Families

27 May, 2018

Today, in this family service, I want to focus on the family, and in so doing I want us to firstly honour God who created the family, and then to consider the responsibilities and blessings that come from being a part of a family.

So today, in this family service, Bradley will bring a note to kids, then later I will bring a note to husbands and wives, and then finally a note to the whole church family.

  1. A Note to Kids – Bradley
  2. A Note to Husbands and Wives
    夫と妻に対する忠告

Last weekend we got to see the Royal Wedding. (Well actually, many of us didn’t get to see it because we were too busy answering questions at quiz night, but we got to see plenty of it in reruns.) It was a spectacular wedding.
先週末、英国王室の結婚式をテレビで見ました。 その夜は私たちはクイズナイトのイベントで忙しかったので、私たちの多くは実際には、見ていません。でも再放送でたくさん見ました。 

No-one can do pomp and ceremony like the Brits, so there were all the horses and carriages and hats and soldiers and uniforms and flowers and hats and old chapels and royal family members and celebrities and hats and somewhere in the middle of all that, there was even a bride and a groom.
英国王室のように華やかな儀式ができる国民はきっといないでしょう。花嫁と新郎のみならず、馬や馬車、帽子、兵士、ユニフォーム、花の帽子、旧礼拝堂もありましたし、王族や有名人さえいました。

There was also a bishop called Michael Curry who gave the sermon. They brought him out especially from the U.S. for it, and with all his flowery rhetoric and delivery, he didn’t disappoint. But after listening to his sermon, I was curious. How did it compare to the sermon given by Bishop [vs] Richard Chartres of London at the Royal Wedding in 2011 between Prince William and Kate?
結婚式で説教をしたのはマイケル・カリー司教でした。王室はアメリカ人の司教である彼を特に米国から呼びました。彼の美しい美辞麗句を駆使した説教はみんなを満足させました。しかし、彼の説教を聞いた後、私は不思議でした。プリンス・ウィリアムとケイトの時の2011年の結婚式でのロンドンのリチャード・シャルトル司教による説教とどのように違ったのでしょうか?

Well, one spoke like this, and the other – are you ready for it? – spoke like this.
今から、一人の司教はこのような話をして、もう一人はこのように話をしましたという風に、 – 比較していきますが、みなさん準備はいいですか?

If there was one difference between the two it’s this: Bishop Curry of the U.S. spoke on love, while Bishop Chartres of England spoke on marriage. Both had valuable words to share and I’d like to share some of those words with the married couples here this morning, and with those who one day intend to marry.
愛 結婚
両者の違いが1つあれば、それは次のようなものです。米国のカッシー司教は愛を語り、イングランドのシャルトル司教は結婚について話しました。どちらも共通する貴重な言葉を使っていました。私は今朝、ここにいる夫婦のみなさんとこの言葉のいくつかを一緒に考えてみたいと思います。

Bishop Curry said:
There’s power in love, and the source of love is God Himself. Love is to be the essence of our married lives, just as it is the essence of God’s law.
カリー司教はこう言いました:
愛には力があります。愛の源は神そのものです。愛が、神の律法の本質であるように、私たちの結婚生活の本質であるべきです。

And love is to be demonstrated in our married lives, just as God demonstrated His love for us in giving us His Son. As such, he said, true love is to be sacrificial and redemptive. True love changes lives.
そして、私たちの結婚生活に愛が実践されるべきなのです。私たちの息子をお与えになって神様が私たちの愛を示したのと同じように、私たちの結婚生活で愛が実証、実践されるべきでなのです。彼は次のように言いました。本当の愛は犠牲と贖いをすることです。真の愛は人生を変えます。
(私たちの結婚生活に愛が実証されるべきです。)

Bishop Chartres said:
Marriage is intended to be a way in which man and woman help each other to become what God meant each one to be.
シャルトル司教は次のように言いました:
結婚とは、男性と女性がお互いに助け合って、男性と女性、お互いにとって、神が意図するような人物になるということなのです。
(結婚は神が意図しておられる人となるように男と女が互いに助け合うことを目的といています。)

Marriage should be celebrated, not just on the wedding day, but every day.
結婚は結婚式の日だけでなく、毎日祝うべきです。

There is generosity in marriage. We are married in the sight of a generous God, as we see in God’s giving of Christ. Husbands and wives are to give themselves to each other in the same way.
結婚には寛容さがあります。私たちは、神がキリストを私たちに捧げたことで見るように、そのような寛大な神の前で結婚します。夫と妻は、神がキリストを捧げたのと同じように、お互いを捧げなければなりません。

Here is a key truth, he said: The more we give of ourselves, the richer we become in soul. So marriage provides a platform to foster richness and spiritual health.
ここで、重要なカギとなる真実があります。彼は次のように言いました。我々は自分自身を与えれば与えるほど、私たちの魂はより豊かになります。結婚は、豊かさと精神的な健康を養うための基盤を作ります。
(自分をささげればささげるほど、私たちの魂は豊かになります。)

Personal relations alone, apart from God, he added, cannot supply all the meaning and happiness that we desire. So excluding God’s role in marriage, as many modern marriages do, places an impossible burden on spouses – one that only God can truly fulfill.
結婚において、神との関りをやめてしまって、妻と夫の個人的な関係だけでは、望んでいるような、すべての幸福を備えてはくれません。結婚における神の役割を除いてしまったら、現代の多くの結婚がそうであるように、私たちは配偶者に、無理な負担をかけてしまいます。神だけが本当に私たちの結婚を満たすことができます。

So we need the presence of the Holy Spirit in our marriages. Then God can flow into the whole family, with His gifts and fruits and blessings.
だから私たちの結婚には聖霊の存在が必要です。そうすれば、神は賜物と聖霊の実と祝福をもって全家族の中に流れ込むことができます。
(聖霊のご臨在が私たちの結婚には必要です。)

A third minister here, Pastor Andrew of Australia, adds his own thoughts:
ここで、3番目に登場するオーストラリアのアンドリュー牧師は、彼自身の考えを次のように付け加えています。

He says, loving actions and loving words are important in all human relations. But if the way we speak and act is important ‘out there’, how much more important is it ‘in here’ in the family, in the marriage?
アンドリュー牧師は、愛情を示す行動と愛情のある言葉は、すべての人間関係において重要だと言います。しかし、私たちが話し、行動することが「そこ、すなわち人間関係」に重要なのであれば、それは家族や結婚において「ここ、夫婦、親子関係」に重要なことは何でしょうか?

If there’s one thing that is more important than our words and actions, it’s our reactions. Our spouses are not perfect (mine is almost perfect though). They will do and say the wrong things sometimes.
私たちの言葉や行動よりも重要なものがあるなら、それは私たちの反応です。私たちの配偶者は完璧ではありません。しかし、私の場合は、ほぼ完璧ですが。彼らは時には間違ったことをしたり言ったりするでしょう。
(言葉や行動よりも大切なものがあるとしたら、それは私たちの反応です。)

Our reactions to those imperfections will either bring: healing or hostility.
配偶者が不完全な時、完璧でない時の私たちの反応は、癒されたり、敵意を持ったりします。
(私たちの反応は癒しをもたらすか敵意をもたらすかのどちらかです。)

They will increase understanding or increase anger.
相手が完璧でない時、私たちは理解を深めるか、もっと怒りを感じるかのどちらかです。
 理解  怒り

They will build respect or build resentment.
相手が完璧でない時、私たちは敬意を払うか、もっと憤りを覚えるかのどちらかでしょう。
 尊敬 恨み

They will bring peace or bring problems.
相手が完璧でない時、私たちは和解するか、もしくはもっと題をもたらすかのどちらかでしょう。
 平安 問題

They will make things better or make things bitter.
相手が完璧でない時、私たちは事態を改善するか、苦々しい気持ちになるかのどちらかでしょう。
(事を良くするか苦々しくするか)

I find what the Bible says about our reactions to be very helpful. So if we want to live at peace and have marriages and families that are blessed, we need to listen to what the Bible says about our responsibilities and apply what we’re learning to receive blessing.
私たちの反応が非常に役に立つと聖書は言っています。もし私たちが平和に暮らし、恵まれた結婚や家族をしたいのであれば、聖書が話している私たちの責任について耳を傾け、祝福を受けるために学んでいることを活用する必要があります。

Here’s a small sample:
次の聖書の箇所は例えです。

A gentle answer turns away wrath, but a harsh word stirs up anger.
Proverbs 15:1

穏やかに答えれば相手の心を静め、激しいことばでやり返すとけんかになります。
箴言 15:1

Those who are kind reward themselves, but the cruel do themselves harm.
Proverbs 11:17

人に親切にすると心が豊かになり、思いやりのないことをすると気持ちがすさみます。
箴言 11:17

Rejoice in the wife of your youth.
Proverbs 5:18

若い時からの妻と喜び楽しみなさい。
箴言 5:18

Pray for marriages.
結婚のために祈りましょう。

  1. A Note to the Church Family
    教会の家族への忠告

One of the amazing images the Bible paints of a church is that of a family. That’s how close our ties to each other in the church are. One of the reasons for this is that we are an eternal family. Look around you. Those you see around you, if they are in Christ – you will be spending eternity with them.
聖書が絵描く教会のイメージは家族です。それは、教会の人々の、お互いの関係がどれほど近いかを示しています。その理由の1つは、私たちは永遠の家族だからです。あなたの周りを見渡してください。今、あなたの周りにいる人たち、この人たちがキリストと共にいれば、あなたは、ここにいる教会の人々とずっと永遠に一緒にいることになります。
(教会は家族)

So when we have a family service, we are really having a family service.
How can we enrich our spiritual family? From a relational point of view (not in terms of ministry today), what are our responsibilities in the church family and what blessings can we expect from fulfilling those responsibilities?
だから私たちが「ファミリーサービス」をする時、私たちは本当に家族サービスを行なっています。
私たちの教会の家族をどのようにもっと霊的に豊かにすることができると思いますか?今、現在している教会の活動としてではなく、兄弟姉妹の人間関係としての観点から考えてみてください。教会の家族としての責任は何であり、その責任を果たすことで、受けることのできる祝福は何でしょうか?
教会家族における責任は何であり、その責任を果たすことから期待できる祝福は何でしょうか?

  1. Be a people of praise (loving God)
    褒める人となる

Of course, this applies mutually – we are to build each other up with our words, but what I’m referring to here is our communal attitude toward God. If we are united and committed to having a spirit of thanks and praise, then we are conforming to the will of God, and we are setting up our church family to receive blessing.
私たちの教会の家族としての責任は、褒める人となることです。
もちろん、これは相手も自分も含めお互いに言えることです。 私たちは言葉を用いてお互いに関係性を気づきあげていますが、私がここで言っているのは、神を前にした時の私たちの共通した態度や気持ちのことです。私たちが団結し、神に感謝と賛美の気持ちを共に持つならば、私たちは神の意志に沿っており、祝福を受けるために教会の家族を作っているということになります。

Now the people complained about their hardships in the hearing of the Lord, and when he heard them his anger was aroused.
Numbers 11:1

まもなく、人々が主に対して激しく不平を言い始めました。主はそれを聞いて非常に怒り、野営地を端から焼き払おうとしました。
民数記 11:1

We all have hardships from time to time. But for all of us – all of us – our blessings outnumber our hardships. So let’s not be a people of complaint. Let’s be a people of praise.
私たちは皆、時として苦悩、試練を感じます。しかし、私たち全員 、もう一度言います。私たち全員が、苦労よりも多くの祝福をもらっているのです。ですから、不平、不満を言う人にならないようにしましょう。賞賛する人になりましょう。

We learnt the right way to go about this last week in our study of Philippians:
先週、ピリピ人の手紙を読みましたが、その学びの中で、賛美する、褒めることについて次のように学びました。

Do not be anxious about anything, but in every situation, by prayer and petition, with thanksgiving, present your requests to God.
Philippians 4:6

何事も心配しないで、どんな時でも神に祈りなさい。そして、祈りに答えてくださる神に感謝しましょう。
ピリピ人への手紙 4:6

This attitude stems from having a passionate love for God. So let’s be a people of praise
心配せず、どんな時でも祈るという、このような態度は、神に対する情熱的な愛があることを表しています。だから賞賛する、褒める人々になりましょう。

  1. Be a people of integrity (making disciples)
    誠実な人となる。
    私たちの教会の家族としての責任は、誠実な人となり、弟子を作るということです。

That means we are a people who are honest and have strong moral principles. But it’s more than that in the church. It means that we are committed, despite the challenges, to making disciples of one another.
私たちは正直で、強い道徳的観念を持っている人々だと言えるでしょう。正直でいて道徳観念を持つことはいいことですが、さらにもっとそれ以上のことをしましょうと言いたいのです。私たちは、どんなに難しく困難でも、お互いに弟子を作る努力をしましょうと言いたいのです。
私たちは難しくても互いに弟子を作ることに尽力する

As iron sharpens iron, so one person sharpens another.
Proverbs 27:17

鉄が鉄によって研がれるように、友との熱のこもった議論は、互いを研ぎ合います。
箴言27:17

Being a part of the church family isn’t just a matter of saying nice things to one another. That’s what distant relatives do. In the family of God, it’s much richer than that. We’re devoted to sharpening one another.
教会の家族の一員であることは、お互いに良いことを言い合うだけではありません。そんなことは、まるで、遠い親戚がお世辞をいうようなものです。神の家族の中では、そんな飾った関係よりはるかに深い意味を持ちます。教会の家族はお互いを磨くことに専念します。

As we meet on Sundays, in mid-week Bible studies, on weekend activities, and as we work together in outreach efforts, we challenge one another, we encourage one another, we discipline one another, we confess to one another, we rebuke one another, we comfort one another, we protect one another, we instruct one another, we sing to one another, we honour one another, we bring joy to one another, we love one another affectionately (which leads to our final responsibility).
私たちが毎週日曜日に会い、週の半ばには聖書の研究会をし、週末に開かれる教会の活動で一緒に働きながら、私たちは互いに挑みあい、互いに励ましあい、互いに訓練しあい、互いに罪を告白しあい、互いに叱責しあい、互いに慰めあい、互いに守りあい、互いに教えあい、互いに歌いあい、互いに称賛しあい、互いに喜びをもたらし、互いに親しみを込めて愛し合います。そしてそれは、私たちの最終的な責任につながっていきます。

So let’s be a people of integrity.
だから誠実で真摯な人になりましょう。

  1. Be people of affection (blessing all)
    私たちの教会の家族としての責任は、愛情のある人になる。すべての人々を祝福するということです。

Love each other with genuine affection, and take delight in honoring each other.
Romans 12:10

兄弟のような愛情で互いに愛し合い、また、心から尊敬し合いなさい。
ローマ人への手紙 12:10

This applies first of all to the church family and then extends out to the community. Our love is not an academic love, it’s not a timid love, it’s not a shouganai (reluctant) love. It is to be an affectionate love? Why? Because that’s how God loves us.
これはまず第一に教会の家族に当てはまり、教会から始まり地域に広がっていきます。私たちクリスチャンの愛は学問的な愛ではなく、臆病な愛でもありません、それは「しょうがないな」というような嫌々ながらの愛でもありません。
私たちの愛は愛情の込もった愛であるべきです。どうしてだと思いますか?なぜなら神がそのように私たちを愛してくれているからです。
(なぜなら神がそのように私たちを愛しているからです。)

Do you see what happens when we love the church family as I’ve just described? Do you see what happens when we are people of praise, and people of integrity, and people of affection? We end up loving God, making disciples and blessing all. We end up fulfilling our church mission.
今朝から私が説明しているように教会の家族を愛することができるようになると、どんなことが起こるかわかりますか?私たちが賛美する人、誠実な人、愛情を持った人々であるとき、何が起こるかわかりますか?
私たちは神を愛し、弟子をつくり、みんなを祝福します。私たちはこの教会の使命を果たすことになります。
神を愛する、弟子を作る、みんなを祝福する

So let’s go out from this family service, with hearts committed to praising God for His goodness, discipling one another in love, and loving one another with an affectionate love.
今回は、神の善を称賛し、愛を持って互いを鍛錬し合い、互いに愛情あふれる愛で愛し合い、心に誓って、今日のファミリーサービスを受けて帰ってください。

Pray for the church family.
教会の家族のために祈ってください。