2 Corinthians

15 April, 2018

There are three questions I’d like to ask you this morning.
今朝、あなたに聞きたい質問が3つあります。

  1. What is your greatest treasure?
    あなたのいちばんの宝物は何ですか?
  2. Aside from the Kingdom of God, what is your greatest association?
    神の御国は別として、あなたがいちばん関わっていることは何ですか?
  3. If you could experience anything at all, what would be the greatest thing you could possibly experience?
    何でも経験できるとしたら、いちばん経験したいことは何ですか?

We’re going to look at these questions as we continue our journey through the Bible. We began with Genesis in 2013 [image] , and are aiming to finish at Revelation by the end of this year. We have been covering every book in order, and today we arrive at 2 Corinthians.
私たちは聖書の旅を続けながら、次の質問を見ていきましょう。私たちは、2013年に創世記から聖書の勉強を始めました。今年末までに「黙示録」で、この聖書の旅が終わることを目標にしています。私たちはすべての書を順番に見て来ましたが、今日はコリント人への第二の手紙を読んでいきましょう。

2 Corinthians was written by Paul in 55AD. This was the same year that he wrote 1 Corinthians. The book carries a lot of spiritual teachings. It also includes a lot of personal matters, and reveals a lot of Paul’s personality.
コリント人への第二の手紙は紀元前55年にパウロによって書かれました。これは第一コリント人を書いた時と同じ年でした。この第二コリント人の書にはたくさんの精神的な教えが書かれています。そこには個人的な事柄も多く含まれていて、パウロがどんなひとだったのかをたくさん読み取ることができます。

The letter addresses the issue of false teachers, and the false accusations made against him. He appeals to the integrity of his personal life as proof that the life-transforming message of the gospel is true. This becomes a great challenge for us to do the same.
この手紙は、偽りの教えの問題と、彼に対してなされた誤った告発、非難について書かれています。彼は、人生を変えてくれる福音のメッセージが真実である証拠として、彼個人の人生がどれほど尊厳を持っているのかを訴えています。これは私たちにも同じように、大きな課題となります。

I’d like to look three passages from the book which address the three questions I asked at the beginning.
私は最初に尋ねた3つの質問に答えるために3つの書を読んで行きたいと思います。

  1. The first passage is:
    三つの書の一つ目は、

The god of this age has blinded the minds of unbelievers, so that they cannot see the light of the gospel that displays the glory of Christ, who is the image of God. For what we preach is not ourselves, but Jesus Christ as Lord, and ourselves as your servants for Jesus’ sake. For God, who said, “Let light shine out of darkness,” made his light shine in our hearts to give us the light of the knowledge of God’s glory displayed in the face of Christ. But we have this treasure in jars of clay to show that this all-surpassing power is from God and not from us.
2 Corinthians 4:4-7

彼らの場合、この世の神が不信の者たちの思いをくらませて、神のかたちであるキリストの栄光の福音の輝きを、見えなくしているのである。 しかし、わたしたちは自分自身を宣べ伝えるのではなく、主なるキリスト・イエスを宣べ伝える。わたしたち自身は、ただイエスのために働くあなたがたの僕にすぎない。 「やみの中から光が照りいでよ」と仰せになった神は、キリストの顔に輝く神の栄光の知識を明らかにするために、わたしたちの心を照して下さったのである。 しかしわたしたちは、この宝を土の器の中に持っている。その測り知れない力は神のものであって、わたしたちから出たものでないことが、あらわれるためである。 コリントの信徒への手紙二4:4-7
第二コリント人 4章:4-7

Does anyone know who this is? [image] This is Israel Folau.[image]
みなさん、これが誰だか知っていますか? [image]これはイスラエル・フォローです。[image]

He plays fullback for the Wallabies, the Australian rugby team. He is one of the greatest players to ever play the game, and holds the distinction of being the only person to ever play professionally at the top level in three football codes (rugby union, rugby league and the AFL), and in two of those (rugby union, rugby league) he played for his country.
彼はオーストラリアのラグビーチーム、ウォラビーズのフルバックをしているラグビー選手です。彼は今までで最高のプレイヤーの一人であり、3つのフットボール・コード(ラグビー・ユニオン、ラグビー・リーグ、AFL)のトップレベルで専門的にプレーする唯一の人であることと、それらの2つ、ラグビーユニオンとラグビーリーグでは、彼は国の代表選手でした。

He is a once-in-a-lifetime athlete. He is also in a lot of hot water at the moment.
彼は一生に一度のアスリートです。彼は現時点では、もっとも熱い論議の渦中にいる人です。

He is in hot water because he is an outspoken Christian and he is not afraid to speak the gospel to a world that hostile towards it. Last week on social media, in response to a question, he tweeted that gay people were destined for hell “unless they repent of their sins and turn to God”.
彼は熱心なクリスチャンであり、彼は、キリスト教に関して敵対的な世界に福音を話すことを恐れないので、論議の渦中にいるということです。先週のソーシャルメディアでは、ある質問に次のように答えました。「同性愛者は、彼らの罪を悔い改めて神に目を向けない限り、地獄にいく運命になってしまう。」とツイートしたのでした。 同性愛者は“その罪を悔い改めて、神に立ち返らないかぎり”地獄に行く運命にある

Firstly, let me say, this sort of tweet is problematic in a number of ways, and highlights the dangers of using social media where there is little room for error, context or teaching. It makes no distinction between gay people and homosexual activity, it doesn’t mention that God loves all people – gay and straight alike, that all those who are unrepentant – gay and straight alike – are destined for hell, and that all those who are repentant – gay and straight alike – are destined for eternity with God in heaven.
私個人的には、まず、話の流れもわからず、状況の説明があまりできないソーシャルメディアを使って、このようなツイートをするのは危険だと思います。同性愛者も異性愛者も神を信じていない人々は地獄に行くことが運命づけられ、悔い改めているすべての人は同性愛者、異性愛者に関係なく、天国の神との永遠を得られると言ってしまったのでは、神はすべての人々を愛しているとは言えなくなってしまいます。

But the tweet went out and the fat was in the fire, so to speak. Social media and the news media went nuts, asking questions like, How dare he say such a thing?, Should such intolerant opinions be allowed in the public forum?, Should he be banned from representing his country? and so on.
しかし、そのツイートは発信されてしまい、話題は炎上しました。ソーシャルメディアとニュースメディアは大騒ぎをし、どうして彼がそのようなことを言ったのだろうか、そのような容赦のない意見が公に公開されるのを認めて良いのだろうか、彼が国を代表してプレーをすることを禁止すべきか?等々と反論し始めました。なんてことを言うんだろう。そんな不寛容な意見を公の討論の場に載せてもいいのか?彼を国の代表から追放処分にするべきだろうか?

In all the firestorm, the one question that was never asked, and the only question that really matters is, ‘Is it true that the unrepentant are destined for hell?
そのように激しい議論の中で、決して尋ねられなかった1つの質問があります。ここで本当に重要な唯一の質問は、「それは本当ですか?」という質問です。悔い改めない人が地獄に行くと運命づけられているのは本当ですか?という質問を誰もしませんでした。

Why isn’t this question even considered? Paul tells us why in the passage we just read.
なぜこの質問は考慮されないのでしょうか?パウロは私たちに、次の聖句の中でその理由を教えてくれています。

The god of this age has blinded the minds of unbelievers, so that they cannot see the light of the gospel that displays the glory of Christ, who is the image of God.
彼らの場合、この世の神が不信の者たちの思いをくらませて、神のかたちであるキリストの栄光の福音の輝きを、見えなくしているのである。

Whilst I would encourage you to be very careful using social media, and to be gentle and loving in your sharing of the whole gospel, know this: if you’re going to live as a Christian in this world, prepare to be opposed, because:
みなさんに、ソーシャルメディアを使用するにあたって注意してくださいという一方で、福音を分かち合うことで互いに優しく愛することを勧めますが、次のことを知っておいてもらいたいと思います。この世でクリスチャンとして生きようとするなら、反発されるのを覚悟しておいてください。

The god of this age has blinded the minds of unbelievers, so that they cannot see the light of the gospel that displays the glory of Christ, who is the image of God.
この世の神が不信の者たちの思いをくらませて、神のかたちであるキリストの栄光の福音の輝きを、見えなくしているのである。

This, in another way, is a powerful verse. It reveals to us how holy God is, how completely and utterly above us God is. Look at this verse and tell me exactly what it is that unbelievers cannot see? Is it the light of the gospel or the glory of Christ or the image of God?
この節は神がどんなに聖であるかを明らかにしています。
これは、ある意味、力強い聖句です。神がどのように聖く、どのように完全で、そしていかに私たちのはるか天の上に神がおられるかを表現しています。この句を読んで、髪を信じない人たちが見ることができないものは、なんでしょうか?それは福音の光か、キリストの栄光か、または神のイメージでしょうか?

God is so holy and this world has become so sinful that sinners cannot see God. In fact, they can’t even see the image of God. In fact, they can’t even see the glory of Christ who is in the image of God. In fact, they can’t even see the light of the gospel of the glory of Christ who is the image of God. They have become so far removed from God by their sin, that they have been blinded to the truth.
神はとても聖なるものであり、この世は罪深くなり、罪人は神を見ることができません。実際、神を信じていない彼らは神のイメージを見ることさえできません。実際、彼らは神のイメージから造られたキリストの栄光でさえ見ることができません。彼らは、彼らの罪によって神から離れてしまったので、今では盲目になり真実が見えなくなってしまっています。

Ezekiel had a similar experience, by the way. When God appeared to him, it says that
エゼキエルも同様の経験をしていました。神が彼の前に現れた時のことを、次のように書いています。

Like the appearance of a rainbow in the clouds on a rainy day, so was the radiance around him [God]. This was the appearance of the likeness of the glory of the Lord.
Ezekiel 1:28

そのまわりにある輝きのさまは、雨の日に雲に起るにじのようであった。主の栄光の形のさまは、このようであった。わたしはこれを見て、わたしの顔をふせたとき、語る者の声を聞いた。
エゼキエル書1:28

Aside from Christ, who gives us access to the Father, there is a blinding distance between people and God. And so with our words and with our gentle lives, this is what we preach, says Paul: Jesus Christ, and not ourselves.
父である神へと私たちを繋げてくれるキリストのほかに、人々と神の間にはかけ離れた距離があります。そして、これは私たちが説いていることですが、私たちの言葉と穏やかな人生で、ポールは、「私たちではなく、イエス・キリストである」と言っています。
人と神の間にはかけ離れた距離があります。
私たちはイエス・キリストを宣べ伝えます。

We are like clay jars: common, simple, fragile vessels, nothing remarkable in or of ourselves. But we have within us this treasure – the gospel of Jesus – and that is what thrills us, that is what we work to reveal through our lives, and that is our glory.
私たちは粘土の瓶のようなものです。簡単に言えば、私たちは、すぐ壊れてしまう船、取り立てて良いものを持っているわけでもありません。しかし、私たちの心の中にはこの宝物、すなわちイエスの福音があります。それは私たちの喜びです。私たちの人生を通して、福音を他の人々に示すために働くのです。それが私たちの栄光です。

I asked at the start, what is your greatest treasure?
私は最初に尋ねましたね。あなたの最大の宝は何ですかと?

Our greatest treasure is the gospel of Christ.
私たちのいちばんの宝はキリストの福音です。

  1. The second passage is:
    三つの書の二つ目は、

If the gospel of Christ is our greatest treasure, what then, is to be our greatest earthly association? Paul writes in 2 Corinthians 6:14-18:
もし、キリストの福音が私たちにとって最も偉大な宝物なら、その福音とは一体どういうものなのでしょうか。パウロは、コリント第二6:14-18 で次のように言っています。

Don’t be teamed with those who do not love the Lord, for what do the people of God have in common with the people of sin? How can light live with darkness? And what harmony can there be between Christ and the devil? How can a Christian be a partner with one who doesn’t believe? And what union can there be between God’s temple and idols? For you are God’s temple, the home of the living God, and God has said of you, “I will live in them and walk among them, and I will be their God and they shall be my people.” That is why the Lord has said, “Leave them; separate yourselves from them; don’t touch their filthy things, and I will welcome you and be a Father to you, and you will be my sons and daughters.”
2 Corinthians 6:14-18

不信者と、つり合わないくびきを共にするな。義と不義となんの係わりがあるか。光とやみとなんの交わりがあるか。キリストとベリアルとなんの調和があるか。信仰と不信仰となんの関係があるか。神の宮と偶像となんの一致があるか。わたしたちは、生ける神の宮である。神がこう仰せになっている、/「わたしは彼らの間に住み、/かつ出入りをするであろう。そして、わたしは彼らの神となり、/彼らはわたしの民となるであろう」。だから、「彼らの間から出て行き、/彼らと分離せよ、と主は言われる。そして、汚れたものに触れてはならない。触れなければ、わたしはあなたがたを受けいれよう。そしてわたしは、あなたがたの父となり、/あなたがたは、/わたしのむすこ、むすめとなるであろう。全能の主が、こう言われる」。
コリントの信徒への手紙二6:14-18

Paul doesn’t pull any punches. This is a vital and urgent teaching for Christians.
このように、パウロは手加減をしません。これはクリスチャンのための、重要かつ今まさに必要な教えです。

It does not mean that we don’t associate with non-believers. On the contrary, it’s good and important that we do, if for no other reason than who will shine the light of Christ into people’s lives if not for us?
それは、私たちが信じない者と交わらなくても良いことを意味するものではありません。それどころか、他の人々の人生をキリストの光で照らすことを私たちがしなければ、一体誰がするのでしょうか?

But it does mean we don’t enter into partnerships with those who don’t share our faith. This would most aptly apply to marriage and to business partnerships.
その意味は、信仰を分かち合えない人たちとパートナーシップを結ばないということなのです。これは、結婚やビジネスパートナーシップのことだと考えると、よく当てはまり、わかりやすいと思います。同じ信仰を持たない人たちとは私たちは関係を結びません。

This teaching goes to the heart of our decision-making. On what basis do we make our primary decisions and our associations? To please ourselves or to please God? To make money or to make disciples?
この教えは、私たちが何かを決断する時の要となります。どのような基準で私たちは決断し、協力しあいますか?自分自身の幸せのために決断しますか、神を喜ばせるために決断しますか?お金を稼ぐために決断しますか?あるいは弟子訓練になるからという理由で決断しますか?

Our life decisions need to be made with the ultimate goal being our holiness and God’s glory.
私たちが聖くあり、神の栄光を表すということを究極の目標にして人生の決断をする必要があります。(私たちが聖であって、神の栄光を表すことを究極の目標にして人生の決断をする必要があります。)

Our holiness and God’s glory are automatically compromised when we are yoked together with unbelievers in pairings like marriage and business partnerships. And if we think we can be the exception and survive in them, then we’re being very foolish.
結婚やビジネスパートナーシップのような結びつきの場合、不信者たちと一緒になったときに、私たちの神聖さと神の栄光は当然損なわれてしまいます。自分一人が例外であり、自分だけは大丈夫だと思っているなら、それは非常に愚かな考えです。

Go out into the world and love God, make disciples, bless all; but do not pair up with those who do not love the Lord because it will only lead to compromise.
この世に出て行き、神を愛し、弟子として、すべての人々を祝福してください。しかし、主を愛していない人々と深く結びつかないでください。それは妥協につながるだけです。

What is your greatest association? Marriage? Church? Business? Friendship? Whatever it is, make sure it is with those who share your love of God.
あなたの最大の関心事は何ですか?結婚?教会?ビジネス?友情?それが何であれ、あなたの神に対する愛を分かち合える人たちと一緒にいることを確認してください。(神の愛をともに分かち合う人たちといちばんつながっているようにしましょう。)

  1. The third passage is 2 Corinthians 12:2-4:
    三つ目の聖書の箇所はコリント人への第二の手紙第12章2-4節です。

If your greatest treasure is the gospel, and your greatest association is with those who love God, then what would you want your greatest experience to be?
あなたの最大の宝物が福音であり、あなたが神を愛する人たちと結びついているなら、あなたはどんな経験を一番にしたいでしょうか?

Paul shares with us in 2 Corinthians 12:2-4 an experience that he had:
パウロは、コリント人への第二の手紙第12章2-4節で彼がした経験を次のように言っています。

Fourteen years ago I was taken up to heaven for a visit. Don’t ask me whether my body was there or just my spirit, for I don’t know; only God can answer that. But anyway, there I was in paradise, and heard things so astounding that they are beyond a man’s power to describe or put in words (and anyway I am not allowed to tell them to others).< 2 Corinthians 12:2-4

わたしはキリストにあるひとりの人を知っている。この人は十四年前に第三の天にまで引き上げられた――それが、からだのままであったか、わたしは知らない。からだを離れてであったか、それも知らない。神がご存じである。パラダイスに引き上げられ、そして口に言い表わせない、人間が語ってはならない言葉を聞いたのを、わたしは知っている。
コリントの信徒への手紙二12:2-4

I’m just curious, who would like to experience something like this? I would!
ここで、興味があるのでちょっと聞いてみたいのですが、誰がこのようなことを体験したいですか?私は体験してみたいです!

But there is something that I have learned time and time again as I walk this earth, and strive and fall and pray and hope, and it’s this: God knows me better than I know myself.
しかし、私がこの世界で生きながら、何度も何度も学んだことがあります。努力したが失敗し、祈り、そして希望を持ちました。それはこういうことです。神は私のことを私が知っている以上によく知っているということです。

I strive and I hope and I pray for great things. Sometimes I receive or achieve them, often I don’t. But I’m at peace with that because I know that God knows me better than I know myself.
私は良いことが起こるように望み祈るように努力しています。よく起こるというわけではありませんが、私は、時々ですが、良いことがおこったり、何かを達成できることがあります。しかし、神は私のことを私が知っている以上によく知っているので、それでも十分に幸せです。

God knows that if I received some of the things I hope for, that they would lead me to ruin, no matter how wonderful or godly I might happen to think they are. Praise God that He knows better.
私が望んでいることを受け取った場合、それらがどれほど素晴らしくても神聖なものであっても、私を滅ぼす結果になることを神は知っています。私たちに良いことを神が知っていることを讃えましょう。

We see this here with Paul. He is given this surpassingly great revelation. Despite all his sufferings – and he lays them all out in 2 Cor 11:23-28 (you can read them all for yourself) – God was still concerned that this inexpressibly wonderful experience could lead to conceit.
私たちはここで、パウロと同じことを感じとることができます。パウロはこの驚くほどの大きな啓示を受けています。パウロはたくさんの苦悩を受けたにもかかわらず、第二コリント人11:23-28で自身の経験したことを、すべて言い尽くしているのです。(あとで、自分で読んでみてください。) 神は、この言い表せない素晴らしい経験がパウロのうぬぼれに繋がるのではないかと、まだ懸念していました。

So to keep him from conceit, Paul was given a “thorn in his flesh”. We don’t know what the thorn was, and I don’t think there’s any value in speculating. But three times Paul asked God to take it away, and each time God gave him the same answer:
だからパウロを自慢させないために、パウロに「肉の棘いばら」を与えられました。.私たちには、そのいばらが何であったのか分かりませんが、推測しても何の意味もないと思います。しかし、パウロはそのいばらを取り除いてくださいと、三度、神に尋ねました。そして毎回、神は同じ答えをパウロに与えました。

“No. But I am with you; that is all you need. My power shows up best in weak people.”
2 Corinthians 12:9

「わたしの恵みはあなたに対して十分である。わたしの力は弱いところに完全にあらわれる」。
コリントの信徒への手紙二12:9

“My power shows up best in weak people.” God can’t/won’t use conceited people. He can’t use His power in people who have their treasure elsewhere. He can’t use His power in people who are partnered with those who don’t believe in Him.
私の力は弱い人に一番よく表される。神はうぬぼれた人をお使いにはなりません。彼は他の場所で宝を持っている人々に彼の力を使うことはできません。神は、神を信じない人と結びついている人々に神の力を使うことはできません。

God uses the weak, the meek, the humble, the hurting and the broken – those who are dependent on Him.
神は弱い者、柔和な者、謙った者、神に頼る者を用いてくださいます。

What would be the greatest thing you could possibly experience? The greatest thing you can experience is not that which showcases your excellence. The greatest thing you can experience is that which best showcases the excellence (the glory) of Jesus in your life.
あなたが経験するであろうと思われるすごいものは何ですか?あなたが体験できる最高のものは、あなたの素晴らしさを示すものではありません。あなたの人生を通して、イエスの栄光を表すことが、あなたにできるいちばんの経験です。

By all means, I encourage you to seek great things for your life, have dreams, set high goals, work for them and pray that God will grant them. But seek first the Kingdom of God and its righteousness, and delight in the knowledge that God knows you better than you know yourself.
私は、あなたの人生に起こる素晴らしいことを求め、夢をもち、高い目標を設定し、働きかけ、神がそれらを与えてくれるのを祈ることを是非、お勧めします。しかしまず神の国とその義を求め、神があなたのことをあなたが知っている以上によく知っているということを喜んでください。

His plans for you are greater than any plans you could come up with on your own. Rejoice in this.
あなたのための神の計画は、あなた自身では思いつくことはできないような壮大な計画です。このことを喜んでください。

Pray.