Your Filthy, Rotten Sinfulness あなたの汚い、腐った、罪深さ

Today I would like to give you a choice of four sermon topics. You choose the sermon!
今日の説教のお題は今から言う4つの中から選んでもらいます。みなさんが説教を選ぶのです。
​1​How to receive the full blessing of God 神の恵みを十分に受けるには
​2​A life of unspeakable joy 言い表せないほどの喜びの人生
​3​Your sinfulness あなたの罪深さ
​4​Prayer that works 効く祈り

Which would you like? Vote/Hands up.
どれがいいですか。手を挙げて下さい。
Today’s sermon is on ‘Your sinfulness’. Your Filthy, Rotten Sinfulness. For those of you who voted for something else, stiff cheese. (I will speak on the winning topic next time:).)
今日の説教は「あなたの罪深さ」についてです。あなたの汚い、腐った、罪深さ。他のお題に手を挙げた方々、お気の毒様です。(希望が多かったお題はまた今度お話します。)

Why am I speaking on ‘Your sinfulness’? Because no-one else will tell you about it. There are plenty of people both in the church and out, who will talk about blessing and joy and all sorts of good things. But not many people outside of church will tell you about your sinfulness. Have you ever heard the topic discussed on television? So I’m like one of your parents or your wife who will tell you that your body smells or that you’re dressed poorly, only I’m going to tell you that you’re sinful.
なぜ私が’あなたの罪深さ’について話すのでしょうか?それは他に誰も話さないからです。
教会で、また教会でなくても、神の恵み、喜び、といった良いことについて話す人はたくさんいます。けれど、教会の外であなたの罪深さについて話す人はあまりいません。今までにこの題についてテレビで議論されるのを聞いたことがありますか。私は今日、あなたの両親や奥さんがあなたの体が匂うとか服がみずぼらしいなどと言うような感じで、あなたが罪深いということについてお話しようと思います。

Let me start by telling you about a survey that was recently conducted by hotels.com amongst 5,000 international travellers. The survey revealed the nationalities that were most likely (and least likely) to steal from hotels (not counting toiletries). I introduced this survey in classes with my adult students – a few dozen in total. When I asked which nationality was the most likely to steal (or even before I asked), every single one of my students said with absolute certainty, “It’s the Chinese! It’s the dirty, pilfering Chinese!”
まず始めに、ホテルドットコムが世界中の5千人もの旅行客を対象に最近行った調査についてお話します。この調査で、化粧品は別にしてホテルの部屋から物を盗む国民が明らかになりました。私はこの調査のことを数十人の社会人クラスの生徒に紹介しました。どこの国の人が一番物を盗む傾向にあるかを彼らに尋ねたとき(というより尋ねる前に)、生徒全員がきっぱりと「それは中国人!汚くて、人のもの盗む中国人!」

It’s interesting what prejudices we all have, isn’t it?
私たちみんなが持っている偏見って、面白いですよね。
When I told my students that the nationality that steals the most from hotels is not the Chinese, you could see the suspicious mind start to work.
Perhaps it’s those filthy, thieving Germans?
Or maybe it’s those dirty, light-fingered Filipinos?
Or how about those filthy, gluttonous, misappropriating Americans?
Or those dirty, self-righteous, stealing Canadians?
Or worst of all, those dirty, filthy, bludging, bogan, yobo Australians!?

私が生徒に、ホテルの物を盗む国民のトップが中国でないといったとき、あなたは疑問に思うかもしれません。。
もしかして汚い盗人のドイツ人かな?
汚い手癖の悪いフィリピン人?
汚い、貪欲な、お金を悪用するアメリカ人?
汚い、自己中心的なカナダ人?
最悪、汚い、怠けた、ばかな、オーストラリア人?

Well, it’s none of them. Here are the top 5 nationalities to steal from a hotel:
全部違います。ホテルの物を盗む国民トップ5の発表です。
5. Irish アイルランド人
4. Germans ドイツ人
3. Spanish スペイン人
2. Singaporeans シンガポール人
1. Argentinians アルゼンチン人

And just in case you were wondering which country is at the bottom of the list – the nationality least likely to steal from a hotel. It’s the Colombians! Yes, the filthy, drug-smuggling, kidnapping, money-laundering Colombians are actually the most honest! Does that surprise you? Our stereotypes and prejudices run deep, don’t they?
念のため、このランキングの最下位、すなわちホテルの物を最も盗みそうにない国をお教えします。コロンビア人です!不潔で、ドラッグの密輸をしていて、誘拐をして、マネーロンダリング(資金洗浄)をしているコロンビア人が一番正直なのです!驚きましたか。私たちの固定観念や偏見は根強いですよね。

But today’s focus is the way my students responded to the fact that not only did the perfectly polite, honest and peace-loving Japanese came in at #9 on the list of most likely to steal, they came in on the list above the Chinese (who were not even in the top 10)! (Americans, don’t laugh. You were #10!)
しかし今日の焦点は、礼儀正しく、正直で平和を愛する日本人がこのランキングで中国人より上位である9位にきたという事実に私の生徒がどう反応したかについてです。(ちなみに中国人は10位以内にすら入っていません。)
Here’s how they responded:
彼らがどう反応したのか言いましょう。

Response #1: Denial 否定
“This can’t be true. There must be something wrong with the survey. I don’t believe it.”
「そんなはずがない。その調査は間違っています。信じません。」
Response #2: Justification 正当化
“Yeah, but we only take small things. Not very often. Only if we have a good reason.”
「私たちは小さい物しか取りません。あまりしません。もっともな理由があるときだけです。」
Response #3: Admission 認める
“Yes, I have to admit, I take things from hotels sometimes.”
「そうです、認めざるを得ません。ときどきホテルの物を取っていきます。」
Response #4: Correction 正す
“Yes, I have taken things from hotels but I realise it’s wrong and I won’t do it any more.”
「はい、ホテルの物を持って帰ったことがありますが、それが間違いだと分かったのでもうしません。」
I found it interesting that the responses my students gave are exactly the same responses we hear when we talk about sinfulness.
私の生徒の反応が罪深さについて話すときに聞く反応と全く同じであったことがおもしろいと思いました。

Response #1: Denial 否定
“This can’t be true. I’m not a bad person. There must be something wrong with your faith, your worldview, your God.”
「そんなはずがありません。私は悪い人ではありません。あなたの信仰、世界観、神さまにどこか間違いがあるのです。」
All have sinned and fall short of the glory of God. Romans 3:23
ローマの信徒への手紙3:23
すなわち、すべての人は罪を犯したため、神の栄光を受けられなくなっており、
If we claim to be without sin, we deceive ourselves and the truth is not in us. 1 John 1:8
ヨハネの手紙一1:8
もし、罪がないと言うなら、それは自分を欺くことであって、真理はわたしたちのうちにない。

Response #2: Justification 正当化
“Yeah, but my sins are not that bad. I’m not as bad as others. Sometimes I have a good reason for doing (or not doing) those things.”
「そうです、けれど私の罪はそこまでひどくありません。私は他の人ほど悪くありません。ときどき私にはそのようなことをするもっともな理由があるのです。」
You, therefore, have no excuse, you who pass judgment on someone else, for at whatever point you judge another, you are condemning yourself, because you who pass judgment do the same things. Romans 2:1
ローマの信徒への手紙2:1
だから、ああ、すべて人をさばく者よ。あなたには弁解の余地がない。あなたは、他人をさばくことによって、自分自身を罪に定めている。さばくあなたも、同じことを行っているからである。

All of us have become like one who is unclean, and all our righteous acts are like filthy rags. Isaiah 64:6
イザヤ書64:6
われわれはみな汚れた人のようになり、われわれの正しい行いは、ことごとく汚れた衣のようである。

Response #3: Admission/Confession 認める/告白する
“Yes, I have to admit I’m a sinner.”
「はい、認めなければいけません。私は罪びとです。」
When I kept silent, my bones wasted away through my groaning all day long. Then I acknowledged my sin to you and did not cover up my iniquity…And you forgave the guilt of my sin. Psalm 32:3,5
詩篇32:3,5
わたしが自分の罪を言いあらわさなかった時は、ひねもす苦しみうめいたので、わたしの骨はふるび衰えた。 わたしは自分の罪をあなたに知らせ、自分の不義を隠さなかった。わたしは言った、「わたしのとがを主に告白しよう」と。その時あなたはわたしの犯した罪をゆるされた。

Response #4: Correction/Repentance  正す/悔い改める
“Yes, I admit I have sinned against other people and against God and I have made a decision to change my life and live a righteous life in Christ.
Repent, then, and turn to God, so that your sins may be wiped out, that times of refreshing may come from the Lord. Acts 3:19
使徒言行録3:19
だから、自分の罪をぬぐい去っていただくために、悔い改めて本心に立ちかえりなさい。

「はい、私は他の人や神さまに対して罪を犯したことを認め、キリストのうちに人生を悔い改め正しい人生をおくることを決めました。」

(The difference between confession and repentance is vital. Demonstration: standing on someone’s foot, apologising sincerely for it but not removing my foot.)
(ざんげと後悔の違いは重要です。実演してみます:ある人の足を踏むとします、誠実に謝りますが私の足をどかしません。)

Today, I want to emphasise to you your sinfulness because I’m a heartless, negative-minded, mean-spirited, pig.
Is that right? It is right if the only thing I tell you is that you are sinful.
We don’t go to the doctor just to find out what’s wrong. (“Good news! I have hepatitis!”)
We go to the doctor to find out what’s wrong so that we can get treatment so that we can get better. What would you think of a doctor who knew you had hepatitis but didn’t tell you because he didn’t want to appear negative and ruin your day?
今日、私はみなさんに「あなた自身の罪深さ」というものを強調したいです、なぜなら私は思いやりがなく、消極的で、心が狭いブタだからです。
それは正しいですか。もし私が言ったことがあなたが罪深いということだけならそれは正しいです。
何がいけないのかを調べるためだけに私たちはお医者さんのところには行きません。(良い知らせです!私は肝臓炎です!)
私たちは治療を受けて回復できるように、どこが悪いのか医者に見てもらいに行きます。もしお医者さんがあなたが肝臓炎であると知っていながら、あなたの1日を台無しにしたくないがために病気のことを黙っていたら、あなたはどう思いますか。

It’s the same with church. We don’t go to church to just find out what’s wrong with us. (“You’re a filthy sinner. Goodbye and have a nice day.”)
We go to church, we read the Bible, we open our hearts to God’s teaching and the conviction of the Holy Spirit regarding our sinfulness so that we can get treatment and get better. What would you think of God if He knew you had a fatal condition and He could fix it but He didn’t tell you about it because He didn’t want to appear negative and ruin your day?
教会も同じです。私たちは私たちのどこが間違っているのかを調べるためだけのために教会に行くのではありません。(あなたは汚い罪びとです。さようなら、ごきげんよう。)
私たちは教会に行き、聖書を読み、神の教えと聖霊の確信に心を開きます。そうすることで治療が受けられ良くなるからです。もし神さまが、あなたが命に関わる容体であると知っていて治すことができるにも関わらず、あなたの1日を台無しにしたくないがためにそのことを黙っていたら、あなたはどう思いますか。
The Bible has a lot to say about our sin. Have a look at this. Here are 10 words that are commonly used in the Bible:
聖書には私たちの罪について多くのことが書かれています。これを見て下さい。聖書でよく使われる10の言葉です。

believe, joy, heaven, hell, wrath, sin, repent, faith, hope, love
信じる、喜び、天国、地獄、怒り、罪、悔い改める、信仰、希望、愛

Which words appear the most and the least? Let me order them here from least used to most, and the number of times the word appears in the Bible:
どの言葉が聖書に一番登場しますか、またどの言葉が一番登場しませんか。聖書に出てこない順に単語を並べてみました、そして何回その単語が使われているのかも載せています。
hell – 14, repent – 75, hope – 174, wrath – 190, joy – 242, believe – 259, faith – 422, heaven – 606, love – 697, sin – 1415

God is trying to tell us something! We have a sin diagnosis. But that is not the only thing that God is trying to tell us.
There is good news. There is a cure. There is treatment that is 100% successful. And this is what the gospel is all about. The gospel is the good news of how God heals our spiritual sickness and makes us spiritually well again.
神さまは私たちにあることを伝えようとしています!私たちには罪があると診断されています。ですが、神さまが伝えようとしているのはこれだけではありません。
良い知らせがあります。治療法があります。100%治る治療法があります。これが福音の意味することです。福音は神がどのように私たちの霊的病気を治してくださり、霊的にまた良くしてくださるかの良い知らせです。

How?
どのように?

By the atoning death and resurrection of Jesus Christ.
It’s what we can call ‘The Great Exchange’. This is the good news, and it’s so important that we know it.     
イエスキリストが十字架にかけられたことと復活したことによって私たちの霊的な病気は治ります。
それは私たちが素晴らしい交換と呼ぶものです。これは良い知らせでとても大事なことなので私たちは知っています。
The Bible says, “God took the sinless Christ and poured into him our sins. Then, in exchange, he poured God’s goodness into us!” (2 Corinthians 5:21 LB)
コリントの信徒への手紙二5:21
神はわたしたちの罪のために、罪を知らないかたを罪とされた。それは、わたしたちが、彼にあって神の義となるためなのである。

聖書は
Great! How do we effect this? How do we make this Great Exchange happen in our lives and how can we know it’s effective in our lives?
素晴らしい!私たちはどうやってこれを達成しますか。どのようにこの素晴らしい交換を実現させればいいのでしょうか、それが私たちの人生に効果があるのかどうすれば分かりますか?
Peter explains: “Repent and be baptized, every one of you, in the name of Jesus Christ for the forgiveness of your sins. And you will receive the gift of the Holy Spirit. Acts 2:38
使徒言行録2:38
すると、ペテロが答えた、「悔い改めなさい。そして、あなたがたひとりびとりが罪のゆるしを得るために、イエス・キリストの名によって、バプテスマを受けなさい。そうすれば、あなたがたは聖霊の賜物を受けるであろう。

(John) If we confess our sins, he is faithful and just and will forgive us our sins and purify us from all unrighteousness. 1 John 1:9
ヨハネの手紙一1:9
もし、わたしたちが自分の罪を告白するならば、神は真実で正しいかたであるから、その罪をゆるし、すべての不義からわたしたちをきよめて下さる。

(Paul) For if you tell others with your own mouth that Jesus Christ is your Lord and believe in your own heart that God has raised him from the dead, you will be saved. Romans 10:9 (LB)
ローマの信徒への手紙10:9
すなわち、自分の口で、イエスは主であると告白し、自分の心で、神が死人の中からイエスをよみがえらせたと信じるなら、あなたは救われる。

How can we be freed from our sinfulness and made righteous before God again?
どうすれば私たちは罪深さから解き放たれ、神の御前に再び正されるのでしょうか。

Believe – in the risen Christ, 信じる-よみがえったキリストを
Confess – your sins, 告白する-自分の罪を
Repent – turn from unrighteous living and turn to righteous living,
悔い改めるー不義な生き方から正しい生き方へ
Be baptised – make a public confession of your faith,
洗礼を受けるー信仰を公に告白する
Receive – the Holy Spirit and the new life he gives
受け入れるー聖霊と聖霊が与える新しい命を

Today’s topic started as ‘Your sinfulness’. Let it finish as ‘Your righteousness’.
今日のお題はあなたの罪深さで始まりました。あなたの義で今日の説教を終えましょう。
This righteousness is given through faith in Jesus Christ to all who believe. Romans 3:22
ローマの信徒への手紙3:22
それは、イエス・キリストを信じる信仰による神の義であって、すべて信じる人に与えられるものである。そこにはなんらの差別もない。

Today if you have never exchanged your sin for the goodness of God, if you’ve never confessed your sins, and received the forgiveness of Christ and the gift of the Holy Spirit, or you’re simply not sure if you have or not, let today be the day that you start life anew.
今日、もしまだ罪を神の素晴らしさと交換したことがない、まだ罪の告白をしたことがない、キリストの赦しと聖霊の賜物を受け入れたことがない、又はただしたことがあるのかどうかよく分からないのであれば、今日という日を新しい人生を始める日にしてください。

Pray.