Contagious Joy 人から人へ広がる喜び

Church should be the most joyful place in the world. 教会は世界で一番喜びのある場所のはずです。
Do you believe this? I do. あなたはこれを信じますか。私は信じます。

Our primary focus for this year is discipleship and living the gospel is exactly what discipleship is all about. 今年の私たちの第一の焦点は弟子訓練で、福音に生きるということがまさに弟子訓練です。
We are reminded that most people will never read the first four gospels, they will only read the fifth. Us. We are the fifth gospel. So if we don’t look like Christ or represent Him well, how will people ever be attracted to Him or learn about Him or come to know Him?
私たちは、ほとんどの人が初めの4つの福音書を読まず、5つ目の福音書を読むことに気付かされます。私たちです。私たちが5番目の福音書です。なの
で、もし私たちがキリストを体現していなければ、人々はどうやってキリストに惹きつけられ、彼を知るようになりますか。
D.L.Moody: “Where one man reads the Bible, a hundred read you and me.”
D.L.ムーディ:「一人の人が聖書を読むところで、百人があなたと私を読んでいる。」

Last week we looked at living a life of unspeakable joy. Today we’re going to follow on from that and look at how a life of joy is not only for our benefit, but for the benefit of others as well. 先々週は言い表せないほどの喜びに満ちた人生を生きるということに触れました。今日はそれに引き続いて、私たちの利益だけでなく他者の利
益に喜び生きていくのがどのようなものなのかを見ていきます。

True joy is contagious. 真の喜びは伝染します。
Have you ever seen a miserable person and thought, ‘I want to be like that!’? Of course not! True joy is attractive. It appeals to people. It draws people in. “I want what he’s got.”
あなたは今までに哀れな人を見て、「あんな風になりたい!」と思ったことはありますか。もちろんないですよね!真の喜びは魅力的です。人を惹きつけ
ます。人を引き込みます。「私は彼が得たものが欲しい。」
(Let me share with you personally one of the reasons I’m able to persevere in the faith. The first is because when I look at Jesus, I think that’s exactly what I want to be like. The second is because when I look at the world, I think, that’s exactly what I don’t want to be like. I’ve seen the joy of God and I’ve seen the pleasures of the world and I don’t find it difficult at all to discern the difference.) (私がたゆまず信仰に励むことができる理由の一つをみなさんに教えます。一つ目は私がイエスについて考えると
き、それはまさに私がなりたい人だと思うからです。二つ目は私が世界について考えるとき、それがまさに私がなりたくないものだと考えるからです。私 は神の喜びと世界の喜びを見てきましたが、この二つの喜びの違いを見出すのは簡単です。)
Joy is one of the missing links in effective evangelism today.
喜びは今日の伝道活動に欠けているものの一つです。

Bobby Conway: “Joy is the default emotional state of the true follower of Christ.”
ボビーコンウェイ:「キリストに本当に従っている者の本来の心の状態は喜びです。」
What is your default emotional state? Do you naturally tend to be fearful? Doubtful? Angry? Depressed? Bothered? Lustful? Indifferent?
あなたに足りていない感情は何ですか。あなたは自然と怖がりますか。疑い深く。怒りっぽく。鬱のように。困惑して。貪欲に。無関心に。
Joy is to be the default emotional state for Christians. Today we’re going to look at three key things for making true joy our normal state.
喜びはクリスチャンに欠けている感情です。今日は真の喜びを当たり前にするための3つのことを見ていきます。

1. We are commanded to be joyful. It’s a bit sad that God has to command us to be joyful, but clearly He sees the need. It’s a command.
1.私たちは喜ぶように命令されています。神様が私たちに喜びに預かるよう命令しているのは少し残念ですが、それが真実です。命令です。
“Rejoice in the Lord always. I’ll say it again [for emphasis], rejoice!” Philippians 4:4
あなたがたは、主にあっていつも喜びなさい。繰り返して言うが、喜びなさい。 フィリピの信徒への手紙4:4
That’s how much God desires our joy. どれだけ神様が私たちの喜びを願っているかが分かりますね。
Compare Israelites in the desert – because of grumbling and sin, they were kept from the promised land. God doesn’t want grumblebums. 砂漠でのイスラエル人と比べてみて下さい-彼らは不平を言ったことや
罪を犯したせいで、約束の地に入ることができませんでした。神様は文句を言う人を必要としなかったのです。

How do we obey this command without being dishonest, without kidding ourselves and others? Do we just pretend? Does practice make perfect?
Joy comes with a transformed mind.
不誠実にならず、自分自身や他の人を甘やかすことをせずして、どうやって私たちはこの命令に従うのでしょうか。
自分を偽るのですか。練習によって完璧になるのですか。喜びは改まった心とともにやってきます。

Romans 12:2 “Do not conform to the pattern of this world, but be transformed by the renewing of your mind.”
あなたがたは、この世と妥協してはならない。むしろ、心を新たにすることによって、造りかえられる、 ローマの信徒への手紙12:2
Note we don’t transform our minds (by ourselves) but rather are minds are transformed by the Spirit of God as we submit to Him.
This leads us to our second point for today.
私たちの心は私たちが自分で変えるのではなく、私たちが神様に従うときに神様の御心によって変えられるということを覚えておいて下さい。

2. God is the source of our joy 神は私たちの喜びの源
– This was the focus of last week’s sermon. これは先週の説教の焦点でした。
Joy is always associated with the presence and fullness of the Holy Spirit.
喜びはいつでも満ち足りた聖霊の存在に結びついています。
Psalm 16:11 You will fill me with joy in your presence, with eternal pleasures at your right hand.
あなたはいのちの道をわたしに示される。あなたの前には満ちあふれる喜びがあり、あなたの右には、とこしえにもろもろの楽しみがある。詩篇16:11
1 Thessalonians 1:6 You became imitators of us and of the Lord, for you welcomed the message in the midst of severe suffering with the joy given by the Holy Spirit.
そしてあなたがたは、多くの患難の中で、聖霊による喜びをもって御言を受けいれ、わたしたちと主とにならう者となりテサロニケの信徒への手紙一1:6

Joy is always associated with the presence and fullness of the Holy Spirit.
喜びはいつでも満ち足りた聖霊の存在に結びついています。
This is an essential truth for living life to the full. Sadly, many fail to understand this.
このことは人生を最大限に生きるために不可欠な真実です。悲しいことに、多くの人がこれを理解できていません。

Thomas Aquinas 13C Christian theologian identifies eight of life’s biggest pursuits in the world.
13世紀の神学者トマスアクィナスは人生で追求する最も大きい8つのものを突き止めました。
1. Wealth 富- The problem with money is that money can only buy the things that money can buy. The highest suicide rates are in the wealthiest countries. John D. Rockefeller summed it up: How much money is enough? “Just a little bit more”.
お金の問題点は、お金を使って買えるものにしか効力がないことです。自殺率が最も高いのは裕福な国です。ジョンD ロックフェラーはこう言いま した:いくらお金があれば十分なんでしょう。「あともう少しだけ。」

2. Honour 名誉- Honour is wonderful if it’s from God. But the problem with honour in a human context is that it must come from someone else. We’re relying on someone else to bestow honour on us. But joy comes from within and is not reliant on others.
名誉が神様から授けられたなら、素晴らしいでしょう。しかし人間界での名誉の問題点は、それが他の誰かから与えられることです。私たちは名
誉を与えてくれる他の誰かに頼ってしまっています。しかし喜びは内側から来るもので他人を当てにするものではありません。

3. Fame 名声- 13 century problem! My ‘friend’ who hates fame and feels he can’t even go out. He is partially a recluse because he can’t stand to be recognised in public. Fame is
not what it appears to be. We are to make Jesus famous. Not ourselves. 13世紀の問題です!私 の名声が嫌いで、外出さえもしたくない「友達」です。彼はちょっと世捨て人です、なぜなら世に知られることに耐えられないからです。名声と はみなさんが考えているようなものではありません。私たちはイエスを世に知らしめるべきです。私たち自身ではありません。

4. Power 力- To be a Christian means to give up control, not gain it. We serve, not rule. Seeking power leads us away from joy because it seeks to put ourselves over others. But
joy is found in giving. クリスチャンになることは支配をやめることで、支配をすることではありません。私たちは仕えるのであっ て支配するのではありません。力を求めると喜びが私たちから遠ざかっていきます、なぜなら力は私たちを他の人より上に位置づけようとするか らです。しかし喜びは与えることで見えてきます。

5. Health 健康- Good health is a good thing. God wants us to be healthy. That’s why Jesus did so much healing. But an unhealthy obsession with health is counterproductive. It can’t be our greatest pursuit because one day it will fail. Remember, death has a 100%
success rate. 健康は良いことです。神様は私たちに健康であってほしいと思っています。だからイエスは多くの治癒を施したのです。け れども、健康にむやみに執着するのは逆効果です。それは私たちに重要な追求のうちに入りません、やがて潰えることなので。覚えておいて下さ い、死の成功率は100%なのです。

6. Pleasure 楽しみ- A good thing. Often God-given. But, unlike joy, it cannot sustain us.
C.S. Lewis: “We are half-hearted creatures, fooling about with drink and sex and ambition when infinite joy is offered us, like an ignorant child who wants to go on making mud pies in a slum because he cannot imagine what is meant by the offer of a holiday at the sea. We are far too easily pleased.” (Youtube a perfect example of that.)
良いことです。神が与えるものです。しかし、喜びと違って楽しみは私たちを支えることができません。C.S.ルイス:「私たちは中途半端な生き物
だ、無限の喜びが与えられると酒、異性、野心に狂う、それはまるで無知な子どもがスラム街で泥のパイを作り続けたがるかのようで、その子ど もは海辺での休暇をもらえることが何を意味するのか想像できないのである。私たちはずっとより簡単に楽しい気分になれるのです。」(ユー チューブに良い例があります。)

7. Virtue [morality] 美徳(道徳)- Virtue without God is just legalism. Virtue is good, but not
enough to make us joyful. 神なくしての美徳は単なる律法主義(神の救いが現世での善い行いにかかっている)です。美徳は良 いですが、私たちに喜びをもたらすには不十分です。

8. God 神- Aquinas: “God alone constitutes man’s happiness”. アクィナス:「神のみが人の幸せを作る。」

Complete the following sentence: 次の文を完成させよ。
“For me to live is​, and to die is​.”
わたしにとっては、生きることは​であり、死ぬことは​である。
Paul said: “For me to live is Christ, and to die is gain.” Philippians 1:21
わたしにとっては、生きることはキリストであり、死ぬことは益である。フィリピの信徒への手紙1:21

What does it mean to really live? Your answer will reveal where you seek to find your joy. Anything other than God means that death will rob you of all joy, and to die can only be loss – the ultimate loss. But for the Christian, life is Christ and death is gain. 真に生きることとは何を意味するの
でしょうか。あなたの答えは、あなたが喜びを見つけるところで明らかになるでしょう。神様以外のものは、死があなたから全ての喜びを奪い、死ぬこ とは損失、究極の損失を意味します。しかし、クリスチャンにとって生きることはキリストであり、死ぬことは益です。

Christians should be the world’ greatest enthusiasts. The word enthusiasm comes from the Greek words en and theos. “In God.” The real enthusiasts, the truly joyful ones, are “in God”. God is our joy producer. クリスチャンは世界で一番熱狂的な人であるべきです。熱狂という言葉はギリシャ語のenとtheosに由来しま
す。「神のうちに。」本当に熱狂的な人、真に喜びに満ちた人は「神のうちに。」あるのです。神様は私たちの喜びを生み出す方なのです。

So we can lose our wealth, our honour, our fame, our power, our health, and so on and still have joy, because our joy is not in any of those things. Our joy is in God.
だから、私たちは富、名誉、名声、力、健康などを捨てても喜びを持てるのです、なぜなら私たちの喜びはこれらのうちにあるのではないからです。私た
ちの喜びは神のうちにあるのです。

It’s ironic that Paul wrote his joyful letter from a prison cell.
パウロが独房で喜びに溢れた手紙を書いたのは皮肉なことです。

3. We can experience joy in spite of our circumstances. 3.私たちは環境に関係なく喜びを味わえます。

This is understandably a hard one for many. Are we supposed to be joyful if our friend doesn’t get into the school/university of their choice? Joyful if someone loses their job? Gets divorced? Is diagnosed with a terminal disease? 多くの人にとってこれは理解しにくいです。もしあなたの友人が希望する
学校、大学に入らなかったら嬉しいですか。誰かが失業したら嬉しいですか。離婚したら。長期にわたる病であると診断されたら。
Of course not. That’s just mean. There are times when we need to be sensitive to the pain of others. もちろん嬉しくないですよね。卑劣です。他の人の痛みに寄り添う必要があるときだってあります。
Paul wrote, “Rejoice with those who rejoice; mourn with those who mourn.” Romans 12:15
パウロは書きました、喜ぶ者と共に喜び、泣く者と共に泣きなさい。ローマの信徒への手紙12:15
In fact, showing empathy to those who are hurting is one of the godliest things we can do:
事実、傷ついている人に共感することは神を敬う行為の一つなのです。
Galations 6:2 “Carry each other’s burdens, and in this way you will fulfil the law of Christ.”
互に重荷を負い合いなさい。そうすれば、あなたがたはキリストの律法を全うするであろう。 ガラテヤの信徒への手紙6:2

But we are not to let hardships get us down. Joy remains our default emotional state. Because God remains with us throughout our hardships so joy can and will remain with us throughout our hardships.“In all our troubles, my joy knows no bounds.” 2 Corinthians 7:4
しかし、私たちは困難に打ちのめされたりしません。喜びが私たちの感情の欠けた部分を補います。
神様は私たちが苦しいときにずっと私たちのうちにとどまって下さるので、私たちは苦しいときにあっても喜びの感情を持つことができるのです。あらゆ る患難の中にあって喜びに満ちあふれている。 コリントの信徒への手紙二7:4

William Barclay, Scottish theologian:ウィリアムバークレー、スコットランド人の神学者 “We are chosen for joy. However hard the Christian life may be, it is the way of joy. A gloomy Christian is a classic contradiction, and perhaps nothing has done Christianity more harm than overly serious believers with long faces.”「私たちは喜びのために選ばれた。クリスチャン生活がどれだけ厳しいものであろう
と、それが喜びの在り方である。気持ちが暗いクリスチャンは典型的な矛盾であり、浮かない顔をした敬虔な信者ほどキリスト教に害を与えるものは他 にない。」

Never lose sight of this: the degree to which you enjoy God will be the degree to which God is exalted through your life. これを決して見失わないで下さい:あなたが神の恩恵を享受する度合いはあなたの人生で神が讃えられる度合
いに匹敵します。

The Westminster catechism: The chief end of man is to glorify God and to enjoy Him forever.
ウェストミンスター教理:人の生きる主な目的は、神の栄光をあらわし、永遠に神を喜ぶことである。

If you’ve lost your joy, ask God for a fresh filling of His Holy Spirit. Pray.
もしあなたが喜びを失っていたなら、聖霊を新鮮な気持ちで満たしてもらうよう神にお願いしてください。