Get It Right – Colossians 3 正しく理解する-コロサイ人への手紙3

Some passages of the Bible are so wonderful, so rich, that I just feel like reading them to you and walking away, thinking that there is simply nothing I can add to the words.
いくつかの聖書の箇所にはとても素晴らしいことが書かれています。書かれていることは実に、意味が深く、ただみなさんの前で読みあげるだけで、もう十分何も付け加える必要などないように思われます。

Colossians 3 is one such chapter. I’d like to read it to you (v1-17) with all my heart. Please listen to it with all your heart.
コリント人への手紙3章などは顕著な例で、みなさんに読みあげましょう。1節から17節です。どうぞ、心に留めて聞いてください。

Then I will teach a little from it. (It’s quite long, so initially Japanese people please just read from the screen.)
読んだ後に、お話を始めたいと思います。とても長い朗読になりますので、日本語の皆さんはスクリーンの文を黙読してください。

Since, then, you have been raised with Christ, set your hearts on things above, where Christ is, seated at the right hand of God. 2 Set your minds on things above, not on earthly things. 3 For you died, and your life is now hidden with Christ in God. 4 When Christ, who is your life, appears, then you also will appear with him in glory.
5 Put to death, therefore, whatever belongs to your earthly nature: sexual immorality, impurity, lust, evil desires and greed, which is idolatry. 6 Because of these, the wrath of God is coming.[b] 7 You used to walk in these ways, in the life you once lived. 8 But now you must also rid yourselves of all such things as these: anger, rage, malice, slander, and filthy language from your lips. 9 Do not lie to each other, since you have taken off your old self with its practices 10 and have put on the new self, which is being renewed in knowledge in the image of its Creator. 11 Here there is no Gentile or Jew, circumcised or uncircumcised, barbarian, Scythian, slave or free, but Christ is all, and is in all.
12 Therefore, as God’s chosen people, holy and dearly loved, clothe yourselves with compassion, kindness, humility, gentleness and patience. 13 Bear with each other and forgive one another if any of you has a grievance against someone. Forgive as the Lord forgave you.14 And over all these virtues put on love, which binds them all together in perfect unity.
15 Let the peace of Christ rule in your hearts, since as members of one body you were called to peace. And be thankful. 16 Let the message of Christ dwell among you richly as you teach and admonish one another with all wisdom through psalms, hymns, and songs from the Spirit, singing to God with gratitude in your hearts. 17 And whatever you do, whether in word or deed, do it all in the name of the Lord Jesus, giving thanks to God the Father through him.
Colossians 3:1-17

This passage begins with the encouragement to keep our minds set on the things above, not of the earth.
この箇所では私たちのものの見方や考え方を、地上ではなく、天に重きをおきなさいという教えから始まっています。
With work, family and even ministry matters, this is a daily discipline.
私たちの職場、家族、宣教活動においてさえ、天に重きをおくことは、私たちの日々の鍛錬です。
But it is the attitude in verse 4 which is striking and equips us for this task. でも、この天に重きをおくということを私たちに教えてくれているのが4節です。
It says that Jesus “is your life”. 
そこにはこう書かれています。’わたしたちのいのちなるキリスト’
This is who we are.
これがわたしたちなのです。
If you see yourself primarily as a teacher, a student, a mother, a father, a sinner or an egg farmer, then you are living under a false identity.
もし、あなたが自分自身を先生というような職業や、生徒、母、父、老人や養鶏場の経営者などという肩書きでみてているなら、あなたは自分の身分を間違って解釈しています。
Because the very essence of your life is Christ.
なぜなら、あなたのいのちそのものはキリストだからです。
You are a child of God.
あなたは、神様の子どもだからです。
That is first and foremost who you are.
このことは なによりも最優先にあなたの身分を表しています。
Remember that when you are tempted in the ways of the world.
おぼえていてください。
Your mind is to be on the things above because your identity is in Christ above.
あなたが誰なのかということは、あなたは神様の子どもなので、あなたの身分はや正体は神様のいる天にあると考えられるべきなのです。

Therefore, the next section tells us, we are to put to death our earthly nature.  
従って、次の箇所ではこのように書かれています。 地上の肢体を殺してしまわないといけません。
We are not to tone it down, balance it out, regulate it or keep it for the weekends.
控えるとか、調整するとか、制限するとか、週末だけにするとか、というようななまぬるいことを言っているのではありません。抹消すべきだと言っているのです。
We are to put our old nature to the death.
わたしたちは自分たちの古い習慣を捨てるべきです。
Don’t be timid about this. There is actually a place for spiritual violence here!
抹消するのです。古い習慣をすてることを畏れてはいけません。実は、この世には「精霊に対する暴力」というものも存在します。

There are two specific areas highlighted for riddance in this passage.
ここの箇所では2つの特定の取り除くべきことが強調されています。
The first is sexual. The second is verbal. 
一つは性的なこと。もう一つは言葉によること。
“Sexual immorality, impurity, lust, evil desires and greed” are all part of the same idolatrous package.
不品行、汚れ、情欲、悪欲、また欲はみな同じ偶像礼拝のグループに入ります。
The world excels at justifying all of them.
この世界は不品行、汚れ、情欲、悪欲、欲を正当化することに長(た)けています。
For the young singles here today, you probably have it harder than any other generation that has ever lived on the earth and that is really saying something.
今日、特にここにいる若い独身の人たちにお話ししたいと思います。あなたたちはおそらく、今のこの時代だからこそ特に不品行、汚れ、情欲、悪欲、欲に対して、どのように対処すれば良いのかと難しく感じていることでしょう。本当に難しい時代だと思います。
But that doesn’t give you any greater justification for sexual sin.
しかし、それは決してあなたに性的なことへの罪悪感をさらに感じろと言っているのではありません。
The call to godly purity is upon you.
神のように清くいなさいというあなたへのお告げなのです。

Purity is the probably the most undervalued and misunderstood virtue in the world today.
純潔が今の世界でおそらく最も過小評価され、誤解されている美徳でしょう。
Christian psychologist Gary Collins comments that, “For many, sex no longer is something that may be right or wrong; it is little more than a pleasurable way for two people to interact with each other”.
クリスチャンであり、精神科医であるゲアリー・コリンズは次のようにコメントしています。「人々にとってセックスとはもはや、良いとか悪いことと言うようなことでない。それは、二人の人間を関係を親密にするための、楽しむ方法である。」
He concludes that, “Sexual perversion has become the major example of the sin and moral sickness that characterize modern human beings.”
ゲアリー・コリンズは“変態性欲は現代の人間を特徴付ける、罪と道徳的病のいちばん代表的な例となった”と結論を出しています。
But if you think the Bible is prudish about sexual matters, I challenge you to read the Song of Songs aloud to your parents or your children and not blush.
しかし、 もしあなたが、聖書が性的なことに高潔で上品ぶっていると思っているなら、聖書の雅歌などは両親や子ども達に読み上げるのも恥ずかしくなるような性的なことがたくさん書かれています。
It’s not about repression. It’s about correct and healthy expression and that is what marriage is for.
性的なことの抑圧について話しているのではありません。正しい健全な表現のことを言っているのであり、正しい健全な性のありかた、それが結婚なのです。

“Anger, rage, malice, slander, and filthy language” is the second package especially marked for killing off.
怒り、憤り、悪意、そしり、口から出る恥ずべき言葉は全滅させてしまいたい2つ目のグループです。
This passage reminds us that there is nothing modern about sexual immorality or verbal abuse.
この節では現代の性的モラルや言葉の暴力のことについて何ら特に新しい情報は与えてくれていません。
They are age-old human problems.
長年にわたる人間の問題について書かれています。
Jesus teaches us in John 10 that the work of the devil is to steal, kill and destroy.
ヨハネの10章では悪魔の仕業は盗み、殺し、破壊だと書かれています。
These twin packages (sexual immorality or verbal abuse) are his favourite and most effective tools for doing that.
性的なモラルの欠如でおこる不品行と言葉の暴力、この二つはいつも対になっていて、悪魔のお気に入りで最も効果的な人間を破滅させるための道具です。
The quickest and most thorough way to destroy relationships with each other and with God is through sexual immorality and verbal abuse.
人間関係と神との関係はいちばんはやく徹底的に壊すのが不品行と暴言です。

How do we do this?
では、どうすればいいのでしょうか?
How do we kill off the old earthly nature?
どのように地上の肢体を全滅させればいいのでしょうか?
We put on a new self which is being renewed by the Holy Spirit.
私たちは聖霊によって新しくされて新しき人を着ます。
Do you see the partnership here?
誰かが助けてくれると思いますか?
We take action to put on a new self.
わたしたちは新しく生まれ変わろうとします。
We don’t just sit back and wait for God to do it all.
ただ、神様が何かをしてくれるのを待つだけでなく。
There must be intent – repentance and faith – on our part.
何らかの意志を持つべきです。悔い改めだとか誠実にするだとか、私たちに出来ることがあるはずです。
That’s our role in the transformation.
それが、私たちできる「変化する」という役割です。
But this new self is continually being renewed by the Holy Spirit.
しかし、新しい変化は常に精霊によってさらに新しくされていきます。
That is the work of God. That is God’s role and it is a role that only He can do.
精霊によって常に新しくされる。このことが、神の仕業とよばれることです。

So far we’ve looked at what not to do – the old nature that we have to kill off.
ここまでは、古い体質を捨て去らなければならないなど、わたしたちがしてはいけないことをみてきました。
This is necessary but sounds a little negative.
必要なのだけれども、少し、否定的に聞こえることばかりをお話してきました。でも、
Anshin shite kudasai. 安心してください。
There is a whole set of positive characteristics for us to take on:
実はわたしたちに実行できる、もっとたくさんの前向きな事柄があります。

“Clothe yourselves with compassion, kindness, humility, gentleness and patience.”
あわれみの心、慈愛、謙そん、柔和、寛容を身に着けなさい。
I want you to take a moment to silently rate yourself with a score out of 10 for each of these qualities. Which do you score highly in?
ここで、みなさん、これらの項目あわれみの心、慈愛、謙そん、柔和、寛容について静かに心の中で、自分自身があてはまっているかどうかの採点をしてみてください。
Which do you give yourself a low score in?
どの項目の点数が低かったでしょうか?
(Did anyone give themselves a high score for humility?!)
誰か謙遜に高い得点がとれた人がいますか?
Why is your score for some characteristics lower than others?
なぜ、人によって高い得点や低い得点の項目が違うのでしょうか?

Does anyone know who this is? [image] 
これが誰だかわかりますか?
This is James Fallon.
ジェイムスファロンです。
He is Prof. of psychiatry and human behaviour at University of California, Irvine.
彼はアーバインのカリフォルニア大学で精神医学と人間行動学を教えている教授です。
He has done a lot of research on psychopaths.
彼はたくさんの精神異常者の研究をしてきました。
He studied the brains of many known psychopaths and compared them to ‘normal’ people to study the differences in the makeup of the brain.
彼はたくさんの数の精神異常者の脳の構造を研究し 健常な人の脳と比較して何が違うのかを研究しました。
And the differences were very clear to see.
そして、その脳の構造上の違いははっきりとみることができました。
In taking some random samples of brains, he used a number of his own family members and was surprised to find that some of his own family members had psychopathic brain structures.
彼がその研究の最中にたくさんの脳の検体を取り研究しましたが、その中に彼の家族の脳の検体も研究に使用しました。すると、驚いたことに、彼の家族の中に精神異常者の脳の構造を持つ人がみつかったのです。
But what really surprised him was that one family member ticked every box for psychopathic traits in the brain – and that was himself.
さらに驚いたことには、精神異常者である全ての条件を満たしているのは彼自身だったのです。
Prof Fallon is a complete psychopath.
ファロン教授は完全なる精神異常者です。
But that doesn’t make him an ax murderer.
でも、だからといって彼が斧を振り回す精神異常者だということにはなりません。
It means he functions very poorly socially and has virtually no natural empathy for anyone around him.
この意味はおそらく、彼が社会にうまく適応できていなくて、周りの人たちに対して同情心をあまり持ち合わせていないということを意味しているのでしょう。
But he is still a high achiever who has learnt to cope with his condition.
しかし、精神異常という状態を克服した成功者であるだけだ、ということに、かわりはありません。
(By the way, it’s estimated that as many as ⅓ of U.S. Presidents have been psychopaths. So there’s still hope if Trump wins the election!)
ところで、余談ですが、3分の一のアメリカの大統領が精神異常者だったと噂されていることを知っていますか?だから、トランプ氏が選挙で勝つ可能性はまだありますよ。)
But what is important for us here today is one of the conclusions Fallon came to as a result of his study:
しかし、今日、私たちに大切なことは、ファロン教授が彼の研究で分かった次のような結果です。

“I found out I was completely wrong about the science, which was a bitter pill to swallow, ‘cause I had thought everything was driven by genetics – biology – and I didn’t think nurture had anything to do with it…[but] if you’re brought up in a nurturing environment, you can offset the biology.”
“科学のことを全く誤解していました。遺伝学、つまり生物学によってすべては引き起こされていると思っていたので、受け入れ難いことでした。養育が関係しているとは思ってもいませんでした。養育的な環境で育てられれば、生物学を相殺することができるのです。”

Prof Fallon is confirming Biblical truth.
ファロン教授は聖書の真実についても明確にしてくれています。
We are new creations in Christ. The regenerative, nurturing work of God’s love through the Holy Spirit can offset any biological tendencies.
私たちはキリストにあって新しく造られた者です。聖霊を通してなされる神の愛の再生する養育的はたらきは、どんな生物的性質をも相殺できます。

This means, apart from many other traits, if you scored low in compassion or kindness or gentleness or patience, it might be because of your genetic makeup.
このことが意味しているのは、たくさんの特徴の他にも、例えば憐れみや、親切、穏やかさや忍耐強さがあまりない人は、遺伝学的に、はなから持ち合わせていないのかもしれない。

But in Christ, you are not limited to your genetic makeup.
でも、神様の前ではあなたは遺伝学的にただ生まれつきなわけではありません。
There is no ‘shoganai’ in Christ when it comes to our characters!
私たちの性格については神様の前では、「しょうがない」という言葉はありません。

These characteristics are not gifts of the Spirit for select people.
これらの性格は選ばれた人たちだけに与えられた精霊の賜物ではありません。
They are general characteristics – fruits of the Holy Spirit – for all believers.
これらは一般的特徴で、クリスチャンすべての御霊の実です。
So we are told to “Clothe ourselves with compassion, kindness, humility, gentleness and patience.”
だから私たちは教えられるのです。あわれみの心、慈愛、謙そん、柔和、寛容を身に着けなさい。

One of the key areas to facilitate this clothing of godly character comes in the next verse and prepares us also for communion which we will have shortly.
次の節に、神の性格を身に着ける為と、お互いを理解し合う為に、このように書かれています。
13 Bear with each other and forgive one another if any of you has a grievance against someone.
互に忍びあい、もし互に責むべきことがあれば、ゆるし合いなさい。
It’s very hard to have compassion, kindness, humility, gentleness and patience if we are holding onto unforgiveness.
もし、私たちが他の人々を許せないなら、哀れみ、親切、謙遜、穏やかさ、忍耐強さをもつことはむずかしいです。
So Forgive as the Lord forgave you.14 And over all these virtues put on love, which binds them all together in perfect unity.
だから、主もあなたがたをゆるして下さったのだから、そのように、あなたがたもゆるし合いなさい。 これらいっさいのものの上に、愛を加えなさい。愛は、すべてを完全に結ぶ帯である。
Let me finish with verse 16.
最後に16節を読んで終わりたいと思います。
16 Let the message of Christ dwell among you richly as you teach and admonish one another with all wisdom through psalms, hymns, and songs from the Spirit, singing to God with gratitude in your hearts.
キリストの言葉を、あなたがたのうちに豊かに宿らせなさい。そして、知恵をつくして互に教えまた訓戒し、詩とさんびと霊の歌とによって、感謝して心から神をほめたたえなさい。
There is a three-fold calling in this verse: 
この節には三つのお告げが書かれています。
Know the Word well. Learn from it daily and let it dwell in you richly. 
御言葉をよく知る さらに学び、日々、豊かに御言葉が私たちに宿りますように。
Mentor one another. Last year we talked a lot about discipleship.
   互いに教えあう   昨年は弟子修行のことについてたくさんお話をしました。
There is a real need for both small group studies and support and also for one-to-one mentoring/discipleship.
小さな勉強会と一対一の弟子修行の勉強の グループにとって支援が必要です。
If you are not mentoring and/or being mentored, then you are lacking.
もし、あなたが誰とも弟子修行を行っていないのであれば、例えば、誰かに教えたり教えられたりし合って、互いに勉強していないなら、十分ではありません。
I would like us to work on this and make it a priority.
みなさんにまずしていただきたいこと、それは弟子修行を互いに教え合うことです。
Prepare for this in your hearts as well as your schedule.
互いに教え合うことを心に留め、時間もとって、実行してください。

Sing to God with gratitude in your heart.
感謝の心をもって神に賛美する。

Let’s do that now.