Latest Sermon
最新の礼拝メッセージ

  • The Church, Forgiveness and Eternal Life
    教会、ゆるしと永遠の命
    2019-09-08
    September 8th, 2019

    Minoh International Church
    Pastor Joseph Ricohermoso
    Ephesians 4:1~13 NIV
    エペソ人への手紙4:1-13

    Introduction

    The last part of the Apostles’ Creed reads like this:
    使徒信条の最後の部分にこのように書かれてあります。

    . . . the holy catholic church, the communion of saints, the forgiveness of sins, the resurrection of the body, and the life everlasting. Amen
    聖なる公同の教会、聖徒の交わり、罪のゆるし、からだのよみがえり、とこしえの命を信ず。アーメン

    To believe in Jesus Christ is to believe in and belong to a dynamic community that spans the centuries.
    イエス・キリストを信じることは何世紀に渡って存在し続けた活発的なコミュニティに所属しそれを信じることです。

    The Greek word ekklesia in the New Testament refers to the church as a group of people, an assembly, NOT a building. It literally means, “those who are called out.”
    新約聖書では「エクレシア」というギリシア語の単語は「教会」を人の集まりという意味を持っています。建物の意味ではありません。文字通りに訳すと「呼び集められた人々の集まりです」

    The church is not a static building but a dynamic pilgrim people who are constantly moving on in faith and obedience. They have been called out of darkness and called out of the world of sin.
    It includes those who have gone ahead of us (have died) and those who will follow (next generation of believers). It is a great fellowship of faith, spanning the ages and the continents.
    教会というのは動かない建物ではなく、すでに信仰と従順に前へ進んでいる活発な巡礼者のことです。彼らは罪の世界という暗闇から呼ばれ出したものです。それはすでに亡くなっている方ものちに続く信者も含めています。何世紀と全ての大陸にもわたる信仰の素晴らしい共同体です。

    When the Apostles’ Creed uses the term catholic, it means “according to the whole” or “universal.” In saying that the church is catholic we affirm that its message is valid and relevant to every age and every situation.
    使徒信条では「カトリック」という言葉は「全てによる」または「全世界」という意味を持っています。教会はカトリックであることの意味はそのメッセージが全ての時代と全ての状況にも正当で関連性のあるメッセージです。

    In several of his letters, Paul wrote of Christians’ essential unity that underlies a diversity of gifts for service.
    数多くの手紙ではパオロはサービス精神のための賜物の多様性を基盤としている欠かせないクリスチャンの結束力について書きました。

    1 As a prisoner for the Lord, then, I urge you to live a life worthy of the calling you have received.
    2 Be completely humble and gentle; be patient, bearing with one another in love.
    3 Make every effort to keep the unity of the Spirit through the bond of peace.
    4 There is one body and one Spirit, just as you were called to one hope when you were called;
    5 one Lord, one faith, one baptism;
    6 one God and Father of all, who is over all and through all and in all.
    7 But to each one of us grace has been given as Christ apportioned it.
    8 This is why it says: “When he ascended on high, he took many captives and gave gifts to his people.”
    9 (What does “he ascended” mean except that he also descended to the lower, earthly regions?
    10 He who descended is the very one who ascended higher than all the heavens, in order to fill the whole universe.)
    11 So Christ himself gave the apostles, the prophets, the evangelists, the pastors and teachers,
    12 to equip his people for works of service, so that the body of Christ may be built up
    13 until we all reach unity in the faith and in the knowledge of the Son of God and become mature, attaining to the whole measure of the fullness of Christ.

    Ephesians 4:1~13

    1 主に仕えたために、今こうして牢獄につながれている私からお願いします。このようにすばらしい神の祝福を受けるために選ばれたあなたがたは、それにふさわしく生活し、行動してください。
    2 謙遜で柔和な人になってください。愛をもって互いの欠点を思いやり、互いに忍耐してください。
    3 御霊によって心を一つにされるよう常に努力し、互いに仲良く暮らしなさい。
    4 私たちはみな、一つの体の各器官です。だれもが同じ御霊を与えられ、同じ輝かしい未来へと招かれています。
    5 また、私たちの主はただ一人であり、信仰も一つであり、バプテスマ(洗礼)も一つです。
    6 そして、私たちすべての上に立ち、すべての中に宿り、各器官である私たちを貫いて生きておられる、神であり父である方は一つです。
    7 けれども、キリストは私たち一人一人に、それぞれ賜物を与えてくださいました。ご自分の豊かな賜物の宝庫から、お心のままに与えてくださったのです。
    8 聖書の詩篇の作者は、こう言っています。「(キリストは)復活してサタンに打ち勝ち、勝利を得て天に帰られた時、人々に惜しみなく賜物をお与えになった。」
    9 ここで、キリストが「天に帰られた」という点に注意してください。つまり、最初は天の一番高い所におられたのに、地の一番低い所に下られたことを意味します。
    10 この下って来られた方が、天に帰られたのです。それは、キリストが、底辺から頂点に至るまで、あらゆる点であらゆるものを満たすためなのです。
    11 さてこうして、ある者には使徒としての賜物が与えられ、ある者にはすぐれた説教者としての賜物が与えられました。また、キリストを救い主として信じるように人々を指導する賜物を受けた者もいれば、羊を見守る羊飼いのように、神の民となった人たちの世話をし、教え導く力を受けた者もいます。
    12 なぜこのように、それぞれに賜物が与えられたのでしょうか。それは、神の民となった人々が、神のためによりよく働けるよう整え、キリストの体である教会を、力にあふれた、完成した状態へと建て上げるためです。
    13 そしてついに、私たちは、救いについて、また救い主である神の子につ

    エペソ人への手紙 4:1-13 Japanese Living Bible (JLB)

    1. Our commonalities as Christians – vv.1~6
      クリスチャンのしての共通性

    According to this Scripture, Christian believers have these things in common:
    今日の聖書の箇所からクリスチャンには次のような共通性があります

    Calling you have received (v.1), just as you were called to one hope when you were called (v.4)
    すばらしい神の祝福を受けるために選ばれたあなたがた。

    One body and one Spirit, one hope (v.4)
    私たちはみな、一つの体の各器官です。だれもが同じ御霊を与えられ、同じ輝かしい未来へと招かれています。

    One Lord, one faith, one baptism (v.5)
    私たちの主はただ一人であり、信仰も一つであり、バプテスマ(洗礼)も一つです

    One God and Father of all (v.6)
    そして、私たちすべての上に立ち、すべての中に宿り、各器官である私たちを貫いて生きておられる、神であり父である方は一つです。

    We are exhorted to “keep the unity of the Spirit through the bond of peace” (v.3)? Let’s remember that it is not only an ideal that we must aim for, but it’s practical. There are actual ways for this unity to be kept.
    クリスチャンとしてパウロに「御霊によって心を一つにされるよう常に努力し、互いに仲良く暮らしなさい」 をするように強く忠告されています。これは理想ではなく現実な忠告です。この結束を保つ実践的な方法があります。

    Be completely humble and gentle; be patient, bearing with one another in love. (v.2)
    謙遜で柔和な人になってください。愛をもって互いの欠点を思いやり、互いに忍耐してください。

    1. Unity in diversity – vv.7~11
      多様性の中の一致

    After building a strong case for unity in verses 1~6, Paul abruptly switches to ways Christians differ in verses 7~11. According to this Scripture, how are Christians dissimilar even in unity?
    パウロは1〜6節に一致することについて触れたのち、7〜11節に唐突にクリスチャンの多様性について書いています。聖書によればクリスチャンはどのようにその多様性を持ちながら一致を保っているのでしょう。

    But to each one of us grace has been given as Christ apportioned it (v.7)
    7 けれども、キリストは私たち一人一人に、それぞれ賜物を与えてくださいました。ご自分の豊かな賜物の宝庫から、お心のままに与えてくださったのです。

    So Christ himself gave the apostles, the prophets, the evangelists, the pastors and teachers (v.11)
    11 さてこうして、ある者には使徒としての賜物が与えられ、ある者にはすぐれた説教者としての賜物が与えられました。また、キリストを救い主として信じるように人々を指導する賜物を受けた者もいれば、羊を見守る羊飼いのように、神の民となった人たちの世話をし、教え導く力を受けた者もいます。

    There are diverse gifts as Christ has given them. As such, we can also expect diversity of expressions in the way they are put to use.
    イエス様に与えられた多様性の賜物があります。従ったその多様性の賜物を表すにも様々な方法があります。

    For example, what are your attitudes toward Christians who belong to groups or denominations different from ours? Are you aware of the many denominations within Christendom?
    例えば、自分らのクリスチャン宗派と違った宗派に所属クリスチャンに対してどのような気持ちを持っているのでしょうか。クリスチャンの中でも存在する様々な宗派をご存知ですか。

    We can talk about the different denominations separately because of time constraint. But, just to give you an idea, we can divide the major denominations into two (2) categories, namely: liturgical and non-liturgical.
    それぞれの宗派について説明する時間はないので、簡単にまとめると大きく二つの宗派に分けれます。それは「典礼派」と「非典礼派」です。

    The liturgical churches include: the Roman Catholics, Orthodox churches, Lutherans, Anglicans, Presbyterians and Methodists.
    典礼派の教会に所属するのは「ローマカトリック」「東方正教会」「ルター派」「英国国教会」「長老派」と「メソジスト教会」

    The non-liturgical churches include: Anabaptists, Congregational churches, Baptists, Churches of Christ, Adventists and Pentecostals.
    非典礼派には「再洗礼派」「会衆派」「バプテスト派」「キリストの教会」「再臨派」と「ペンテコステ派」 

    Which aspects of your beliefs and their beliefs feel most divisive, and which feel most unifying? Is it their mode of baptism? The way they do the Lord’s Supper? Leadership structure? Etc.?
    どの信念において違いを感じますか。どの点において結束を感じますか。洗礼の仕方ですか。聖餐式のやり方ですか。リーダーシップ構造ですか。

    The disunity of churches does not deny the fact that the church is one. There are many different churches or denominations, yet to the extent that these are genuinely Christian, they are all part of the one church.
    これらの教会における違いは「全教会に単一性」があることを否定していません。確かにたくさんの宗派の教会は存在しますが、真のクリスチャンである限り全てが単一の教会に所属しています。

    And the church’s message is valid and relevant to every age. It is not as if there were one church with a message suited to the 2nd century and another with a message suited to the 21st. The same church, throughout all ages and across the world, seeks to apply the same gospel in any situation it may happen to meet.
    そして教会のメッセージは全ての時代において正当で関連しています。2世紀に正当した教会が21世紀に正当ではないということはありません。どんな時代においても同じ教会が同じ福音のメッセージをどんな状況にも伝えてきたのです。

    The Scripture passage expresses what the Apostles’ Creed calls, “the communion of saints.”
    今日の聖書の箇所は使徒信条でいわゆる「聖徒の交わり」の部分を表している。

    To declare that we believe in “the communion of saints” does not mean that we believe in a holy club; it means that we believe in a holy God who has called us as individuals into a community, within which His work of renewal and regeneration can take place.
    「聖徒の交わり」を信じるということはある聖なるクラブを信じているということではありません。私たち個人個人を一つのコミュニティーに呼んでくれた聖なる神様を信じているという意味です。そのコミュニティの中で神様が導く人生の更新と再生は行います。

    Communion is the old English word for fellowship, and it identifies a key role of the church. Among its many functions the church is there to support its members.
    「Communion」という英語単語は「Fellowship」という単語の古い言い方です。この「Communion」つまり親交は教会の役割を確認しています。多くの役割の中教会はそのメンバーをサポートするという大きな役割があります。

    At one level it means “sharing joys and sorrows.” But fellowship operates at another level as well, the level of material goods and wealth. It is a reminder of the need for mutual commitment within the Christian fellowship.
    一つのレベルではそれは「喜びも悲しみも分かち合う」という意味ですが親交はまた違うレベルでも躍動します。それは富と物質の分かち合いです。それはクリスチャンの親交においてのお互いへの献身の必要性を思い出させます。

    The word saint just means “someone who is holy.” Christians are holy not because of anything we are in ourselves, but because of the One who has called us. God’s holiness can be reflected in our lives, even if we ourselves are sinners.
    「聖人」という単語には「聖なる人」という意味しか込めてありません。

    1. Forgiveness of sins
      罪のゆるし

    The creed expresses belief in “the forgiveness of sins” with no attempt to explain the idea or elaborate on it. Yet in this Scripture passage we see the idea of reconciliation between God and human beings with a single word: CALLED. It connotes the idea of being welcomed and invited to a new relationship with God.
    使徒信条では「罪のゆるし」を信じと書いてありますがそのことの説明はありません。しかし今日の聖書の箇所では神様と人間の間の「和解」とい概念を一単語で表しています。それはCalled「呼ばれた」です。それは神様との新しい関係へと招待されて呼ばれているという意味です。

    Forgiveness of sins is perhaps the most powerful and familiar concept used to explain the significance of Christ’s death and resurrection for believers.
    信者にとってイエス様の死と復活の最も重要な意味は罪の許しにあります。

    Forgiveness of sins may be regarded as a legal concept involving the remission of a penalty or debt.
    法律的に考えると罪の赦しはある罰則や罰金を免除されるという意味になります。

    Whatever penalty was due for human sin has been fully met by the obedient death of Christ on the cross.
    人間の罪の罰はイエス様の死によって免除されたのです。

    Forgiveness is also closely related to the idea of reconciliation.
    赦しは和解と緊密な関連を持っています。

    Forgiveness is what is necessary for a personal relationship to be restored to its former state after a hurtful disagreement or misunderstanding. Our sin separates us from God. The creed, however, affirms a central and joyous insight of the New Testament—this barrier can be and has been broken down by God.
    誤解や相違をもとの状況に戻すには許しが必要です。私たちの罪は神様とのつながりを破ってしまったのです。使徒信条は新約聖書の重要な教えを再確認しています。それは神様とのバリアを破れることは可能ですし、神様によって破れました。

    1. Resurrection and life everlasting – vv.7~11
      復活と永遠の命

    Verses 7~10 affirm that Christ ascended in triumph and lives forever.
    7〜10節はイエス様が昇天して永遠に生きていることを確認しています

    The Greek language, in which the New Testament was written, has two words for life. One is bios [the root of biology] and it means, “mere biological existence”; the other is zoe [the root of zoology] which means, “life in all its fullness.”
    新約聖書が書かれたギリシア語には命を表す二つの単語があります。一つは「bios」で、「生物的に生きている」という意味です。もう一つは「zoe」でその意味は「満ち溢れた命」です。

    What we are being offered is fullness of life as what our Lord Jesus said in John 10:10.
    私たちに提供されているのは「満ち溢れた命」です。ヨハネによる福音書10:10

    “The thief (Satan) comes only to steal and kill and destroy; I (Jesus) have come that they may have life, and have it to the full.”

    John 10:10

    強盗は、盗んだり、殺したり、滅ぼしたりするために来ます。しかしわたしが来たのは、いのちをあふれるほど豊かに与えるためです。

    ヨハネの福音書 10:10 JLB

    It is something that not even death itself can destroy. We are not being offered an endless extension of our biological existence but rather a transformation of that existence.
    それは「死」も破壊できるものではありません。提供されているのは「生物としての命」の延長ではなくその命の変形なんです。

    Eternal does not mean “throughout all time”; it means “outside time.” Eternal life means life with God, outside the confines of space and time.
    永遠は「時間を通してずっと」という意味ではありません。「時間を超えた」という意味です。「永遠の命」は神様と過ごす時間です。その時間は空間と時間の制限から解放された時間です。

    Eternal life is not something that lies totally in the future. We can begin to experience it now. While eternal life in all its fullness is something we can only hope to gain in the age to come, we are able to gain a foretaste of it now. Eternal life is inaugurated, though not fulfilled, in our present life as believers.
    永遠の命は完全に未来に存在するものではありません。今ここでも経験できるものです。満ち溢れた永遠の命はいつか経験するものですがその前触れは今も経験できます。永遠の命は今にスタートしますが現在の人生では完全に満たされません。

    Conclusion/Application

    We belong to the one body of Jesus Christ. We must not see other churches as our competition, but rather nurture our connection with them. Pray that your God-given gifts of service will be used to build up Christ’s church.
    私たちは「イエス・キリスト」という一体に所属しています。他の教会は競争相手としてみてはいけません。その一方他の教会とともに成長して関連を持つべきです。神様から与えられた賜物はキリストの教会に役に立てるように祈りしましょう。

    We have been called and reconciled to God. We have been forgiven of our sins. Let’s no longer continue to live with guilt, but joyfully pursue the transformed life He has given to us. That is, to honor and glorify Him.
    私たちは神様に呼ばれ神様に和解されている。私たちの罪は許されている。罪の重みを背負って生きることをやめましょう。与えられた新しい命を喜びながら生きましょう。神様に名誉と栄光を与えられる人生を送りましょう。

    Continue reading →