Latest Sermon
最新の礼拝メッセージ

  • Unmasking Temptation
    誘惑の正体を暴露する
    2020-02-16
    February 16th, 2020

    Minoh International Church
    Pastor Joseph Ricohermoso
    Genesis 3:1-7
    創世記 3:1-7

    Introduction

    I know a man who came to Japan for work. Sensing the call of God, he returned to the Philippines to study in the seminary to prepare himself for ministry. He did well and graduated with honors. His personality suits well with young people and is full of vitality and enthusiasm. He served in two churches at different times and even led souls to Christ.
    私はある男性を知っています。彼は仕事のために来日しましたが、神様の「召し」を感じて、フィリピンに帰り、ミニストリーの準備のために神学校に入学しました。彼は素晴らしい成績で卒業しました。彼の性格は若者によく合い、とても熱心で元気な人です。彼は二つの教会に仕え、人々をイエス様へ導きました。

    The next thing I learned, he did something he couldn’t hide anymore, he fathered a child with a divorced woman, who has two other children from previous relationships.
    次に彼について私が知った事は、もはや隠せないことでした。彼は離婚歴のある女性との間に子供ができたのですが、彼女には前の相手との間に既に2人の子供がいました。

    When I saw him and knew what had happened, I found myself struggling with all kinds of questions and emotions. What happens in a person’s life who does that? What was he thinking? What is it that causes someone to gamble his ministry to pay the costly price of sin? What is it that lures us to ruin?
    彼の身に起こった出来事を知り、彼に会った時、私はあらゆる疑問と感情で頭が混乱していました。この様な事が起こった人の人生は、一体どうなっているのだろうか?彼は何を考えていたのだろうか?自分のミニストリーを犠牲にして罪の道に進む危険を犯すのはなぜなのだろうか?私たちを破滅へと誘惑するものは一体何なのだろうか?

    Temptation litters our path with landmines and endangers us at every turn. Some questions we must ask ourselves are, “How does the Tempter do his work? How does he come to us? How does he destroy us?” Here, we have one of the recurring themes that is woven throughout the Scripture, the theme of sin and its destructive power.
    誘惑は私たちの道を地雷だらけにして、どこを歩いても危険にしてしまいます。私たちが自分自身に問いかけるべき質問はいくつあります。「サタンは何をするのですか?」「私たちにどのように近づいて来るのですか?」「どの様にして私たちを滅ぼすのですか?」そしてここには、聖書に繰り返し出てくるテーマがあります。「罪とその破壊力」です。

    Genesis 3 records the fall of man. The Tempter targeted Eve. Seeing the way the Tempter approaches Eve, we know that while this story happened in ancient times, it’s as fresh as the temptation you may be facing today – in your workplace, in your school, in your home, in your relationship, in your life. The scene has changed, but the strategy hasn’t.
    創世記3章は人間の脱落を記しています。サタンはイブを標的にしました。サタンがイブを誘惑した方法を見てみると、この話は随分昔の話ですが、それは今私たちが直面しているのと同じである事がわかります。職場、学校、家庭、人間関係、そして人生において直面している誘惑です。場面は変わっても、サタンの戦略は変わっていません。

    1. Disguise
      変装

    Did you notice that when the Tempter comes, he comes to us in disguise? Today’s text tells us that “the serpent was more cunning than any beast of the field which the Lord God had made” (v.1a). When the serpent came, he did not come as an ugly creature. There is no indication of an approaching danger. There’s nothing here that would make the woman feel alarmed.
    サタンがやって来る時、必ず変装してやって来る事に気付いていましたか?聖書にもこの様に書いてあります。「主なる神が造ったものの中で、蛇が最も賢い動物でした」蛇が近づいて来た時、醜い動物としてやって来ませんでした。危険が迫っている兆候はありませんでした。イブが警戒する様なことは何もなかったのです。

    When the devil comes to you, he does not come as to raise suspicion. He tries to hide his true intention. He does not come waving a red flag. He just slides into your life. The Bible says that he comes as an angel of light. Sometimes as a minister of righteousness. One point that’s quite clear is that when the Enemy comes to attack you, he comes in disguise.
    サタンが私たちに近づいて来る時も、彼は疑われる事なく、普通にやって来ます。本当の意図を隠してやって来るのです。赤い旗を振ってはいません。私たちの人生にそっと入ってくるのです。聖書によると、サタンは光の天使としてやって来るのです。時には正義の聖職者の様にしてやって来ます。ここで明らかなのは、サタンがやってくる時は必ず変装してやってくると言う事です。

    Not only is the devil disguised in his person, he is disguised in his purposes. He does not come to say to Eve, “Hey, I have come to tempt you.” What he does is to come to have a religious discussion. He wants to talk theology; he doesn’t want to talk sin. He begins his temptation by saying, “Has God indeed said, ‘You shall not eat of every tree of the garden’?” (v.1b).
    さらに、サタンはその姿だけでなく目的も偽ります。サタンはイブに「やあ、誘惑しにきたぞ」とは言いません。彼は宗教的な話し合いをしに来るのです。彼は「神学」について話したいのです。「罪」の話をしたいのではありません。彼は誘惑を次の様に話しかけて始めました。「神様は、これっぽっちも食べてはならないと言ったというじゃないですか。」

    Satan comes and says, “Look, I just want to be sure of the idea God was trying to communicate. Did he really say you can’t eat of any of the trees of the garden?” You see, he is a religious devil. You don’t expect him to say, “I demand that you give me your soul. I’d like to damn you and destroy you.” No, all he wants to do is talk a bit of the Bible.
    サタンがやってきて「やあ、神様が伝えようとしたことを確認したいのですが、彼は本当にどの木も食べてはいけないと言ったのですか?」と言うでしょうか。サタンは宗教的な悪魔です。彼が「君の魂をくれ!君を没落して破壊させたいんだ」とは言いません。彼は聖書の話をしに来るのです。

    Another thing that Satan does in this discussion about God, is direct Eve’s attention on that one tree in the middle of the garden. He says, “It seems unthinkable to me that God wouldn’t let you have any of these trees.”
    神様についての話し合いで、サタンはイブの注目を庭園の真ん中にある一本の木へ向けました。そして次の様に言ったのです。「ほんとうにそのとおりなのでしょうか?ほかでもない、園の果実はどれも食べてはいけないという話ですよ。神様は、これっぽっちも食べてはならないと言ったというじゃないですか。」

    Eve comes to God’s aid. She’s a witness for God. She says, “No, we can eat of all of the trees of the garden except that one tree—that tree there in the middle—we can’t eat from that, we can’t touch that tree.” God didn’t say that. He didn’t say anything about touching it. But one of the things that people do in defending God is to sound more righteous than God, become stricter than God. Actually, what Satan has done, of course, is to focus her mind on that single, forbidden tree.
    イブはここで神様の側に立って、証人として次の様に言いました。「そんなことないわ。食べるのは少しもかまわないのよ。ただね、園の中央にある木の実だけは、食べてはいけないの。そればかりか、さわってもいけないんですって。」(さもないと死んでしまうって、神様はおっしゃったわ。)しかし、神様はそうは言っていませんでした。触ることに関して神様は何も言っていなかったのです。しかし、人々は神様を弁護しようとして、神様よりも正義になり、神様よりも厳しくなる事があります。実際にサタンがやったのは、彼女の注目をその一本の木、つまり禁じられた木へと向けることでした。

    Sometimes you wonder how people could turn their backs on all the good things, all the blessings, that God has given them. How dare they throw all that away for that single sin in their lives? And the answer is, they don’t see the blessings.
    人はなぜ神様が下さった全ての祝福を捨て、一つの罪に陥ってしまうのだろうかと不思議に思うことはありませんか。なぜその様なことをするのでしょうか。その答えは「祝福を見ていないから」です。

    The devil alters our focus and there is that one thing you want so desperately you’ll do anything to get it. It becomes the all-consuming motivation in life, and everything else God does, you forget. So, Satan comes in disguise. He conceals who he is. He conceals what he wants to do.
    サタンは私たちの注目を逸らし、何をしてでも手に入れたいと望む物へと目を向けさせるのです。そしてサタンがもたらした罪にしか目が行かず、神様がして下さった全ての事を忘れてしまうのです。サタンは変装してやって来ます。彼は自分の正体を隠し、目的も隠してしまうのです。

    1. Distortion
      歪み

    The second thing we see is that in his attack Satan distorts God’s Word. Eve responds, “We may eat the fruit of the trees of the garden; 3 but of the fruit of the tree which is in the midst of the garden, God has said, ‘You shall not eat it, nor shall you touch it, lest you die'” (verses 2-3).
    二番目に言える事は、サタンは神様の言葉を歪めて誘惑をしてくる事です。イブは次の様に答えています。「そんなことないわ。食べるのは少しもかまわないのよ。ただね、園の中央にある木の実だけは、食べてはいけないの。そればかりか、さわってもいけないんですって。さもないと死んでしまうって、神様はおっしゃったわ。」

    Then, the devil with condescending laughter says, “Surely you don’t believe that, do you? That you will surely die? Oh, come on. A bit of fruit? Surely die? You’re too sophisticated. You’re too aware to believe that God who gave you this marvelous garden, and all these trees, and that bountiful fruit, is going to kill you … You don’t believe that, do you? God doesn’t mean that. God certainly doesn’t mean that.”
    さて、サタンはわざとらしい笑みを浮かべながら言いました。「でも、それはうそっぱちですよ。死ぬだなんて、でたらめもいいところだ。こんな素晴らしい庭園をくれた神様がまさかあなたを殺すなんて….信じるものか。神様は全くそんなつもりはないよ。絶対そんな意味じゃないよ。」

    How easily we fall into that. For thousands of years, Satan has repeated that approach. It’s the theme of modern movies in which the characters live a life of rebellion against God but live happily ever after.
    その罠に私たちは意図も簡単に落ちてしまいます。何千年にも渡って、サタンは同じやり方を繰り返してきたのです。現代の映画のテーマにもよくあります。神様に対して反抗的な人生を送ってきた登場人物が、後に幸せな人生を手にするのです。

    How do you feel about these warnings about disobedience that fill the Bible? Does God mean it when he says that they who live after the flesh shall die? Does God really mean it when he says, “If you sow to your flesh, you will reap corruption?” Does God mean it when he says, “Do not be deceived: God cannot be mocked. A man reaps what he sows.” (Galatians 6:7)? Does God mean it when he says he shall judge his people?
    聖書に書かれている不従順に対する警告についてあなたはどう思いますか。「自分の欲望のままに生きている人はやがて滅びるしかありません」「自分の欲望を満足させるために種をまく者は、その結果、霊的な滅びと死とを刈り取るはめになります」「思い違いをしてはいけません。神をあざけ笑うことなどできません。人は種をまけば必ずその刈り取りもすることになるのです」(ガラテヤ人への手紙 6:8)この様に神様が仰るのはなぜでしょうか。

    God is serious about sin because God is serious about you. God is livid about sin because God loves you and He knows the destruction that sin can have in your life, in your relationships, in your character. God is stern about sin as a loving parent is stern about fire and warns a child about it, knowing that it can maim that child for life, destroy the home he lives in, and do untold damage. But how do you feel about it? Does God mean it when he says those things?
    神様は罪に関して真剣です。なぜなら神様はあなたに対して真剣だからです。神様は罪が大嫌いです。なぜなら神様はあなたを愛していて、罪があなたの人生や人間関係、性格を破壊する事をご存知だからです。親が子供に厳しく「火の危険性」を教えるのと同じように、神様は罪の危険性をご存知です。火が重傷を負わせ、家を破壊し、測り知れない被害をもたらすのと同じなのです。しかし、どうでしょう、神様はこの様な事を言うことでそれを意味しているのでしょうか?

    1. Destroys
      破壊する

    Our Lord Jesus said, “The thief comes only to steal and kill and destroy…” (John 10:10a). The devil is not satisfied by simply attacking God’s Word. He goes deeper and attacks God’s character too, which lies behind his Word. He said to the woman, in verse 5, “For God knows that when you eat from it your eyes will be opened, and you will be like God, knowing good and evil.”
    「強盗は、盗んだり、殺したり、滅ぼしたりするために来ます」とイエス様が仰いました。サタンは神様の御言葉を攻撃するだけでは気が済みません。彼はさらに深く、神様の性格をも攻撃するのです。5節では、イブに次の様に言っています。「神様はわかっているのです。その実を食べたら、善と悪の見分けがついて神様のようになってしまうってことを」

    What Satan is doing is attacking and destroying God’s goodness. What he is saying is, “You know why God gave you that command? He gave you that command because He wants to spoil your fun. He wants to keep you on a tight leash. He doesn’t want you to be free. He wants to deny your pleasures. He wants to show you He is in control. He knows that when you eat it you’ll be like Him and you’ll know good and evil. You’ll have experiences you can have in no other way. God’s got an ulterior motive, a hidden agenda, and it’s an evil one.”
    サタンは神様の善意を攻撃し、破壊しようとしています。彼はこの様に言っています。「神様はなんでそのように言ったかを知っていますか。それはあなたの楽しみを台無しにしたいからです。きつく束縛したいからです。自由にさせたくないからです。娯楽を楽しんで欲しくないからです。神様が全てをコントロールしているように見せたいからです。その木の実を食べたら神様のようになり、悪と善を理解できる様になることを知っているからです。素晴らしい経験が可能になるのです。だから、神様はそれを分かっていて「だめだ」と言ったのです。神様には隠れた目的があるのです。」

    Once you poison the well, all the water is poisoned. When you come to the place where you doubt God’s Word because you really doubt God’s goodness, then Satan has done his work. How easily we do that.
    井戸に毒を入れたら全ての水が毒されます。神様の善を疑い神様の御言葉を疑う様になると、サタンが現れて誘惑をします。私たちは意図も簡単にその様な状況に陥ってしまうのです。

    We adopt a wrong view that even when good things happen to us, we doubt God’s goodness. Something wonderful comes into your life, something unexpected, and you’re happy. Then, all at once there is that shadow that comes to your mind that before long it will be taken away. When you doubt God’s goodness, you’ll doubt His Word and you will see God restricting you and holding you back. The work of temptation is done.
    そして、良いことが起こっても神様の善を疑うようになってしまいます。予期せぬ素晴らしいことが起こり、とても幸せな気持ちになっても、急に心が暗い影に覆われ、その幸せがすぐに奪われてしまうのではないかと心配になってしまいます。神様の善を疑う時、神様の御言葉も疑うようになり、神様が自分を制限して束縛しているように感じてしまいます。誘惑の働きはこの様にして起こるのです。

    And so the writer tells us that at that moment, in verse 6, ” When the woman saw that the fruit of the tree was good for food and pleasing to the eye, and also desirable for gaining wisdom, she took some and ate it.” It now becomes pleasing to the eye. It becomes desirable because now she has listened to the lie of the Tempter and her senses take control.
    ですから、創世記の6節では「その実はとてもきれいで、おいしそうなのです。「あれを食べたら何でもよくわかるようになるんだわ。」女はそう思いながら見ていると、もう我慢できなくなり、とうとう実をもいで食べてしまいました。そばにいたアダムにも分け与えたので、彼もいっしょに食べました」と書かれています。つまり、サタンの嘘を聞き入れて、自らの欲望に従ってしまったのです。

    When you get God out of your life, when you come to question God’s Word and God’s goodness, then suddenly your senses come alive to what is evil and what was once out of bounds to you becomes the thing you desire and often the thing that will destroy you.
    神様を人生から外してしまう時、神様の善と御言葉を疑う時、急に自分の感覚が悪に目覚め「だめ」だと分かっていた物が欲しくなり、その欲望が自分を破壊してしまうのです。

    “Piece of fruit?” someone might say. “You’re not going to tell me that Eve sinned with a piece of fruit in a fruit orchard. You’re not going to tell me that’s why Adam sinned and that’s why murder came into their family. You’re not going to tell me a piece of fruit damned the race.”
    「ただの木の実が?」と言う人がいるかもしれません。しかし、皆さんは「ただの木の実でイブが罪を起こし、アダムも罪を起こし、そのことで家族に殺人が起こった。つまり、ただの木の実のせいでその祖先が永遠に呪われた」とは言わないですよね。

    No, not a piece of fruit. A disobedience to God’s Word, a distrust of God’s character. The fruit is out at the periphery; the sin is at the center. Whenever you come to deny or doubt the goodness of God, then at the point in which you struggle in your soul you’ll come to deny his Word.
    そうです、ただの木の実ではありません。神様の御言葉に対する不従順、神様に対する不信です。木の実は外側にあるだけで、中心には「罪」があります。あなたが神様の善を否定したり疑ったりするならば、自分の魂に苦闘が起こり、神様の御言葉を否定するようになります。

    Conclusion

    If Satan had come to Eve and said, “Look, just put your PIN here. Then, press Confirm that you are done with God,” she would never have done it. When Satan approaches he never comes dragging the chains that will restrain us. He comes bringing a crown that will flatter us. He comes recommending us pleasure, money, popularity, autonomy, pride. In fact, he never really talks about any consequences at all, just what will gratify our hearts. That’s where the trap is. The temptations that break us aim for the heart of God, at God’s integrity and God’s goodness. When we negate His goodness, we reject His Word. When we reject his Word, we do so at our own risk.
    もしサタンがイブの所にやってきて「ここに暗証番号入れて確認ボタンを押したらたらもうそれで終わりだよ」と言っていたらイブは絶対に断ったでしょう。サタンがくる時は、私たちを束縛する鎖を決して見せません。王冠を持ち、お世辞を言っておべっかを使ってやってきます。娯楽、お金、人気、自由とプライドを勧めてきます。実際に彼は、結果については何一つ話さず、ただ私たちの心の欲望を満たすことにしか触れません。そこに罠があります。私たちを破滅させる誘惑は神様の心を狙います。神様の誠実と善を狙うのです。私たちが神様の善を否定する時、私たちは神様の御言葉を拒否することになります。そしてそれは、自分でリスクを背負うことになるのです。

    Brothers and sisters, our faith is not mere morality. It’s not about toeing the line and keeping the rules. Christianity is a relationship with a God who loves you so much that He gave you His one and only Son. God loves you so much that He has accepted you as His child. He is the same God whose every gift is good and perfect. But we sin and fall when we doubt his goodness and thus disobey his Word.
    みなさん、私たちの信仰はただのモラル的なものではありません。ただ線に沿って歩いてルールを守ることではありません。キリスト教は自分を愛して下さる神様との関係です。その神様は唯一の息子をあなた達に与えて下さったのです。神様はあなたを愛しています、ですから自分の子として受け入れて下さったのです。神様の贈り物は全て素晴らしく完璧なものです。しかし、神様の善を疑い、御言葉に従わない時、私たちは罪を犯して堕落してしまうのです。

    Continue reading →