Latest Sermon
最新の礼拝メッセージ

  • Boaz: A Portrait of Generosity
    ボアズ: 寛大さの肖像
    2020-06-14

    June 14th, 2020

    Minoh International Church
    Pastor Joseph Ricohermoso
    Excerpts from the Book of Ruth
    ルツ記からの抜粋

    Introduction

    Eunice Pike had worked with the Mazatec Indians in south-western Mexico for 43 years as an SIL (Summer Institute of Linguistics) missionary. During this time she has discovered some interesting things about the Mazatec people.
    ユーニス・パイクは、SIL(Summer Institute of Linguistics)の宣教師として43年間メキシコ南西部に住むマサテコインディアンという民族と一緒に働いてきました。その間、彼女はマサテコ族について興味深いことをいくつか発見しました。

    For instance, the people seldom wish someone well. Not only that, they are hesitant to teach one another or to share the gospel with each other. If asked, “Who taught you to bake bread?” the village baker answers, “I just know,” meaning he is self-taught. He has acquired the knowledge without anyone’s help.
    例えば、マサテコ族は誰かの幸せを願うことは滅多にありません。それだけでなく、お互いに教え合うことも、福音を伝え合うことも躊躇します。例えば、「誰にパン作りを教わったのですか」と聞いたとすると、マサテコ族の村のパン屋さんは「ただ、知っているのです。」と答え、それはつまり独学ということです。彼らは誰の助けも借りずに知識を身につけるのです。

    Eunice says this odd behavior stems from the Mazatec Indian’s concept of “limited good.” They believe there is only so much good, so much knowledge, so much love to go around. To teach another means you might drain yourself of knowledge. To love a second child means you have to love the first child less. To wish someone well — “Have a good day” — means you have just given away some of your own happiness, which cannot be reacquired.
    ユーニスによると、このような奇妙な行動は、マサテコ族であるマザテックインディアンの 『限られた善 』の概念に由来すると言います。彼らは、『善、知識、それから愛は限られている』と信じています。人に教えるということは、『限りのある自分の知識を使い果たすことになるかもしれない。』と考えます。彼らにとって二人目の子供を愛することは、一人目の子供をあまり愛さないことを意味します。誰かの幸せを願うという “Have a good day” という言葉は、マサテコ族にとって、限られており、再び得ることのできない自分自身の幸福のいくつかを、他人に与えてしまうことを意味します。

    For us, however, Christians must be generous, always willing to share their blessings to others. We are like a candle that loses nothing when it lights another.
    しかし、私たちクリスチャンは自分の恵みや祝福を他にも喜んで分かち合うように寛大でなければなりません。私たちは、他を照らしながらも、自分自身は何にも失わないロウソクのようなものであるべきです。

    In the Old Testament, we find the story of Boaz. He was an honorable man who became Ruth’s husband. He typified the kind of generosity that demonstrates the love of God. He owned a large field, and like other landowners, employed reapers to gather his harvest. When the reapers finished, the less fortunate were allowed to “glean” in the field, taking whatever remained of the harvested crops. This was in keeping with the Lord’s command given in Leviticus.
    旧約聖書には、ボアズの物語が書かれています。ボアズはルツの夫となった高潔な人でした。彼は、神の愛を示す、寛大さを持った典型のような人物でした。彼は大きな農地を所有していましたが、他の土地所有者と同じように、収穫物を集めるために刈り入れ人を雇っていました。刈り入れ人が先に収穫した後、恵まれない貧しい人たちは作物の残りを何でも取って農地で「収穫」することが許されたのでした。このことは主が命令したことであり、次のようにレビ記に記されています。

    9 “When you reap the harvest of your land, do not reap to the very edges of your field or gather the gleanings of your harvest. 10 Do not go over your vineyard a second time or pick up the grapes that have fallen. Leave them for the poor and the foreigner. I am the Lord your God” (cf., Leviticus 23:22).

    Leviticus 19:9-10

    9 あなたがたの地の実のりを刈り入れるときは、畑のすみずみまで刈りつくしてはならない。またあなたの刈入れの落ち穂を拾ってはならない。
    10 あなたのぶどう畑の実を取りつくしてはならない。またあなたのぶどう畑に落ちた実を拾ってはならない。貧しい者と寄留者とのために、これを残しておかなければならない。わたしはあなたがたの神、主である。

    レビ記 19:9-10

    Ruth was one such person. Boaz’s generous spirit surfaced immediately when he saw Ruth. He asked the reapers about her identity and then expressed his generosity to her. He showed no racial prejudice against her in spite of the traditional hostility between Israel and Moab (Ruth 2:6,10). Notice both how Ruth was introduced to Boaz and how Ruth responded to him.
    ルツもそのような貧しい者の一人でした。ボアズの寛大な精神は、彼が出会ってすぐにルツに優しくしたことでもわかります。彼は刈り入れ人にルツの身元を尋ねて、彼女に親切にしました。イスラエルとモアブの間の歴史的な敵対関係にもかかわらず、人種的な偏見を見せたりしませんでした(ルツ記2章6,10節)。この時、ルツがボアズにどのように紹介されたのか、また、ルツがボアズにどのように反応したかに注目してください。

    6 The overseer replied, “She is the Moabite who came back from Moab with Naomi. 10 At this, she bowed down with her face to the ground. She asked him, “Why have I found such favor in your eyes that you notice me—a foreigner?”

    Ruth 2:6,10

    6 刈る人たちを監督しているしもべは答えた、「あれはモアブの女で、モアブの地からナオミと一緒に帰ってきたのですが、」
    10 彼女は地に伏して拝し、彼に言った、「どうしてあなたは、わたしのような外国人を顧みて、親切にしてくださるのですか。」

    ルツ記 2:6,10

    What favor did he show her? Boaz displayed his generous spirit in several ways:
    ボアズはルツにどのような好意を示したのでしょうか。ボアズはいくつかの方法で彼の寛大な精神を示しました。

    1. He was generous with his compassion.
      彼は寛大な思いやりの心を持っていた

    8 So Boaz said to Ruth, “My daughter, listen to me. Don’t go and glean in another field and don’t go away from here. Stay here with the women who work for me. 9 Watch the field where the men are harvesting, and follow along after the women. I have told the men not to lay a hand on you. And whenever you are thirsty, go and get a drink from the water jars the men have filled.”

    Ruth 2:8~9

    8 ボアズはルツに言った、「娘よ、お聞きなさい。ほかの畑に穂を拾いに行ってはいけません。またここを去ってはなりません。わたしのところで働く女たちを離れないで、ここにいなさい。 9 人々が刈りとっている畑に目をとめて、そのあとについて行きなさい。わたしは若者たちに命じて、あなたのじゃまをしないようにと、言っておいたではありませんか。あなたがかわく時には水がめのところへ行って、若者たちのくんだのを飲みなさい」。

    ルツ記 2:8~9

    He told Ruth not to glean anywhere else; she would get all she needed from him. This comes from a heart that truly cares. He had compassion on Ruth and her mother-in-law. Boaz was told about the tragic life that Ruth and Naomi were living.
    彼はルツに他のどこの土地からも拾い集めないように言いました。それは、ボアズがルツに必要なものは全て与えるという意味でした。これは本当に思いやりのある心から来ています。ボアズは、ルツとナオミの悲惨な生活を聞かされ、彼はルツとその義母を憐れみました。

    1. He was generous with his compliments.
      ボアズは褒め言葉を惜しまなかった

    11 Boaz replied, “I’ve been told all about what you have done for your mother-in-law since the death of your husband—how you left your father and mother and your homeland and came to live with a people you did not know before. 12 May the Lord repay you for what you have done. May you be richly rewarded by the Lord, the God of Israel, under whose wings you have come to take refuge.”

    Ruth 2:11~12

    11 ボアズは答えて彼女に言った、「あなたの夫が死んでこのかた、あなたがしゅうとめにつくしたこと、また自分の父母と生れた国を離れて、かつて知らなかった民のところにきたことは皆わたしに聞えました。
    12 どうぞ、主があなたのしたことに報いられるように。どうぞ、イスラエルの神、主、すなわちあなたがその翼の下に身を寄せようとしてきた主からじゅうぶんの報いを得られるように」。

    ルツ記 2:11~12

    Boaz was a godly man who was eager to reward Ruth when he learnt of her kindness to her widowed mother-in-law. He noticed her sacrifice and complimented her efforts.
    ボアズは神のような人でした。彼はルツが未亡人の義母であるナオミに親切にしていることを知り、ルツを褒めてあげたいと思いました。 ボアズはルツが捧げた犠牲に気付き、彼女の努力を褒め称えました。

    1. He was generous with his courtesy.
      ボアズは礼儀を惜しまなかった

    14 At mealtime Boaz said to her, “Come over here. Have some bread and dip it in the wine vinegar.” When she sat down with the harvesters, he offered her some roasted grain. She ate all she wanted and had some left over.

    Ruth 2:14

    14 食事の時、ボアズは彼女に言った、「ここへきて、パンを食べ、あなたの食べる物を酢に浸しなさい」。彼女が刈る人々のかたわらにすわったので、ボアズは焼麦を彼女に与えた。彼女は飽きるほど食べて残した。

    ルツ記 2:14

    He invited her to join his staff for a meal, kindly serving her all she wanted. This reminds me of our Filipino culture. Whenever someone arrives unexpectedly during mealtime, we would offer the guest to sit down with us and eat. However, meager the food on the table, we would gladly share it. Of course, the guest has the choice to either join in or decline the offer. It’s a courtesy offer.
    ボアズは彼の雇用人達と共に、彼女を食事に誘い、好きなものを好きなだけ食べさせたのでした。これを見ると、フィリピンの文化を思い出します。食事の時間に突然誰かが来た時には、私たちはそのお客さんに、一緒に座って食事をしましょうと誘います。たとえ、テーブルの上に食べ物があまりなかったとしても、喜んで食べ物を分け合います。もちろん、お客さんはその申し出を断ってもいいし、一緒に食べてもいいのです。共に誘うことは礼儀作法なのです。

    1. He was generous with his crops.
      ボアズは作物に寛大であった

    15 As she got up to glean, Boaz gave orders to his men, “Let her gather among the sheaves and don’t reprimand her. 16 Even pull out some stalks for her from the bundles and leave them for her to pick up, and don’t rebuke her.”

    Ruth 2:15~16

    15 そして彼女がまた穂を拾おうと立ちあがったとき、ボアズは若者たちに命じて言った、「彼女には束の間でも穂を拾わせなさい。とがめてはならない。
    16 また彼女のために束からわざと抜き落しておいて拾わせなさい。しかってはならない」。

    ルツ記 2:15~16

    He told his reapers to put out extra bundles of grain for her to find. It’s the kind of giving that is not based on giri custom or simply as a social obligation or seasonal giving, where a return gift is almost always expected.
    ボアズは刈り取り人に、ルツが収穫するために余っている穀物の束をわざと出すように言いました。このようなボアズの行為は「義理」という気持ちから来るものではなく、単に社交辞令やお歳暮のような季節の贈り物としてでもなく、見返りが期待されているような類い(たぐい)のものでもありませんでした。

    Boaz generosity goes beyond obligation to seeking the good of the needy relative, who has no ability to repay the good deed done to her. Boaz clearly demonstrated the grace of God.
    ボアズの寛大さは義務感を超えていました。それはまるで、助けてもらっても何もお返しをすることができない、貧しい親戚に与えてあげるようなものでした。ボアズは自ら、神の恵みをはっきりと示したのです。

    1. He was generous with his credibility.
      ボアズは信頼の厚い人であった

    11 And now, my daughter, don’t be afraid. I will do for you all you ask. All the people of my town know that you are a woman of noble character. 12 Although it is true that I am a guardian-redeemer of our family, there is another who is more closely related than I. 13 Stay here for the night, and in the morning if he wants to do his duty as your guardian-redeemer, good; let him redeem you. But if he is not willing, as surely as the Lord lives I will do it. Lie here until morning.”

    Ruth 3:11~13

    11 それで、娘よ、あなたは恐れるにおよびません。あなたが求めることは皆、あなたのためにいたしましょう。わたしの町の人々は皆、あなたがりっぱな女であることを知っているからです。
    12 たしかにわたしは近い親戚ではありますが、わたしよりも、もっと近い親戚があります。
    13 今夜はここにとどまりなさい。朝になって、もしその人が、あなたのために親戚の義務をつくすならば、よろしい、その人にさせなさい。しかし主は生きておられます。その人が、あなたのために親戚の義務をつくすことを好まないならば、わたしはあなたのために親戚の義務をつくしましょう。朝までここにおやすみなさい。

    ルツ記 3:11~13

    Yibbum is the form of levirate marriage found in Judaism. As specified by Deuteronomy 25:5-10, the brother of a man who died without children is permitted and encouraged to marry the widow. However, if either of the parties refuses to go through with the marriage, both are required to go through a ceremony known as halizah, involving a symbolic act of renunciation of their right to perform this marriage. (https://en.wikipedia.org/wiki/Levirate_marriage)
    イブームとは、ユダヤ教でなされるレビレート婚と言うの形式の結婚です。申命記25章5-10節で書かれているように、子供がいない兄弟の未亡人と結婚すると言う慣例のことです。しかし、どちらか一方の当事者が結婚を拒否した場合、両方の当事者が、結婚を放棄するためにハリツァーと言う儀式を行う必要があります。

    When Ruth asked Boaz to keep alive the name of her late husband by fulfilling the duties of a close relative (kinsman redeemer), Boaz responded generously. He was open and honorable in all his dealings with her, whether concerning marriage or property (Also, Ruth 4:1~6).
    He showed respect by doing what was right by her request.
    ルツはボアズに、近親者として贖い人(買い戻し人)になってほしいが、亡き夫の名は生かしておいてほしいと頼みました。ボアズは寛大に応えました。ボアズは、結婚や財産のことであれ、ルツとのすべての約束において、率直で真摯な態度を示しました(ルツ記4章1~6節)。
    ボアズは彼女の要求に応じ、正しいことをすることで、ルツに尊敬の念を示しました。

    1. He was generous with his commitment.
      彼は約束を立派に果たす人であった

    9 Then Boaz announced to the elders and all the people, “Today you are witnesses that I have bought from Naomi all the property of Elimelek, Kilion and Mahlon. 10 I have also acquired Ruth the Moabite, Mahlon’s widow, as my wife, in order to maintain the name of the dead with his property, so that his name will not disappear from among his family or from his hometown. Today you are witnesses!”

    Ruth 4:9~10

    9 ボアズは長老たちとすべての民に言った、「あなたがたは、きょう、わたしがエリメレクのすべての物およびキリオンとマロンのすべての物をナオミの手から買いとった事の証人です。
    10 またわたしはマロンの妻であったモアブの女ルツをも買って、わたしの妻としました。これはあの死んだ者の名を起してその嗣業(しぎょう)を伝え、死んだ者の名がその一族から、またその郷里の門から断絶しないようにするためです。きょうあなたがたは、その証人です」。

    ルツ記 4:9~10

    Boaz wished to persuade, his relative, who had the immediate right of redemption, either to perform the part of a kinsman to Ruth, the wife of his deceased relative, or cede the right to him. He arranged a meeting at the city gate, a public place where business is conducted. He also invited some of the elders of the place as witnesses.
    ボアズは、すぐに買い戻しの権利を持つ親族を説得して、亡くなった親族の妻ルツの、近親者としての役割を果たすか、または自分に買い戻しの権利を譲ってもらえるように頼みました。ボアズは、商売が行われる公共の場所である市の門での集会を手配し、彼はまた、その場所の長老たちを証人として招きました。

    After they were all seated, he explained the matter, and obtained the acknowledgement he wanted with all the formality prescribed by the law, which was to “pull off his shoe”; and concluded the business transaction (See, Ruth 4:1~6).
    彼らが全員着席した後、ボアズが事の成り行きを説明すると、親戚が「自分の靴を脱ぐ」という律法に定められた正式な方法を取ったので、ボアズが望んでいた譲渡の權利を得ることができ、取引を終えました。(ルツ記4章1~6節参照)

    7 Now in earlier times in Israel, for the redemption and transfer of property to become final, one party took off his sandal and gave it to the other. This was the method of legalizing transactions in Israel.

    Ruth 4:7

    7 むかしイスラエルでは、物をあがなう事と、権利の譲渡について、万事を決定する時のならわしはこうであった。すなわち、その人は、自分のくつを脱いで、相手の人に渡した。これがイスラエルでの証明の方法であった。

    ルツ記 4:7

    There was no writing on the occasion, yet the transfer was made, and complete security given, by the acknowledged testimony of the elders and people that were present.
    その時のことは何も書かれていませんが,長老やその場にいた人々から認められたと言う証言によって譲渡が行われ,ボアズは買い戻しに関する完全な保証を得る事ができました。

    He committed himself to ensuring that Ruth’s former husband had offspring to carry on his name. He married Ruth, and the child born to them was an ancestor of King David and of Jesus our Lord and Savior (Ruth 4:18~22; Matt 1:1,5).
    ボアズはルツの亡くなった前の夫の名を受け継ぐ子を持つ事ができるように、彼女に約束しました。ボアズはルツと結婚し、二人の間に生まれた子供は後にダビデ王の先祖になります。ダビデは私たちの主であり救い主であるイエスの先祖です。(ルツ記4章18~22節、マタイ書1章1,5節)

    Conclusion

    You can give without loving, but you cannot love without giving. Believers who fail to display generosity should ask themselves, “Do I really love people as I should? When we err, we must err on the side of generosity.
    愛がなくても与えることはできますが、与えることなく愛することはできません。ですから、寛大さを示すことができない信者達は、「私は本当に人々を愛せているのだろうか」と自問しなければなりません。私たちが与える事で間違いを犯すのだとすれば、与えないよりは、与えすぎて過ちを犯す方がいいと思います。

    Jesus encouraged this generous spirit when He taught, “If anyone wants to sue you and take your shirt, hand over your coat as well. If anyone forces you to go one mile, go with them two miles” (Matthew 5:40~41).
    イエス様は、このような寛大な精神を私達に教えてくださり、励ましてくださいました。マタイ書5章40~41説には、次のように書かれています。
    「40あなたを訴えて、下着を取ろうとする者には、上着をも与えなさい。41もし、だれかが、あなたをしいて一マイル行かせようとするなら、その人と共に二マイル行きなさい。」

    A generous spirit drove Boaz to go the second mile with Ruth, even before he realized she might become his wife. He thought at first that she would be attracted to a younger man.
    寛大な精神がボアズを駆り立て、ルツが自分の妻になるかもしれないと彼が気づく前から、ルツと共に2マイル先まで行くような寛大さを、ボアズは示しました。しかし実はボアズは最初、ルツが若い男に惹かれるだろうと考えていました。

    10 “The Lord bless you, my daughter,” he replied. “This kindness is greater than that which you showed earlier: You have not run after the younger men, whether rich or poor.

    Ruth 3:10

    10 ボアズは言った、「娘よ、どうぞ、主があなたを祝福されるように。あなたは貧富にかかわらず若い人に従い行くことはせず、あなたが最後に示したこの親切は、さきに示した親切にまさっています。

    ルツ記 3:10

    Even so, Boaz gave her extra time, attention, grain, respect, favor and honor.
    それでも、ボアズは彼女に有り余る、時間、注目、穀物、尊敬、好意、名誉を与えました。

    How about you? Who would describe you as generous?
    あなたはどうですか?あなたは誰かに寛大だと思われているでしょうか?

    6 Remember this: Whoever sows sparingly will also reap sparingly, and whoever sows generously will also reap generously.

    2 Corinthians 9:6

    6わたしの考えはこうである。少ししかまかない者は、少ししか刈り取らず、豊かにまく者は、豊かに刈り取ることになる。

    コリント人への第二の手紙 9:6

    Continue reading →