Zechariah ゼカリヤ書

Today we continue our march through the books of the Bible.
今日は聖書の中の書を続けて読んでいきましょう。
We have come a long way in the last 4 years.
過去4年間でたくさんの書を読んできました。

[image]
We have studied the 5 books of the Pentateuch – the creation of the world and the forming of the Jewish nation and its deliverance.
以前、モーセの五書を読みました。そこでは世界の誕生と、ユダヤ人の解放について書かれていました。
We have studied the history books – how the kings of Israel and Judah fared in their faithfulness (but usually were unfaithful).
歴史書も読みました。イスラエルの王とユダが誠実さによって業績を残しました。実際のところは不誠実なことが多かったのですが、、。
We have studied the wisdom literature.
私たちは賢者の書を学んできました。
We studied the 4 major prophets who prophesied between 680BC and 530BC.
紀元前680年から紀元前530年の間に書かれた4つの大予言書を読みました。
And more recently we have been studying the 12 minor prophets who prophesied over a slightly broader period, between 780BC and 430BC.
ちょうど今は、だいたいですが、紀元前約780年から紀元前430年の間に書かれた12の小予言書を勉強しているところです。
Today we are at the book of Zechariah, who prophesied between 520BC and 480BC.
今日は紀元前520年から480年の間に書かれたゼカリヤ書を見ていきましょう。
Zechariah is the second last book of the Old Testament, so we’re getting there!
ゼカリヤ書は旧約聖書の最後から二つ目の書です。あともう少しですね!

Background
背景
Like Jeremiah and Ezekiel, Zechariah was both a prophet and a priest.
エレミヤとエゼキエルのように、ゼカリヤは預言者でもあり祭司でもありました。
He served at the time of Haggai (who we looked at last time) and probably continued to serve long after Haggai as well.
ゼカリヤはハガイと同じ時代に預言者として働きました。ハガイ書は以前、勉強しましたね。ハガイは紀元前6世紀ヘブライの小預言者です。ハガイがいなくなった後もゼカリヤはおそらく長く預言者として働いたと思われます。
This was during the post exile period – after the Jews had begun to return to Israel following the Babylonian captivity.
この時代は、解放の時代と言われ、ユダヤ人たちがバビロンで捕虜となったのちイスラエルに戻り始めた頃です。

Zechariah is a highly prophetic book.
ゼカリヤは高貴なる予言の書です。
It’s 14 chapters are filled with the language of the book of Revelation – it is highly symbolic at times – and contains an impressive number of prophecies regarding Messiahship which were fulfilled in Jesus.
14章にも渡り啓示が、ヨハネの黙示録と同様に書かれており、その当時は、それらの予言はとても印象的であり、イエスが救世主という身分に値するという、象徴的な予言を多数含んでいました。

We’re going to look at the prophecies in Zechariah in terms of
ではここでゼカリヤ書の預言を次の項目についてみてみましょう。

1. the church, 教会
2. the Messiah and メシヤ
3. the end times. 終末

and how we can apply these prophecies in our own lives today.
そして、今日の私たちに、このような予言をどのようにあてはめていくことができるのかを考えていきましょう。

1. Prophecy with regards to the church
教会に関する預言についてお話しします。

Zechariah is filled with very vivid, exciting and challenging prophecies for the building of the Jewish temple (in the short term) and the Christian church (in the long term).
ぜカリヤ書には、ユダヤ人のための寺院を建設するという、そしてクリスチャンのための教会を建設するという、冒険的でワクワクするような予言がたくさん書かれています。

What we must note is that the first thing God does before He delivers His prophecies through Zechariah, is to call His people to repentance and then provide them with absolution (that is, forgiveness).
私たちが知っておかなければならないことは、神がまず最初になされることは、ぜカリヤを通してご自分の予言を伝え、ご自分の民を悔い改めに導き、罪の赦しを備えてくださるということです。
The call to repentance comes in the beginning of the first chapter.
第1章に悔い改めへの召のことが書かれています。
Zechariah 1:3 Tell the people: This is what the Lord Almighty says: ‘Return to me,’ declares the Lord Almighty, ‘and I will return to you,’ says the Lord Almighty.
それゆえ、万軍の主はこう仰せられると、彼らに告げよ。万軍の主は仰せられる、わたしに帰れ、そうすれば、わたしもあなたがたに帰ろうと、万軍の主は仰せられる。ゼカリヤ書1:3
Absolution is provided in figurative but clear language in chapter 3:
赦免、許しのことは比喩的に書かれていますが、第3章でははっきりと明確に記述されています。

Now Joshua was dressed in filthy clothes as he stood before the angel. [Here Joshua is a Messianic figure standing in the place of God’s people.] (ここではヨシュアは神の民の中でもとりわけ救世主的な性格として書かれています。)The angel said to those who were standing before him, “Take off his filthy clothes.”Then he said to Joshua, “See, I have taken away your sin, and I will put fine garments on you.” Zechariah 3:3,4
ヨシュアは汚れた衣を着て、み使の前に立っていたが、み使は自分の前に立っている者どもに言った、「彼の汚れた衣を脱がせなさい」。またヨシュアに向かって言った、「見よ、わたしはあなたの罪を取り除いた。あなたに祭服を着せよう」。ゼカリヤ書3:3,4
Whenever we want to see God move in extraordinary ways, we must start from a position of humility and repentance.
神のすばらしい業を見たければ、私たちは謙り、悔い改めることから始めなければいけません。
Following this in the book of Zechariah we are shown visions of measuring lines and lampstands and scrolls. Each symbolises a different aspect of the work that God would be doing to build His temple (again, in the short term) and His church (in the longer term).
このようにゼカリヤの書には、土地を測る測地線や燭台や巻物が登場しており、それら一つ一つは、神の仕業に対して、どのように寺院や教会を建てていくのかという、あらゆる考え方を象徴しているのです。
Listen to the vision of the man with the measuring line:土地を測る人々、測地線をしている人々に将来のことを聞いてみなさい。
Then I looked up, and there before me was a man with a measuring line in his hand. I asked, “Where are you going?”
He answered me, “To measure Jerusalem, to find out how wide and how long it is.”
While the angel who was speaking to me was leaving, another angel came to meet him and said to him: “Run, tell that young man, ‘Jerusalem will be a city without walls because of the great number of people and animals in it. And I myself will be a wall of fire around it,’ declares the Lord, ‘and I will be its glory within.’ Zechariah 2:1-5
またわたしが目をあげて見ていると、見よ、ひとりの人が、測りなわを手に持っているので、「あなたはどこへ行くのですか」と尋ねると、その人はわたしに言った、「エルサレムを測って、その広さと、長さを見ようとするのです」。すると見よ、わたしと語る天の使が出て行くと、またひとりの天の使が出てきて、これに出会って、言った、「走って行って、あの若い人に言いなさい、『エルサレムはその中に、人と家畜が多くなるので、城壁のない村里のように、人の住む所となるでしょう。主は仰せられます、わたしはその周囲で火の城壁となり、その中で栄光となる』と」。ゼカリヤ書2:1-5
This Word is declaring a time when the growth of God’s church would be without measure.
この箇所では、測線によって土地を測ることをせずとも、神の教会の成長を表現することができると宣言しています。
The walls will not be able to contain the number of people who are turning to God.
神に導かれる人々を数えなくては、教会の建物の中に入りきらない。これは、将来的に人々が増えすぎて教会に入りきらなくなるという予言です。
I don’t want to be unnecessarily excitable here but honestly it’s hard for me to not see this applying here in our church.
不必要に興奮する必要はないのですが、この予言は私たちの現在のこの教会に当てはまると思っています。私たちの教会でも予言と同じことが起こっていると思います。
That a time is coming – and in a sense has already come – when these walls will not be able to contain all the people who want to come and be in the presence of God.
その時が来ます。ある意味、もうすでにその時は来ています。神のご臨在のもとに行きたいと思っている人たちみんなが、この教会、建物に入りきれなくなる時がきます。
Let’s humble ourselves and prayerfully seek the realisation of this exciting vision in our church.
へりくだり、慎ましくなりましょう。そして私たちの教会の、楽しみな将来の見通しを思い描き祈りましょう。

How might this come about?
では、どのようにすれば良いのでしょうか?
Zechariah tells us ゼカリヤはこう言っています。: ‘Not by might nor by power, but by my Spirit,’ says the Lord Almighty. Zechariah 4:6
万軍の主は仰せられる、これは権勢によらず、能力によらず、わたしの霊によるのである。 ゼカリヤ書4:6
1. Prophecy with regards to the Messiah
メシヤに関する預言

The book of Zechariah is an awesome book when we consider the number of prophecies it contains which are fulfilled in Christ.
キリストのことであたった多数の預言を考えてみると、ゼカリヤ書はすばらしい書です。
These are worth going over and as we study them, be amazed at the sovereignty of God and His omniscience (being all-knowing).
ゼカリヤ書は一読の価値がありますし、学ぶにつれて、神がいかに主権を持った方であるかに驚かされますし、神の全知全能の力にも驚かされます。
i. This is what the Lord Almighty says: ‘Here is the man whose name is the Branch, and he will branch out from his place and build the temple of the Lord. It is he who will build the temple of the Lord, and he will be clothed with majesty and will sit and rule on his throne. And he will be a priest on his throne. And there will be harmony between the two.’ Zechariah 6:12,13
彼に言いなさい、『万軍の主は、こう仰せられる、見よ、その名を枝という人がある。彼は自分の場所で成長して、主の宮を建てる。 すなわち彼は主の宮を建て、王としての光栄を帯び、その位に座して治める。その位のかたわらに、ひとりの祭司がいて、このふたりの間に平和の一致がある』。ゼカリヤ書6:12,13
Even from earliest times Jewish commentaries identified this passage as Messianic.
これ以前の時代でも、ユダヤ人の解説者たちはこの聖書の箇所を、イエスが救世主であると認識していました。
Note the words “Here is the man”.
「この人だ」という言葉に注目してみましょう。
This is similar to what Pilate said to the Jews when he presented Jesus to them before His crucifixion.
これは磔の刑の前に、ピラトがイエスを紹介して、ユダヤ人たちに言ったことと似ています。
Isaiah also prophesied about Jesus being the Branch of David.
イザヤはまたイエスがダビデの子孫であると予言しています。
It might seem obscure to the modern ear but to the Jews of the Old and New Testaments, it was clearly Messianic.
その真偽は今の時代には不明なようですが、旧約聖書と新約聖書の時代のユダヤ人たちにとっては、明らかに救い主のことを指しています。
ii. I told them, “If you think it best, give me my pay; but if not, keep it.” So they paid me thirty pieces of silver. And the Lord said to me, “Throw it to the potter”—the handsome price at which they valued me! So I took the thirty pieces of silver and threw them to the potter at the house of the Lord. Zechariah 11:12,13
わたしは彼らに向かって、「あなたがたがもし、よいと思うならば、わたしに賃銀を払いなさい。もし、いけなければやめなさい」と言ったので、彼らはわたしの賃銀として、銀三十シケルを量った。 主はわたしに言われた、「彼らによって、わたしが値積られたその尊い価を、宮のさいせん箱に投げ入れよ」。わたしは銀三十シケルを取って、これを主の宮のさいせん箱に投げ入れた。 ゼカリヤ書11:12,13
Judas of course was paid 30 pieces of silver to betray Jesus.
ユダはもちろん30枚の銀貨をもらって、イエスを引き換えに、売り、裏切りました。
He ended up throwing them into the temple and they used that silver to buy a potter’s field to use as a cemetery.
ユダは結局30枚の銀貨を寺院に投げつけ、その銀貨は陶芸家の土地を買い、墓場を立てるために使われてしまいました。
Remember that all these prophecies were given about 500 years before Christ.
忘れないでください。これらの予言はキリストが現れる約500年以上も前に行われました。
Be amazed at this.
すごいと思いませんか。
iii. “Awake, sword, against my shepherd, against the man who is close to me!” declares the Lord Almighty. “Strike the shepherd, and the sheep will be scattered, and I will turn my hand against the little ones. Zechariah 13:7
万軍の主は言われる、「つるぎよ、立ち上がってわが牧者を攻めよ。わたしの次に立つ人を攻めよ。牧者を撃て、その羊は散る。わたしは手をかえして、小さい者どもを攻める。ゼカリヤ書13:7
Jesus quoted this Himself in Matthew 26:31.
イエスは彼自身に向けてマタイによる福音書26章31節でこのように言っています。
Zechariah prophesied that the Messiah would be struck down.
ゼカリヤは救世主が打ちのめされると予言しました。
For centuries, Jewish scholars couldn’t explain the[There were] two different types of Messianic prophecies:
何世紀にも渡って、ユダヤの学者たちは二つの異なったメシヤに関する預言があることを説明できませんでした。
the victorious warrior Messiah and the suffering servant Messiah.
それは勝利者である救世主と苦悩する救世主という二つの異なる救世主のことです。
Many scholars thought there would have to be two Messiahs to make sense of this but of course, [and] Jesus fulfills both images.
たくさんの学者たちは二人の救世主が存在するのに違いないと思ったようです。しかし、もちろんイエスはこの二つの異なる救世主のイメージのどちらにも匹敵しています。イエスはその両方の姿を成就しています。
He was the suffering servant who also saved the world from sin and who will return in triumph.
イエスは世界を罪から救う使いですが、苦悩します。そのことによって勝利を取り戻します。
Zechariah captures both images here in this famous passage often read on Palm Sunday:
ゼカリヤ書はこの救世主の両方のイメージをパームサンデー、しゅろの日曜日として、有名な聖句にあげています。
Rejoice greatly, Daughter Zion! Shout, Daughter Jerusalem! See, your king comes to you, righteous and victorious, lowly and riding on a donkey,on a colt, the foal of a donkey. Zechariah 9:9
シオンの娘よ、大いに喜べ、エルサレムの娘よ、呼ばわれ。見よ、あなたの王はあなたの所に来る。彼は義なる者であって勝利を得、柔和であって、ろばに乗る。すなわち、ろばの子である子馬に乗る。 ゼカリヤ書9:9
And we see the triumphant Messiah-king here: そして私たちは勝利の救世主の王を、ゼカリヤ書の次の箇所にみることができます。
The Lord will be king over the whole earth. On that day there will be one Lord, and his name the only name. Zechariah 14:9
主は全地の王となられる。その日には、主ひとり、その名一つのみとなる。ゼカリヤ書14:9
1. Prophecy with regards to end times
終末に関する預言

As I mentioned earlier, Zechariah is filled with similar language to that of the Book of Revelation.
先ほど言いましたように、ゼカリヤ書はヨハネの黙示録に似かよった言葉がたくさん書かれています。
There are visions of coloured horses and horsemen, lampstands and scrolls, baskets and chariots, and each have their own layers of meaning, and for many of them it’s hard to be sure about the specifics.
いろんな色の馬や、馬に乗る人々、燭台、巻物、かご、二輪戦車が登場します。そしてそれらはそれぞれにいろんな意味を持っています。それぞれが何の意味なのかということを特定するのはとても難しいことと思われます。

But the general conclusions and teachings from these visions are given to us:
しかしこれらのものが何を意味するのかという一般的に締めくくった教えとしては、
The Lord God is Sovereign.
主である神はすべてを支配されるお方
He remembers His people.
神はご自分の民を覚えておられる
He will judge the nations.
神は国々を裁かれる
He will save His people.
神はご自分の民を救われる
He will be victorious over all His enemies.
神はすべての敵に勝利されます
And He will make His people holy as He is holy.
そして神はご自分が聖であるように、ご自分の民も聖なる者にされます

On that day holy to the Lord will be inscribed on the bells of the horses, and the cooking pots in the Lord’s house will be like the sacred bowls in front of the altar. Every pot in Jerusalem and Judah will be holy to the Lord Almighty, and all who come to sacrifice will take some of the pots and cook in them. Zechariah 14:20,21a
その日には、馬の鈴の上に「主に聖なる者」と、しるすのである。また主の宮のなべは、祭壇の前の鉢のように、聖なる物となる。 エルサレムおよびユダのすべてのなべは、万軍の主に対して聖なる物となり、すべて犠牲をささげる者は来てこれを取り、その中で犠牲の肉を煮ることができる。ゼカリヤ書14:20,21a

We can take real encouragement from the book of Zechariah because we can see God speaking so clearly throughout the book.
ゼカリヤ書から励まされることがたくさんあります。なぜならその書を通して神が私たちに話しかけておられることがはっきりとわかるからです。
It’s easy to match the prophecies with the fulfilments and it’s not hard to see, despite the colourful language, how the words contained in this book mesh so neatly with the other books of Scripture as God’s plan of salvation unfolds.
起こった出来事から予言が当たっていたのかどうか、多彩な言葉で伝えられているにもかかわらず、どのように神の救済の計画を表現し聖書に綺麗に織り込まれたのかをみることは難しいことではありません。
There might be a temptation for us to simply rest in this knowledge.
このような知識に酔いしれることは誘惑に近いことかもしれません。
But the Christian life is more exciting than that.
しかしクリスチャンの生活はこれよりもはるかに期待を膨らますことでいっぱいです。
New Testament believers – that’s us – have access to this same Spirit of prophecy that Zechariah had.
新約聖書時代を生きる信者は、これは私たちのことですが、ゼカリヤと同じ預言の霊を受けることができます。
Does that sound extraordinary or impossible to you? I assure you it’s not.
そんなことは とんでもないことで、不可能だと思いませんか? でも、不可能ではありません。
We are called to be filled with the Spirit of Jesus and we are taught that “The testimony of Jesus is the Spirit of prophecy”. Revelation 19:10
私たちはイエスの霊に満たされるように召され、イエスのあかしは、すなわち預言の霊である (ヨハネの黙示録19:10)と教えられています。
Paul encourages us in this, too.
パウロも次のように私たちに言ってくれています。
He says, 彼はこう言いました。
“Follow the way of love and eagerly desire gifts of the Spirit, especially prophecy” (1 Corinthians 14:1)
愛を追い求めなさい。また、霊の賜物を、ことに預言することを、熱心に求めなさい。(コリントの信徒への手紙一14:1)
because, he says, なぜなら、彼はこう言いました。
“the one who prophesies edifies the church” (1 Corinthians 14:4b)
預言をする者は教会の徳を高める。(コリントの信徒への手紙一14:4b)
So let us never tire of desiring gifts and seeking fresh filings of the Spirit and stepping out in faith.
ですから、賜物を求めること、聖霊に新たに満たされることを求めること、信仰を持って一歩踏み出すことに決して慣れっこになってしまわないようにしましょう。
I’d like to finish today with an encouraging word I heard this week, reminding us again that
今日は今週、私が聞いた激励の言葉で終わりたいと思います。その言葉は、私たちにこのように教えてくれます。
God still speaks to us in amazing ways if we humble ourselves before Him and step out in faith, even when it might seem odd to do so.
私たちが神の前に謙るなら、驚くべき方法で神は私たちに語ってくださいます。たとえ、こんなことをするのは少しおかしいかなと思われる状況でも、信仰心を持って踏み出しなさいと教えてくれます。
The bell story.
Last year my brother Dunc was spending time in prayer and he got a very strong feeling that he was to build a church in Fiji for the people of Vomo island.
私の弟のダンカンがお祈りをしていた時のことでした。彼はヴォモというフィジーにある島の人々ために教会を建てるという強い思いに動かされました。
Part of that feeling/vision was that there were be a church bell that would ring out across the island.
彼のその思い、またその時彼の脳裏をよぎった光景は島中に鳴り響く鐘の音でした。
He didn’t know why but he felt that the church bell would be an important part of the church building.
ダンカンはなぜだか自分でもわかりませんでしたが、彼はその鐘が教会にとってとても重要なのだと感じました。
So he faithfully set about buying a church bell even before he spoke to the people in Vomo.
そして、まだヴォモの人々に何も話していないのに、彼は教会の鐘を購入する計画を慎重にねりはじめました。
A church bell became available at an auction in Australia so he went to make a bid but it was sold before he was even able to make a bid.
教会の鐘はオーストラリアのオークションに出されていました。ダンカンは早速出向いて行きましたが、すでに誰かに競り落とされていました。
He was very disappointed and wondered if he simply got it wrong in listening to God.
彼は残念に思い、もしかしたら自分は神様から聞き間違えたのではと思いました。
A second opportunity to buy a bell at auction came up but he missed that one, too.
オークションで鐘を買う2回目のチャンスがありましたが、彼はまたしても手に入れることはできませんでした。
This was again discouraging for him but as he prayed, he felt God tell him that he would build a church and the bell would be an important part of it.
もちろんこのことは彼にとっては残念な結果でしたが、再び祈るにつれて、また神が教会を建てるようにと、そして鐘はやはりその教会にとって重要な役割をしているようでした。
A short time later, the pastor of a neighbouring church heard that Dunc was doing a good job (and a free job!) with church repairs so asked him if he wouldn’t mind coming over to do some repair work.
しばらくしてから、ダンカンが教会を無料で修理しているということを聞きつけ、近所の教会の牧師がダンカンに修理をお願いしました。
Dunc gladly did those repairs. ダンカンはもちろん喜んで修理をしました。
When he finished doing everything he was asked to do, the pastor looked a bit embarrassed and said, “There’s actually one more job I’d like you to do, if you don’t mind.
ダンカンが修理してくれと言われたことを全部し終わってからのことでした。その牧師は、恥ずかしげにこう言いました。「もう一つ、お願い事があるんだが、構わないだろうか?」
It’s quite a big one”. 「かなりの大仕事になるよ。」
He took Dunc into a back room, showed him a big old church bell and said, “Could you get rid of this for me?”
牧師はダンカンを奥の部屋につれて行き、古い大きな教会の鐘を見せてこう言いました。「この大きな鐘を始末してくれないだろうか?」と言いました。
So God provided a church bell and Dunc was very encouraged.
このように神様は鐘を用意してくださり、ダンカンはとても元気付けられました。
There’s more to this story with the people of Vomo but I’ll skip to the CEO of the resort.
これには、ヴォモの人々の話だとか、もっと続きがあります。しかし端折ってヴォモのリゾート地の会長の話をしましょう。
He is not a believer and Dunc didn’t know what he would think about having a church built in his resort.
ヴォモのリゾートの会長は信者ではありません。ヴォモに、しかも会長の所有のリゾートに教会を建てるのだという話はどう展開するのか、ダンカンにも、さっぱりわかりませんでした。
A few weeks before Dunc spoke to him, The CEO went for a swim on his own at the back of the island.
リゾートの会長に話をしようとしていた数週間前のことです。会長が島の裏あたりで一人で泳いでいた時のことです。
As he came up out of the water, he distinctly heard a church bell ringing.
彼が水から上がると、特徴的な教会の鐘が聞こえてきました。
Not in the distance or coming across the water but ringing out from the island.
遠くからでもなく、海から聞こえるわけでもありません。しかし、島から聞こえているのです。
It wasn’t a ship bell, a doorbell or any other kind of bell.
船の鐘でもありません。ドアのベルでもありません。他の種類の鐘の音でもありませんでした。
It was distinctly a church bell. He went to the locals on the island and asked them when they got the church bell.
それははっきりとわかる教会の鐘の音でした。彼は地元の人々にいつから教会の鐘があるのかと聞きました。
They said they didn’t have a bell and the CEO was quite perplexed and told no-one what he’d heard for fear that they’d think he was nuts.
島の地元の人々は、鐘など島にはありませんと言いました。会長は全く当惑し、そんなことを言ったら気が狂ったと思われるという怖さから誰にも鐘の音を聞いたことは言いませんでした。
Then Dunc met with him and shared with him his calling to build a church on the island and also told him his bell story.
そしてダンカンが彼と会ったのです。ダンカンは島に教会を建てるとい神からのおめしと、鐘の話をしました。
The CEO was shocked and then confided in Dunc his bell story and by that stage there was no way he could say no to a church being built.
会長はびっくりしましたが、ダンカンに自分の鐘の話を打ち明けました。その頃には会長にはダンカンに教会を立てることに関してもはや断る理由はありませんでした。
So he gave his approval and now a church is in the works for the people of Vomo – not by might, not by power but by the Spirit of God who still speaks to His people when they humble themselves before Him.
そして会長はダンカンに許可を与え、現在はヴォモの人々のために教会は建築されている途中です。万軍の主は仰せられる、これは権勢によらず、能力によらず、わたしの霊によるのである。 ゼカリヤ書4:6

Pray