God, Me and My dream
神様、私と私の夢

Before I share my testimony, I would like to introduce myself, especially for those who don’t know me. My name is Julinton Sianturi from Indonesia. I came to Japan as a student in 2015 (3.5 years ago) and today is my last Sunday in this church.

私の証を伝える前に、 特に私のことが知らない人のために自己紹介したいと思います。私の名前は、ジュリントン シャンツリです。インドネシアから来ました。2015年に学生として来日し、今日はここの最終日です。

First and foremost, I would like to thank God, because that’s who I look up to. He graced my life with opportunities, knowledge, ability, and strength and always gives me hope in every problem I have.
まず、神様に感謝したいです。たくさんの機会、知識、能力、チカラ、また辛いときにいつも希望を与えていただいていることを感謝しております。

I was baptized in 2010 and at that time was given a Bible verse from Exodus 19:5,
2010年に洗礼を受けました。あの時、私が頂いた聖書の言葉は「出エジプト記 19:5」からです。

Now if you obey me fully and keep my covenant, then out of all nations you will be my treasured possession. Exodus 19:5

もし、わたしに従い、契約を守るなら、あなたがたは地上のあらゆる国々の中にあって、わたしの大切な民となる。全世界はわたしのものだからだ。 出エジプト記 19:5

Although the whole world is open to me, what my mother told me was that Bible verse is my life. If I truly, sincerely, heartily believe in God, I will be His special treasure, and redeemed out of the house of bondage and slavery to be his special people, and distinguished from all others by particular favours and blessings. Since then, I hold these words as a key to my life.
この言葉が私の人生の聖書の言葉だとお母さんが言われました。私は心のそこから神様に信じているのであれば、 束縛と奴隷制度の家から救われ、神様の大切な民となります。そして特別な恩恵と祝福によって他の人に区別されます。 それ以来、私はこれらの言葉を私の人生の鍵として捉えています。

My life was really tough and complicated, when I looked back to my story, I completely had no idea, how it all could possibly happen. Because God has shown me His presence and opened my mind and heart, I know things are not the result of human effort. These may seem quixotic or unrealistic, but please bear with me.
自分の物語を振り返ってみると、私の人生は非常に困難で複雑でした。どうして克服できたかわかりませんが、自分の努力ではなく神様のおかげだとわかりました。お話しが非現実的に思えるかもしれませんが、最後までお聞きください。

Looking back on my journey in July 2013, I was a Masters student who didn’t get a scholarship, due to one missing document. That document was about a service – scholarship recipients must show that they have served in remote parts of Indonesia. I cannot remember ever receiving this information over email and even my classmates told me nothing.
2013年7月に、私は修士課程の学生でしたが、文書が1つ欠落しているため、奨学金を受けられませんでした。この文書は奉仕に関するものでした。 奨学金受給者は、インドネシアの遠隔地で奉仕したことを示さなければなりません。 私はこの情報を電子メールで受け取ったことを覚えておらず、クラスメートでさえも何も言わなかった。

It was desperate, frustrated, disappointed and confused, how this could possibly happen. I went to the Indonesian ministry of education in Jakarta to try and get the scholarship. After I explained everything to the staff, they told me, it would be fine. A week later, I got the announcement, but when I checked my name, even though I had passed, I didn’t qualify for the program.
私は絶望的、欲求不満、失望そして混乱しました。 どうしてこれが起こるのでしょう。 私はジャカルタのインドネシア教育省に奨学金を受けてみるように行きました。 スタッフにすべて説明した後、彼らは言った、「それは大丈夫だろう」。 一週間後、私は結果を受けました。しかし確認したら、合格したが、プログラムの資格を得ませんでした。

Sharing this situation with one of my classmates led me to despair. What they told me was, how you can pursue your study without a scholarship? If I were you, I would give up because I don’t want to kill my parents by asking for money for my study. And he was absolutely right. On the other hand, I also cannot criticise my parents for hoping that I would never experience poverty. Ultimately, I decided for myself what constitutes failure.
クラスメートの一人とこの状況を話しすることで絶望させました。 彼らが私に言ったのは、「どのようにして奨学金なしであなたの研究を進めることができるか? 私があなただったら、勉強のためにお金を頼んで両親を殺したくないのであきらめます。」 彼は絶対に正しかったと思いました。

I decided to pursue my study independently and would never let my father know about the real conditions of my situation. I applied for some part time jobs and one day, I got an interview in a tutoring agency. By chance, I met up with with Arman there. We had a long conversation and he inspired me to think about studying in Japan. However I didn’t expect too much, it was just an inspiration because I know who I am. In the end, I never worked in the tutoring agency for various reasons.
私は自分で勉強することを決心し、父親に私の状況の実態を知らせることは絶対にしませんでした。 私はいくつかのパートタイムの仕事を申請し、ある日、私は家庭教師代理店で面接を受けました。 偶然、そこでアルマンと出会いました。 私達は長い会話をし、彼は私に日本への留学について考えるように促しました。 しかし、私はあまり期待していませんでした。 結局、私は様々な理由で個人指導機関で働きませんでした。

After a long journey, I joined Dr. Dikdik’s laboratory as a technical assistant. I was buzzed and excited. I got a place where I could improve my skills and abilities to solve problems in a research field. Because of my situation, I committed to complete my study in 1.5 years, because then I wouldn’t have to pay the tuition fee for the last semester. These decisions took all of my energy, time and tested my faith.
長い旅の後、私はDikdik博士の研究室に技術助手として加わりました。 私は賑やかで興奮しました。 研究分野の問題を解決するために私のスキルと能力を向上させることができる場所を得ました。 私の状況のために、私は1年半で私の研究を完了することを約束しました。 そうすれば、私が前学期の授業料を払う必要はなくなるからです。 これらの決断は私のエネルギー、時間をすべて使い、私の信仰を試されました。

I woke up at 4.30 am; private time (4.30-5 am); cleaned the laboratory for about 1.5-2 h (because that was a part of my work); worked as a technical researcher from 9am-6pm; carried out my research from 6pm-12 am (because I wanted to finish my study in 1.5 years); studied until 2 am (because I still had some lectures). I would never have expected my life to be so hard. But even though I experienced hardship and stress because of such a tough schedule, I enjoyed all the processes and always thanked God. I knew that enduring my current hardships would not be like crossing an endless ocean. It was just for a season.
私は4.30時に起きました。 プライベートタイム(4.30-5 am) 約1.5〜2時間ラボを掃除し(それは私の仕事の一部だったので) 午前9時から午後6時まで技術研究員として働いていました。 午後6時から午前12時までに私の研究を実行しました。 午前2時まで勉強しました(まだいくつかの講義があったので)。 私は自分の人生がそれほど難しいとは思っていなかったでしょう。 そのような厳しいスケジュールのため、困難とストレスを経験しましたが、すべてのプロセスを楽しんでいつも神に感謝していました。 当時の苦難に耐えることは無限の海を渡るようなものではなく、ただの人生の季節だとわかっていました。

Feelings of exhaustion accompanied me every single day. Even though I was always feeling sleepy in the class, it didn’t affect my passion or spirit. I lived like this for 6 months.
疲弊感が毎日私につきました。 クラスでいつも眠くなっていたとしても、それは私の情熱や精神に影響を与えませんでした。 私はこのように6ヶ月間過ごしていました。

Every time, when my dad asked me, ‘Hi son, how’s it going?’ I always closed my heart and never let him know my true situation. Even though, he might well have found out, I always pretended that everything was fine and under control. I know that my father, if I did tell him the truth, would work beyond his limit; if he had no money, he would borrow or sell something. I know my father well. He would never want me to stop.
父が私に尋ねるたびに、「ジョ、どうしたの?」と私はいつも心を閉じて、決して彼に本当の状況を知らせていませんでした。 とは言っても、父はそれを知っているかもしれませんが、私はいつもすべてがうまくいっていて管理下にあるように見せかけました。父は、もし私が彼に真実を語ったならば、彼の限界を超えて働くだろうということを知っています。 彼にお金がなければ、彼は何かを借りたり売ったりするでしょう。 私は父をよく知っています。 彼は私にやめさせたくないだろう。

At the end of the semester, my classmates were really confused when they saw that I got the highest GPA. Then they asked me, what did you learn while sleeping in the class? Did you cheat? How did can do it? They asked me many other questions. I simply said, ‘If you study effectively then you can make it.’
学期の終わりに、私が最高のGPAを取得したことをクラスメート達は見たら本当に混乱しました。 それから彼らは私に尋ねた、「あなたはクラスで寝ている間あなたは何を学びましたか? あなたはカンニングしましたか? どのようにそれをすることができましたか?」 彼らは私に他の多くの質問をしました。 私は単に言った、「あなたが効果的に勉強すればそれをすることができる」。

But my life was an absolute mess, and I asked myself, can I do this for another 2 semesters? I had no idea at all. The only thing that I could do was just do it and keep moving forward, even though I don’t know how. In the back of my mind, I always believed that God was preparing and working for me and therefore I never gave up. There is a Chinese proverb that says a man who removes a mountain begins by carrying away small stone. And I truly believed that. This suffering would be over soon.
しかし、私の人生は絶対的なめちゃくっちゃでした。 私は自分に尋ねました「後2学期の間続けることができますか?」 まったくわかりませんでした。 私ができることはただそれをやって前進し続けることだけでした。 私の頭の中で、私はいつも神様が私のために準備し、働いておられると信じていたので、私は決してあきらめませんでした。 山を取り除く人は小さな石を運び去ることから始まるということわざがあります。 そして私は本当にそれを信じました。 私はこの苦しみがもうすぐ終わることを知信じています。

Then surprisingly, one day the secretary in Dr Dikdik’s lab told me, ‘This month will be your last month working here’. When I asked the reason, she said nothing and suggested that I ask Dr. Dikdik directly. I was desperate and hopeless in confusion. I prayed to God. Lord, I don’t know what your plan is for me. I worked and studied very hard for my dream and I got these. But I have lost my scholarship and now I have lost my job. I can’t fight anymore. I know that this is not Your plan. I had no idea about any of this. All I knew was that I wouldn’t be able to accomplish my dream anymore. However I was really proud of myself, because I did my very best and I pushed myself to the limit.
それから驚くべきことに、ある日、Dikdik博士の研究室の秘書が私に言った、「今月はここで働く最後の月になるでしょう」。 私がその理由を尋ねたとき、彼女は何も言わず、私はDikdik博士に直接尋ねると言われました。 私は必死で絶望的で混乱していました。 私は神に祈りました。 「主よ、私はあなたの計画がどのようなものなのかわかりません。 私の夢のために一生懸命働いて勉強し私はこれらを得ました。 しかし、私は奨学金を失い、今は仕事を失いました。 もう戦うことはできません。 これはあなたの計画ではないことを知っています。」 これについて全くわかりませんでした。 私が知っていたのは、もう私の夢を達成することができないだろうということでした。 しかし、今までやったことで限界を超えたことは自分自身をとても誇りに思っていました。

Then God answered me like this
神様はこう答えました。

Amazingly, a few days later. The head of the chemistry department told me that, Professor Unang wanted me to join his lab. After a long discussion with him, I finally decided to take the opportunity and join his lab. My life was then completely different. I focused on my research, no more sleeping in the lab, no more hours cleaning the lab, I had a good salary and my life was looking like something that was normal. I worked and studied with passion and determination. Long story short, I finished my Master’s degree in January 2015 (in 1.5 years) with 5 papers published (scientific publication). What amazed me was how God watched me and would never leave nor forsake me as written in Deuteronomy 31:6. And God’s timing is perfect.
驚いたことに、数日後、化学部門の責任者が私に言った、ウナン教授は私の研究室への参加を望んでいました。 彼との長い話し合いの後、私はついにその機会を利用して彼の研究室に参加することにしました。 それから私の人生は完全に変わりました。 私は自分の研究に集中し、実験室で眠ること、掃除することもこれ以上時間を要しませんでした。私は良い給料を持っていて、私の人生は普通のことのように見えました。 私は情熱と決意を持って仕事と勉強をしました。 私は2015年1月に(1.5年後に)5つの論文を発表して修士課程を修了しました(科学出版)。 驚いたのは、申命記31:6に書かれているように、神様が私を見守って、私を離れたり見捨てたりすることが決してないことでした。 本当に神様のタイミングは完璧でした。

A few month’s later, there was an international conference in Indonesia. Dr. Ambara from RIKEN Japan came to attend the conference and was looking for a Ph.D candidate. My professor suggested me as a candidate. After a long discussion, I decided to take the opportunity. In the back of my mind, I was so afraid about my decision; I didn’t know why and I couldn’t explain where the fear came from. With big apologies, I contacted him and said a big sorry, that I had been thinking a lot about this and eventually had to change my mind and not go for it. A few days later, I realized that it was the wrong decision, and as a result, I lost my confidence and was feeling traumatized by my decision. The hardship and depression that I experienced left a very bad wound but it was covered with beautiful wrapping paper and perfume.
数ヵ月後、インドネシアで国際会議が開催されました。 理研ジャパンのアンバラ博士がコンファレンスに出席するために来て博士課程の候補者を探していました。私の教授は私を候補として推薦した。 長い議論の末、私はその機会を利用することにしましたが、 頭の中で自分の決断をとても恐れていました。 恐れがどこから来たのかを説明することができませんでした。よく考えてそのチャンスを受けないことにし彼に連絡して謝罪しました。数日後、私はそれが間違った決断であることに気付きました。その結果、自信を失いトラウマを受けました。私が経験した困難と憂うつは非常に傷を残しました、しかしそれは美しい包装紙と香水で覆われていました。

When I look back on my story, I realize that God wanted me to go to Japan and He has been trying twice through Arman and Dr. Ambara, however, I refused all of them. When I realized and understood all of these things, finally I opened my heart and said to God in prayer that if you want me go to Japan, I will.
私の話を振り返ると、神様が私に日本へ行くことを望んでいたこと、そしてアルマンとアンバラ博士を通して私に話していることに気づきまし。しかし私はそれらすべてを拒絶してしまいました。 私がこれらのことをすべて理解したとき、心を開き、「神様が私に日本に行きたいのであれば私はそうする」と祈りました 。

A month later, precisely in May 2015, I applied for a Ph.D course at Osaka University (OU). I was accepted as a Ph.D candidate and in June 2015 had an entrance examination via teleconference. Long story short, a month later, I got the email about the announcement from OU and was accepted as a Ph.D student in the fall season of 2015.
その1ヵ月後、ちょうど2015年5月に、私は大阪大学(OU)で博士課程を申し込みました。 私は博士課程の候補者として承認され、2015年6月に電話会議による入試を受けました。 1か月後、私はOUからの発表についての電子メールを受け取り、2015年の秋に博士課程の学生として受け入れられました。

I was convinced that the only way to pursue a Ph.D overseas was with a scholarship. However, getting an Indonesian scholarship was really complicated and my professor suggested that I go to Japan with his starting money of 100.000 yen/month. He then asked me to make a decision about it. After a long discussion with Dr. Ambara in RIKEN, he told me that it would be impossible to pursue a Ph.D at Osaka university with that salary. On top of everything else, I would also have to pay as much as 600.000 yen for the enrolment and tuition fee.
私は海外で博士号を取得する唯一の方法は奨学金を受けることだと確信しました。 しかし、インドネシアの奨学金を受けるのはとても難しく、私の教授は私が月額10万円で日本に行くことを勧めました。それから彼はそれについて決定を下すよう私に頼のみました。 理研のAmbara博士と長い間話し合った後、彼はその給料で大阪大学で博士号を取得することは不可能であると私に言いました。 それに加えて、私は入学金と授業料のために60万円も払わなければならなかった。

I was walked around in confusion. On one hand I knew I had to keep moving forward, but I also couldn’t criticize my parents for hoping that I would never experience poverty. I experienced fear, stress, and had no idea about my future anymore. But God taught me not to fear about anything, because he is with me and he will strengthen, help and uphold me with his right hand as written in Isaiah 41.10. This truth amazed me a lot and brought back my confidence.
私は混乱していました。 一方で、私は前進し続けなければならないことを知っていました。私は恐怖、ストレスを受け私の将来についてはもう知りませんでした。 しかし、神様はイザヤ書41:10に書かれたように 恐れるな。わたしがついている。
取り乱すな。わたしはあなたの神だ。
わたしはあなたを力づけ、あなたを助け、
勝利の右の手でしっかり支える。 この真実は私をとても驚かせ、私の自信を取り戻しました。

Professor Unang asked me about the conversation with professor Fukase. After I explained everything, he asked me to go to Japan by borrowing money from him. With a strong will, I decided to take the opportunity without letting my parents know. What God taught me about not fearing anything was absolutely right, because I got full exemption for enrolment fee, 50% off the tuition fee (so, I only paid about 100.000 yen from 600.000 yen) and got a full scholarship.
ウナン教授から深瀬先生との会話について聞かれました。 私がすべてを説明した後、彼は私から彼にお金を借りて日本に行くように依頼しました。 強い意志で、私は両親に知らせることなく機会を利用することにしました。 何も恐れないと神様が私に教えてくれたのは完全に正しかったです。授業料の50%を割り引いて入学金を全額免除し奨学金をフルでいただきました。

I would never have truly known for myself the strength of my relationship with God, until I had been tested by adversity. These hardships taught how to be a strong fighter in a way that I could never learn from my family and friends. My faith is like a seed growing into a strong and mighty tree.
私は逆境によって試されるまで、私は神様との関係の強さを本当に知りませんでした。 これらの困難は私が私の家族や友人から決して学ぶことができなかった強力な戦闘機になる方法を私に教えました。 私の信仰は強くて力強い木に成長する種のようなものです。

Minoh International Church is a place where my faith grows and matures more than I expected. The church here has taught me how to value myself and others. In the words of my mother who said “wherever you go, you will find your family, and that’s this church, all of you”. You colored my life with happiness, joy and love that I could never find in a laboratory. I came every Sunday to this church to find inspiration, knowledge, energy, hope, blessing and power from God and used these blessings to pursue my Ph.D at Osaka University. It has been worth more than any qualification I ever earned.
箕面国際教会は、私の信仰が想像以上に成長し成熟する場所です。 ここの教会は私自身と他の人々を大切にするよう教えてくれました。母が言われました「あなたがどこへ行っても、あなたは家族を見つけるでしょう。」それがこの教会です。みんなのことです。みんなは私の人生を幸福、喜び、そして愛で彩りました。それは私が実験室で見つけることができなかったことです。 私は毎週日曜日にこの教会に来て、神様からのインスピレーション、知識、エネルギー、希望、祝福、そして力をいただき、それらの祝福を通して大阪大学で私の博士号を進めました。 それは私が今まで獲得したどの資格よりも価値があります。

I gave all of my energy and even my life during my study here in Japan to glorify God and make my parents (father) proud. However, in February 2017, my father passed away which left the deepest wound. I had lost my loved ones (my father and mother), the people I could most comfortably talk to. I was hopeless and the fears that I had had for myself were very strong. That period of my life was a dark one. I had no idea how dark and bitter this life was. I had no idea then how far the dark tunnel extended, and wondering when the light would come at the end of it was a faint hope rather than any sort of clear reality.
私は日本での留学中に、神様を賛美し両親(父)を誇りに思わせるために、全力と人生さえも与えました。 しかし、2017年2月に、父は亡くなり、最も深い傷を残しました。 私は愛する人(私の父と母)、私が最も快適に話すことができる人々を失いました。 絶望的で私が自分自身に対して抱いていた恐れは非常に強かったです。 その期間は暗いでした。 私はこの人生がどれほど暗く苦いのかわからなかったです。 ダークトンネルがどこまで伸びているのか私にはわかりませんでした。光がいつ来るか疑問に思い、明確な現実よりかすかな希望でした。

My parents always told me to respect myself and keep moving forward, no matter what. To my mother and my father who I know are up there right now, thank you for being such a great parents.
両親はいつも 自分を尊重し前進し続けるように言っていました。 天国におられる母と 父に このようなすてきな両親であったことに感謝します。

I shall never forget the time during my thesis preparation. When I was very busy at that time, (I spent 12 h in library), Pastor Andrew emailed me, asking me to lead a service. When I wanted to reject his email, suddenly I realized that God wanted me to do that. The feeling that I can’t explain, told me that I didn’t put God first and He wanted a relationship with me and therefore I changed my mind and prioritized God first in my life.
私はプレゼンテーションに非常に忙しかったその時を決して忘れません(私は図書館で12時間過ごしました)。 Andrew牧師が私にメールを送って私に奉仕の指導者になるよう求めました。私は彼のEメールにノーと言いたかったのですが、突然私は神様が私にそうしてほしいと望んだことに気づきました。 私は自分の気持ちを説明することができませんでしたが、神様は私に「私を優先せよ」と言いました。 神様は私との関係を望んでいたので、私の考えを変え神様を優先することにしました。

One of the unforgettable experiences was when people in this church contributed to my Ph.D journey. Thanks to pastor Andrew who taught me how to do an excellent presentation, thanks to Esther not only for her time, comments and advice but for her intellectual contribution. I also want to convey my gratitude and appreciation to Pastor Mike, Mayu, Lloyd and people in this church who supported me in prayer and taught me to be a fruitful person. So thank you everyone so much.
この教会の人々が私の博士課程の旅に貢献したことを一切忘れません。 優れたプレゼンテーションをする方法を教えてくれたAndrew牧師に感謝します。 また、Estherに時間とアドバイスだけでなく、知的をシェアしていただき 感謝します。 そして、マイク牧師、マユ、ロイド、そして私を祈りで支えてくれて実りある人であることを教えてくれたこの教会の人々に 感謝を伝えたいです。 どうもありがとうございました。

I was convinced that the only thing I wanted to do was research and therefore I decided to take a postdoctoral position. However, two of my seniors from my laboratory were unsuccessful in getting such a position. That fear for my future came back again, when my professor asked me what I would do if I didn’t get a postdoctoral position. But God told me in Jeremiah 29:11 11 For I know the plans I have for you,” declares the Lord, “plans to prosper you and not to harm you, plans to give you hope and a future.” This burned into my spirit and I felt anointed for a special purpose.
私は自やりたいことは研究することだと確信していたので、ポスドクの職に就くことにしました。しかしながら、私の研究室から来た先輩のうちの2人はそれを得ることに失敗しました。 将来への恐怖は、 私が博士研究員としてのポジションを得られなかったらどうするかを私に尋ねたときに再び戻ってきました。しかし、神様はエレミヤ29:11で私に言われた、「私はあなたのために持っている計画を知っています」。 私は特別な目的のために召されたことを感じました。

The Spirit of God guided me and changed my mind completely. With high confidence and God’s guidance, I did something outrageous: I selected the most elite laboratories in the world such as, Harvard University, MIT, Stanford University, Max Planck Institute, ETH Zurich and so on.
神様の御霊が私を導き、私の考えを完全に変えました。自信と神様の導きによって、私はとんでもないことをしました。ハーバード大学、MIT、スタンフォード大学、マックスプランク研究所、ETHチューリッヒなど、世界で最も優秀な研究所に申請することにしました。

After preparing this list of laboratories, unexpectedly, my professor encouraged me to apply for them. Amazingly, God sent me to the Max Planck Institute to study under one of the most famous professors in the world. (Prof Peter Seeberger)
この研究所のリストを作成した後、予想外に先生は私にそれらを申請するよう奨励しました。 驚くべきことに、神様は私をマックスプランク研究所に送って世界で最も有名な教授の一人の下で勉強することになります。 (Peter Seeberger教授)

My journey is not finished yet (I will continue it in Germany).
私の旅はまだ終わっていません(ドイツでも続けます)。

Looking back to the beginning, I don’t understand why my classmates who did not serve in remote parts of Indonesia were able to get a scholarship from the Indonesian government, but I wasn’t able to. I know that life is not always fair, and we as human beings have to accept that. I learned to accept this reality. But what I have also learned through my experiences is that God has always loved me and His timing was perfect. More importantly, my faith has gone from strength and strength. And God I am ready to go to a higher level of life.
初めに振り返ってみると、インドネシアの遠隔地で奉仕しなかった同級生がインドネシア政府から奨学金を受けることができたが、私ができなかったことを、今にも私には理解できませんでした。人生は常に公平ではないことです。 私たち人間はそれを受け入れなければなりません。 私はこの現実を受け入れることができました。 しかし、私が私の経験を通して学んだことは、神様がいつも私を愛しておられ、神のタイミングが完璧だったということです。 さらに、私の信仰は強さと強さから生まれました。 そして「神様、私はより高いレベルの人生に行く準備ができています。」I

Hope you all have very good lives. God bless you.
みんなさん、よい人生を送りますように祈っています。神様のお恵みがありますように。