2 Thessalonians

1 July, 2018

Isn’t it wonderful when you come across something in the Bible that you’ve never noticed before? There I was preparing to continue our study of the books of the Bible – we’re up to 2 Thessalonians today – when something hit me. It wasn’t Toy or Remi. It was the realisation that every book of the Bible written by Paul, starts and ends with exactly the same greeting, the same focus. Every book written by Paul starts and ends with the same thing. Can anyone tell me what it is?
聖書を読んでいて、以前に気付いたことのないことに気づくというのは素晴らしいことだと思いませんか?それは私が聖書の学びの準備をしようとしていた時のことでした。ちなみに私たちの学びは第二テサロニケ人まで進んでいますが、聖書を読んでいて、あることに気づいたのです。パウロが書いた聖書のすべての書は、まったく同じ挨拶で始まり、同じ挨拶で終わります。パウロによって書かれたすべての書は、同じことで始まり、同じことで終わります。それが何であるか誰かわかりますか?

パウロが書いた手紙はどれも全く同じ挨拶で始まり終わっています。
パウロのテサロニケ人への手紙は次の5つのトピックから構成されています。
1つ目のトピックは恵みについてです。

  1. Grace.
    恵み

Every book written by Paul starts with: Grace and peace to you from God the Father and the Lord Jesus Christ (or very close variants of this).
パウロによって書かれたすべての書は、次のように始まります:わたしたちの父なる神と主イエス・キリストから、恵みと平安とが、あなたがたにあるように。

And every book written by Paul ends with: The grace of our Lord Jesus Christ be with you all (or very close variants of this).
そして、ポールが書いたすべての本は次のように終わります。私たちの主イエス・キリストの恵みは、皆さんと共に。

This a big deal. It sets an example for us. The grace of God is to be the beginning and the end for us, too. The grace of God is to be the first thing we think about when we wake and the last thing on our mind when we sleep. It’s to be the essence of how we start and end a conversation.
これは大きな問題です。それは私たちに例(たとえ)を示してくれます。 神の恵みは私たちにとって始まりと終わりとなる原点です。神の恵みは、私たちが寝ても覚めても考えるべきこと、始まりで終わりのことです。私たちの会話の一部始終は恵みのことであるべきなのです。

We are to be people of grace, though and through, because we are nothing if not for God’s grace in our lives. God’s grace must shape our character, transform our minds, guard our mouths, order our priorities, fill our relationships, direct our paths, and form our identities.
私たちは、恵みの人であるべきです。神の恵み無くしては、私たちは取るに足らない人間です。神の恵みは、私たちの性格を形作り、私たちの心を変え、私たちの口を守り、私たちに優先順位を教えてくれ、私たちの人間関係を満たし、私たちに道を教え、私たちの人格を作ります。 (神の恵みは私たちの品性を形作り、私たちの心を変え、私たちの口を守り、私たちの優先順位を立て、私たちの人間関係を満たし、私たちに道を教え、私たちのアイデンティティーを作ります。)

Living under God’s grace means that we are always humble, we are experts at forgiving others because we know how much we ourselves have been forgiven. We’re quick to love those that others avoid. And we are driven to share with others the grace that God showers on us, because we know that nothing impacts a hostile world more than a demonstration of grace.
神の恵みの下(もと)に生きているということは、私たちが常に謙虚であるということを意味します。私たちは、自分たちがどれほど赦されたかを知っているので、他人を許せるようになります。私たちは他人が避けるような厄介な人々でも愛すことができます。この敵のような世界に、神の恵を証するより他に何も影響力を持ち合わせないことを知っているので、神が私たちの上に降り注いでくれる神の恵みを、他の人と分かち合いたいと思うようになります。

I’d like to show you a video of what grace looks like. This is a recent video of a state competition high school baseball game in the States (something like Koshien here). The pitcher strikes out the batter to win the game for his team. But the batter is an old friend of the pitcher’s from long ago. As his team celebrates, watch how the pitcher demonstrates grace.
[Video: https://www.youtube.com/watch?v=mdBn2NhK8uw]
恵みとはどのようなものかを表している映像をお見せしましょう。これは、州内の競技高校野球の最近のビデオです。日本でいう甲子園野球のようなものです。投手はチームのために試合に勝つために打者からスリーストライクを取ろうとします。しかし、打者は、彼がずっと知っている古い友達です。彼のチームは勝利を喜んでいる中、この投手は私たちに恵みとはどんなものかを教えてくれています。

What a wonderful example of grace! Putting another’s concerns before your own.
This is an example of how graciousness affects people and changes the world.
これこそまさに、恵みの素晴らしい例です!他の人の心配を自分の心配よりも優先する。これは、人々に影響を与え、世界を変えることのできる美徳の一例です。

The grace of God is a big deal. It changes the world. That’s why Paul starts and ends every letter with it, and that’s why we must start and end every encounter and every day with it.
神の恵みは大きな意味を持ちます。それは世界を変えます。そういうわけで、パウロの手紙は恵みから始まり恵みで終わります。そのため、私たちはどんな時でも、毎日恵みから始まり、恵みで終わることを感じていなければならないのです。

次にパウロは神を感謝し合うことについて書かれています。

  1. Giving thanks to God for one another.
    互いに神に感謝をしあう

A second emphasis in Paul’s second letter to the Thessalonians is giving thanks to God for one another. We’ve seen this in Paul’s letters before. But he goes further in this one.
テサロニケ人へのパウロの第二の手紙の次のポイントは、「私たちは、お互いに神に感謝しなければならない」ということです。私たちは以前にパウロが手紙の中で同じことを書いているのを読みました。

Firstly, he says, we are to give thanks to God for one another. (1:3) Doing this honours God who is at work in each of our church family members, it brings forth blessing on those we are praying for, and it strengthens our relationships with each other.
しかし、パウロはさらにこの点を突き詰めて書いています。まず、彼はお互いに神に感謝しなければならないと言います。 (1:3)このことは、各教会の家族それぞれに働きかけてくださる神に敬意を表し、私たちが祈っている人々に祝福をもたらし、互いの人間関係を強くしてくれます。
(互いに神に感謝をしあう)

But he goes beyond this here. He says that we are to boast about each other. We are to brag about our brothers’ and sisters’ perseverance and good works in the faith. There’s no room for gossip! We are to encourage one another directly, but also to boast about our church family to others. What a great environment that makes!
しかし神はそれでは物足らなくて、「お互いを自慢し合わなければならない」と言います。私たちは、兄弟姉妹の忍耐強さと信仰の素晴らしさを自慢しなければなりません。ゴシップなんてする余地はありません!私たちはお互いに励まし合うだけでなく、他の人に教会の家族について自慢しましょう。きっと良い雰囲気を作ることができるでしょう!

お互いを自慢する
またパウロは神は公正なお方であるということについて書いています。

  1. God is just
    神は公正なお方

The third emphasis in this letter is the justice of God. “God is just,” Paul says. (1:6) For anyone who even remotely knows the Bible, this raises questions.
この手紙の中で三つ目に強調されていることは、神の正義についてです。 「神は正しい」とパウロは言っています。(1:6)少しでも聖書を知っている人にとって、「神は正しい」ということは様々な疑問を投げかけます。

How do we explain the God-sanctioned extermination by the Jews of the people in Canaan at the time of the conquest? What are we to make of David and other Israelite leaders running off on campaigns to wipe out whole towns and cities of innocent men, women and children? In the light of all those killings, done in obedience to God, how can we say that God is just? How can we say that God is loving?
征服の時に、ユダヤ人がカナンの人々を根絶させるのを神が容認したということを、どのように説明すれば良いでしょうか?ダビデや他のイスラエルの指導者たちが、無実の男性、女性、無実の子供たち、町や都市を一掃するという行動をとったのはどうしてでしょうか?人々が神に従って行った殺害のことを考えたら、いかに神をよく見ようと思っても、どうして神が正しいと言えるでしょうか?神が愛する神であるということが、どうして言えるでしょうか?

Quite easily, actually! Firstly, those who were killed, weren’t innocent. They were guilty of horrible crimes and were under God’s judgement.
では、このことを端的に説明しましょう。
第一に、殺された人々は無実ではありませんでした。彼らは恐ろしい犯罪を犯し、神の裁きを受けました。

It helps to use a human example. If a murderer is found guilty, and stands in court before a judge, the judge must sentence him. If the murderer says, “I’m really sorry, and I’m actually a pretty nice guy when you get to know me, and I’ve done lots of good things, too” and the judge says, “Yeah, fair enough, I like you, you can go free” what kind of judge is that? A good judge? No! That would be a bad or even corrupt judge. A good judge will serve justice according to the law.
このことを現在の人々の例に当てはめてみると良いでしょう。殺人犯が有罪判決を受け、裁判所で裁判官の前に立つ時、裁判官は彼に刑を言い渡さなければならないですよね。殺人犯が「本当にごめんなさい。悪いことをしたと思っています。私をよく知ってもらったら、私がいかにいい人かということをわかってもらえると思いますし、今までたくさんの良い行いもしました。」と言ったとします。そして裁判官が「なるほどね。あなたを気に入りました。あなたを自由の身にしてあげますよ。」と言ったとしたら、、。 これは、一体どのような裁判官でしようか?良い裁判官ですか?いいえ!悪くて腐敗した裁判官であると言えるでしょう。優れた裁判官は法に従って正義を果たします。

That’s what God does. God is a good judge. It’s can be hard for us to understand this because we often don’t understand the nature or the severity of sin, and because God’s punishment involves death, which can seem unnecessarily harsh to us.
それは神がすることです。神は良き審判者です。私たちはしばしば罪の性質や罪の重さを理解していないため、また神の罰は死を伴うので、私たちにとっては不必要に厳しいように見えるのです。そのため、私たちに神の審判を理解することは難しいかもしれません。
(神は良き審判者です。)

But God is the creator of life. He gives life and he takes away. Everyone dies. Everyone will face judgement. To deny God’s righteous place as creator, and as a holy and righteous judge, we end up judging God and putting Him on trial.
しかし、神は人生の創造者です。神は私たちに人生を与え、私たちから人生を奪います。誰もが死にます。誰もが神の審判に直面するでしょう。神の創造者としての立場、神聖な正義の審判者としての立場を否定するために、私たちは神を品定めし、神を裁判にかけようとするのです。

Just as importantly though, God is not only our righteous judge, but our loving redeemer. This brings us to the heart of the gospel where we see Jesus take the punishment that we deserve so that we don’t have to pay the price of our own sin, which is death. Jesus paid that for us on the cross. This brings us back to grace, where it all starts and ends.
ここで大切なことは、神は私たちの正しい審判者というだけでなく、私たちを愛する贖い主でもあるということです。このことは私たちに福音の心をもたらしてくれます。イエスが私たちの罪の代償、すなわち「死」という代償を払わなくていいように、本来なら私たちが受けなければならなかった罰を取って代わってくださったのです。イエスは十字架の上で私たちのためにそれを取って代わってくださったのです。このことは私たちに恵みをもたらし、故に、恵みをもって、すべてが始まり、すべてが終わるということになります。
(神は私たちの正しい審判者だけでなく、私たちを愛する贖い主でもあります。)

We don’t need to understand how God will judge. We can’t know exactly how God will judge those who have never heard the gospel. We can’t measure the heart response of those who only ever once heard a vague or poor presentation of the gospel.
私たちは、神がどのように人を判断するのかを理解する必要はありません。私たちは、福音を聞いたことのない人たちを神がどのように判断するのかを正確に知ることはできません。曖昧でわかりづらい福音の話を聞いたことのある人が、心の中で、福音に対してどのように思ったのかを知ることはできません。

That’s not our job, that’s God’s job. All we know is that there is no salvation apart from Christ – so evangelism is vital – and that God is fair and just, and delights in saving all those who turn to Him in faith. (1:8-10)
それは私たちの仕事ではなく、神の仕事です。わたしたちが知っていることは、キリストの他に救いはないということだけです。伝道は大切であり、神は公正で正しく、信仰をもって神のもとに来る者すべてを救うことを喜ばれます。 (1:8-10)
(キリストのほかに救いはありません。
神は正しく判断し、公正で、信仰をもって神のもとに来る者すべてを救うことを喜ばれます。)

  1. The man of lawlessness.
    不法の人

次にパウロは、「不法の者」について書いています。

Probably the most difficult part of 2 Thessalonians comes in the middle chapter, chapter 2, where Paul talks about The man of lawlessness.
おそらく、第二のテサロニケ人への手紙の中で最も理解しにくい箇所は、中程の章、第2章であると思われます。パウロは不法の者について語っています。

This man of lawlessness is not referring in general terms to sinful people. It is referring to what the apostle John refers to as one of the antichrists – possibly the last and the worst of them all – who is not Satan but who operates under Satan in some supernatural way, setting himself up “in God’s temple” (2:4) and performing “all kinds of counterfeit miracles, signs and wonders”(2:9). There are parallels here to the antichrist of Revelation 13.
この「不法の者」は、一般的に言われる「罪深い人」と同じではありません。使徒ヨハネが「キリストに反対する人」をこのように「不法の者」と呼びました。おそらく最も悪い人だと思われます。悪魔ではないが、神の宮殿に自ら潜り込み、何らかの超自然的な力を持って悪魔のもとで働く者のことを「不法の者」と呼びます。 (2:4)、「あらゆる偽物の奇跡、偽の兆候、偽の不思議」を行います(2:9)。「反キリスト」のたとえ話は黙示録13章にも書かれています。

Unfortunately, we’re not given any more details on this man of lawlessness, this antichrist, in part because Paul had already explained this to the Thessalonians in person (2:5). That leaves us wanting to know a little more. I want to say to Paul, “Hey, what about explaining it to us in person!”
残念なことに、パウロはすでに不法の者のことをテサロニケ人に口頭で直接説明していたため(2:5)、この無法者についてはあくまでも部分的にしか書かれておらず、書の中で詳しくは述べていません。でも、私たちは無法者についてもう少し詳しく知りたいですよね。「不法の者について私たちにもっと説明してくれませんか?」とパウロに直接お願いしたいぐらいです。

But what we do know is enough: in the end times there will be terrible persecution of God’s people, great evil, and deception. The call for us, then, only gets louder: stand firm and hold fast to the teachings we passed on to you [says Paul], whether by word of mouth or by letter.
2 Thessalonians 2:15

しかし、われわれが知っていることはもう十分だと思います。最後の時には、神の民に対する恐ろしい迫害、大きな悪、欺瞞が起こるでしょう。われわれへの召は次のようにだんだん大きな声になっていきます。 皆さん。これらのことを深く心にとめて、しっかり立ちなさい。そして、私たちが説教や手紙で伝えた教えを守りなさい。
テサロニケ人への手紙Ⅱ 2:15

  1. Request for prayer
    祈りのリクエスト

パウロは「祈りのリクエスト」についても書いています。

In the third and final chapter of this book, Paul asks for prayer. This is really humbling. The great Paul, called so dramatically on the road to Damascus, agent of miracles, visitor of heaven, writer of the Bible, asks his brothers and sisters to pray for him. He knows he can’t do what he’s called to do on his own. He needs the indwelling of Holy Spirit working in response to the prayers of the saints.
この本の第3章と最後の章で、パウロは祈りを求めます。これは本当に謙虚な姿勢です。偉大なパウロはダマスカスへの道中で劇的な召、使命を神からいただきました。パウロは奇跡の人であり、天国へ行ったこともあり、聖書の作家であるパウロが、兄弟姉妹に祈りを求めます。彼は神からもらった召が、自分一人ではできないことを知っていました。パウロには、聖人の祈りに答えて働いてくれる「聖霊の臨在」が必要だったのです。
(パウロは教会の人たちの祈りに答えてくださる聖霊の内なる臨在を必要としています。)

His requests for prayer are not selfish. He doesn’t ask for riches or comforts. He asks for prayer that the gospel he is preaching would spread rapidly (3:1), and that he would be delivered from the evil people who oppose him in the faith (3:2).
パウロの祈りの要求はわがままな要求ではありません。彼は豊かさや慰めを求めたわけではありません。彼が説いている福音が早く人々に広まり(3:1)、彼に信仰のことを反対する邪悪な人々から救われるように祈ってくださいとお願いしたのです。(3:2)。

His prayer concerns are for the gospel, for the grace of Jesus to be known and experienced all over the world. Once again, it all comes back to the grace of God poured out on a broken world.
パウロの祈りの心配は福音のためであり、世界中の人々にイエスの恵みを知ってもらい、経験してもらうためです。再び、壊れた世界に注がれた「神の恵み」に帰依(きえ)します。

This is a good reminder that, as your pastor, I need prayer, too. This work is beyond me. I can do nothing of value apart from God. On the other hand, I can do all things through Christ who strengthens me.
このことは、みなさんの牧師である私も祈りが必要であることをよく思い出させてくれます。私の力ではどうすることもできません。私は神から離れてしまっては何の価値もありません。しかし一方で、私を強くしてくれるキリストを通して、私は物事を行うことができます。

I share this prayer request with Pastor Mike, too. Every week we work to bring understanding and growth in the gospel, and to lead you, our congregation, to maturity to know and experience God for yourselves in an ever deepening way. Every week, every day, we pray for you. We share our lives with you. But to do that, we need the indwelling of the Holy Spirit working in response to your prayers for us.
私はこの祈りのリクエストをマイク牧師と分かち合いたいと思います。毎週、私とマイク牧師は皆さんに福音の理解と成長をもたらすために共に働いています。私たちの集りを導いて、あなた自身が神を知り、神との経験を深めていくために働いています。私とマイク牧師は、毎週、毎日、みなさんのために祈ります。私とマイク牧師は私たちの人生を皆さんと共有します。しかしそのためには、みなさんが私とマイク牧師のために祈って、その皆さんの祈りに答えて働いてくれる「聖霊の臨在」が必要なのです。

So let me close with the blessing written in 2:16,17, and then I will ask Shono-san and David to come and prayer for Pastor Mike, myself, and Pastor Joseph as our incoming pastor.
第二テサロニケ人の第2章16,17節に書かれている祝福で終わりたいと思います。その後、庄野さんとデイヴィッドさんにマイク牧師と私、そしてこれから就任されるジョセフ牧師のために祈ってもらいたいと思います。

May our Lord Jesus Christ himself and God our Father, who loved us and by his grace gave us eternal encouragement and good hope, encourage your hearts and strengthen you in every good deed and word.
2 Thessalonians 2:16,17

私たちを愛し、値しない者に永遠の慰めと希望とを与えてくださった主イエス・キリストと父なる神が、どうか、あらゆる励ましをもってあなたがたを勇気づけ、ことばと行いによって、善を追い求めさせてくださいますように。
テサロニケ人への手紙Ⅱ 2:16-17