐ることは知恵のもとではありません。
We’re not to prioritise pleasing people or worry about upsetting people with their decisions. I’ve met people who married their spouse because they feared upsetting them if they called off the wedding.
私たちは優先的に人を喜ばせたり人々をがっかりさせたりすることに心配をおいてはいけません。
私は結婚式を中止したら周りの人々をがっかりさせてしまうことを恐れてそのまま結婚した人達に会ったことがあります。
The fear of missed opportunity is not the beginning of wisdom.
見逃した機会を恐ることは知恵のもとではありません。
We’re not to worry about what could be or might be or would be.
私たちはどうなるのかやそうなるのではないかと心配しなくてもいいのです。
The fear of failure is not the beginning of all wisdom.
失敗を恐れることは知恵のもとではありません。
The fear of the Lord is the beginning of all wisdom. 主を恐れることは知恵のもとである
箴言9:10

That’s where it starts. Asking ourselves “What would a holy and righteous God think of this? When I stand before Him and have to give an account of this decision, how will I fare?
そこから始まるのです。私たち自身に尋ねるのです“精霊や正義の神はこれをどう考えるのでしょうか?”と。
私が神の御前に立ちこの決断を説明しなければならない時私はどのように畏れるでしょう?
2. Don’t Skimp on Quiet Times – Know the Word 
 神と静かな時をもつことを怠らない-御言葉を知る

Despite decades of practice in assembling furniture that comes in kits, I still have trouble. I put it all together, and then realise that the pieces don’t quite fit or there are important pieces left over. At that point, flustered and bothered, I go to the instruction manual and see what it was that I was supposed to do. Then I have to pull everything apart and re-do it.
組み立て式の家具を何度も作ったにも関わらず、それでもまだ私は悩みます。全部組み立てたその時、いくつかの部分がしっかりはまっていなくて大事な部分を残しているのに気づきます。イライラして嫌になりました、私は説明書を持ってきてどのようにするはずだったのかを見ます。それから全て取り外してまた一からやり直さないとなりません。

It’s the same with decision making. Sometimes we try to put our lives together in our own wisdom and it’s not until things don’t quite fit or we see that important things have been left out, that we go back to our instruction manual, the Bible, and see how it was supposed to be. We then have to go through the painful process of pulling our lives apart and putting them back together again the right way.
それは決断をするのと同じことです。時には私たちは自分達の人生を自分達の知恵の中でまとめようとしますそして上手くいかなくなるまで、または大事なことが置き去りにされてしまったりしたことを見るまで気づかず、説明書に戻り、すなわち聖書に戻り、どのようにするべきだったのかを見るのです。
私たちは苦しい過程を通らなければなりませんそして再び正しい方へと戻って行きます。

If only we followed the instruction manual from the beginning! So don’t skimp on quiet times. Don’t skimp on the instruction manual that God has given us.
もし私たちは最初からその説明書に従っていたなら!だから神と静かな時を持つことを怠らないことです。
神が与えて下さった指示を軽く見てはいけません。
Don’t tire of studying the word and prayerfully applying it in small daily steps.
御言葉を学び、祈りつつ日々を歩みに実行してくことに飽きてはいけません。

Gardens don’t grow overnight. Neither does wisdom.
園庭は一夜で成長しません。知恵もそうなんです。

A mocker seeks wisdom and never finds it, but knowledge comes easily to those with understanding. Proverbs 14:6
あざける者は知恵を求めても得られない、さとき者は知識を得ることがたやすい。箴言14:6
Our model here is Jesus who
私たちの模範イエスはこう言われています。 “increased in wisdom and in stature, and in favor with God and man”. (Luke 2:52)
イエスはますます知恵が加わり、背たけも伸び、そして神と人から愛された。ルカによる福音書2:52

So, this is the foundational stuff, From here, we get to the more practical, to-the-point matters of wisdom for decision making. If you’ve got the foundational stuff right, you proceed from here. If you haven’t yet got the foundational stuff right, you might want to go back and set those things right, or at least set them in motion, before continuing.
ですからこれは基本的なものです、ここから、私達は決断を下すための知恵の点でもっと実践的になりましょう。
もし、基本的なもの正しく得ているならここから進めて行きましょう。
もし、まだ基本的なものを手に入れていないなら、次に進む前に、戻ってこれらのものを正しく得て少なくともそれらを働かせましょう。

3. Pray 祈る

i. Pray for Indifference. 中立になれるよう祈る

What do I mean by this? The first and most essential dynamic of discernment is the movement toward indifference.
これはどう言う意味でしょう?識別の最初の最も大切な動力は中立になれるようにするということです。
In the context of spiritual discernment, indifference is a positive term signifying that “I am indifferent to anything but God’s will.”
霊的な識別において、中立というのは“神の御心以外のことは中立”という意味の肯定的な表現です。
Other ways of putting this are ‘lose the agenda’, ‘take everything off the table’, ‘start with a clean slate’.
他にはこのように、世間的な考えをなくし、白紙の状態にして一から初めるのです。
The movement toward indifference is the threshold between two kingdoms – the kingdom of human decision making and the spiritual practice of discerning God’s will.
中立への動きは2つの王国の間のしきいですー人間の世俗的な決断をする界と神の御心を識別する霊的な行いです。
In this waiting room of the soul we are made ready to pray the second prayer:
この精神の境界となる閾値で祈りをする準備をさせるのです。

ii. Pray for wisdom:知恵が与えられるように祈る “If any of you is lacking in wisdom, ask God, who gives to all generously and ungrudgingly, and it will be given you” James 1:5
あなたがたのうち、知恵に不足している者があれば、その人は、とがめもせずに惜しみなくすべての人に与える神に、願い求めるがよい。そうすれば、与えられるであろう。
ヤコブの手紙1:5

4. Ask the right questions 正しい質問をする

As you pray for and seek God’s wisdom, you will need to ask yourself the right questions. This takes us to the core of the matter in a very practical sense when making decisions and you will need to ask and answer these questions prayerfully and in an unhurried manner. But I want to stress again, even if you ask the right questions, you’re not going to be able to properly answer them unless you’re building on the foundation of the first three points.

あなたが神の知恵を求めて祈る時、正しい質問を神に尋ね求めているか自分自身に尋ねましょう。
これは決断を下す時、非常に現実的な意味で問題の核となりますので、これらの質問を深く祈りゆっくりと答える必要があります。
しかし初めの3つのポイントの基礎を築き上げていない限り、それらに適切に答えることができません。
Christianity Today poses nine questions that we should ask when faced with big decisions that we need to make:
Christianity Todayでは私達が必要とする大きな決断に直面する時、尋ねるべき9つの質問を提示してます。
i. Direction and calling. How does this choice fit with the overall direction and calling of God on my life?
方向性と召し。この選択が私の人生の全体的方向性と神の召しにどう一致するだろうか?

ii. Consolation and desolation. Which choice brings the deepest sense of life, inner peace and freedom (John 10:10; Philippians 4:7; 2 Corinthians 3:17)?
慰めと孤独感。どの選択が深い人生観、内なる平安と自由をもたらすだろうか?
(ヨハネ10:10、ピリピ4:7、2コリント3:17)
As I consider moving in this particular direction, is there a growing sense of wholeness, authenticity and congruence with who I am in Christ?
私がこの方向へ動くことを考えると、全体的、信ぴょう性、そしてクリスチャンとしての調和性に成長があるのでしょうか?

iii. Desire. What is my deepest and most authentic desire relative to the choice I am facing?
切望。迫られている選択に対する私の一番根底にある真の望みとは何だろうか?
What is my response when Jesus asks, “What do you want me to do for you? What is it you seek?”
イエスが“あなたは私に何をしてほしいのですか?あなたの求めているものは何ですか?”
とお尋ねになられたら私の応答は何と答えるでしょうか?
iv. Scripture. Is there a particular Scripture that God is bringing to mind relative to this choice? What is it saying to me?
聖書の言葉。この選択をするにあたり神が思い起こさせているある特定の御言葉があるだろうか?

v. Life of Christ. Is this choice consistent with what I know about the mind and heart of Christ?
キリストの人生。この選択は私が知っているキリストの心と思いと一致しているだろうか?

vi. Character growth and development. What is God doing in my character and spiritual growth, and will this choice continue to nurture this growth?
人格の成長と発達。私の人格と霊的成長に神は何をなされているのか、この選択は成長を育み続けてくれるだろうか?

vii. Love. Given the primacy of love and unity in Christ’s teachings, what does love call for in this situation?
愛。最も大切な愛とキリストの教えの一致が与えられ、この状況に愛は何を求めているか?

viii. Clarify perspective. It’s hard to see the whole field when we are mired in the details. Take a step back to look at the larger patterns of what God is doing in your life. Which choice fits the larger patterns that are already in motion?
視点を明確にする。私達はその詳細に没頭している時には全体を見るのは難しいです。
一歩退いて、神があなたの人生になさっていることをより大きな像で見てみる。どの選択がすでに進行しているより大きな像に当てはまるだろうか?

ix. Community. How does this choice fit with others’ observations of who I am and what God is doing in my life? Am I willing to open up every facet of this decision to a trusted spiritual friend or director for their wisdom and insight?
コミュニティー。この選択は、私が誰であり、神が私の人生に何をして下さっているのかについて他の人の考えとどのように合うのでしょうか?
この決断のあらゆる面を信頼できる信仰の友や指導者に知恵と洞察をいただくために打ち明けることができるだろうか?

Review
To quickly review, in making wise, godly decisions:簡単に確認するために、賢明に、神の御心にそう決断。
Fear God 神を畏れる
Don’t Skimp on Quiet Times – Know the Word 
神と静かな時をもつことを怠らない-御言葉を知る
Pray – for indifference and then for wisdom 祈る-中立となり、知恵をいただくように
Ask the right questions 正しい質問をする

To be sure, this is a very brief look at wise decision making but I hope it at least gives you a firm foundation for making godly decisions in your life, for growing in wisdom and for attaining the mind of Christ.
確かに、これは賢明な決断の非常に簡潔な見解ですが、少なくともあなたの人生において神の御心に沿った決断を行い知恵を得て成長し、キリストの心を得るために確固たる基盤を与えられることを願っています。
Pray.