Latest Sermon
最新の礼拝メッセージ

  • Contrasting Threads
    「糸のコントラスト」
    2020-01-12
    January 12th, 2020

    Minoh International Church
    Pastor Joseph Ricohermoso
    Psalm 90
    詩篇 90

    Introduction

    The current Guinness World Records title holder as the oldest living person is a Japanese woman named, Kane Tanaka. She celebrated her 117th birthday at a nursing home in Fukuoka City last Sunday (January 5, 2020). She was born in 1903, the same year that Bob Hope, John Dillinger and George Orwell were born, and Albert Einstein got married.
    現在のギネス世界記録の最年長者としての記録保持者は、タナカ カネという日本人女性です。彼女は先週の日曜日(2020年1月5日)に福岡市の老人ホームで117歳の誕生日を迎えました。彼女はボブ・ホープ、ジョン・ディリンジャー、ジョージ・オーウェルが生まれた年、そしてアルバート・アインシュタインが結婚したのと同じ年の1903年に生まれました。

    You might wonder and ask: “How long can a person live?”
    これを聞いてあなたは「人はどれくらい生きることができるの?」と疑問に思うかもしれません。

    1. There seems to be a 120-year age limit on humanity.
      人類は120年まで生きることができるそうです。

    Then the Lord said, ‘My Spirit will not put up with humans for such a long time, for they are only mortal flesh. In the future, their normal lifespan will be no more than 120 years.’

    Genesis 6:3

    そこで主は言われた、「わたしの霊はながく人の中にとどまらない。彼は肉にすぎないのだ。しかし、彼の年は百二十年であろう」

    創世記 6:3

    It must be said, however, that Genesis chapter 11 records several people living past the age of 120. But as a general rule, people will no longer live past 120 years of age. It is the approximate age that an especially healthy and blessed person could expect to last.
    ただし、創世記11章には、120歳を超えて生きる数人の人が記録されています。しかし、人は120歳以上生きることはできないのです。特に健康に恵まれた人が生きることができると予想できるおおよその寿命が120歳だと言われています。

    1. Several hundred years after the great flood recorded in Biblical history, Moses declared:
      聖書の歴史に記録された大洪水の数百年後、モーセは次のように宣言しました。

    Seventy (70) years are given to us! Some even live to eighty (80). But even the best years are filled with pain and trouble; soon they disappear, and we fly away.

    Psalm 90:10

    われらのよわいは七十年にすぎません。あるいは健やかであっても八十年でしょう。しかしその一生はただ、ほねおりと悩みであって、その過ぎゆくことは速く、われらは飛び去るのです。

    詩篇 90:10

    Many people say, “Time flies so fast.” I’d rather say, “Time stays; we fly away.”
    多くの人は、「時間が非常に速く経つ」と言いますが、私はむしろ、「時間が急いで過ぎてゆくのではなく、私たちが急いでいるのだ。」と言いたいと思います。

    Neither Genesis 6:3 nor Psalm 90:10 are God-ordained age limits for humanity.  Psalm 90:10 is simply stating that as a general rule, people live 70~80 years (which is still true today).
    創世記6章3節も詩編90章10節も、そこに書かれている人類の寿命は、神が定めたのではありません。詩篇90章10節は、一般的に、人々は70〜80年生きていると述べています。これは、今日(こんにち)でも同じです。

    Well, there is a new method in science called, cryonics. Cryopreserving is low-temperature freezing and storage of humans and animals with the intention of future revival. Even if this human experiment is fulfilled, a person still will have to experience death, cryopreserving and then, revival.
    さて、科学にはクライオニクスと呼ばれる新しい方法があります。クライオニクスとは、人体冷凍保存のことです。人体凍結保存とは、将来の再生を目的とした、低温凍結による人間と動物の体の貯蔵方法です。たとえ、このような人間の凍結実験が達成されたとしても、人は死、凍結保存、そして再生を経験しなければなりません

    No matter how long we live physically, even with the aid of advances in medical science, there is a question that needs to be answered: How do we spend our time on this earth? Why are we here? It delves with the issue of our purpose and the meaning of our individual existence.
    医学の進歩の助けを借りても、物理的にどれだけ長く生きていても、考えなければならない疑問があります。「この地上で私たちに与えられた時間をどのようにいきるのか?」「私達はどうしてここにそんざいするのだろうか?」それらの質問は、私たちの生きる目的と私たちの一人一人の存在の意味を考えさせられます。

    The prayer of Moses as recorded in Psalm 90 will give us some insights not only to his heart’s desires but also about his understanding about human life.
    詩篇 90章に書かれているモーゼの祈りを読むと、モーゼの心の願望だけでなく、人間の人生についての彼の理解についても知ることができます。

    What can we learn from the prayer of Moses?
    モーセの祈りから何を学ぶことができますか?

    1. We learn about the eternal nature of God – verses 1~2
      神の永遠の性質について学ぶ– 1節から2節

    Verses 1~2 declare,
    詩篇90章1節、2節には次のように書かれています。

    1 Lord, you have been our dwelling place throughout all generations. 2 Before the mountains were born or you brought forth the whole world, from everlasting to everlasting you are God.

    Psalms 90:1-2

    1 主よ、あなたは世々われらのすみかでいらせられる。2 山がまだ生れず、あなたがまだ地と世界とを造られなかったとき、とこしえからとこしえまで、あなたは神でいらせられる。

    詩篇 90:1-2

    All life originates from God. He alone has existed before space-time began. Likewise, He is eternally existent, without end, and is self-sustaining. It means that we are utterly dependent on His protection and sustenance. He knows all about us and what we will become.
    すべての生命は神から始まります。時空が始まる以前は、神だけが存在していました。同様に、神は終わりなき永遠の存在であり、完全な存在でおられました。そのことは私たち人間が、神に守られ、生かされていることを意味します。神は私たち一人一人を知っておられ、そして私たちの人生がどうなるかを知っておられます。

    1. We learn about the fragile nature of humanity – verses 3~6
      人類の脆弱な性質(もろい性質)について学ぶ-3−6節

    Verse 5 says,
    5節では次のように書かれています。

    Yet you sweep people away in the sleep of death — they are like the new grass of the morning.” It means that our time on earth is short, just like grass.

    Psalms 90:5

    あなたは人を大水のように流れ去らせられます。彼らはひと夜の夢のごとく、あしたにもえでる青草のようです。

    詩篇 90:5

    Someone told this joke to show how short it is. It’s only comprised of 3 or 4 life stages.
    誰かが次のような冗談を言って、人間の生涯がどれほど短いかを示しました。私たちの人生は3つか4つの段階しかないそうです。

    The 3 stages of man: (1) He believes in Santa Claus. (2) He doesn’t believe in Santa Claus. (3) He is Santa Claus. Oh, but don’t forget the 4th stage…. (4) He LOOKS like Santa Claus.
    まず人生の3つの段階を説明します。第一段階。彼はサンタクロースを信じています。 第二段階。彼は大人になったのでもうサンタクロースを信じていません。 第三段階。彼は子供ができたので、自分が子供のサンタクロースになりました。そして、第4段階を忘れないでください…最後に。彼は歳をとってしまったので、サンタクロースのような老人になりました。

    Seriously, the real tragedy of life is NOT that it ends so soon, but that we wait so long to begin it. Real life begins with God. Get to know Him and give Him first place in your life.
    真面目な話に戻りましょう。人生の本当の悲劇は、人生がすぐに終わるということではなく、私たちが本当の人生を始めるまでにとても長い時間がかかるということです。本当の人生は神から始まります。神を知り、神を第一に考えて人生を送りましょう。

    1. We learn about humanity’s sinful nature and his failings before a perfect God – verses 7~8
      完全な神を前にして、人間の罪深い性質と失敗について学ぶー7-8節

    We are consumed by your anger and terrified by your indignation. You have set our iniquities before you, our secret sins in the light of your presence.

    Psalm 90:7-8

    7 われらはあなたの怒りによって消えうせ、あなたの憤りによって滅び去るのです。8 あなたはわれらの不義をみ前におき、われらの隠れた罪をみ顔の光のなかにおかれました。

    詩篇 90:7-8

    Not only that God is eternal, He is also perfect in knowledge (He knows even our secrets) and perfect in character. He is holy! He brings to light all our iniquities and sins.
    神は永遠であるだけでなく、完全な知識を持っており、神は私たちの秘密さえも知っておられます。神は、性格も完璧です。何より、彼は神聖です。神は私たちのすべての不義と罪を明らかにします。

    Iniquities are things we do without regards for the holy law of God. In other words, transgressions, wickedness or unrighteousness. It is crossing the moral and spiritual line or boundary that God has set.
    不道徳とは、私たちが神の聖なる律法に従わずに行動することです。言い換えれば、違反、邪悪、または不義。それは、神が定めた道徳的および霊的な境界線を越えてしまった状態を言います。

    Sins are not only the wrong doing we commit, but the fact that we cannot satisfy God’s holy standard. As the Bible says…
    罪とは、私たちが間違いをおかしてしまうだけでなく、神の聖なる基準を満たすことができなかったという事実です。ローマ人への手紙3章23節では次のように書かれています。

    For everyone has sinned; we all fall short of God’s glorious standard.

    Romans 3:23

    すなわち、すべての人は罪を犯したため、神の栄光を受けられなくなっており

    ローマ人への手紙 3:23

    Yes, there is a divine standard and we don’t pass the quality check. We are rejects by virtue of our sins. Left to ourselves, we are unfit to stand in God’s presence. We are all guilty before Him.
    神の神聖な基準はあります。私たちは品質検査に合格していません。私たちは罪がゆえに拒絶されてしまいます。私たちは神の御前に立つのにはふさわしくありません。私たちは皆、神の前では罪人です。

    Thankfully, there’s One who satisfies God’s standard and He has given His life to raise us up. His name is Jesus Christ.
    ありがたいことに、神の基準を満たせるように私たちを育てるために、自分の命を与えてくださった方がいます。彼の名前はイエス・キリストです。

    For Christ also suffered once for sins, the righteous for the unrighteous, to bring you to God.

    1 Peter 3:18

    キリストも一度罪のために死なれました。正しい方が悪い人々の身代わりとなったのです。それは、肉においては死に渡され、霊においては生かされて、私たちを神のみもとに導くためでした。 

    ペテロの手紙第一 3:18

    1. We learn about how short life is for humans in comparison with God’s eternal existence – verses 9~12.
      神の永遠の存在と比べて、人間の人生がどれほど短いかを学ぶ ―詩篇9〜12節

    Moses says,

    Our days may come to seventy years, or eighty, if our strength endures; yet the best of them are but trouble and sorrow, for they quickly pass, and we fly away

    Psalm 90:10

    われらのよわいは七十年にすぎません。あるいは健やかであっても八十年でしょう。しかしその一生はただ、ほねおりと悩みであって、その過ぎゆくことは速く、われらは飛び去るのです。

    詩篇 90:10

    This verse also teaches an existence after death. We do not just “end”; rather, we “fly” to somewhere else. The Bible makes it clear that the grave is not human’s final destiny.
    この聖句は死後のことも教えてくれています。私たちは「命を終える」だけではありません。むしろ、私たちはどこかに「飛び去る」のです。聖書は、墓が人間の最終的な終着地点ではないと言っています。

    There is heaven, for those who know God and have trusted Him for their salvation. And, hell, for those who refuse to turn away from their sins and reject His offer of forgiveness through Jesus Christ.
    神を知り、救いのために神を信じている人々のために、天国があります。そして、罪から離れることを拒否し、イエス・キリストによる神の赦しを拒む人々には、地獄があります。

    Verse 12 adds the lesson we should glean from the brevity of earthly life:
    第12節では、地上の生命の短さがゆえに、私たちが学ぶべき教訓を伝えてくれています。

    Teach us to number our days, that we may gain a heart of wisdom.

    Psalms 90:12

    われらにおのが日を数えることを教えて、知恵の心を得させてください。

    詩篇 90:12

    1. We learn about Moses’ prayer for God’s grace upon His people — verses 13~17.
      モーセの祈りから、神の恵みが神の人々にあることを学ぶ – 13~17節

    Verse 17 concludes,
    17節では次のように締めくくられています。

    May the favor of the Lord our God rest on us; establish the work of our hands for us— yes, establish the work of our hands.

    Psalms 90:17

    われらの神、主の恵みを、われらの上にくだし、われらの手のわざを、われらの上に栄えさせてください。われらの手のわざを栄えさせてください。

    詩篇 90:17

    Without God, our work amounts to nothing. But, with God we’ll understand how beautiful life is, even with its accompanying difficulties and challenges.
    神がいなければ、私たちの働きは何の意味も持ちません。しかし、神と一緒であれば、私たちは人生に起こる困難や難問を含め、人生がどれほど美しいかを理解することができます。

    Some years ago, Ravi Zacharias (a well-known Christian apologist) was visiting a place known for making the best wedding saris in the world. They were the producers of saris rich in gold and silver threads, resplendent with an array of colors. With such intricacy of product, he was expecting to see some elaborate system of machines that would boggle the mind in production. But this image could not have been further from the real scene. He described what he saw in this way:
    ラビ・ザカリアスは、インド生まれのカナダ系アメリカ人キリスト教の謝罪者です。数年前、ラヴィ・ツァハリアスは、世界最高級の結婚式のサリーというドレスを作ることで有名な場所を訪れていました。彼らは金と銀の糸が豊富なサリーの生産者であり、色の配列には素晴らしいものでした。製品がそれほどに複雑で美しいので、彼は、心を揺るがすような精巧な機械や生産工程を見ることができるのだろうと期待していました。しかし、次の画像は、事実からはそう外れていないと思います。彼は次のように、そこで見たことを説明しました。

    Each sari was made individually by a father-and-son team. The father sat above the son on a platform, surrounded by several spools of thread that he would gather into his fingers. The son had only one task. At a nod from his father, he would move the shuttle from one side to the other and back again. This would then be repeated for hundreds of hours, until a magnificent pattern began to emerge.
    それぞれのサリーは、父と息子のチームによって作らていました。父親は、息子の頭上に腰かけて、自分の指に絡めたいくつかの糸に囲まれていました。息子にはその1つの仕事しかありませんでした。父親が合図でうなづくと、息子は下糸を一方から他方に動かし再び戻します。その後、これが数百時間繰り返され、サリーの布地の壮大なパターンが見え始めました。

    The son certainly had the easier task. He was only to move at the father’s nod. But making use of these efforts, the father was working to an artful end. All along, he had the design in his mind and was bringing the right threads together.
    息子は確かに簡単な仕事を担っていました。彼は父親のうなずきを合図に、動くだけでした。しかし、このように、父親は目的を持って、巧に働いていました。父親はずっと頭の中にデザインを考えながら、必要な糸を動かしていたのでした。

    The more I reflect on my own life and study the lives of others, I am fascinated to see the design God has for each one of us individually, if we would only respond. All through our days, little reminders show the threads that God has woven into our lives.
    自分の人生を振り返ったり、他の人たちの人生を見れば見るほど、神が、私たち一人一人に個別に与えてくださっているデザインに魅了されます。私たちの日々を通した小さな思い出は、神が私たちの人生に織り込んだ糸なのです。

    Then, he goes on to share a story from his own life.
    そして、ラビ・ザカリアスは自分の人生について話しました。

    As one searching for meaning in the throes of a turbulent adolescence, I found myself on a hospital bed from an attempted suicide. It was there that I was read John 14:19, and my attention was fully captured by what Jesus said to His disciples: “Because I live, you also will live.” I turned my life over to Christ that day, committing my pains, struggles, and pursuits to His able hands.
    当時、乱気流のような青年期の苦しみの中で人生の意味を探していた私は、自殺未遂で病院に運ばれました。ある日、自分は病院のベッドで目が覚めました。そこで誰かが私にヨハネの福音書14章19節を読んでくれました。イエスが弟子たちに言われたこと、「わたしが生きるので、あなたがたも生きるからである。」という箇所が読み上げられた時、私は完全に神の者となりました。その日から、自分の痛みや苦悩を神の手に委ねることにしました。

    Almost thirty years to the day after this decision, my wife and I were in India and decided to visit my grandmother’s grave. With the help of a gardener we walked through the accumulated weeds and rubble until we found the stone marking her grave. With his bucket of water and a small brush, the gardener cleared off the years of caked-on dirt.
    そのように決意して以来、約30年後のある日のことです。妻と私はインドにいて、祖母の墓を訪れることにしました。私たちは、庭師の助けを借りて、蓄積された雑草と瓦礫の中で祖母の墓石を見つけることができました。バケツの水と小さなブラシで、庭師は何年も固まった汚れを掃除してくれました。

    To our utter surprise, under her name, a verse gradually appeared. My wife clasped my hand and said, “Look at the verse!” It read: “Because I live, you also will live.”
    掃除をしていると、驚いたことに、祖母の名前の下にある詩が徐々に現れ始めました。妻は私の手を握って、「この詩を見てください。」と言いました。そこには「わたしが生きるので、あなたがたも生きる」と書かれていたのでした。

    If an ordinary weaver can create out of a collection of colored threads a garment that will beautify the face, can the Grand Weaver not have a design in mind for you, a design that will adorn you, as He uses your life to fashion you, using all the threads He has within His reach? A purposeful design emerges when the Father weaves a pattern from what to us may often seem disparate threads.
    平凡な織り手が色の付いた糸のコレクションから美しく衣服を作れるなら、素晴らしい織り手は、あなたのためにあなたの人生を使ってあなたを飾るデザインを作ってくれます。神は自分の手の届く、ありとあらゆる糸を私たちのために使ってくれるでしょうか?私たちの父である神が私たちの人生に絵柄を織り込むと、目的を持ったデザインが生まれます。

    Conclusion

    In Psalm 90 Moses directs our attention to God’s greatness, our human weakness, and our need for the Lord to provide grace for our daily needs. We are to seek wisdom and to live each day to its fullest for the glory of God. Of great importance is Moses’ emphasis to “number our days.” While this poetic psalm may not literally mean we are to count each day by number, it does focus on the need to live every day for maximum impact. For every day is a gift from God.
    詩篇90編では、モーセは、神の偉大さ、人間の弱さを教えてくれています。そして、私たちには、日々の人生に恵みを与えてくれる主が必要なことを教えてくれます。私たちは神の知恵を求め、神の栄光のために毎日を精一杯生きる必要があります。 モーセが「私たちの日数を数える」ことを言っているのは大切なことです。なぜなら、この一日一日は神からの贈り物だからです。

    In the Kung Fu Panda movie:
    これは、カンフーパンダという映画です。

    The protagonist Panda is having a conversation with the venerable Turtle, who exudes wisdom. He said, “Yesterday is history. Tomorrow is a mystery, but TODAY is a gift. That’s why it’s called the PRESENT.”
    主人公のパンダは、知恵を持つ偉い亀と会話しています。亀はこう言います、「昨日は歴史です。明日は謎ですが、今日は贈り物です。それが現在のことをプレゼントと呼ぶ理由です。」

    The apostle Paul wrote,
    使徒パウロは次のように書いています。

    Be very careful, then, how you live—not as unwise but as wise, making the most of every opportunity, because the days are evil.

    Ephesians 5:15–16

    そこで、あなたがたの歩きかたによく注意して、賢くない者のようにではなく、賢い者のように歩き、今の時を生かして用いなさい。今は悪い時代なのである。

    エペソ人への手紙 5:15-16

    God calls us to use every moment of every day to honor Him.
    私たちは、毎日のあらゆる瞬間を使って神をうやまうように召されているのです。

    Continue reading →