Latest Sermon
最新の礼拝メッセージ

  • Readiness
    用意ができていること
    2018-07-08
    8 July, 2018

    I remember many years ago when I was a young single man working for Kumon, I was invited to attend an enormous formal sit-down dinner attended by about 3000 people. I was looking forward to this as I had been working very hard and I felt I deserved a sumptuous meal away from responsibility.
    まだ独身で若かった頃、くもんで働いていた時のことです。3000人ほどが出席する盛大な着席形式のディナーに招待されました。真面目に働いていたし、仕事から離れて豪華な食事をいただくのは当然の報いだと感じていたので、楽しみにしていました。

    Unfortunately, things didn’t pan out the way I had imagined. During the proceedings, one of the directors of the company whom I had been working under, took to the stage unannounced and declared that one of the company’s foreign staff were here that evening and that he was now going to explain his work to everyone – oh, and that he also has fabulous Japanese.
    残念ながら、想像していたこととは違いました。ディナーの途中で、私が働いていた会社の重役の一人が予告なしにステージに上がり、その夜そこに出席している外国人スタッフが皆さんに彼がしている仕事を説明すると宣言しました。それにその人は日本語が達者だとも言いました。

    There was rapturous applause. I was wondering who he was talking about. He then called my name. I took to the stage completely unprepared and had a microphone shoved in my face.
    拍手喝采となり、私は誰のことを言っているんだろうかと思いました。そしたら彼は私の名前を呼びました。全く準備ができてない状態でステージに上がり、マイクを目の前に突きつけられました。

    I was really taken aback but did the only thing I could do at the time: I winged it. I just made it all up and three minutes later I left the stage to more rapturous applause and a line of middle aged women waiting to introduce me to their daughters.
    不意をつかれてびっくりでしたが、その時にできる唯一のことをしました。即興でその場をしのぎました。うまく作り話をしたら、その3分後にはもっと拍手喝采となり、娘を私に紹介したがっている中年の女性の列ができていました。

    Sometimes in life, you’ve just got to wing it. And sometimes you can even get away with it. But the point of this story is that while you might be able to get away with winging it in front of people, you can’t get away with winging it before God. This is because people look at the outward appearance, and God only looks at the heart. People might listen to the words, but God listens to the cries of the heart. People can be fooled. God can’t be fooled.
    人生には即興でやらなければならない時があります。それでうまく逃げ切れるときもあります。でも私がこの話で言いたいことは、人前で即興でやってうまく逃げ切れたとしても、神の前ではそういうわけにはいきません。それは人は外見を見るが、神は心を見るからです。人は話された言葉を聞きますが、神は心の叫びを聞きます。人はだまされますが、神はだまされません。

    Today I want to talk about readiness with God. I want to talk about it because it’s such an important topic and because it’s something that you just can’t fake.
    今日は神との用意ができていることについて話したいと思います。とても重要なトピックで、ごまかせないことなので、話したいと思います。

    It’s said that there are three experiences in life that ready [verb] a person to meet with and to walk more deeply with God: times of trial, times of transition, and times of trauma. Scripture testifies to this (see Romans 5:3-5) and experience proves it to be true. People often come to Christ during these times and more people typically deepen their faith at these times, too.
    人が神と出会い、神とより深く歩むようにさせる3つの経験が人生にはあると言われています。
    試練の時、移行の時、トラウマの時。聖書はこれを証明していますし(ローマ5:3-5)、経験からそれが本当であることが分かります。そのような時に人はキリストを信じるようになることが多く、そのような時により多くの人の信仰が深まる傾向にもあります。

    One of the scariest things Jesus ever said is found in Matthew 7:22-23:
    イエスが言ったことの中で恐ろしいことの一つが、マタイの福音書 7:22-23にあります。

    Many will say to me on that day, ‘Lord, Lord, did we not prophesy in your name and in your name drive out demons and in your name perform many miracles?’ Then I will tell them plainly, ‘I never knew you. Away from me, you evildoers!’
    Matthew 7:22-23

    最後の審判の時、多くの人が弁解するでしょう。『主よ、主よ。私たちは熱心に伝道しました。あなたのお名前を使って悪霊を追い出し、すばらしい奇跡を何度も行ったではありませんか。』 しかし、わたしはこう宣告します。『あなたがたのことは知らない。ここから出て行きなさい。あなたがたがしたのは悪いことばかりではありませんか。』
    マタイの福音書 7:22-23

    Despite appearances, you can’t fake readiness with God. If you’re not ready, then you’re not known by God. If you’re not known, you’re out.
    外見がどんなによくても、神との用意ができているふりはできません。用意ができていないのであれば、神はあなたのことを知りません。神があなたのことを知らないのであれば、神の御国に入れてもらえません。

    So today I want to talk about readiness with God.
    ですから今日は、神との用意ができていることについて話したいと思います。

    1. Readiness to listen
      聞く用意ができていること

    It starts with listening. We must be ready to humbly listen to God. I confess I can be a poor listener. Sometimes Toy is talking to me and I’m listening but I’m not really listening because what I’m reading in the paper is also pretty interesting and there are lots of bright colours flashing from the TV, too. I’m easily distracted.
    まず聞くことから始まります。謙虚に神に耳を傾ける用意をしなければいけません。私は人の話をちゃんと聞いていないことがあることを認めます。時々、とよこが私に話しかけているとき、私は聞いていますが、新聞で読んでいることにも興味があり、テレビから明るい色がたくさん光ってもいましたから、あまり聞いていないのです。私は気が散りやすいのです。

    So Toy kindly reminds me that I need to put the paper down, turn off the TV and make eye contact to give her my full attention.
    なのでとよこは新聞を置いて、テレビを消して、相手の目を見て聞きなさいと優しく注意してくれます。

    It’s only more so with God. We have to go into the room, close the door, turn off all screens, turn off all sounds and draw near to God with a listening heart.
    神に対してはもっとそうです。部屋に入って、ドアを閉め、スクリーンや音声を全部オフにして、聞く心を持って神に近づかなければなりません。

    In the Psalms it says, “Be still and know that I am God”. During the time of Jesus’
    transfiguration, God said, “This is my Son… Listen to him!” Matthew 17:5
    詩編にはこう書いてあります。 わたしこそ神であることを、よくよく知りなさい。(詩篇 46:10)イエスの御姿が変わった時、神はこう言いました。「これこそ、わたしの愛する子。。。彼の言うことを聞きなさい」マタイの福音書 17:5

    Be ready to listen to God through His Word (primarily), through prayer, through creation and through the teachings of the church.
    御言葉を通して(これが第一)、祈りを通して、神の創造や教会の教えを通して、神に耳を傾ける用意をしてください。

    1. Readiness to speak
      話す用意ができていること

    It says in 2 Timothy 4:2:
    テモテへの手紙Ⅱ 4:2にはこう書いてあります。

    Preach the word; be prepared in season and out of season to correct, rebuke and encourage—with great patience and careful instruction.

    2 Timothy 4:2

    どんな時にも、神のことばを熱心に伝えなさい。機会があろうとなかろうと、つごうが良かろうと悪かろうと、しっかりやりなさい。過ちを犯している人には忠告して、正しい道に引き戻しなさい。そして善を行うよう励まし、神のことばを教え続けなさい。
    テモテへの手紙Ⅱ 4:2

    It’s interesting, I find there is an evangelism paradox. If I’m feeling out of season, but I’m still prepared to share the gospel if the opportunity arises, I find that evangelism is the very thing that brings me back into season again. So there’s no problem sharing the gospel ‘out of season’.
    おもしろいですね、伝道の逆説があるように思います。時が悪いと感じていても、機会があれば福音を分かち合う用意ができているので、伝道はまさに私を再び良い時に戻してくれるそのものです。ですから時が悪くても福音を分かち合うには何の問題もありません。

    There are a number of us who are in a season of transition. Some of the university students will sadly be leaving us soon and as time goes on others will move on as well. It’s the nature of an international church. It’s not lost on me that I only have another nine months left to serve here.
    But for those who are soon to leave, don’t fade out in your faith walk. Don’t stop seeking vision. Don’t just start cruising. There’s no cruise control with God. You’re either living by faith or you’re living by unbelief, and there’s no neutral ground.
    移行の時期にある人が私たちの中にたくさんいます。大学生の何人かは悲しいですけど、もうすぐここを去っていき、そのうちにほかの人たちも去っていきます。これは国際教会の特徴です。私がここで仕えることができるのはあと9か月しかないということはよく分かっています。しかし、もうすぐここを去っていく人たちに言いますが、信仰の歩みから徐々に消え去っていかないでください。ビジョンを求めるのをやめないでください。のんびり進み始めないでください。神にクルーズ・コントロールをかけることはできません。信仰によって生きているか、信じないで生きているかのどちらかです。その中間はありません。

    Continue to passionately seek first the Kingdom of God and it’s righteousness, believing that God can and will use you right up to your last day if you ready yourself to speak for Him.
    神のために語る用意ができているなら、神はあなたを最後の日まで用いてくださると信じて、神の御国と神の義をまず第一に熱心に求め続けてください。

    1. Readiness to act
      行動する用意ができていること

    One of my favourite things in the whole world is going to Kurazushi. I love it and my favourite sushi is ebi-avocado. But the thing I like best about kurazushi is that you can win a little gatcha-gatcha from the machine there. And what I like about this is that I then get to do a random act of kindness and give the gatcha-gatcha to some unsuspecting kid and watch their face light up.
    私の世界で一番好きなことの一つは、くら寿司に行くことです。私はくら寿司が大好きで、エビ・アボカドの寿司が好きなんです。でもくら寿司で一番好きなところは、ガチャガチャマシーンで何かが当たることです。ふと思いついた親切をすることができ、何も知らない子にガチャガチャで当たったおもちゃをあげて、喜ぶ顔が見れるということができるから好きなんです。

    Random acts of kindness are such fun. And random acts of kindness, as well as planned acts of kindness, are consistent with Christian living. But when I talk about readiness to act, I’m talking about much more than random (or planned) acts of kindness.
    ふと思いついてする親切は楽しいものです。ふと思いついてする親切な行為は、計画した親切な行為と同じく、クリスチャンの生き方にふさわしいものです。しかし私が話す行動する用意ができていることというのは、思いつき(又は計画した)の親切行為をはるかに超えていることです。

    Today is Anna’s baby shower. As Anna and Raffy – and Shweta and Bradley – prepare for their coming babies, there’s lots for them to do to get ready. They need to get clothes for the baby, toys for the baby, equipment for the baby and so on.
    今日はアナのベイビーシャワーがあります。アナとラフィ、シュウェタとブラッドレイにはもうすぐ赤ちゃんが産まれますが、準備することがたくさんあります。赤ちゃんの服、赤ちゃんのおもちゃ、赤ちゃん用具などが必要です。

    But Raffy and Anna (and Bradley and Shweta) must be ready to not just ‘have a baby’ but to raise this child to know Christ and to lead it into the Kingdom of God. There is no greater thing for them to do as parents. This is the action that they must be ready for.
    しかしラフィとアナ(ブラッドレイとシュウェタ)は赤ちゃんが産まれる用意をするだけでなく、その子がキリストを知るように育て、神の御国へと導く用意もしなければいけません。親としてこれ以上に大きな仕事はありません。これが用意できていなければならない行動です。

    Whether you are doing a small random act of kindness, a sizeable act of grace, or raising a child, I want to encourage you to be ready to act for God, ready to bring the Kingdom of God into the kingdom of men by living generously, graciously and faithfully. Be ready to step out of your regular routine and into the sudden and the unusual.
    小さな親切であろうが、かなり大きな恩恵であろうが、子育てであろうが、神のために行う用意をしてほしいと思います。惜しみなく、寛大に、誠実に生きることによって、神の御国を人の世界にもたらす用意をしてほしいのです。日常の習慣から外に出て、突然やってくるいつもと違うことの中に踏み込む用意をしてください。

    1. Readiness to commit/submit
      委ねる用意ができていること

    In the parable of the hidden treasure (Matthew 13:44), a man was willing to sell everything he had to buy a field with the hidden treasure because he knew that that field contained more valuables than he could ever have imagined. He was willing to put everything on the line to get that treasure.
    隠された宝(マタイ13:44)のたとえ話では、ある人が宝が隠されている畑を買うために持ち物すべてを売ろうとしています。その畑には想像以上にもっと価値のあるものがあると知っているからそうするのです。その宝を手に入れるためならすべてを危険にさらす覚悟でいるのです。

    Jesus is our treasure. We need to be willing to forego anything and everything to receive His salvation and secure His blessing in our lives.
    イエスは私たちの宝です。私たちの人生にイエスの救いを受け入れ、イエスの祝福を確保するために何もかも進んで断念する必要があります。

    If you believe in Jesus but you haven’t yet been ready to give your life to Him, you haven’t yet been ready to turn from your sin, receive the Holy Spirit, make a commitment to follow Jesus, I urge you to do that today. Please come and talk to me after the service.
    イエスを信じているけれど、人生をイエスにあけわたす用意ができていない、罪から離れる用意ができていないのであれば、聖霊を受け入れ、イエスに従う決心をしてください。ぜひ今日してください。礼拝後、私のところに来て話してください。

    Likewise, if you’ve made that commitment to receive Jesus and to follow Him but you haven’t yet been ready to fully submit – fully submit your finances so that you can tithe, fully submit your time so that you can faithfully minister, fully submit your goals and desires so that you can truly worship, then I urge you to do that today. Please come and talk to me after the service.
    同じように、イエスを受け入れ、イエスに従う決心はしたけれども、完全に服従する用意ができていないのであれば、十分の一献金ができるようにあなたの財源を完全に委ねなさい。忠実に奉仕ができるようにあなたの時間を完全に委ねなさい。心から礼拝ができるようにあなたの目標と願いを完全に委ねなさい。そしてそれを今日ぜひしてください。礼拝後、私のところに来て話してください。

    In the parable of the ten bridesmaids, do you know why the bridesmaids were shut out of the wedding banquet? They believed in the groom, they believed that he would be returning, they turned up at the banquet hall. So why were they shut out in the end? What was their sin? They simply weren’t ready. They missed the bridegroom. They never met Him.
    花婿を出迎える10人の娘たちのたとえ話では、娘たちがなぜ婚礼の祝宴に入れてもらえなかったか分かりますか?彼女たちは花婿の存在を信じていました。花婿が帰ってくることを信じていました。祝宴の場に姿を現しました。ではなぜ最後に入れてもらえなかったのでしょうか?彼女たちの罪は何だったのでしょうか?彼女たちは用意ができていなかったのです。花婿を見逃してしまいました。花婿に一度も会えませんでした。

    Don’t be caught not ready. Don’t be fooled into thinking there will be a better time or more time later. Commit and fully submit your life to Jesus today.
    用意ができていないところを見られないようにしてください。もっと良いときがあるとか、後にもっと時間があるとか思い違いをしないでください。今日、あなたの人生をイエスに完全に委ねてください。

    Listen to what Jesus said in Luke 12:35-40
    イエスがルカの福音書 12:35-40で言っていることを聞いてください。

    Be dressed ready for service and keep your lamps burning, like servants waiting for their master to return from a wedding banquet, so that when he comes and knocks they can immediately open the door for him. It will be good for those servants whose master finds them watching when he comes. Truly I tell you, he will dress himself to serve, will have them recline at the table and will come and wait on them. It will be good for those servants whose master finds them ready, even if he comes in the middle of the night or toward daybreak. But understand this: If the owner of the house had known at what hour the thief was coming, he would not have let his house be broken into. You also must be ready, because the Son of Man will come at an hour when you do not expect him.
    Luke 12:35-40

    きちんと身じたくを整え、あかりをともしていなさい。 主人が婚礼から戻るのを待っている人のように。こうしていれば、主人がノックすると同時に、戸を開けて迎えることができます。そのように忠実な姿を見られる人は幸いです。主人は感心して、食卓で、反対に自分のほうから給仕してくれるでしょう。主人の帰りは夜の九時になるか、真夜中になるかわかりません。しかし、いつ帰って来てもいいように準備のできている人は幸いです。どろぼうがいつ入るかわかっていれば、家人は、てぐすね引いて待ちかまえているでしょう。同様に、主人の帰りが何時ごろかはっきりわかっていれば、準備をして待つのはあたりまえです。だから、いつでも用意していなさい。メシヤのわたしは、思いがけない時に来るのです。
    ルカの福音書 12:35-40

    • Be ready to commit your life to Christ and to fully submit to Him, trusting that He really is the greatest and only treasure in your life.
      キリストが本当にあなたの人生で最高の唯一の宝であることを信じて、あなたの人生をキリストに委ね、キリストに完全に従う用意をしてください。
    • Be ready to listen to God through His Word.
      御言葉を通して神に耳を傾ける用意をしてください。
    • Be ready to speak the gospel of Christ in season and out of season.
      時が良くても悪くてもキリストの福音を語る用意をしてください。
    • Be ready to act for God because the Kingdom of God is not merely a matter of words but of demonstrable power.
      神の御国はただの言葉ではなく、実証できる力であるので、神のために行動する用意をしてください。

    Pray.

    Continue reading →