Latest Sermon
最新の礼拝メッセージ

  • Treasure the Word of God
    神様の御言葉を大切に
    2020-07-26

    July 26th, 2020

    Minoh International Church
    Pastor Joseph Ricohermoso
    1 Peter 1:1~2 NIV
    ペテロの手紙Ⅰ 1:1 – 2 JLB

    1 Peter, an apostle of Jesus Christ,
    To God’s elect, exiles scattered throughout the provinces of Pontus, Galatia, Cappadocia, Asia and Bithynia, 
    2 who have been chosen according to the foreknowledge of God the Father, through the sanctifying work of the Spirit, to be obedient to Jesus Christ and sprinkled with his blood: Grace and peace be yours in abundance.

    1 Peter 1:1 – 2

    1 イエス・キリストの使徒ペテロから、エルサレムを追われて、ポント、ガラテヤ、カパドキヤ、アジヤ、ビテニヤの各地方に散らされたユダヤ人クリスチャンの皆さんへ。
    2 父なる神は、ずっと昔からあなたがたを選び、ご自分の子どもにしようと決めておられました。そして、聖霊が働いて、あなたがたの心はイエス・キリストの血によってきよめられ、神に喜ばれる者へと変わったのです。どうか、神があなたがたを祝福し、すべての不安と恐れから解放してくださいますように。

    ペテロの手紙 I 1:1 – 2

    Introduction

    Back in the 14th century, a copy of the Bible cost the equivalent of $2000 [21万円] in modern currency. The Gutenberg Bible printed in the year 1455 cost $500 [6万円]. In the 17th century a Bible cost $100 [1万円]; by 1925 the cost of a Bible was down to $3 [400円]. Nowadays, you can even get it for free, either as an app or from Bible distribution ministries, such as the Gideons.
    14世紀に遡ると,聖書の単価は現代の金銭感覚にすると大体2,000ドル(21万円)でした。1455年に印刷されたグーテンベルグ聖書は500ドル(6万円)でした。17世紀になると聖書の単価は100ドル(1万円)になり、1925年には僅か3ドル(400円)になりました。今は、アプリやギデオンのミニストリーのおかげで無料で手に入れることさえできます。

    Does this mean that the Bible has become cheap? Of course, NOT! It’s still very precious, but now a lot more accessible. I pray that it will be treasured by many more people.
    これは聖書が安物になってしまったということでしょうか。もちろんそうではありません。今なお聖書はとても貴重な本であって,ただ入手しやすくなっただけです。今後も聖書が普及することを私は祈ります。

    Let me give you at least two (2) reasons why we need to treasure God’s Word.
    神様の御言葉である聖書を大切にするべき二つの理由をお話ししましょう。

    1. Treasure the Bible because it comes from God
      神様からいただいたものだから,聖書を大切にします。

    Peter is the human author of this epistle, but he is writing as “an apostle of Jesus Christ.”
    先ほど見た聖書の節はペテロが書いたものですが、ペテロはイエス様の弟子としてこれを書いています。

    Let’s consider the role of an apostle:
    ここで、弟子の役割を考えてみましょう。

    1. An apostle was personally commissioned by Christ to be His ambassador, His spokesman, and one through whom Christ Himself speaks.
      弟子というのは、イエス様自身が選んだもので、イエス様の使いとして、イエス様自身の言葉を世の中に伝えるための存在でした。

    The Lord Jesus, talking to His chosen apostles, says:
    イエス様は弟子たちにこのように話しかけています:

    16 “I tell you the truth, a servant is not greater than his master; neither is a messenger [literally, an apostle] greater than the one who sent him…
    20 I tell you the truth, whoever receives anyone whom I send is receiving me; and whoever receives me is receiving the one who sent me.”

    John 13:16 & 20

    16 使用人はその主人にまさらず、遣わした人より使者のほうがまさるということもありません。
    20 よく言っておきます。わたしが遣わす者を心から受け入れる人はだれでも、わたしを受け入れるのです。そして、わたしを心から受け入れることは、わたしをお遣わしになった父を受け入れることなのです。」

    ヨハネの福音書 13:16 & 20

    The Apostle Paul claims, “We have been speaking in the sight of God as those in Christ” (2 Cor. 12:19) and then passionately declares, “Christ is speaking through me” (2 Corinthians 13:3).
    また、弟子のパウロも「コリント人への手紙」において次のように言っています:
    3 あなたがたは、キリストがほんとうに私を通して語っておられるかどうか知りたいのでしょうから、その証拠を示します。キリストは、あなたがたに弱い態度をとられるのではなく、あなたがたの内部で強大な力を発揮なさいます。
    コリント人への手紙2 13:3

    1. The apostles were anointed with the Holy Spirit to communicate the Word of God.
      弟子たちは神様の御言葉を伝えるために聖霊に清められました。

    Just prior to His arrest and passion, the Lord Jesus made this promise to His disciples, whom He designated to be His apostles:
    逮捕される直前に,イエス様は弟子たちにこれを約束しました。

    “But the Advocate, the Holy Spirit, whom the Father will send in my name, will teach you all things and will remind you of everything I have said to you.”

    John 14:26

    26 しかし、父がわたしの代わりに助け手(聖霊)を送ってくださる時には、その方があなたがたにすべてのことを教え、わたしが話しておいたことを、みな思い出させてくださるのです。

    ヨハネの福音書 14:26

    Following His resurrection, Jesus appeared to His disciples/apostles and bestowed upon them the Holy Spirit:
    復活の後、イエス様は弟子たちの前に現れて、彼らに聖霊を授けました。

    21 “Again Jesus said to them, ‘Peace be with you. Just as the Father has sent me, so now I am sending you.’
    22 When he had said this, he breathed on them and said, ‘Receive the Holy Spirit.'”

    John 20:21 – 22

    21 イエスはもう一度言われました。「平安があるように。父がわたしをお遣わしになったように、わたしもあなたがたを遣わします。」 22 そして一同に息を吹きかけ、また言われました。「聖霊を受けなさい。」

    ヨハネの福音書 20:21 – 22

    1. The New Testament (NT) apostles are identified with the Old Testament (OT) prophets as being God’s spokesmen through whom He communicates His Word.
      旧約聖書の預言者たちと同じく、新約聖書の弟子たちは神様自身の御言葉を人々に伝えるための器でした。

    Take for example, the writings of the NT apostles are placed alongside of those of the OT prophets, together forming sacred Scripture. Peter’s testimony concerning the writings of his fellow apostle, Paul, is relevant here.
    例えば、新約聖書の弟子たちの言葉を旧約聖書の預言者たちの言葉と比較してみてください。ペテロがパウロについて、このように書いています。

    15 Bear in mind that our Lord’s patience means salvation, just as our dear brother Paul also wrote you with the wisdom that God gave him. 16 He writes the same way in all his letters, speaking in them of these matters. His letters contain some things that are hard to understand, which ignorant and unstable people distort, as they do the other Scriptures, to their own destruction.

    2 Peter 3:15 – 16

    15-16 なぜ主が、こんなにも長く待っておられるのか考えてみなさい。主は、私たちが救いを伝える時間を与えておられるのです。学識の深い、愛する兄弟パウロも、多くの手紙の中で同じことを書いています。しかし彼の手紙はむずかしいところがあるので、中には的はずれの解釈をする者がいます。彼らは、聖書のほかの箇所もそうですが、パウロが言おうとしていることとは全く別の意味を引き出し、自分で滅びを招いているのです。

    ペテロの手紙II 3:15 – 16

    Or, listen to the testimony of the Apostle Paul himself:
    あるいは、パウロ自身の証言にも耳を傾けるとよいでしょう:

    And we also thank God continually because, when you received the word of God, which you heard from us, you accepted it not as the word of men, but as it actually is, the word of God, which is at work in you who believe.

    1 Thessalonians 2:13

    13 私たちは、神に感謝せずにはいられません。私たちが伝道した時、あなたがたはそのことばを人間の口から出たものと見ず、神のことばとして聞いてくれたからです。事実、この神のことばは、信じる者の生活を一変させるものです。

    テサロニケ人への手紙Ⅰ 2:13

    Let us value the Bible, because it comes from God:
    聖書の価値をよくわきまえましょう。聖書は神様からいただいたものなのです:

    16 All Scripture is God-breathed and is useful for teaching, rebuking, correcting and training in righteousness,
    17 so that the man of God may be thoroughly equipped for every good work.

    2 Timothy 3:16 – 17

    16 神の霊感によって書かれた聖書は、何が真理であり、何が悪であるかをよく教えてくれます。また、私たちの生活をまっすぐにし、正しいことを行う力を与えてくれます。 17 こうして神は、私たちをあらゆる点で整え、どんな良い働きをも行う力を、十分に与えてくださるのです。

    テモテへの手紙2 3:16 – 17

    1. Treasure the Bible because it is addressed to us
      わたしたち一人一人に向けられたものだから,聖書を大切にします。
    1. As a Christian, you are identified as one of those “who have been chosen [by God]” (v.2).
      クリスチャンとして、あなたは「神様に選ばれた」人です。

    When a nation has an election, they choose someone to serve in public office; that person does not merely claim the office on his own initiative, he is given that position by those who have elected him.
    選挙のことを考えてみてください。議員になるためには国民からの投票が必要です。国民によって選ばれなければ、誰も議員の座につくことはできません。

    Likewise, the Scriptures teach that God redeems those whom He has sovereignly chosen to save out of the fallen race of humanity. Those whom He has elected He brings to Christ. In the matter of salvation, as in everything else, it is God who has the first and the last word. The Apostle Paul presents this truth to the Thessalonian Christians:
    それと同じように、神様は人間を救うため,私たちを特別に選んでくださったと聖書は述べています。神様が私たちを選んでくださったのです。救いに関しても、他の全てのことと同じように、その支配権はすべて神様にあります。テサロニケのクリスチャンたちにパウロは次のように伝えています。

    But we ought always to thank God for you, brothers loved by the Lord, because from the beginning God chose you to be saved through the sanctifying work of the Spirit and through belief in the truth. 14He called you to this through our gospel, so that you might share in the glory of our Lord Jesus Christ.

    2 Thessalonians 2:13 – 14

    13 しかし、主に愛されている皆さん。あなたがたのことを考えると、神に感謝せずにはいられません。なぜなら、神は初めから、あなたがたを救おうとしてお選びになり、聖霊の働きと、真理に対するあなたがたの信仰によって、きよめてくださったからです。 14 神は、私たちの語った福音(イエス・キリストによる救いの知らせ)によってあなたがたを選び分かち、主イエス・キリストの栄光に招いてくださったのです。

    テサロニケ人への手紙2 2:13 – 14

    1. As a Christian, you have been chosen “in accordance with the foreknowledge of God the Father” (v.2).
      クリスチャンとして、あなたは「父なる神」の予知された通りに選ばれました。

    When a candidate runs for public office, he puts his name up for election; he tells the voters of his qualifications, he spends much money, time, and effort in campaigning, seeking to convince the public to vote for him.
    先ほどの選挙の話に戻すと,選挙に立候補するとき,候補者は前もって自分の経歴、政策、金融状況などをすべて公にして人々にアピールします。

    But in a night and day contrast to a political election, our spiritual election as a child of God is NOT because of any personal qualifications, but solely because of the grace of God.
    しかし、選挙戦とは対照的に、私たちの「神様の子供としての」立場は自分たちの経歴などによって選ばれたのではなく、ひとえに神様の恵みによるものです。

    We weren’t chosen because we were good.
    私たちは善人だから選ばれたのではありません

    10 as it is written, ‘There is none righteous, no, not one’ …
    23 for all have sinned, and fall short of the glory of God.

    Romans 3:10 & 23


    10 聖書に、次のように書いてあるとおりです。「正しい人は一人もいない。罪のない人は世界中に一人もいない。
    23 すべての人は罪を犯したので、神の標準にはほど遠い存在です。
    ローマ人への手紙 3:10 & 23

    We weren’t chosen because we had potential. By nature, we were spiritually dead.
    私たちは可能性があるからという理由で選ばれたのではありません。生まれながらに,私たちはみな精神的に死んでいたも同然でした。

    “[He raised] you also, when you were dead in your transgressions and sins.”

    Ephesians 2:1

    1 以前のあなたがたは、罪のために永遠に滅びる定めにありました。

    エペソ人への手紙 2:1

    We weren’t chosen because we would exercise faith for saving faith itself is God’s gift.
    私たちは信仰を示すからという理由で選ばれてはいません。信仰そのものは神様からの贈り物だからです。

    “And as the Gentiles heard this, they were glad, and glorified the word of God: and as many as were ordained to eternal life believed.”

    Acts 13:48

    48 これを聞いた外国人たちは歓喜し、パウロの話に耳を傾けました。そして永遠のいのちを求める人はみな、信仰に入りました。

    使徒の働き 13:48

    Did you see that the text does not say, “as many as believed were ordained to eternal life.” Faith itself is a gift of God.

    8 For it is by grace you have been saved, through faith—and this is not from yourselves, it is the gift of God—
    9 not by works, so that no one can boast. 

    Ephesians 2:8 – 9

    8 あなたがたは、恵みにより、キリストを信じることによって救われたのです。しかも、そのキリストを信じることすらも、あなたがたから自発的に出たことではありません。それもまた、神からの賜物(贈り物)です。
    9 救いは、私たちの良い行いに対する報酬ではありません。ですから、だれ一人、それを誇ることはできません。

    エペソ人への手紙 2:8 – 9

    The truth is, you were chosen “in accordance with the foreknowledge of God the Father” (v.2). “Foreknowledge” is not only referring to God’s infinite knowledge as to whom He intended to redeem, it is also referring to the fatherly love that moved Him to redeem us:
    私たちは「父なる神」の予知された通りに選ばれた,これが真実です。その予知は神様の無限な知識を示しているだけでなく、父なる愛をも示しています。

    4 For he chose us in him before the creation of the world to be holy and blameless in his sight. In love 5 he predestined us for adoption to sonship through Jesus Christ, in accordance with his pleasure and will—

    Ephesians 1:4 – 5

    4 神はこの世界をお造りになる前から、私たちを、ご自分のものとして選んでくださいました。そして、神は私たちを、ご自分の目から見て、何一つ欠点のない、きよい者にしようとお定めになりました。
    5 神の御心は、イエス・キリストを遣わし、その死によって、私たちを神の家族の一員として迎えることでした。

    エペソ人への手紙 1:4 – 5

    God the Father loved us long before there was anything loveable about us.
    父なる神様は,私たちが何者かになる前からずっと愛してくださっているのです。

    “But God demonstrates his own love for us in this: While we were still sinners, Christ died for us.”

    Romans 5:8

    8 しかし、私たちがまだ罪人であった時、神はキリストを遣わしてくださいました。そのキリストが私たちのために死なれたことにより、神は私たちに大きな愛を示してくださったのです。

    ローマ人への手紙 5:8

    1. As a Christian, we are further identified as “exiles” (in this present world).
      クリスチャンとして、私たちはこの世における「亡命者」といえます。

    The original word translated “exiles” carries the idea of being “a refugee or a temporary resident.”
    「亡命者」の本来の意味には「難民」や「一時的な滞在者」という意味が含まれています。

    Please take note that Peter is writing to Jewish and Gentile believers who were residents of what is present day Turkey. Many of them were no doubt born there — yet he identifies them as “exiles,” “spiritual sojourners,” “temporary residents.”
    ここで注意してほしいのは、ペテロがこの手紙を,今日の「トルコ」に当たるところに住んでいたユダヤ人ならびに非ユダヤ人の信者に宛てて書いているという点です。その多くは間違いなく当地の生まれであったと考えられますが、ペテロは彼らを「亡命者」「一時的滞在者」と見なしています。

    In what sense do you consider yourself as a “spiritual refugee” in this present world?
    あなたはどうでしょう。どのような点において,自分自身をこの世における「精神的な難民」と考えますか。

    The Apostle Paul identifies the Christian in this way.
    パウロはクリスチャンの存在を次のように説明しました。

    “Our citizenship is in heaven, and we eagerly await a Savior from there, the Lord Jesus Christ.”

    Philippians 3:20

    20 しかし、私たちのほんとうのふるさとは天にあるのです。そこには救い主である主イエス・キリストがおられます。私たちは、キリストがそこから迎えに帰って来られるのを、ひたすら待ち望んでいるのです。

    ピリピ人への手紙 3:20

    We tend to develop deep ties to this present world, especially to the place of our birth or longtime residence. But Peter is reminding us that as Christians we need to develop a different perspective: we must view ourselves as sojourners and even as “spiritual refugees” in this present world.
    私たちは自分が生まれたところや長い間住んでいる土地に深い愛着を持つ傾向にあります。しかしペテロは,クリスチャンとして違う観点を持つべきであると私たちに訴えます。自分自身を,この世における「精神的難民」と捉えるべきなのです。

    1 Since, then, you have been raised with Christ, set your hearts on things above, where Christ is seated at the right hand of God.
    2 Set your minds on things above, not on earthly things;
    3 for you died, and your life is now hidden with Christ in God.
    4 When Christ, who is your life, appears, then you also will appear with him in glory.

    Colossians 3:1 – 4

    1 キリストが死からよみがえられた時、あなたがたも共によみがえったのですから、天にある無尽蔵の富と喜びに目を向けなさい。そこでは、キリストが栄誉と力とを帯びて、神の右の座についておられます。
    2 地上のことをあれこれ気に病まず、天上のことで心を満たされていなさい。
    3 一度死んだわけですから、あなたがたの真のいのちは、キリストと共に天の神のもとにあるのです。
    4 真のいのちであるキリストが再び戻って来られる時、あなたがたも彼と共に輝き、そのすべての栄光にあずかるのです。

    コロサイ人への手紙 3:1 – 4

    Even if you were born and raised in the community where you presently live, view yourself as a sojourner, one whose primary citizenship is in heaven, one who is only temporarily residing in this earthly community. Consider the impact of this new and corrected perspective have on your daily life and decisions.
    生まれ育ったところに今も住んでいるとしても、自分を「旅の人」と捉えてみるのです。なぜなら、私たちの本籍は「天国」にあるからです。この新しい視点を持って自分の日常生活に向き合ってください。

    Let us treasure the word of God, because it is especially addressed to us as Christians — addressed to us as beloved children of God who find ourselves living as “spiritual exiles” in this present world.
    神様の御言葉である聖書を大切にしましょう。なぜなら聖書は,私たちクリスチャンに向けて書かれたものであり、神様に愛される者として選ばれたことの証拠だからです。この世における「旅の人」である私たちのためのものなのです。

    The Lord desires the word of the gospel to be preached to all men so that they may hear of the way of salvation and receive the Savior. But in a special way, the Bible is addressed to the believers and is for our benefit. The word of the heavenly Father addressed to His beloved children in Christ Jesus whom He has redeemed for holy fellowship
    with Himself.
    主は,福音のことばをすべての人々に述べ伝え,救いの道について耳を傾け,救い主を受け入れるようにと願っておられます。しかし特別な意味で、聖書は私たちクリスチャンのためのもの,私たちを利するものです。天の父の御言葉は,私たちが神様と交わることができるようにとキリスト・イエスによって贖われた,私たちクリスチャンのためのものなのです。

    Conclusion

    It is said that when the famous missionary, Dr. David Livingstone, started his trek across Africa he had 73 books in 3 packs, weighing 180 pounds. After his group had gone 300 miles, Livingstone was obliged to throw away some of the books because of the fatigue of those carrying his baggage. As he continued on his journey his library grew less and less, until he had but one book left–his Bible. 
    有名な宣教師であったデービッド・リビングストン博士がアフリカを横断する旅に出発したとき、彼は73冊の本を3つの包みに分けて持って行ったと言われています。その重さはなんと180ポンド(約81キロ)でした。一行が300マイルほど進んだ所で,荷物を運ぶポーターたちの負担が大きすぎたので,リビングストンはどんどん本を捨ててその重さを減らすようにしました。最終的に一冊の本だけが残りました。それは聖書でした。

    Over the course of the centuries the Bible has become far less expensive, far more affordable. But may the Bible never become cheap – may it never be viewed as something that is insignificant or of little value to us! May we receive it and cherish it as a precious letter from God. Let us treasure God’s Word, because through it the Lord communicates His loving concern for us.
    何世紀にもわたって、聖書の値段は下がり、わたしたちにとって手に入れやすくなりました。しかし聖書が安物として扱われることは決してありません。私たちにとってその価値が減じることはありません。御言葉を受け取り,神様からの貴重な手紙として大切にしてください。聖書を大切にしましょう。御言葉である聖書を通して、神様の愛を身近に感じることができるはずです。

    May we increasingly treasure the Bible for what it is: the very Word of God being communicated to us, His children in Christ, for our assurance and exhortation.
    もっともっと,聖書を大切にしていけますように。聖書が,神様の子供である私たちと交わるための大切な存在であることを意識できますように。

    May we increasingly cherish the Bible by reading it, meditating on it, listening to it, memorizing it, singing it, sharing it, obeying it and living it.
    聖書を読み、聖書の言葉に耳を傾け、記憶したり,歌ったり、分かち合ったりして、聖書の言葉に従って、聖書の言葉の通りに生きていくことができますように。

    Continue reading →