Asaka M.

今日は、私がどのようにクリスチャンになったかという話しと、
私がどのようにニコラスと出会い結婚まで至ったかを少しお話ししたいと思います。
Today, I will talk about how I became a Christian and also the story of how I met Nicholas and decided to marry to him.

まずは、少し自己紹介からしたいと思います。
私の父は、30歳で起業し成功した不動産経営者、母はカイロプラクティック専門のサロンを経営し、兄も不動産経営者です。妹は経営者ではないですが、大手企業のキャリアウーマンです。いままで何不自由ない環境で生活でき、父や母からはとてもかわいがられ、欲しいものは何でも買ってもらいました。ただ、どんなに奇麗な服を着ても、華やかなパーティーに参加しても心は穴があいているようで、なんだか生きていても空しくなるときがありました。そんな空しさは、20代前半から持つようになりました。
First, I would like to introduce myself a little.
My father is a real estate company owner who became successful at the age of 30, my mother owned a salon of chiropractic professions. My brother also is a real estate manager of his own company. My sister is not a company owner, but is a career woman of one of the largest company in Japan. I have lived in a very blessed and comfortable environment; I was very loved from my parents and they bought whatever I wanted. However, I often felt the hole in my mind, no matter how beautiful the clothes I wore or even participating in fun parties. I had emptiness that I had felt since early 20s.

無宗教の家庭で育ち、たまたま2004年から勤めた始めた幼稚園がクリスチャンの幼稚園で、2005年の夏期休暇を利用して、サンディエゴの園長の知り合いの家にホームステイに行きました。そのお宅での生活がある意味すごいサバイバルで、すごく楽しく新しい経験をたくさんしました。例えばキャンプなんてした事なかったのですが、すごく大きなキャンピンクカーでビーチキャンプを髪の毛ぼさぼさのノーメイクの状態で一週間したり、(たぶんそんなこと普通だと思われる方もいるかもしれないのですが、私はいつもパーフェクトにメイクアップをし、髪を奇麗にセットし、いつも流行最先端のお洋服を着て、8cmくらいあるピンヒールを毎日のようにはいていました。私の母は、立ち振る舞いや服装などのマナー厳しく、眼鏡をしていたら、コンタクトをしなさい。とか、メイクをきちっとして外出しなさいとかです。そのおかげで色々助かった面ありました。)また、生物の実験だと言って子供たちと一緒に庭で捕獲したガラガラ蛇を解剖したり、クリスチャンの方が集まる修養会に参加したり、ホストファミリーの自宅にあるプールで毎日のように泳ぎ、日光浴して夏が終わる頃には真っ黒になって本当に貴方、日本人ですか?と思われるような佇まいになっていましした。

I grew up in a home with no religious affiliations. I started to work at a kindergarten from 2004 which happened to be a Christian school. In the summer of 2005, I went to San Diego and did a home-stay with an acquaintance of my school principal. The family I stayed with was kind of a ‘survival’ type of experience for my life. But I had a lot of really different experiences. For example, I had never been camping before in my life, but they took me to beach camping with large camping car for a week, while camping my hair was so messy and I had no make up on. Maybe that’s not a big deal for any of you, but for me I always wore makeup, wore nice clothes, and high heels. Truly a shocking and new experience for me.
I grew up being taught strict manners, especially how I dress or look. For example, when I wear glasses, my mother told me to put on contact lenses. If I don’t put make up on my mom yell at me to put makeup on. Nonetheless, I appreciate what my mother said.
The host family also dissected a rattle snake that was captured in the garden by the kids and they said it’s a science experiment. I also participated in a Christian retreat conference. I swam every day in the family pool and by the end of summer, I had a dark suntan and people maybe thought ‘Are you really Japanese?’

クリスチャンのご家庭で生活するのは初めてですごく毎日が刺激的でした。9年前の事ですが、去年起こったかのようにすごく鮮明で私にはすごくキラキラと光っているような思い出です。
It was the first time to spend time with Christian family. Every day was a very exciting experience for me. I feel like it just happened last year but it was over nine years ago, but the memories are very clear and sparkling like glitter to me.

確かに最初は抵抗もありました。私は罪人でもないし、犯罪者でもない。恵まれていて、貧乏でもなければ、体に不自由がある訳でもない。などと思っていました。
ただ、皆さん本当に心もお顔も奇麗な方達ばかりで、おじいちゃんやおばあちゃんでもその佇まいは輝いて見えるほどでした。私はその魅力はいったいどこから来ているのか不思議になっていき、また魅了されるようになりました。クリスチャンの方と接しているうちに、神様の暖かみや愛に人々を通して触れる事ができたのです。そして帰国後、クリスチャンになる決心をしました。今までかぶっていた鎧がとれるような気分でした。

To be honest, I felt some hesitation at first to Christianity. My thought was ‘I am not a sinner, nor criminal. My life is blessed financially therefore I am not poor, nor health problems.’
However, I saw the beautiful side of many Christian’s face and mind, their appearance shined. Even elderly grandparents had this shining from them. I began to be fascinated, and also wondered why they look so attractive. As time went by, I was able to know the warmth and love of God. God touched my heart through his people, Christians. I decided to become a Christian after I return to be in Japan.
It felt like body armor was removed.

その当時は日本に帰ってくると、どこの教会にも属さず、月曜日の勤務後に幼稚園の先生たちが集まるバイブルスタディーにだけ参加していました。

I didn’t belong to any church, but Monday night after work I have participated in a Bible study with teachers gathered from the kindergarten.

その園の同僚が大阪にあるとある教会に2007年のある日連れて行ってくれたのがきっかけで、ニコラスと知り合いました。

One of my co-worker who participated in the same bible study took to the church in Osaka in 2007, where I was acquainted with Nicholas.

その日は礼拝ではなく、水曜日に当時行われていた聖書の勉強会に参加したのですが、スモールグループを作る際にたまたまニコラスと同じグループになったのがきっかけで、仲良くなりました。

The day I met Nicholas, they were doing some bible study at the church, I was randomly placed in same group as Nicholas and we started a friendship.

その当時、彼は日本では宣教師でした。仕事をするため、知り合って三ヶ月後にはニコラスはカナダに帰ってしまいました。
At that time, he was a missionary in Japan. To do the job , Nicholas had to return to Canada just three months after we met.

私も幼稚園での勤務が三年を過ぎる頃には、もっとクリスチャンとして、成長したいと思うようになり、知人に勧められてYWAMのコナ、ハワイにあるDTSに参加し、その後カンボジアで三ヶ月間宣教師として滞在しました。
By that time, 3 years had pasted in my job in the kindergarten. As a Christian I had desired more growth and understanding, so I decided to participate in DTS in Kona YWAM, in Hawaii. I also stayed in Cambodia for three months as a missionary.

クリスチャンとしての生活は学べたのですが、聖書の内容をもっと知りたいと思うようになり、その後台湾に聖書の勉強をしに一年滞在しました。
It was a life changing experience as a Christian, but then I wanted to know more about the contents of the Bible. So I decided to stay longer and took an intensive one year Bible study course in Taiwan .

その聖書学校はどちらかというと私には、つらいものでした。一年という短期間で聖書を学ぶというのはそれはそれは、厳しいものです。聖書を勉強すると本当に聖書というのは、神様の愛であふれており、厳しい中でも聖書の事を学び、神様の愛に触れられた事はとてもいい経験になったと思います。

For me , it was a really tough experience being at the Bible school in Taiwan.
To learn the Bible in a short period of time of year was quit overwhelming. Even though it was tough experience for me, I learned that the Bible is full of love of God. It was a learning experience that became a very important, good experience.

ニコラスと出会い、遠距離恋愛で約二年が経過しその中で、私は本当にこの人でいいのだろうかと疑問を持つようになりました。出会った頃は、勢いでこの人と一生一緒にいたいとか夢見心地な気分になるのですが、距離もあり時間もたち私はニコラスとの恋愛についてとても冷静沈着になっていました。彼とのお付き合いの事も、一部の信頼する友人以外には話すことはありませんでした。

Two years past from the time I met Nicholas. I had a question and I wondered “Is this the right person? Do I really want to spend rest of my life with him?” The time we met, I felt dreamy about the relationship, but through the time and distance I had come to have a calm attitude towards Nicholas. I even didn’t talk about him to anyone, except for some of my close friends.

聖書の学校での生活も終わりに近づいているとき、ルームメイトが突然お互いの将来について祈り合おうと行ってきました。私は、若い女の子らしい発想だと内心思いながらもお互いに半信半疑のまま祈りだしました。そうすると突然、彼女が「あなたは、日本に帰ってニコという男性と結婚すると思う。」と言ってきたのです。当時、ニコラスのニックネームはニコでした。また、彼女にはニコラスの事を話したこともありませんでした。私は、びっくりしました。思い悩んでいた事は、頭からすっぽり抜けて、私たちはその後、2008年9月25日香港で婚約しました。

When a life of Bible school was coming to the end, all of sudden one of my roommates told me to pray each others future. We began to pray for each other, even I was thinking in my mind “this is the idea is that of a young girl”. Then suddenly, she said, “You are going back to Japan, and marry to a man named Nico.” At the time , the nickname of Nicholas was Nico. And I never told her about Nicholas. I was so surprised. The worries in my mind just disappeared, then, we got engaged in Hong Kong September 25, 2008.

今思えば、すべては神の御手の中にあり、神のみこころのまま計画されていたんだろうなと思います。なんで悩んでたのかすらもわかりません。
神様は、聖書の中で思い悩むなと言っています。思い悩むなんて無駄なんだと思います。なぜなら、もう神様は私たちひとりひとりにすばらしい将来を約束してくれているからです。

When I think about it now, Everything is in God’s hands and He is in control. I don’t even know why My mind was so worried at that time.
God says “Do not worry” in the Bible . And I think it is meaningless to become worried. Because God promised a great future for each of us.

Asaka M.