Latest Sermon
最新の礼拝メッセージ

  • The Wisdom We Need
    私たちに必要な知恵
    2020-03-15
    March 15th, 2020

    Minoh International Church
    Pastor Joseph Ricohermoso
    James 3:13-18 NIV
    ヤコブの手紙 3:13-18 JLB
    YouTube: https://youtu.be/u_u2eX3EsgI

    13 Who is wise and understanding among you? Let them show it by their good life, by deeds done in the humility that comes from wisdom. 14 But if you harbor bitter envy and selfish ambition in your hearts, do not boast about it or deny the truth. 15 Such “wisdom” does not come down from heaven but is earthly, unspiritual, demonic. 16 For where you have envy and selfish ambition, there you find disorder and every evil practice.
    17 But the wisdom that comes from heaven is first of all pure; then peace-loving, considerate, submissive, full of mercy and good fruit, impartial and sincere. 18 Peace-makers who sow in peace reap a harvest of righteousness.
    James 3:13-18

    13 良い生き方をする人は、柔和な行いを身につけた、知恵のある賢い人です。 14 しかし、もし自分にねたみや敵対心があるなら、決してその知恵をひけらかしてはいけません。それは偽善です。 15 ねたみや敵対心は、神からの知恵ではなく、この世のものであり、真理に逆らう悪霊から来るものです。 16 ねたみや敵対心のうず巻くところでは、秩序が乱れ、あらゆる悪がはびこっています。 17 しかし、神からの知恵は純粋であり、平和とおだやかなやさしさに満ち、思いやりと良い実に満ちています。 18 また、偏見や偽善がありません。平和をつくる人は、平和の種をまいて、義の実を結ばせるのです。
    ヤコブの手紙 3:13-18

    Introduction

    James wrote a letter to a group of Jews who had been driven by persecution from their homeland. In it, he explained that trials are inevitable and that they occur for a purpose (James 1:2-4). But, in order for that purpose to be worked out in their lives, it’s important to have wisdom. His advice?
    ヤコブは迫害により母国から追い出されたユダヤ人に手紙を書きました。その手紙には、試練は避けられないが、ある目標のために起こることを説明しました。「ヤコブの手紙1:24」しかし、その目標を達成するには知恵をもつことが必要です。では、それは誰の知恵でしょうか。

    5 If any of you lacks wisdom, you should ask God, who gives generously to all without finding fault, and it will be given to you
    James 1:5

    5 神が何を望んでおられるか知りたいなら、遠慮なく、直接尋ねなさい。神は喜んで教えてくださいます。願い求める人には、神はいつでも惜しみなく、あふれるばかりの知恵を授けてくださるからです。そのことで、決してとがめたりはなさいません。
    ヤコブの手紙 1:5

    The only other time James mentions the word wisdom in his letter is in chapter 3. It begins with a sober warning about becoming teachers, then it discusses the two basic tools all teachers use to communicate truth – the tongue (3:1-12) and their lives (v.13). The remaining verses develop the importance of wisdom in the life of a teacher. He is contrasting true wisdom and false wisdom in three (3) different ways.
    ヤコブはこれ以外に「知恵」という言葉を一度だけ使っています。それは第3章に書かれています。第3章は「教師」になることに対する忠告が書かれています。そして、真実を伝えるために全ての教師が用いるべき二つの事について書かれています。「舌」と「生き方」です。残りの箇所では、教師としての人生における知恵の重要性について書かれています。彼は3つの方法で「真の知恵」と「偽の知恵」を比較しました。

    1. They have different ORIGINS – verses 15 & 17a
      起源の違い

    The true wisdom comes from above, but the false wisdom comes from below. In other words, there is a heavenly wisdom that comes from God, and there’s a man-made wisdom that doesn’t come from God. Whatever does not come from God is destined to fail, no matter how successful it may seem at the time.
    「真の知恵」は上からくるもので、「偽の知恵」は下からくるものです。つまり、神様からもたらされる「天の知恵」と、神様からではなく、人からもたらされる「人間の知恵」です。神様からもたらされたものでなければ、如何なるものでも必ず失敗に終わります。たとえどんなに上手くいきそうに見えてもです。

    The Bible contains many examples of the folly of man’s wisdom. The construction of the Tower of Babel seemed like a wise endeavor, but it ended in failure and confusion (Genesis 11:1-9). In the NT, the Roman centurion, the pilot and the ship’s owner in Acts 27 thought it wise to leave port and set sail for Rome, even though St. Paul disagreed. The storm that followed proved that Paul’s wisdom was better than their common sense. They lived to regret it, but they lived!
    聖書では人間の知恵の愚かさについてたくさんの例を挙げています。創世記11:1-9に書かれているバベルの塔の話はその一つです。素晴らしいことに思われていても、最後は失敗し、混乱に終わるのです。新約聖書の使徒の働き27では、ローマ人の陸軍隊長、船長、船主が、パウロの忠告を聞かずに出航しました。しかし嵐にあい、失敗に終わったのです。彼らは運よく助かりましたが、生涯後悔ことになりました。

    What is the origin of man’s wisdom? James writes, “Such ‘wisdom’ does not come down from heaven but is earthly, unspiritual, demonic” (v.15).
    では、人間の知恵の源はどこにあるのでしょうか?ヤコブは次の様に書いています。「15 ねたみや敵対心は、神からの知恵ではなく、この世のものであり、真理に逆らう悪霊から来るものです。」

    Let’s not confuse the world’s knowledge and the world’s wisdom. Certainly, there’s a great deal of knowledge in this world, and we all benefit from it. BUT, there’s not much wisdom.
    しかし、「この世の知識」と「この世の知恵」を混同してはいけません。確かに、この世にはたくさんの知識がり、私たちは皆それらの恩恵を受けています。しかし、この世には多くの知恵がありません。

    The world by its wisdom doesn’t know God and in fact, it rejects the gospel.
    この世の知恵は神様を知りません。そして、福音をも拒否しています。

    For the message of the cross is foolishness to those who are perishing, but to us who are being saved it is the power of God.

    1 Corinthians 1:18

    18 「イエス様は私たちを救うために死んでくださった」ということばが、滅びゆく人々にはどんなに愚かに響くか、私にはよくわかっています。しかし、救われた私たちは、これが神の力そのものであると認めるのです。

    コリント人への手紙Ⅰ 1:18

    Man’s wisdom comes from reason, while God’s wisdom comes from revelation. Man’s worldly wisdom will come to nothing (1 Corinthians 1:19), while God’s wisdom will endure forever.
    人間の知恵は「理屈」からくるものです。一方で、神様の知恵は「啓示」からくるのです。人間の世俗的な知恵は失敗に終わりますが、神様の知恵は永遠に続くのです。

    In addition, man’s “wisdom” is unspiritual. The main idea seems to be that it originates from man’s nature (Gk., psuche) totally apart from the Spirit of God.
    さらに、人間の知恵は霊的ではありません。それは主に人間の性質からきているからです。ギリシア語では「psuche」という言葉を使いますが、その意味は「神様の精霊からかけ離れている」という意味です。

    Worst of all, this wisdom is demonic. Satan is deceptive. He has wisdom that will confound and confuse, if we don’t know the wisdom of God.
    最も悪い事は、この知恵は悪魔のものだという事です。サタンは人を欺きます。神様の知恵を知らないと、私たちはサタンの知恵によって困惑させられるのです。

    But, what is the Christian’s wisdom? It all starts with Jesus Christ (1 Corinthians 1:24 & 30). In Him are all the treasures of wisdom and knowledge (Colossians 2:3).
    では、クリスチャンの知恵とは一体何でしょうか。その全てはイエスキリストに始まるのです。イエスキリストにこそ知恵と知識の全てがあります。

    The Word of God is also our wisdom.
    神様の御言葉も私たちの知恵です。

    5 See, I have taught you decrees and laws as the Lord my God commanded me, so that you may follow them in the land you are entering to take possession of it.6 Observe them carefully, for this will show your wisdom and understanding to the nations, who will hear about all these decrees and say, “Surely this great nation is a wise and understanding people.”
    Deuteronomy 4:5-6

    5 いいですか、これから住もうとしている地へ行ったら、このおきてと定めをきちんと守りなさい。これは主からじきじきに示されたもので、あなたがたに伝えるようにと言われたのです。 6 これを守れば、知恵のある賢明な国民だと評判になるでしょう。回りの国々がこれを知ったら、『イスラエル人ほど賢明な国民はいない』と驚くに違いありません。
    申命記 4:5-6

    And how from infancy you have known the Holy Scriptures, which are able to make you wise for salvation through faith in Christ Jesus.
    2 Timothy 3:15

    15 また、小さいころから、自分がどのように聖書を教えられてきたか覚えているでしょう。この聖書こそ、キリスト・イエスを信じることによって救われるための知恵を与えてくれるのです。
    テモテへの手紙Ⅱ 3:15

    James 1:5 indicates that we find wisdom through believing prayer. The Holy Spirit is the Spirit of wisdom and revelation (Ephesians 1:17) and He directs us in wisest paths as we trust the Word and pray.
    ヤコブの手紙 1:5 – 5 神が何を望んでおられるか知りたいなら、遠慮なく、直接尋ねなさい。神は喜んで教えてくださいます。願い求める人には、神はいつでも惜しみなく、あふれるばかりの知恵を授けてくださるからです。そのことで、決してとがめたりはなさいません。

    The origin of true spiritual wisdom is God. To acquire it from any other source is asking for trouble.
    真の霊的な知恵は神様からもたらされます。他からその知恵を得る事はできません。

    1. They are different in OPERATIONS – verses 3:13-14, 17
      働きの違い

    In contrast to divine wisdom, which is characterized by a changed and controlled life, James reveals the marks of “earthly, unspiritual, demonic” wisdom.
    生まれ変わった人生によって与えられた神聖な知恵とは対照的に、ヤコブは「世俗的で、霊的でない、悪の知恵」について次の様に述べました。

    14 But if you harbor bitter envy and selfish ambition in your hearts, do not boast about it or deny the truth. 

    James 3:14

    14 しかし、もし自分にねたみや敵対心があるなら、決してその知恵をひけらかしてはいけません。それは偽善です。

    ヤコブの手紙 3:14

    He talks about bitter envy and selfish ambition. People often confuse envy with its evil twin jealousy. What’s the difference? Envy begins with empty hands and mourns for what it doesn’t have. Jealousy begins with full hands but is threatened by the thought of losing what it possesses. James is saying that an unwise person is someone who tends to be suspicious, resistant, and prone to rivalry.
    彼は「ねたみ」や「敵対心」について語っています。人々はよく「ねたみ」と「嫉妬」を混同しています。その違いは何でしょうか?「ねたみ」は自分が持っていないものに対して嘆き、欲しがる事から起こります。一方「嫉妬」は既に自分が持っているものを失う恐怖から起こります。ヤコブは、知恵の無い人は疑い深く、反抗的で、敵対的になりがちだと言っています。

    Another mark is selfish ambition. It is the desire to be seen, quoted, and respected (Matthew 23:1-7). It’s a motive that drives people to push themselves to the top.
    もう一つの側面は「敵対心」です。それは「見られたい、引用されたい、尊敬されたい」という欲望です。(マタイの福音書23:1-7)。この欲望は、人々が上に立ちたいと思う動機になります。

    James exhorts his readers to root out these hidden motives. He challenges them to confront themselves, in effect saying, “If this is down deep in your heart , don’t keep on as if there’s nothing wrong. Face it, deal with it as sin, confess it and seek God’s wisdom.”
    ヤコブは読み手に対して、これを避けるように強く勧めています。彼は、もし自分自身の心の奥底にこれらの気持ちがあるなら、それを無視せず、立ち向かい、罪として認め、神様に罪を告白し、神様の知恵を求める様にと勧めています。

    He denounces boasting and denial of the truth. In ancient times, the arrogance pictured here is like one who boasted about gaining superiority or advantage through dishonest means. On the other hand, the natural inclination of human wisdom is not simply to ignore or avoid the truth; it is to lie against it. In short, defiance of the truth!
    彼は「ひけらかす」ことや「真実を否定する」ことを非難しています。古代には、高慢な人とは、不正な行いを通して特権や優越感を得て、それを自慢する様な人であると書かれています。一方で、人間の知恵とは、単に「真実」を無視したり避けたりする事ではなく、「真実」に対して嘘をつく事なのです。簡単に言えば、「真実」に反抗しているのです。

    When a life is out of step with Scripture, there will eventually be a manipulation of the truth to justify following a path different from God’s. The result is self-deception.
    人生が聖書から離れたものになると、最終的に、神様の道から外れた道を歩み、それを正当化するために真実をごまかす事になります。その結果、自己欺瞞に陥ります。

    What a relief it is to turn to the evidence of true spiritual wisdom!
    真の霊的な知恵に頼ることはなんて素晴らしいことでしょう!

    17 But the wisdom that comes from heaven is first of all pure; then peace-loving, considerate, submissive, full of mercy and good fruit, impartial and sincere. 
    James 3:17

    17 しかし、神からの知恵は純粋であり、平和とおだやかなやさしさに満ち、思いやりと良い実に満ちています。
    ヤコブの手紙 3:17

    Purity indicates the importance of holiness. It means “freedom from defilement, without contamination, clean.” God’s wisdom leads to purity of life. Man’s wisdom leads to sin.
    純粋は神聖であることの重要性を示しています。それは「汚されていない、純白」を示します。神様の知恵は純粋な人生へと導きますが、人間の知恵は罪へと導きます。

    Peace-loving. Clearly, we are prone to quarrel by nature. But when wisdom from above fills our hearts, a peaceable nature blossoms, one that helps heal relationships rather than tear them apart.
    平和主義。明らかに、私たちは生まれつき喧嘩しがちです。しかし、神様の知恵が私たちの心を満たすとき、平和な性質が育ち、人間関係を壊すのではなく、和解へと導くのです。

    Telemachus was a monk who lived in the 4th century. He felt God saying to him, “Go to Rome.” He was in a cloistered monastery. He put his possessions in a sack and set out for Rome. When he arrived in the city, people were thronging in the streets. He asked why all the excitement and was told that this was the day that the gladiators would be fighting and killing each other in the coliseum, the day of the games, the circus.  He thought to himself, “Four centuries after Christ and they are still killing each other, for enjoyment?” He ran to the coliseum and heard the gladiators saying, “Hail to Caesar. We die for Caesar” and he thought, “This isn’t right.” He jumped over the railing and went out into the middle of the field, got between two gladiators, held up his hands and said “In the name of Christ, refrain.” The crowd protested and began to shout, “Run him through, Run him through.” A gladiator came over and hit him in the stomach with the back of his sword. It sent him sprawling in the sand. He got up and ran back and again said, “In the name of Christ, refrain.” The crowd continued to chant, “Run him through.” One gladiator came over and plunged his sword through the little monk’s stomach and he fell into the sand, which began to turn crimson with his blood. One last time he gasped out, “In the name of Christ refrain.” A hush came over the 80,000 people in the coliseum. Soon a man stood and left, then another and more, and within minutes all 80,000 had emptied out of the arena. It was the last known gladiatorial contest in the history of Rome.
    テレマクスは4世紀に生きた修道者でした。ある日彼は、神様から「ローマへ行くように」と言われていると感じました。彼は当時修道院で生活していましたが、自分の荷物を袋に入れ、ローマへと向かいました。彼がローマに着いたとき、街には人だかりができていたので、彼はその理由を尋ねました。すると、その日はちょうどコロシアムで戦士たちが戦い、殺し合う日である事を知りました。そのことを知った彼は「なぜキリストが死んで400年経った今でも、楽しみのために殺し合うのだろうか」と思い、コロシアムへ急いで向かいました。そこで戦士の叫びを聞きました。「カエサル万歳!」「カエサルのために死ぬのだ!」それを聞いた彼は「それは間違っている」と思い、柵を飛び越えて戦いの場へ向かい、戦士たちの間に立ち、両手を挙げて、そして「イエス様の名において、この戦いをやめなさい!」と言いました。しかし、観衆は彼に抗議し、「彼を殺せ!」と叫び始めました。すると一人の戦士が彼のところへやって来て、剣の後ろで彼の腹部を突き、彼は砂の上に倒れ込みました。しかし、彼は再び立ち上がって同じことを言いました。「イエス様の名において、この戦いをやめなさい!」群集の歓声は続き、「殺せ!殺せ!」と言いました。すると、もう一人の戦士が走って来て剣を彼のお腹に突き刺しました。小さな修道者は倒れ、地面は血で赤く染まったのです。しかし、彼はまた「イエス様の名においてこの戦いをやめなさい!」と言いました。8万人の観衆の声が静かになり、一人が立ってその場を後にした。また他の人が去り、次々と人が去りました。数分後には8万人がコロシアムを後にしたのです。その日から、二度とローマで戦士の戦いは行われませんでした。

    Being considerate is another indication of godly wisdom. Someone describes it as “sweet reasonableness.” It is the ability to extend to others the kindly consideration we would wish to receive ourselves.
    思いやりを持つ事は神様の知恵のもう一つの証です。ある人はそれを「優しい合理性」だと説明しました。それは自分たちが求めている優しさと思いやりを他人にしてあげる事です。

    Being submissive is easy to live with and work with. Man’s wisdom makes a person hard and stubborn. The compliant person is willing to hear all sides of a question, but doesn’t compromise his own convictions. He can disagree without being disagreeable. When God’s wisdom is at work, there is a willingness to listen, think, pray and obey whatever God reveals.
    従順であるとは、一緒にいて生活や仕事がしやすいと言う事です。しかし人間の知恵は人を頑固者にします。従順な人はあらゆる意見を喜んで聞き入れますが、自分の強い信念に妥協はしません。反対の意見を持っていても不愉快には思いません。神様の知恵が機能するとき、神様の言葉を全て聞き、考え、祈り、従う事ができる様になるのです。

    Full of mercy and good fruit refers to an attitude of compassion which is expressed through actions that demonstrate mercy. In the 1st century, the word mercy was commonly used to describe people’s feelings toward someone who had suffered unjustly. In the NT, however, this same word is used several times to describe the attitude of a believer should have toward those who suffer due to problems they have caused themselves. Surprised?!
    溢れる慈悲と優しい心と言うのは、同情と哀れみの現れであり、それは慈悲を示す行動に現れます。1世紀には、「MERCY」という単語は不当に扱われた人に対する感情を表す言葉として使われていました。しかし新約聖書では、この言葉は自分自身が起こした問題によって苦しんでいる人に対する信者の態度を表す言葉として使われました。驚きましたか?

    Being impartial and sincere. James already dealt about the issue of partiality in chapter 2. It is worth remembering that he is not condemning the kind of discernment that comes from a thorough understanding of another’s character. What godly wisdom avoids is our tendency to be prejudiced toward others because of superficial judgments based on outward appearance.
    公平で誠実であること。ヤコブはすでに第2章でこの点について触れています。彼は、他人の性格を徹底的に理解した上で判断することを非難していた訳ではありません。神様の知恵は、私たちが外見に基づく表面的な判断基準で、偏見を持ってしまう性質を避けようとしているのです。

    Sincerity is never two-faced or deceptive. It is completely and simply honest. I wonder about honne (real intention, true opinion) and tatemae (appearance for appearance’s sake).
    誠実性は決して人を欺きません。それは完全で偽りのないものです。では、日本語の「本音」と「建前」はどうでしょうか。

    1. They have different OUTCOMES – verses 16 & 18
      結果の違い

    Origin determines outcome. Worldly wisdom will produce worldly results; spiritual wisdom will give spiritual results.
    起源は結果を決定付けます。世俗的な知恵は世俗的な結果をもたらします。霊的な知恵は霊的な結果をもたらします。

    Worldly wisdom produces trouble.
    世俗的な知恵はトラブルをもたらします。

    16 For where you have envy and selfish ambition, there you find disorder and every evil practice.
    James 3:16

    16 ねたみや敵対心のうず巻くところでは、秩序が乱れ、あらゆる悪がはびこっています
    ヤコブの手紙 3:16

    Godly wisdom produces blessing.
    霊的な知恵は祝福をもたらします。

    18 Peace-makers who sow in peace reap a harvest of righteousness.

    James 3:18

    18 また、偏見や偽善がありません。平和をつくる人は、平和の種をまいて、義の実を結ばせるのです。

    ヤコブの手紙 3:18

    The Christian life is a life of sowing and reaping. The believer who obeys God’s wisdom sows righteousness, not sin, and peace, not war. The life we live enables the Lord to bring righteousness and peace into the lives of others.
    クリスチャンの人生は、種をまき、刈り取る人生です。神様の知恵に従う信者は義の種をまきます。罪ではなく、平和であり、戦争ではありません。神様が人の人生に公正と平和をもたらして下さるのです。

    Conclusion

    I’ve never been to a real desert. The closest that I’ve been to is in Tottori, the Tottori sand dunes. My family went there in summer — not the best timing. As you can expect, the place is barren.
    私は本当の砂漠に行ったことがありません。それに一番近いのは鳥取砂丘です。私の家族は、夏にそこへ行きましたが、良いタイミングではありませんでした。皆さんご想像の通り、そこには何もありませんでした。

    But as rain gives life to the desert, so can God cultivate a garden of divine wisdom in us through the living water of His Holy Spirit. That’s the kind of wisdom that we all need. We need God’s wisdom as we live our lives during this trying time.
    しかし、雨が砂漠に命を与えるのと同じ様に、神様は精霊の聖水によって、私たちの中に神聖な知恵を育てて下さいます。それは私たちが皆必要としている知恵です。この苦しい時にこそ、私たちには神様の知恵が必要なのです。

    13 Blessed are those who find wisdom, those who gain understanding.
    Proverbs 3:13

    13-15 善悪の区別がつき、正しい判断力と英知を持った人は、大金持ちよりも幸せです。高価な宝石も、このような知恵に比べたら
    取るに足りません。
    箴言 知恵の泉 3:13-15

    Continue reading →