Families in Christ

Families in Christ
キリストにある家族

Our theme for this year is simply ‘in Christ’. To be in Christ, is to belong to Christ, to know Him, to love Him, to worship Him and to follow Him.
今年のテーマは‘キリストにあって’です。キリストに属すること、キリストを知ること、キリストを愛すること、キリストを礼拝すること、キリストに従うことです。

Today we will be having the dedication of Masahiro Paat and so I wanted to look at what it means for a family to be in Christ. What is the foundation upon which a family can be in Christ and what does it look like on a daily basis for a family to be in Christ?
今日はPaatまさひろ君の献児式があります。ですからキリストにある家族というのはどういう意味なのかを考えていきたいと思います。キリストにある家族の土台とは何か、日々、家族がキリストにあるというのはどのようなものなのか。

God created the family and He has given us some very clear instructions about how we are to order and run our families so that our families can be under the full blessing of God. So with a little (a lot) of help from John Piper, let’s look at this.
神が家族を創造されました。そして神の祝福を十分に受けることができるように、私たちがどのように家族を命じ、営んでいけばいいかとても明確な指示を与えてくださっています。ジョン・パイパーの助けを少し、いえ、たくさんかりて、このことを見ていきましょう。

We all want to have happy families, right? We all want to best for our marriages and the best for our children. Even if you’re not married yet, you will want this for your family in the future, so listen up!
私たち誰もが幸せな家族を作りたいと思っていますよね?夫婦にとって最高の結婚でありたいし、子どもに最善のことをしてやりたいと思います。まだ結婚していなくても、将来、自分の家族がそうでありたいと願うはずです。ですからよく聞いてください!

1. Christian family life is a work of God’s Spirit.
クリスチャンの家庭生活は神の霊のはたらき

So for the singles here today, as Julie Andrews sang in the Sound of Music, let’s start at the very beginning because it’s a very good place to start.
独身の方々のために、ジュリー・アンドリューズがサウンドオブミュージックで歌っているように、まずいちばん最初から始めるのがいいと思いますので、そこから初めましょう。

Paul laid down a very important principle for Christian family life:
パウロはクリスチャンの家庭生活にとても重要な原則を定めました:
14 Do not be yoked together with unbelievers. …For what does a believer have in common with an unbeliever?
2 Corinthians 6:14,15
不信者と、つり合わないくびきを共にするな。
15 キリストとベリアルとなんの調和があるか。信仰と不信仰となんの関係があるか。
コリントの信徒への手紙二6:14,15

This has nothing to do with whether they’re nice, cute, loving or rich.
これはカップルであるふたりがすてきだとか、かわいいとか、仲がいいとか金持ちとかというのとは関係ありません。
It has to do with Lordship (which we’ll get to later) and Christian family life being a work of God’s Spirit.
主に仕えること、このことは後にまた話しますが、そして、クリスチャンの家庭生活は神の霊によるはたらきであるということを言っています。

Now, the husband and wife are obviously the foundation of the family, humanly speaking.
夫と妻は言うまでもなく家族の土台です。
And Paul sets some fundamental principles for the husband-wife relationship in Ephesians 5:22
パウロはエペソ5:22で夫と妻の関係の基本原則を定めています。

Wives, submit yourselves to your own husbands as you do to the Lord.
妻たる者よ。主に仕えるように自分の夫に仕えなさい。
エフィソの信徒への手紙5:22

That’s it. That’s the whole instruction.
そうです。これがすべてです。
Wives, just submit. We can finish there. Let’s pray and then go home.
妻たち、ただ仕えるだけでいいのです。これで終わりですので、お祈りをして帰りましょう。
Some people read Biblical instructions in such a way.
聖書の教えをそのように読む人もいるでしょう。
They read one part of the text, view it from a worldly perspective and conclude that it’s outdated or no good.
ある人たちは、文章の一部を読んで世俗的な見方をし、そんな考え方は時代遅れで、もはや何の意味もないと思っています。
I shared this verse with a women recently and she said, “That’s not fair!”
最近、この節をある女性に言ったら、「それは不公平だわ」と言われました。

Firstly, let’s go back a verse. Verse 21 says,
まず1節戻り、21節を見てみましょう。
“Submit to one another out of reverence for Christ.”
キリストに対する恐れの心をもって、互に仕え合うべきである。
The woman said, “Okay, that’s fair.”
その女性は(この節を読んで)「互に仕え合うなら公平で、いいわ」と言いました。
And if you go back a couple more verses you’ll see that this mutual submission is the fruit of being filled with the Spirit.
さらに数節もどると、この互いに仕え合うことが聖霊に満たされることだということが分かります。
Being filled with the Spirit leads us to speak to one another with hymns and psalms and to always be thankful and to submit to one another out of reverence for Christ.
聖霊に満たされることが詩と賛美とをもって互いに語ること、いつも感謝すること、キリストに対する恐れの心をもって、互いに仕え合うことに私たちを導いてくれます。

What follows from verse 22 on explains what that mutual submission looks like in its different roles within the marriage.
22節以降は、互いに仕え合うことが夫婦間で異なった役割を果たしていることが説明されています。
The submission is mutual but the roles are different.
仕え合うことは相互ですが、役割は異なります。

22 Wives, submit yourselves to your own husbands as you do to the Lord. 23 For the husband is the head of the wife as Christ is the head of the church, his body, of which he is the Savior.24 Now as the church submits to Christ, so also wives should submit to their husbands in everything.
25 Husbands, love your wives, just as Christ loved the church and gave himself up for her 26 to make her holy, cleansing[b] her by the washing with water through the word, 27 and to present her to himself as a radiant church, without stain or wrinkle or any other blemish, but holy and blameless. 28 In this same way, husbands ought to love their wives as their own bodies…. 33 each one of you also must love his wife as he loves himself, and the wife must respect her husband.
妻たる者よ。主に仕えるように自分の夫に仕えなさい。
23 キリストが教会のかしらであって、自らは、からだなる教会の救主であられるように、夫は妻のかしらである。
24 そして教会がキリストに仕えるように、妻もすべてのことにおいて、夫に仕えるべきである。
25 夫たる者よ。キリストが教会を愛してそのためにご自身をささげられたように、妻を愛しなさい。
26 キリストがそうなさったのは、水で洗うことにより、言葉によって、教会をきよめて聖なるものとするためであり、
27 また、しみも、しわも、そのたぐいのものがいっさいなく、清くて傷のない栄光の姿の教会を、ご自分に迎えるためである。。。
28 それと同じく、夫も自分の妻を、自分のからだのように愛さねばならない。..あなたがたは、それぞれ、自分の妻を自分自身のように愛しなさい。妻もまた夫を敬いなさい。

By the way, when that same women heard that husbands must give up their lives for their wives as Christ did for the church, she said, “Now that’s not fair for him!”
ところで、先ほど話した女性が、夫が「キリストが教会のためにしたように、自分を妻のためにささげるべきである」というのを聞いて、「それは公平ではないわ」と言いました。
If we look at Biblical principles through a worldly lens, it won’t look right.
聖書の原理を世のレンズで見ると、正しく見えません。
This submission in verse 21 is a description of how people act when they are filled with the Holy Spirit (v. 18). So, all of Christian family life should be a work of God’s Spirit.
21節でいう仕えることとは、人が聖霊に満たされているときに行う行為のことを言っているのです。ですから、クリスチャンの家庭生活のすべてが神の霊のはたらきであるべきなのです。

But even in Christian homes which are a work of God’s Spirit, the good life doesn’t just happen. しかし、神の霊のはたらきであるクリスチャンの家庭でも、すばらしい人生というものは簡単に起こるものではありません。
There’s a second vital principle at work:
そこには、欠かすことのできない2番目の原則がはたらいています。

2. Christian family life is a work of God’s Spirit in the lives of those who do everything for Christ’s sake.
クリスチャンの家庭生活は、すべてをキリストのためにする者たちの人生においての神の霊のはたらきである

This leads us to Lordship.
これは主に仕えることにつながります。

There is a God-ordained correlation between submission to Jesus as Lord and the work of the Spirit.
主であるイエスに従うことと聖霊のはたらきの間には神が定めた相互関係があります。
So if we desire to see the Spirit of God transform our family life, we must surrender totally to Jesus as Lord and turn all our daily doings into an offering of worship to him.
神の霊が私たちの家族を変えてくださるのを見たければ、主であるイエスにすべてをゆだね、日常のすべてのことを神への礼拝としてささげるようにしなければなりません。
When the Spirit reigns in your life, you do everything with a view to honoring Jesus.
聖霊が私たちの人生を支配されるとき、すべてのことをイエスを崇めることを視野に入れてするようになります。
And in that way Jesus becomes the foundation and focus and goal of the family, and life at home is transformed.
そうするとイエスが家庭の土台、焦点、ゴールとなり、家庭生活は変えられていくのです。

Let’s focus on husbands for moment.
ここで、夫達に焦点をあててみましょう。
The word to husbands is this: good luck. No, not really. It’s this: Be filled with the Spirit! Yield to the lordship of Christ! And then recognize that your God-appointed headship in the family is to be exercised in love on the pattern of Christ’s love for the church.
夫への言葉はこれです:がんばれ。まさかそうではないですよね。そうではなくてこうです:聖霊に満たされなさい!キリストを主としなさい!そして、神に任命された一家の長であることはキリストの教会への愛にならって実践されるべきであることを知りなさい。
And this pattern of love was exemplified in sacrificial service. Jesus did not cease to be the leader of the disciples when he stooped to wash their feet.
そしてこの愛の模範は犠牲的な奉仕についての良い例とされました。イエスは弟子たちの足を洗おうとかがんだときでさえ、彼らのリーダーであったのです。
Piper: “Woe to the husband who thinks that his maleness requires of him a domineering, demanding attitude toward his wife. This is not the mark of a Christ-like head but a childish bully.”
パイパー:自分の男らしさが妻に対して傲慢で厳しい態度だと思っている夫は哀れな者だ。それはキリストのようなかしらの印ではなく、子どものようないじめっ子だ。
Yet husbands are to be the leader and head of the household under Christ.
しかし、夫はキリストのもとで一家のリーダーであり、かしらであるべきです。
Piper: “Do not let the rhetoric of contemporary feminism cow you into thinking that Christ-like leadership in the home is bad. It is what our homes need more than anything.”
パイパー:家庭でキリストのようなリーダーシップをとることは悪いことだと思わせる現代のフェミニズムに説得させられてはいけません。夫のキリストのようなリーダーシップは何よりも必要なことです。

This has practical applications: husbands, “it is you who should take the lead in the things of the Spirit; it is you who should lead the family in prayer, in the study of God’s Word, in worship; it is you who should lead out in giving the family a vision of its meaning and mission; it is you who should take the lead in shaping the moral fabric of the home and in governing its happy peace.” Piper
これには実用性があります:夫たちよ、“霊的なことに関してリーダーシップを発揮するのはあなたたちです。家族を祈り、御言葉の学び、礼拝に導くのはあなたたちです。家族にビジョンの意味と使命を与えるように導きだすのはあなたたちです。家庭の道徳的な素材を形作っていく、幸せな平安を治めるリードをとるのはあなたたちです。とパイパーは言っています。

And now a brief word to wives: calm down. No not really. It’s this: if you are filled with the Spirit and yielded to the lordship of Christ, then you will be subject to your husbands as to the Lord. “As to the Lord” means that a woman’s first and ultimate allegiance is to Jesus.
では妻たちに一言:落ち着きなさい。ではなくて、こうです:聖霊に満たされて、キリストを主として歩んでいるなら、主に従うように夫にも従います。“主に従うように”というのは、妻の第一の忠誠はイエスであるという意味です。
So if the husband is a godly man who has a biblical vision for the family and leads out in the things of the Spirit, a godly woman will rejoice in this leadership and support him in it. If she thinks his vision is distorted or his direction is unbiblical, she will not sit in dumb silence but query him in a spirit of meekness.
夫が家族のために聖書的なビジョンを持っていて、霊的なことにおいて導く神を畏れる人であれば、神を畏れる女性はそのリーダーシップを喜び、支持することでしょう。夫のビジョンがゆがんでいたり、指示が聖書的でないと思うなら、妻はただ黙って座っているのではなく、柔和な心で夫に問いかけるでしょう。
Piper says, “But if a Christian woman is married to a man who provides no vision, gives no moral direction, takes no lead in the things of the Spirit, the form of her submission will be different. Under the lordship of Christ she will not join her husband in sin, even if he wants her to. And where she can, she will give a spiritual vision and moral direction to her children.
パイパーはこう言っています。“しかしもしクリスチャンの女性がビジョンのない、倫理の方向性もない、霊的なことにリーダーシップを発揮しない男性と結婚したのであれば、仕え方が異なってきます。キリストを主とし、夫が願っていても、夫とともに罪を犯しません。そしてできるところで、霊的なビジョンと倫理の方向性を子どもたちに教えます。
Even when she must, for Christ’s sake, do what her husband doesn’t approve, she can try to explain in a gentle spirit that it is not because she wants to go against him but because she is bound to Christ first. Piper says she is not to preach at him but must give him room and in quietness win him by your powerful and sacrificial love (1 Peter 3:1–6).
キリストのために、夫が認めないことをしなければならないときでさえ、夫に逆らいたいからではなく、主を第一としているからであると優しく説明しようとすることができます。夫に説教するのではなく、機会を与え、無言の力強い犠牲的な愛によって夫を神のものとしなければいけないとパイパーは言っています。(第一ペテロ3:1-6)
In conclusion, there is a God-ordained pattern of leadership and joyful support of that leadership, within the family. It has been conceived by God and revealed to us that we might discover happiness at home and a meaningful mission for our family. Happiness and meaningfulness are the work of the Spirit of God in the lives of those who do everything for Christ’s sake. Therefore, the question for you who want a happy home and a meaningful mission and destiny for your family is: Are you filled with the Spirit of God and yielded to the lordship of Christ?
結論として、家族には神が定めたリーダーシップとそれを喜んでするサポートがあります。それは神によって考え出されたことで、家庭の幸せと家族にとって意味のある使命を見つけ出すために私たちに明かされているのです。幸せと生きがいは、すべてのことをキリストのためにしようとする人たちの人生にある神の霊のはたらきです。では、家族のために幸せな家庭と生きがいのある使命がほしい人への質問です:神の霊に満たされ、キリストを主としていますか?

If you’re not sure, I want to invite you to participate in prayer after the service to pray, to affirm or reaffirm the filling of the Spirit and the lordship of Christ in your lives.
そうしているかどうか分からない人は、礼拝の後、祈り、聖霊に満たされ、キリストを主とすることを確信、再確信する祈りのときを持ちましょう。

At this point I would like to affirm these principles as we dedicate Hendrik and Chie’s baby Masahiro.
ではここで、ヘンドリックさんとちえさんの赤ちゃんまさひろ君を主の前にささげるにあたり、この原理を確認したいと思います。

Hendrik and Chie, by coming forward before God and his people, do you hereby declare your desire to dedicate yourselves and your first son Masahiro Leos Paat to the Lord? If so, please respond by saying “we do.” (“We do.”)
ヘンドリックさん、ちえさん、神とその民の前に出て、長男であるまさひろLeos Paatを主にささげることを宣言しますか?そうしたければ、“はい、宣言します”と答えてください。

Having come freely, I ask now that you enter into the following commitment in the presence of God and His people (Wife hands child to husband as a sign of his spiritual headship in the family). So that Masahiro may walk in the abundant life that Christ offers, do you Hendrik and Chie vow by God’s help and in partnership with the church, to be filled with the Holy Spirit and submit to the Lordship of Christ, to provide Masahiro a Christian home of love and peace, to raise him in the truth of our Lord’s instruction and discipline, and to encourage him to one day trust Jesus Christ as his Savior and Lord? (“We do.”)
神とその民の立会いのもとで次の誓約をしてください(妻が家族の霊的リーダーである夫に子どもを渡します)。まさひろ君がキリストが与える豊かな人生を歩むために、ヘンドリックさん、ちえさん、神の助けによって、教会と協力して、聖霊に満たされ、キリストを主とし、まさひろ君に愛と平安あるクリスチャン家庭を提供し、主の教えの真理のうちに育て、将来、イエス・キリストを救い主、主として信じるように励ますことを誓いますか?(はい、誓います)

Now, I ask that the church make a vow as well because parents need the help and support of their Christian community. So I direct my questions now to the church. By being present in God’s house today, do you hereby declare yourselves to be the children of God because you trust in Jesus Christ alone for the forgiveness of sins and the gift of eternal life? If this is true, please respond by saying “we do.” (“We do.”)
では、教会にも誓いを立ててもらいます。子育てにはクリスチャンコミュニティーの助けとサポートが必要だからです。ですから次は教会に尋ねます。今日、神の家にあって、あなた方はイエス・キリストが罪を赦してくださり、永遠の命を与えてくださることを信じているので、神の子であることをここに宣言しますか?そうするなら、“はい、宣言します”と答えてください。

Would you please stand? Having come freely, I ask now that you make the following commitment to those who stand before you: So that Masahiro may walk in the abundant life that Christ offers, do you vow by God’s help, to be faithful in your calling as members of the body of Christ, to help Hendrik and Chie be faithful to God, and to help teach and train Masahiro in the ways of the Lord so that he might one day trust him as Savior and Lord? If you accept this responsibility, please respond by saying “we do.” (“We do.”)
みなさん、立ってください。では立っている人たちの前で次の誓約を立ててもらいます:まさひろ君がキリストが与える豊かな人生を歩むために、神の助けによって、キリストの体のメンバーである召しに忠実であり、ヘンドリックさんとちえさんが神に忠実となるよう助け、まさひろ君がいつかイエスを救い主、主と信じるように主の道を教え、育成するのを助けることを誓いますか?この責任を受け入れるなら、“はい、誓います”と答えてください。

Hendrik hands child to pastor for prayer of dedication.