A Thankful Heart 感謝の心 (Luke 17:11-19)

(play “The Thankfulness Song” by Asparagus girl)

As you can tell from the opening video, our message today is on the topic of “thankfulness.” Overwhelming thankfulness has been on our hearts lately, as Mayu and I witness our daughter Hannah’s transition into college life. We’re simply amazed at how God is leading, guiding, and providing for her in every way. We are so thankful.

先ほどの映像からお分かりのように、今日のお題は「感謝の心」です。最近、私とマユの心には大きな感謝の気持ちがありました、娘のハンナが大学に入学したことを見届けたからです。神がハンナを全てにおいて導いていることにただただ感謝しています。神に本当に感謝しています。

“Thankfulness” is a major theme of the Christian faith. Recently, we’ve also been covering other major themes like “forgiveness” in Pastor Andrew’s sermon two weeks ago and “preparedness” in our Bible studies. “Thankfulness,” “forgiveness,” and “preparedness.” These are vital to our spiritual health. Put them into practice, and you will most certainly experience God’s joy, peace, and presence in your life. But ignore them, and you will experience discontentment, bitterness, and restlessness.
「感謝の心」はクリスチャンの基本的な信条です。最近はクリスチャン生活における大きなテーマを見てきました、2週間前はアンドリューさんが「赦し」についてお話しました、聖書の勉強会では「準備すること」について学んでいます。
“感謝すること”、“赦すこと”、“準備すること” これらは私たちの霊的健康には欠かせないことです。これらを実行すれば、神の喜び、平安、臨在を間違いなく経験するでしょう。しかし無視をすれば、不満、苦味、不穏を経験するでしょう。

“Thankfulness” is a big one! “Every child of God should cultivate the grace of gratitude. It not only opens the heart to further blessings but glorifies and pleases God. However, an unthankful heart is fertile soil for all kinds of sins.” –Wiersbe Bible Commentary
“感謝すること”は重要なことです!“神の子は皆、感謝の恵みをはぐくむべきです。心をさらなる祝福に開くだけでなく、神に栄光を帰し、神を喜ばすのです。しかし、感謝しない心はあらゆる罪の温床となるのです。”

11 Now on his way to Jerusalem, Jesus traveled along the border between Samaria and Galilee. 12 As he was going into a village, ten men who had leprosy met him. They stood at a distance 13 and called out in a loud voice, “Jesus, Master, have pity on us!” 14 When he saw them, he said, “Go, show yourselves to the priests.” And as they went, they were cleansed. 15 One of them, when he saw he was healed, came back, praising God in a loud voice. 16 He threw himself at Jesus’ feet and thanked him—and he was a Samaritan. 17 Jesus asked, “Were not all ten cleansed? Where are the other nine? 18 Has no one returned to give praise to God except this foreigner?” 19 Then he said to him, “Rise and go; your faith has saved you.” –Luke 17:11-19

11イエスはエルサレムへ行かれる時、サマリヤとガリラヤとの間を通られた。12そして、ある村に入られると、十人のらい病人に出会われたが、彼らは遠くの方で立ちとどまり、13声を張り上げて、「イエス様、私達をあわれんで下さい」と言った。14イエスは彼らをごらんになって、「祭司達の所に行って、体を見せなさい」と言われた。そして、行く途中で彼らは清められた。15そのうちの一人は、自分が癒された事を知り、大声で神を褒め称えながら帰って来て、16イエスの足もとにひれ伏して感謝した。これはサマリヤ人であった。17イエスは彼にむかって言われた、「清められたのは、十人ではなかったか。他の九人は、何処にいるのか。18神を褒め称える為に帰って来た者は、この他国人の他にはいないのか」。19それから、その人に言われた、「立って行きなさい。あなたの信仰があなたを救ったのだ」。 −ルカの福音書17:11−19

Jesus used this event to teach a lesson about “thankfulness” to God. By learning a little bit more about what leprosy was considered in this time and culture, we can gain a better understanding of just how thankful these ten men would have been.
イエスはこの出来事から、神への感謝について説きました。らい病がこの時代と文化の中でどう捉えられていたかを少しでも学ぶと、この10人がどれほど感謝の気持ちを抱いたかがよく分かるでしょう。

Leprosy, also known as Hansen’s disease, is an infectious disease that causes severe, disfiguring skin sores and nerve damage. It is this nerve damage and the subsequent inability to feel pain that result in the notorious loss of body parts. But more than the physical ailment, the social stigma that came with leprosy was particularly damaging.
らい病はハンセン病とも言われますが、伝染病で酷い皮膚の痛みと神経へのダメージがあります。神経へのダメージによって痛みを感じなくなるため、体に損傷が生じます。しかし身体的な症状よりも、らい病にまとわりつく悪い印象のほうが人を傷つけるのです。

Lepers were basically ostracized by society. They were separated from their families and put into isolation colonies because of the disease’s contagiousness. They were reviled by the public for their diseased and disfigured appearance. And they were ostracized by the church for their “uncleanliness.”

らい病患者は社会的にのけ者にされていました。伝染病であるがゆえに家族から離れて別の場所に隔離されました。その醜い見た目によって世間からひどいことを言われました。そして「不潔さ」によって教会からものけ者にされました。

But then, they met Jesus, and their lives were changed! The ten lepers were healed! The thought of being reunited with their family, the thought of being free from public ridicule and spite, and the thought of attending church like any other normal person must have filled them with so much relief and excitement as they ran to go show themselves to the priests to get that official stamp of approval—CLEAN! Because after that official recognition by the church, their new life would begin. I’m sure they couldn’t wait! I’m sure they ran as fast as they could to the church!
しかし、イエスに出会って人生が変わりました!10人の患者たちは治ったのです!彼らは司祭達のところに体を見せに行き、「清潔」だと承認されたのですから、家族と再会し、世間の嘲りから解放され、他の人のように礼拝に行けるようになると考えると安心感と嬉しさに満たされました。教会に正式に認められて以降、彼らの新しい生活は始まったのです。彼らは待ちきれなかったに違いありません!可能な限り速く走って教会に行ったことでしょう!

But there was one man who did the commendable thing. Before running to the church, before showing himself to the priests, before getting that official declaration of being clean, and before starting his new life, one Samaritan was so overcome with “thankfulness” that he, as the Scriptures say, “came back, praising God in a loud voice. He threw himself at Jesus’ feet and thanked him.”

しかし、称賛するに値することをしたある男がいました。教会に行く前に、司祭のところに見せに行く前に、清潔だと認められる前に、新しい人生を始める前に、そのサマリヤ人は「感謝の気持ち」を強く感じ「戻ってきて下さい、神よ。」と大きな声で言いました。イエスの足元にひれ伏して感謝しました。

To this one Samaritan, the first priority was to praise and thank God. The “gift” could wait. It was more important to acknowledge the “Giver” first. The “blessings” were to be enjoyed, but not before honoring the “Blessor.” Remember the earlier quote about “thankfulness?” “Thankfulness glorifies and pleases God.”
このサマリヤ人に関して、彼がまず最初にしたことは、神を褒め称え、神に感謝したことです。“贈り物”はあとでいいのです。まず“与えてくれた方”を認識することのほうが大切なのです。“恵み”は楽しむべきものですが、“恵みを与えてくれた方”をほめる前にすべきではありません。最初に言った「感謝の心」についての引用を覚えていますか。
「感謝の心は神に栄光を与え、喜ばせるのです。」

Anyone would have expected all ten men to run back to Jesus and thank him. After all, this was a life-changing event for these ten men. For them, this event marked a new start in life. This was BIG, and definitely something to be very thankful for. But only one person came back. So, why did only one man return? Why didn’t the other nine also return? The difference was their degree of “thankfulness.”

らい病患者の10人全てがイエスのところに戻ってきてお礼を言うと誰もが予想していました。つまるところ、この10人みなにとって人生が変わる出来事でした。彼らにとって、この出来事は人生の新しいスタートラインとなったからです。この出来事は間違いなく、相当に感謝すべきものでした。しかしイエスのところに戻ってきたのは一人だけでした。なぜ一人だけだったのでしょう。なぜ他の9人は戻ってこなかったのでしょうか。それは「感謝の気持ち」の程度に差があったからです。

(play “I’m So Blue” by Madame Blueberry)

Before we judge these nine men too harshly, how often do we take our blessings for granted and fail to thank God, just like Madame Blueberry? How often do we complain about what we don’t have? How often do we compare with others who have nicer things or more than us? How often are we content just to enjoy the blessings, but we forget where those blessings came from? How often are we quick to pray but slow to praise?
この9人を厳しく非難する前に、私たちは日頃どれほど神の祝福を当たり前だと思い、神に感謝することを怠っているでしょうか、マダムブルーベリーのように。自分が持っていないことに対してどれほど文句を言うでしょうか?自分よりよい物を持っている人とどれほど比べるでしょうか?与えられた恵みを楽しむことだけに満足し、それらの恵みがどこから来たのか忘れることがどれほどあるでしょうか?祈ることはすぐできても、褒め称えることはなかなかできないことがどれほどあるでしょうか?

Sadly and realistically, we are all sometimes like Madame Blueberry, aren’t we? We forget to count our blessings, and instead spend more time and energy complaining about what we don’t have. Sadly and realistically, we are all sometimes like the nine who didn’t come back to praise God, aren’t we? We get so excited and caught up about the new toy, the new boyfriend or girlfriend, the new dog, the new horse, or the new car, that we forget to say “thank you” to God.

悲しいですが、実際私たちはときにマダムブルーベリーのようになっていないでしょうか。私たちは祝福を数えることを忘れて、より多くの時間と活力を自分が持ってないものの文句を言うことに使っています。悲しいですが、実際私たちは神を讃えず戻ってこなかった他の9人のようになってはいませんか。私たちは新しいおもちゃ、新しい恋人、新しい犬、新しい馬、新しい車に夢中になり、神に「ありがとう」と言うのを忘れています。

And so, our degree of thankfulness can sometimes be very low, and that can very easily lead to discontentment, bitterness, and restlessness. Is anyone feeling discontent, bitter, or restless? Chances are, your degree of thankfulness could be low. I’m sure no one likes to feel discontent, bitter, and restless. So, we all need to cultivate a more thankful heart. “How do we do that?” you may ask.

そして、私たちの感謝の度合いはときにとても低く、そのせいで不満、苦しみ、不穏を味わいます。不満、苦しみ、不穏に陥っている人はいませんか。たぶん、あなたの感謝の度合いは低いでしょう。きっと不満、苦しみ、不穏が好きな人はいないでしょう。だから、私たちはもっと感謝の心を養う必要があるのです。「どうやってそうするのですか。」と尋ねてみてもかまいません。

If it helps, do what Mayu does. She’s been keeping a daily journal, and in it, she’s been starting her journal entries each morning by writing down all of the things that she’s thankful for, as the Holy Spirit impresses on her heart for that day. It’s a tangible reminder for her to be thankful to God every day, and it’s a daily resolve for her to choose thankfulness over complaining.

良かったら、マユがしていることをしてみて下さい。彼女は日記をつけていて、その日聖霊が心に残していった感謝すべきこと全てを書き記しています。そうすることでマユは毎日目に見える形で神への感謝を思い出し、不満をこぼすことよりも感謝することを選んでいるのです。

If you really want to see change, don’t just passively wait for your feelings to change. Don’t base your resolve on a whim or emotions. Instead, pray that the Holy Spirit would help you recognize and count your blessings, big and small. Pray that the Holy Spirit would give you a thankful heart. And pray that the Holy Spirit would help you keep this attitude in your heart.
本当に変わりたいと思うなら、自分の感情が変わるのを消極的に待っていないでください。気まぐれや感情を自分の決意の土台としないでください。その代わりに、聖霊が私たちに大きな恵みも小さな恵みも気づかせくださるよう祈りましょう。聖霊が感謝の心を与えてくださるように祈りましょう。聖霊がそのような心構えを保てるように助けてくださるよう祈りましょう。

But how about the times when it’s difficult to see even one small blessing? How about the times when we’re experiencing one horrible event after another? How about the times when it feels like God has forgotten about us? Or worse yet, how about the times when it feels like God is punishing us? How can we be thankful during those times?

しかし、小さな祝福さえも気づかないほど困難なときはどうでしょうか。立て続けに恐ろしいことを体験しているときはどうでしょうか。神が私たちのことを忘れているのではないかと思うようなときはどうでしょうか。さらに悪いことに、神が私たちを罰しているのではないかと思うときはどうでしょうか。こんなときはどうやって神に感謝したらいいのでしょうか。

Pray that the Holy Spirit would give you proper perspective. And by this, I’m not saying to be an optimist. That’s just a useless, worldly mindset. What I’m talking about here is founded on faith and trust in God who has revealed himself to be good and loving.

聖霊に正しい考え方ができるよう祈りましょう。そうすることで楽観主義になりなさいというのではありません。それは意味がなく世俗的な考えです。今私が話していることは、自身を愛情があると示した神を信じ、また信頼することで成り立つのです。

When something goes bad or wrong, our flesh may react with, “Why is God doing this to me?” But a proper spiritual perspective would ask, “What is God trying to say to me?” This makes all the difference in the world.

何か上手くいかないことがあるとき、私たちは「なぜ神は私にこんな仕打ちをするのだろう」と思うかもしれません。けれど、霊的な考え方が正常に働くとき、「神は私に何を言おうとしているのだろう。」と思うようになります。こうすると、状況の見方が変わってきます。

The question “Why is God doing this to me?” makes one of us the bad guy. The conclusion is either a) God is not as good as he said he was, or b) we messed up and God hates me. Both are absolute lies, because the Bible says that God is good and that God loves us.

「なぜ神は私にこんなことをするのだろう」と問うことで卑屈になる人もいます。答えは次のどちらかです、a)神が思っているほど優しくない、b)私たちが間違っているから神が私たちを嫌っている。
どちらも嘘です、聖書には神が優しく、私たちを愛して下さっていると書いてあります。

But the question “What is God trying to say to me?” affirms both truths, that a) God is good, and he’s trying to lead me in the right direction, and b) God loves me, and he’s trying to teach me something valuable.

しかし、「神は私に何を言おうとしているのか」という問いは次の2つの真実を揺るがないものにします、a)神は親切で私たちを正しい方向に導こうとしている、b)神は私たちを愛していて、何か有益なことを教えようとしている。

So, regarding “thankfulness” during difficult times, it all boils down to proper perspective. During difficult times, don’t fall prey to the enemy’s lies and attacks. Instead, pray for protection over your mind and heart, and ask the Holy Spirit to help you keep the proper spiritual perspective, that God is good and loving. When you know and believe that truth, your heart will be full of “thankfulness.”

だから、困難なときに「感謝の心」を持てるのかに関しても、霊的な力が働けば正しい考え方を持てるのです。困難なときにあっても、敵のまやかしや攻撃の餌食にならないで下さい。代わりに、あなたの心が守られるように祈って下さい、そして神は優しくて愛に溢れていると考えられるよう聖霊に祈って下さい。あなたがそのことを知って信じるとき、心が「感謝の気持ち」で満たされるでしょう。

I believe that he has given each and every one of us many reasons to be thankful, during both good times and bad times. My prayer is that we would cultivate a heart of thankfulness, so that it would not only open our hearts to further blessing but glorify and please God.
神は私たち一人ひとりに良い時も悪い時も感謝すべきことを与えてくださっていると私は信じています。さらなる恵みに私たちの心が開かれるだけでなく、神に栄光を帰し、神を喜ばすために感謝の心をはぐぐむことができるように祈ります。

(play “The Thankfulness Song” by everyone)

(pray)